打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

谷口と松村の人間味あふれる師弟関係

 「日本オープン」で3勝目を挙げたベ・サンムンに、翌週の「ブリジストンオープン」で挑戦状を叩きつけたのは43歳の谷口徹でした。今季の谷口は2連覇を狙った5月の「日本プロゴルフ選手権」で、腰痛を訴え途中棄権。2週間の休養をとって復帰したのですが「勝ちたい。とにかく優勝したい。疲れはピークだけど勝ちたい」と、報道陣を集めて「賞金王」に輝いた若い時のように試合前に優勝宣言をしていました。賞金王レーストップを快走する「ベ・サンムンとの優勝争いがしたい」とも語り、「やりがいがある。久々に良い選手が出てきた。飛ぶし、アイアンもパットもうまい。自分より強いと思う選手」と実力を高く評価しています。
「べ・サンムンとは毎週一緒に回っても、飽きないと思う。目の前で戦いたい。彼の域まで自分を上げないと一緒に回れない。べとキム(キョンテ)と戦うときは燃えるものがある」とやる気に溢れ、「僕らはプロだから。そういう選手に勝った時の喜びは普段の何倍もある。年は関係なく、気持ちを前に出さないと勝てない」と戦う姿勢を語っています。谷口は例年5試合前後で連戦を避けるスケジュールを組んできましたが「勝つことに飢えている」と、休養後14試合連続で出場して結果を残しました。

 クローズスタンスのアドレスから右サイドを固め、切り返しから一気に左軸足で上半身を振り抜くスイングは安定感抜群で、決勝ラウンド2日間はいずれもノーボギーと他を圧倒する内容で3日目に首位に並び、最終日の後半は独走状態になり2位に5打差をつける快勝でした。「若い選手の壁になれるよう頑張りたい。あと5試合でベ・サンムンまで届かせるのは厳しいかもしれないが、彼を目標に頑張っていきたい」と語りました。

 谷口本人は特に師匠と呼ぶ人は持たず、コーチもつけていませんが2度「賞金王」に輝いています。誰かと群れることを好まない“一匹狼”と言われる選手でした。しかし、谷口は40歳を境にあえて自分よりひとまわり以上の下の選手たちに、声をかけて行動を共にしています。谷口からすると40代にさしかかってなお、自分のモチベーションを上げるためなのでしょう。声をかける相手は常に、自身が持っていないもの、持ちたくても持てないものを、持っている選手達です。まず白羽の矢を立てたのは、ただ飛ばすだけではなく、抜群の正確性と安定感を兼ね備えていると評判だったプロ11年目の松村道央でした。「彼が僕に勝てるのは、飛距離しかないですけれど」との谷口の憎まれ口は、いつものことですが、これは「大きな可能性を信じている」気持ちの裏返しなのでしょう。「僕が彼から盗みたいところはひとつもないですから」と得意の“毒舌”はあいかわらずですが「でも、飛距離では1ヤードでも松村に追いつきたいと思う。彼から刺激を受けることで僕の体も気持ちも若返る。そういう選手しか、僕は声をかけない」という「師弟関係」の条件を明かしています。
昨オフ、谷口との宮崎合宿に参加した松村は、飛距離では優位に立ててもアイアンの精度や小技のバリエーションに歯が立たず、さらに本番さながらの練習ラウンドでの驚異の集中力に驚いたといいます。この経験が何よりの薬となり、松村は昨シーズン10月の「コカ・コーラ東海クラシック」で念願のツアー初優勝を挙げたばかりか、翌11月の「カシオワールドオープン」で早速2勝目を達成し、賞金ランキングでも接戦の末に5位となり、なんと6位の師匠を競り負かしてしまったのです。そしてそのことが、今度は谷口の心に火をつけたようで、今年は「賞金王を狙う」と公言していました。しかし子煩悩で育児が趣味という谷口に、昨年秋に第二子が誕生したことで「ゴルフに対する情熱が薄れていた」と、前半は優勝争いに顔を出すことが少なかったのです。

