6回目のご相談内容

 まりこさん、こんにちは。私の夫の話を聞いて下さい!私は若いころから輸入関係の仕事をしており、たまたま訪れたタイで今の夫(タイ人)と出会い15年前に結婚しました。子供はいません。タイ人気質というものも理解する間もなく結婚してしましたので当初は本当に大変でした。お互いアジア各国を行ったり来たりで仕事が忙しかったため、深く考える事はありませんでした。ところが去年、夫が会社を立ち上げ、それを手伝うために私は仕事を辞めました。当然一緒にいる時間が長くなり、やっと夫婦らしく暮らせるかとはじめは喜んでいたのですが、とんでもないです。毎日、若い女の子から電話がかかってきているみたいでこそこそ出かけるし、昼間から酒を飲み、仕事はほぼ私に任せきり。家のこともなにもせず、私を女としてみてくれません。まだ40前なので頑張れば子供を産めない歳でもないと思っています。このままこの人と一緒にいるとノイローゼになりそうです。
離婚するにも踏み切れす悩んでいます。どうしたらよいのでしょうか?

以下、まりこさんからの回答

 このまま一緒にいるとノイローゼになりそうですとおっしゃっていますが、よくもまあ!
15年間も続いたじゃありませんか。男女の仲はその日からでもすぐ愛し合い、簡単に一つ屋根の下で暮らせますけど、別れる、離婚するといったことになりますと愛し合った二人が敵同士になって、大変なんですよ。
 あなたはお子さんがおられず思う存分働いてきたと思います。彼も考える事があって会社を立ち上げたのでしょうが、彼は今更ではなくて、ずっと前からそんな生活をしていたのでしょうね。あなたが働き続けて忙しいばかりに見抜けなかったのではないでしょうか。でも、そんな彼が会社を立ち上げたなんてすごいですよ。その意気込みが。 タイの男性は気は優しくて親切なので女性を働かせる事はとても上手です。逆にタイの女性は自分の主人や恋人にはまめに目を光らせて監視するのが上手で、男性をあてにせず、自分は働きながらも決して彼から目を離さず行動を見ています。
 あなたは最初から彼に甘い教育をしてしまったのでしょうね。あなたの放任が原因なんです。あまり厳しすぎても、大人なんですから逃げ道を探します。 
 私の知っている会社員の男性は毎朝家を出る時に車のガソリンの量と走行距離を奥さんがチェックして、夜に帰宅した際にまたチェックされていたそうです。毎日です。家から会社までの距離は解っていますから、それを越えていた場合はその日の行動を問い詰められるそうです。もう何年も続いているので、ご主人は「もう平気になっている」と言っていましたが…。 そんな奥さんがどんなにチェックしていても、男性は時間のやりくりと知恵で上手に誤魔化します。他の乗り物を使い、用が済んだら自分の車で帰宅すれば完全に大丈夫なのだとニコニコしていました。あなたも彼が出かけようとすれば、タイの女性のように「私も買い物があるので一緒に行きます」と言ってみましょう。我慢は無用です。「私を怒らせると怖いわよ」と思わせるくらいに。どこの国の男性と結婚しても15年も一緒にいれば気質なんて関係ありませんよ。二人の信頼でここまで一緒にやってきたのですから。相手が勝手なことばかりしていると誰でも絶望感は持ちますが、苦しみに勝たなければ下落してしまいます。ストレスが貯まり過ぎるのもよくないですから、仕事を離れて初めは2、3分からでも目を閉じ、心を落ち着かせてみましょう。
 心が平穏になりますと、精神状態も変わります。今は仕事や雑事に追われてイライラし、彼ばかりを責めているのが解るかもしれません。心を落ち着かせて相手の良いところを見る。そこからやり直ししてみてはどうでしょうか。元はと言えばあなたの甘さが原因なのですから。 (まりこ)