23回目のご相談内容

 まりこさんこんにちは。私は25歳女性で、学生の頃から付き合ってた男性と結婚し、2年前にタイに来ました。昔から2人でいろんな国に旅行するのが好きで、最終的にタイがいいねと言う事で移り住みました。旅行以外にも、テニスやバスケット、ジョギングも趣味でかなり「アウトドア派」でした。
 とろこが最近、彼がすっかり「インドア派」になっているのです。2ヵ月ほど前に仕事を辞めてから、ほとんど家から出ていないようです。平日は私は仕事なのですが、帰って来ても彼は寝ていて、私が寝る時間に起きては、ネットやゲームをしています。週末もだいたい昼過ぎまで寝ていて、起きたかと思うと私と話そうともせず、パソコンから片時も離れようとせず、ネットやゲームに没頭。話かけてもうるさいと言われ、自分が用がある時はなんと私のケータイにメールしてくるのです。おなじ家にいるのに。服も着替えず、ずっと同じパジャマのままで、人に会わないからいいと、お風呂もろくに入っていないようです。ほんとうにだらしない。仕事を探している様子もなく、出掛けようと誘っても、面倒くさいと断られます。こんな状態が続くのであれば、離婚と言う手も考えているのですが…。

以下、まりこさんからの回答

 貴女は彼に期待しすぎているのでしょうね。私は決して彼のカタを持つわけではありませんが、まだ20代半ばで、これからという時で羨ましいなあ、とか、若さの大切さを知らなくて勿体ないなあ、とかは思います。人間、色々な事で疲れすぎますと、一人で静かに何もしたくない。人に逢いたくないなど誰でも思うかもしれません。いわゆる『内こもり』の男になってしまったのですね。日本国内だけでなく、外国へ来てから内にこもってしまう男性が現れています。高齢者がまだまだ一生懸命、外国に出て働きたがっているのに、内こもりとは苦労知らずの贅沢病というのでしょう。まるで、親鳥が運んでくるエサを巣の中で待っているだけで、空へ飛び出そうとしない出来損ないの小鳥のようですね。貴女が母親鳥なので彼は安心しきって甘えているのですよ。若い時は二度と来ないのですから勿体ないです。彼の甘えに私も腹が立ってきます。
 貴女は共に働く真面目な彼を信じ込んでいたのでしょうが、男って、時々急に勝手に変わる事があるのですよ。なぜ変わったのかは本人は何も語らず、訊ねてみても「何でもない」だけ返事して、相手に理解してもらう事も拒否して一人でふさぎこんでしまうのです。古い人間が言っても、変わってしまった時代の申し子だからどうしようもありません。インターネットやゲームが生活に入り込んでから人間が全く変わってしまったのでしょう。パソコンは本当に便利な機械です。でも、心が見えず感情が湧かず、機械に向かい合って知りたい事、知らなくていい事まで取り込んでしまいます。人間同士で接する事がなく、無感情で声も出さない生活を送っていると人の心は荒みます。
 出かけるのも面倒というのでしたら、休日にでも気の合う知人でも呼んで一緒に食事をしたり、遊び事パーティーでもやってみたらいかがでしょう。男性は仕事を辞めますと張り合いもなくなって競争心も湧かず腑抜けになりがちです。でも、二か月位で我慢できない貴女も弱い。二人でいろんな国へ旅行に行ける時はホイホイと結婚しておいて、遊べなくなったら離婚ですか。結婚して苦労を共にするとかは頭の中には全くないのですね。誰でも経験する苦の字はいくつもあります。苦難、苦労、苦心、苦痛。苦から逃げ出そうとすると苦はどこまでも追いかけてきます。
 彼が好きな機械が故障したら彼は貴女へ戻ってくるでしょうか。神経をピリピリさせるときっと彼は反発します。結婚したのも何かの縁と思って、一度や二度の屈折は何のその、と気楽に気長に考え、「私、旅行に行って来ますから留守番お願いしますね。どこへ行くかはまだ決めていないんですけど」とでも言ってください。結婚はみんな我慢比べ。離婚はすぐできますが、人生を取り戻すのは大変な事なんですよ。(まりこ)