まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

ご入居先での人間関係について②

 毎年4月は新しくご来タイされる方が大変多い季節です。ご入居先では、どのような人間関係があるのでしょうか?今回は、ご家族でお住いになる場合のご近所付き合いについて考えてみます。
 まず当地では、コンドミニアム、サービスアパート、アパートという物件の区分があります。コンドミニアムは、いわゆる分譲マンションで、タイ人や欧米人など、購入者が自分で住んでいることもありますので、住民が日本人100%になることはなく、ご近所同士のお付き合いは希薄です。サービスアパートの場合、ホテルタイプのサービスアパートは、お部屋の何割かはデイリーやマンスリーで貸し出されており、ご近所付き合いは無いと思っていただいて良いでしょう。
 一方、デイリーやマンスリーを受け付けない2BR中心のサービスアパートは、日本人の居住率が100%のところもあり、これらにお住まいの場合には、サービス付きアパートととらえて今回のコラムをご参考になさって下さい。アパートは、一人のオーナーさん、あるいは一つの会社が建物ごと全てのお部屋を所有している物件で、特にスクンビットの奇数側(北側)の場合には、建築時から日本人に貸し出すことを前提に建てられており、日本人率が100%のところも少なくありません。
 お客様からよく、ご入居の際にご挨拶は必要ですか?とご質問を受けるのですが、日本人が100パーセント近いアパートの場合には、同じ階や両隣、真下のお部屋などにはご挨拶に行かれることをおすすめします。先にご主人様がご入居になり、後からご家族がいらっしゃる場合には、ご家族がご到着になったタイミングがよいでしょう。アパートではほとんどがお子様連れですのでお互い様ではありますが、特に夜泣きの時期の赤ちゃんや、元気に走り回る時期のお子様がいらっしゃる場合、あるいはペットを飼っていらっしゃる場合には、先に一言「ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、うるさい時にはお知らせくださいね」と声をかけておけば、その後のお付き合いのきっかけにもなり、新生活のスムーズなスタートを切ることが出来ます。コンドミニアムの場合には、プールや遊び場で初めてお顔を合わせた時に、日本人、外国人を問わず、思い切って○階の○号室に入居した○○です、と自己紹介すれば、会話のきっかけになり、英語の練習にもなることでしょう。実際、新しくいらした方にとって、アパート内の生きた情報ほど役に立つものはありません。
 例えば何を買うならどのスーパーが良い、デリバリーはどこがお勧め、今度○号室に〇〇屋さんが○○を売りに来るよ、といったフリーペーパーにも載っていない細かい情報から、人気の幼稚園や習い事、アパートに教えに来てくれるスイミングやテニスのコーチ、病院の評判、メイド(アヤさん)情報など、大変貴重な意見を聞くことが出来るでしょう。仲良くなれば、時にはお子様を預け合ったり、緊急時に助けあったりと、遠くの親戚より、はるかに身近で頼りになる存在です。狭いバンコク内の日本人社会だからこそ得られる共通の体験を通じて、一生のお友達が見つかるチャンスでもあります。
 それだけに、無用なトラブルは避けたいものです。テニスコートなどの予約やトゥクトゥクサービスの利用法は、身勝手な使い方を控え、人間関係の基本とも言える、自分が人にされたら嫌なことをしない、ということをいつも念頭に置くようにしましょう。また、お子様のためにもアパート内のお茶会やハロウィーン、クリスマス会等の行事には積極的に参加して、タイ生活の良い思い出をたくさん作っていただきたいと思います。
いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。