22回目のご相談内容

 まりこさんこんにちは。僕は現在タイで日本語教師をしている25歳の男性です。タイに来てもうすぐ1年になりますが、まだ彼女が出来た事がありません。女の子にあまりモテないと言うのは前からなのであまり気にしていないのですが、実は男性…いわゆるゲイの方にモテるのが悩みなのです。クラブにいっても声を掛けてくるのは男性ばかり。仕事の同僚のタイ人や、同じアパートのファランにも、かなり積極的に誘いを受ける少し憂鬱な日々です。始めからゲイだと分かっていればそれなりの接し方をしようと思いますが、見た目は普通の男性なので、友達になりたいのかなとか、親切にしてくれるし気が合うなぁと思っていると、部屋に誘われ徐々にカミングアウトしてきてくるからタチが悪いです。僕はどちらかと言うと小柄で、筋肉もあまりないので、体格の良いファランに力で押し倒されると勝てません。
 純粋に男友達を増やしたいですが、この人もまたゲイではないか?と思うと怖くて友達を作る気にもなれません。日本語を学びたいというタイの学生に日本語や日本の文化を伝えたいと希望を持ってやってきたのに、こんな理由で諦めないといけないのでしょうか。

以下、まりこさんからの回答

 貴方は25才で、彼女ができたこともないし、女の子にモテないというのは前からなので、あまり気にしていないようなのですが、だからこそホモの方が近寄って来るのではないでしょうか。バンコックは広いようでもとても狭い所なのです。人の生き方や仕事の事などはすぐ知れ渡ってしまうのです。貴方が知らないだけで、周りの人や顔を合わせる人は、いつも女性が側にいた事がなく、一人でいる貴方に「あの人は男性が好きなのだ」と思われているかもしれません。大抵の人は純真で真面目でウブな人は好きですよね。貴方だけが周りを気にせず、廻りのことを知らなさ過ぎたのでしょう。例えば、美しい独身女性に彼氏がまだいないようだと、周りの男性は「口説いてやろう」、「早くアタックしないと誰かに取られる」と次々に誘います。貴方もまだ彼女ができないことで一人で気楽にしていたのでしょうが、気がつくと周りでウロウロしているゲイの方がアタックして来ていたのです。目的があるから近寄って話を合わせて誘うのです。部屋に誘われたのに、あわてふためいて断ると、誘った方もバツの悪さで「何だ、部屋にまで来ておいて逃げ腰になるとは」と怒りますよ。他人の部屋に誘われた時は、その人を十分に知った上で入るべきです。相手のホモの方だって、誰でもいいという訳ではなく、好意を持ったので誘ったのです。男が男に惹かれるのですから、貴方の笑顔や言葉遣いが同性として男心をくすぐったのでしょう。 ゲイとホモの違いは、どちらも同性愛者という程度しか私はよく解りませんが、「ホモセクシュアル」と云うと、男性同士、女性同士も当てはまりますよね。あまり適当な事を書きますと「あなたは解っていないのだから口出ししないで!」とその道の人から叱られそうですから、未経験者は黙ります、ハイ。 さて、貴方はゲイの方と接して少しは勉強したのですから、今度は自分を少し変えてみませんか。変身して女性との巡り会いができるように努力してみませんか?駄目だと思ってもやってみる事です。
 モテる男になるためには主導権を持つ事です。これは大切ですよ。女性の扱いが上手な男性は、まず清潔さから。爪はきれいに切りそろえ、自然で清潔なファッション。女性をエスコートする誠実な優しさ。デートしている時は他のことは考えず、相手の女性の言葉に集中すること。思いやりの態度で接すると、女性は幸せを感じるのです。守ってもらっていると思うと嬉しいのです。恰好つけた態度とか冷淡な言い方は絶対に嫌がられます。まず次のデートはありませんね。タイの学生やOLさんに日本語や日本の文化を沢山、教えてあげて下さい。最初は文化交流のつもりで。諦めないで人に振り回されず夢を持っていれば、いつかゲイの皆さんは貴方から離れて行きます。 (まりこ)