4回目のご相談内容

 まりこさん、はじめまして。わたしは3年ほど前からバンコクで現地採用で働いています。以前はタイ人と付き合っていたのですが、タイ人のいい加減さや責任感の無さにうんざりしてもうタイ人と付き合うのはやめようと思っていました。そんなとき、友人と外食したときに一人の日本人の男性と出会いました。彼は在タイ5年目の駐在員でした。英語もタイ語も堪能で、ルックスもよく真面目で仕事熱心、という素敵な人でした。しばらくして付き合い始め、もう約1年になります。このまま彼とタイで暮らせたらと思っていた時に、彼に帰任の話が出たのです。そして私も一緒に日本に帰って結婚してほしいといわれました。OKしようかなと思っていたところ、彼がもうひとつ大事な話があるというのです。何かと思うと、なんと彼はバツイチで前のタイ人の奥さんとの間に4歳になる子供がいるそうです。今は子供と離れて暮らしてけど、前妻が育児放棄しひどい目に遭ってるらしく帰国を機に引き取りたいというのです。なぜ今まで黙っていたのかという不信感と、前の奥さんに対する嫉妬心も湧いてきました。でもわたしもいい歳だし結婚したい気持ちもあります。でも、タイ人との子供を育てる気にはなれません。どうすればよいのでしょうか。

以下、まりこさんからの回答

 一緒に日本に帰って結婚して欲しいと言われ、さぞ喜んだことでしょう。タイ人のいい加減さや責任感の無さにうんざりした様でお気の毒でした。そんなタイ人男性に出会ったのが運が悪かったのでしょうね。タイ人に限らず欧米人や日本人にもいい加減で無責任な男性はいます。そんな男達を自分の思う通りしようと考えるから腹が立ってイライラして、もうイヤ!となるのですよ。年中暑くて呑気に暮らせるタイで、日本のようにしようと思っても無理なのです。タイ人ばかりのタイ国だからです。タイ人が日本へ行って
働くと、タイ人ではなくなってしまうそうです。日本人に近づこうと一生懸命働き、寒いのに頑張って日本人と同じになろうとするからです。あなたはタイ人と別れたのですから終わった事として、今度は日本人の男性の事なのですね。駐在5年目で、タイ人の奥さんとの間に生まれた4才のお子さんがいるそうですが、在タイですぐに生まれたのですね。何事にも積極的な方のようで。あなたも約1年付き合って、急に彼が帰任ぎりぎりになって結婚して欲しいと喜ばされて、子供を引き取って一緒に日本へ帰ろうと言われたら、不信感や前妻への嫉妬心がムラムラと湧き出てくるのは、女性同士だとよく解りますよ。彼も言いたくてウズウズしていたのでしょうね。外国での仕事も大変です。「行きは良い良い、帰りは怖い」、全てを背負って日本に帰らなければならないのです。最後はあなたがはっきりと決めなければなりません。いい年だし結婚はしたいけど、タイ人との子供を育てる気持ちはないと言いますが、気が進まない、難しい、嫌だ等々、ぐずぐず考えているのでしたら丁寧に断ってまた悲しい想い出をつくるか、もし引き受けたからには今まで考えてもみなかった経験や知らなかったことが新しい人生の中でどんどん出てきて苦手なことも嫌いだったことも夢中でやるようになるかも知れません。「生みの親より育ての親」という事もありますし、人生は先が見えないから手探りで生きるのも面白いかもしれません。自分で決心し、引き受けたからには嫌味を言ったり不満を言ったりしたらあなたの負けです。子供の母親や身内から色々な条件が出される(特に金銭面)かもしれませんが、引き受けるからには一人の大切な子供の命を預かるのですから、必死で育てていつも見守ってください。あなたもご両親の思い通りに育ってきたわけではないでしょうし、子供は親の思い通りにはならないものです。世の中は順々なんですね。日本人の彼とよく話し合ってあなたが決断しなければ先には進みません。それとも何も問題のない男性が現れるまでタイの国に住んだまま待ち続けますか? (まりこ)