20回目のご相談内容

 僕は現在24歳でタイに来て1年半の現地採用で働く男性です。仕事先でタイ人の女性(20歳)と知り合いました。僕は今まで日本でも一度も女性とお付き合いをした事がなく、最初はどうしていいかわからなく不安でしたが、彼女は私にとても好意を抱いているようなので、僕は彼女に「こんな奴のどこが好きなのか 」と聞いてみました。すると彼女は「私が好きなんだからこんな奴とか言わないで。」と言ってくれ、彼女が本気で私の事を想ってくれている事を感じました。彼女の家から僕のアパートまではバスで1時間以上かかりますが、頻繁に来ては掃除に洗濯、アイロン掛けやご飯を作ってくれます。毎日夢を見ているようで幸せです。先週、タイ在住の経験がある父親に「タイ人の彼女と結婚をしたい」と相談した所、「タイの女性は危険だから気を付けろ」「相手は外国人だし、きちんとお互いコミュニケーションも取れないだろ」「もし結婚したら彼女の親に仕送りとかで生活が苦しくてやってられなくなる。」などとボロクソ言われました。父親は彼女のことを知らないのに酷い言いようでショックでした。しかし、この機会を逃したら一生彼女ができないと思います。実際結婚とまでになると、どのような問題が出てくるのでしょうか?

以下、まりこさんからの回答

 タイに来てまだ1年半で、良い女性と知り合い、今までになかった夢みたいな生活を送り、幸せそうで何よりです。貴方の父親に相談したとのことですが、相談じゃなくて、なにも知らない父親に云ってしまったのでしょう?彼女を紹介もせず、急にタイの女性と結婚なんて云われても父親には予備知識もなく漠然と息子に告げられたら、タイ在住経験がなくても驚きますよ。これから息子の嫁として家族になるのに、面識もない女性なのに「ああ、そうか、いいよ」と父親として云えますか?どうして道筋をわきまえなかったのですか。生まれて育ててくれた親に、自分勝手に事を進めてしまうから、親はショックを受けているのです。父は彼女の事を知らないのに酷い云いようだ、と嘆いていますが、人は相手に解ってもらいたいと思えば、自分勝手な事を通そうとせず下手に出て、順序良く理解してもらう為の準備と努力が必要なのです。逢った事もない人に手放しで「よかったよかった」と云えますか? 会社でも入社に際しては面接試験などが有りますでしょう。知らない人間を、どうぞどうぞと喜んで入社させますか。少し常識を身に付けましょう。ましてや、国が違う女性です。父親が手離しで賛成するわけがありません。酷い言われ方でショックを受けたなんて、自分の事しか考えない貴方は絶対に間違っています。結婚すれば彼女は貴方のご両親をお父さん、お母さんと呼んで貴方との家庭を守っていく身になるのですよ。子供が生まれれば、ご両親にとっては大切な孫になるんですよ。そんな事も考えず、一足飛びに自分の思う様にしようというのが駄目なのです。父親はタイの在住経験で色々な苦労で泣かされて、タイを知っていますから、貴方に苦労させたくない思いやりで出た言葉なのです。その言葉には、これまで多くの日本人が経験した事が集約されているのです。「タイ女性は危険」「コミニュケーションが取れない」「親への仕送り」、これは父親の云う通りで全部合っています。
 タイの女性にも信念を持って信頼できるしっかりした女性はいますが、そうでない女性が多いのも確かです。外国人がタイ女性と知り合える接点には「そうでない女性」が多いから、父親は心配するのです。相手がどうであっても結婚するのは貴方なのですから、貴方が先に自分の心を決めなければなりません。「この機会を逃したら一生、彼女ができない」なんて、情けないですね。これから先も命ある限り頑張って生きていかなければならないのですよ。24歳にもなっているのですから、もっとしっかりしなさい。「どのような問題が出てくるのでしょうか?」なんて他人事のような訊き方にも呆れます。問題は今、もう出ています。今の貴方が一番の問題者なのです。はっきりと目標を作れず、結論を出さず、親への報告の仕方も筋が通っていないから、自分自身で問題を招いているのに気が付きませんか? 彼女と一緒になる決心があるのなら、両親に彼女を会わせて「僕は彼女が好きだから結婚します!」と自信を持って大きな声で宣言すればどうですか。その後は先に進むだけです。ただ、日本人と共存するための彼女への基礎教育は絶対に怠らないでください。 (まりこ)