57回目のご相談内容

 日本からの質問なのですが、よろしく願い致します。 私(47歳)は以前、約3年程バンコク近郊で働いておりました。その時にタニヤのカラオケで知りあった彼女がいまして、帰国後も年に2回程タイに出向いておりました。このほど久しぶりに彼女に会い話を聞くと、現在彼女はタニヤを辞めてマッサージパーラーで働いているとの事。理由を聞いてみたら、本人か親族かは分かりませんが、借金があって本人もイヤイヤ働いている様子でした。日本へ帰ってからも、ほぼ毎日国際電話で話していたのですが、やはり付き合いが長くなりますと情の様なものが入ってしまい、友人達には「騙されている。やめておけ」などと言われましたが、結局彼女の助けになるならと借金50万バーツを私が立替える事にしました。送金後、2週間ほど連絡が来なくなり、こちらから電話したところ男性が出て、すごい剣幕で怒鳴りつけられました。私はタイ語があまり得意ではない為、内容はよく分からなかったのですが。その後、すぐに彼女から国際電話があり彼は弟だと言っていましたが、さすがに不安になりバンコクに住んでいる友人の経由で調べてもらったところ、彼女にはタイ人の彼氏らしき男もいて、まだマッサージパーラーも辞めていない様でした。リタイア後はタイに移住して彼女と暮らそうと思っていたのですが、やはり考え直した方がいいのでしょうか?決して嘘をつく娘ではないと思っているのですが。

以下、まりこさんからの回答

 自分の恋は一方通行だと思いませんか?友人たちも「騙されている、やめておけ」と言っていますよね。誰でもそう言うでしょう。彼女の云っている事、やっている事が全て嘘だし、まず送金してから二週間も連絡がない。でも貴方は、決して嘘をつく娘ではない、なんて言い張ってますが、全くの嘘つきではありませんか。感謝もなければ礼儀もない。貴方は自分に嘘をつかれるのが怖い、それだけで彼女をかばって、そう思い込みたいのでしょう。彼氏らしき男もいて、まだソープもやめていない。やっぱり嘘つきでしょう。貴方の恋は勘違いでただの一方通行なのです。相手の女性は都合のよい日本人にお金を無心しているだけです。ニブい貴方もさすがに不安になり、友人に頼んで知らべてもらいましたよね、それでもまだ幼稚にもほどがあるといいますか、何年か経ってリタイアしたらタイで彼女と暮らそうと思っているとは…。
 なぜ日本人男性はこうも腰抜けでふやけた男が多くなってしまったんでしょう。日本女性が強くなってしまったんでしょうか。私もあまりにあきれたので、しっかりしろよと抱き起し、この世の厳しい幾山河を越えて生きましょう、という内容で「こんな男に誰した」という歌でも歌ってあげましょうかね。
 貴方は未練がましくも純粋な心を持った男性なのです。ましてや四十七歳です。赤穂浪士の人数と同じですね、関係ありませんが。今まで貴方は、ひどい女性に遭ったことがないのですか?遭ってもこうなんですか?
 学歴も無いタイ人女性が50万バーツも貯めるということは普通なら一生かかってもできません。外国の男性、特に日本人の男性を騙すのが一番の早道です。これまでに、騙された日本人男性は皆んな云いました。「彼女は嘘をつく女性ではない。真面目な娘です」「いつもおとなしくて悪いことはできない娘です」だったら、心に留めておいて他人に相談なんかしない事です。
 リタイア後は絶対にタイに来ないでください。また一人、また一人と不幸な日本人男性が作られてしまうのです。送金しても「ありがとう」の一言もない。本当は、「バカが本当に送金してきた。もうけもうけ。もう一回云ってみようかな、今度は母が病気で死にそうだからすぐにお金を送ってくれるようにワンワン泣いて頼んでみよう」掃き捨てるほどよくある話です。逆に貴方は彼女に『人をだまして金を取れ』ということを教えてしまったのです。タイの仏教では、お金を持っている者が、持っていない者に施すことを美徳としています。「タンブン」も施した自分が徳を積んだことになります。貴方はタイ人にタンブンして徳を積んだのだからそれでいいじゃありませんか。 (まりこ)