 弟子の松村は「師匠を見習いたい。谷口さんの100ヤード位内のアプローチと精神力、集中力は世界NO.1」と師匠の力を認めていますが、谷口のほうは「別にあいつを弟子とは思ってない、弟子というより扶養家族。だって彼は僕より稼いでいるはずなのに、ちっとも僕にご馳走してくれないんです。むしろ“生涯獲得では谷口さんのほうが上”とか言って、僕に奢らせてばかり」と冗談交じりで語りましたが、今年の宮崎合宿期間中の食事代はすべて、師匠谷口持ちだったようです。「やる気、可能性を感じるか。ゴルフに対しての気持ちがあるかないか」という“入門条件”を満たし弟子入りした諸藤は、9月の「フジサンケイクラシック」で涙の初勝利を飾りましたが、「あれは2日間だろう(荒天による36ホールの短縮競技)。優勝じゃない。このまま喜んでたら、すぐ消えるぞ」と戒め、16歳のトップアマ伊藤誠道には「彼には人間的な事をね。ピノキオみたいに鼻が伸びないように、ジュニアの大会でたくさん優勝して、勝つことをちゃんと覚えてこい」と、厳しく課題を与えています。切磋琢磨で互いを高め合い、人間味溢れるまさに理想的な師弟関係が、谷口を中心に築かれつつあるようです。
優勝した「ブリジストンオープン」でもラウンド中リーダーズボードに目をやり、気になったのは“弟子”たちのスコアだったようです。松村と諸藤は、師匠を2打差で追ってのスタートでしたが、松村は通算10アンダー2位、諸藤は73と崩れて通算5アンダー17位。「師匠と弟子はこれくらい差が無いと。今日で分かったでしょ、でもやっと見せられた」とホッとした表情も見せていました。
弟子たちはホールアウト後、18番グリーンの裏で完敗を認めてから「ウォーターシャワー」で師匠を出迎えたのですが「待ってなかったら、シバいたろうかと思ってた。でも今まではこういうの、無かったな。水かけられたから優勝の余韻が覚めたわ」と17度目の優勝で初めて弟子からの「ウォーターシャワー」を浴びましたが、その目には光るものがありました。完全復活を果たして、日本の若手を引っ張ってくれそうです。

 しかし谷口が掲げた「打倒ベ・サンムン」を果たしたのは「谷口軍団」ではなく河野晃一郎でした。「マイナビABCチャンピオンシップ」の最終日は13位からスタートしたベ・サンムンが10バーディ・2ボギーで15アンダーとし、13位から一気にトップを奪いホールアウト。2打差で追う藤田寛之、小田が孔明が18番でイーグルを奪えずに、またしてもベ・サンムンにやられたかという展開でした。挑戦権を持つ最後の選手は10アンダーの2位タイからスタートした河野だけでした。13アンダーで迎えた最終18番パー5で、完璧なセカンドショットから笑顔でイーグルを奪い、ベ・サンムンに土壇場で追いつきプレーオフに突入。18番ホールの繰り返しで行われたプレーオフでは6ホール目で2.5メートルのバーディパットを決めて、べ・サンムンを退けたのです。
「長かったですよね、でも最後まで応援してくれたギャラリーの方々に、つまらない顔はお見せできない。せめて自分のトレードマークでもある笑顔で声援に応えたかった」と語りましたが、バーディパットを決めれば笑顔、ミスショットをしても笑顔、真剣モードで表情を変えることなく戦うベ・サンムンとは対照的に、笑顔を絶やしませんでした。そんな河野が外国人選手には負けたくないという強い気持ちを語っています。「今、韓国の選手たちが凄く強いですよね。彼らは凄くハングリーだし、練習も熱心。今、ベが賞金ランキングで首位を突っ走っていますが、やっぱり日本ツアーは日本人が賞金王にならないと。彼に挑戦権があるのは遼くんだけだと思うんですよね。そしたら、なんとか日本人選手として少しでも後押しができればというか、ベの独走を止めたいと思って」と「石川賞金王」のアシストも考えてプレーオフに挑んだようです。「ベの方が実力も上だし、飛距離も出るし、あの18番でやるのは絶対に不利ですよね。でも、僕は最終組でその流れで入れますけど、ベは時間が空いてしまったので、戦うモードになっていない分、少しチャンスはあるかなって思いました」と振り返っています。
「 6ホールは初めてですね」という河野のプレーオフの実績は5戦3勝ということでした。東洋大卒業後力不足を感じ、厳しい環境に身を置くためサンディエゴを拠点に4年間米国でミニツアーに参戦しています。現在の所属先のエコー電子の社長でもある父親からの20万円の仕送りを元手に、節約するためにホームステイ先から中古車で試合会場を飛び回る毎日で学んだのは「英語をしゃべれない分、周りの人に受け入れてもらうには笑顔が一番」と、今回とても印象的だった「笑顔の力」のルーツを語っています。

 アメリカではPGAツアーを目指すプレーヤーのために、いくつかのミニツアーが開催されています。河野はミニツアーのプレーオフで3勝しています。ミニツアーは参加選手が支払ったエントリーフィから成績によって賞金が支払われます。エントリーフィはワンデイトーナメントだと100$前後、2日間トーナメントで250~300$。4日間トーナメントだと1,000$と高くなります。当然賞金も上がりますが、予選落ちでは賞金は無く、自分が出したお金をいかに多く取り戻せるかは、自分の力次第ということになります。「アメリカ人にもハングリーで負けたくないという気持ちで戦っていました。あ、そういえば外国人にプレーオフで負けたことないや」と、またしても笑顔で答えていました。過去の2敗はいずれも国内での競技。「外国人選手と戦うのは相性が良いんですかね。でも、今回の優勝は本当に自信になると思います。あのベに勝ったんですから。自分ではまだ優勝は早いと思っていましたが本当に嬉しいです」と語りましたが、海外での経験が土壇場で大きな力になったのは間違いありません。「笑顔の戦士」と「谷口軍団」そしてスイングが安定してきた石川の「逆転賞金王」にも期待しましょう。 (サミー大高)