打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

トッププレイヤー・2011年の総括

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、悪天候によるコースコンディション不良のため大会3日目の競技が中止となり、54ホールの短縮競技となりました。石川は通算5アンダーと久々の首位タイで最終日を迎えることになりました。「朝からずっと天気が悪いのは分かっていて想定の中にあった。これが選手全員に与えられた条件」と語っていましたが、国内での最終日・最終組のプレーは、意外にも10月の「キヤノンオープン」に続き今季2度目と、今ひとつ乗り切れなかったシーズンを象徴していました。最終日・最終組は過去18回経験していますが7度優勝で、最終日を首位からスタートした過去12回のうち6勝という数字が残っていました。「この大会にはスコアを伸ばせる選手が揃っている。ひとつ、ふたつのミスで焦って気持ちを切らさないように粘り強くプレーしたい、スコアはどうなるか分からないけれど、感触としては昨日よりもいい」と、最後まで練習場に居残った石川は「今まで9勝してきたけれど、勝利を重ねるたびに優勝争いに加わったときの勝ちたい気持ちが強くなっている。明日のバックナインがポイント。そのときが一番優勝したい気持ちが強いと思う」と翌日の2011年の日本ツアー最終ラウンドについて語っていました。
最終戦での今季初勝利、メジャー初勝利、節目の通算10勝目と、ありとあらゆる期待が込められた最終ラウンドで、石川は同じ最終組を回った谷口と前半は激しい一騎打ちを演じました。3番で右から6メートルのバーディパットを沈め、6番でグリーン右からの第3打を寄せて2つ目のバーディとリード。しかし谷口が6番から3連続バーディを決めたのに対し、7番以降、石川はなかなかスコアを伸ばせず、石川自身がポイントと語っていたバックナインへ。しかしいきなり10番でティショットを左へ大きく曲げボギーをたたいて3打のビハインドとなります。12番でフェアウェイからの第2打をピン奥1メートルにつけ、バーディで2打差としますが、14番で谷口がバーディを奪ったのに対し、石川は3パットのボギーとその差は4ストロークに拡がり、勝負のバックナインで優勝争いに持ち込むことができませんでした。

4月の「マスターズ」で自身初の予選通過、8月の「WGCブリヂストンインビテーショナル」では最終日最終組で優勝争いを演じ、先月には「ザ・プレジンデツカップ」にも2度目の出場を果たした2011年。しかし国内ツアーではトップ5入りが7度ありながら勝利を挙げられず、プロ転向後4年目にして初めて1億円を突破することができませんでした。石川は「まだ甘い。ちょっとした気持ちの緩みや、妥協がすぐに結果に出る。そういう世界にいてよかったと思う。プロ1年目、2年目のときは『この中で自分が一番下手だ』と思ってやっていた。これからももっとこういう気持ちを持ってやらないといけないし、悲観的ではなく、満足しないという姿勢を持たないといけない」と納得の行かないシーズンを振り返っていました。しかし期待に応えようと必死に戦った「プレジデンツカップ」を含む海外遠征のハードスケジュールや、彼女のことでもマスコミに追いかけられ、心身ともに疲労はピークに達していたことでしょう。このコラムが発刊される15日から、アマタスプリングスCCで開催されるアジアンツアーの「タイランド・チャンピオンシップ」に出場予定ですが、来年の「マスターズ」出場権がかかる年末の世界ランク50位以内の確保を目指して、頑張ってくれることでしょう。

石川の東日本大震災の被災地への義援金は1億3000万円を超えました。「WGCキャデラック選手権」出場のため米国フロリダ州マイアミで迎えた「3月11日」。どう支援したら良いのか迷った末、今季の海外メジャー4試合と国内ツアーでの獲得賞金、および1バーディを獲得するごとに10万円を積み立て義援金とすることを発表しました。そして積み立てられた額は1億3348万2603円(獲得賞金額9828万2603円、イーグル、ホールインワンを含むバーディ数352)となりなしたが、日本中の期待を背負う若者として、素晴らしい決断でした。「責任感というか、やらなくちゃいけないという“やりがい”を感じました。これからもどういう形であれ、何十年もサポートしていく責任がある。今の日本にとってスポーツの力は大きいと思っている。スポーツの力で勇気を与えられるかもしれない、そういうことを感じた一年だった」と長期的な、さらなる支援を語りました。

2007年の石川遼以来となる、史上2人目のアマチュアプレーヤーとして「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に出場した松山英樹はスコアを伸ばせず21位に終わりました。史上3人目のアマチュア優勝をという快挙を成し遂げた「三井住友VISA太平洋マスターズ」後の3試合は、「ダンロップフェニックス」43位、「カシオワールドオープン」予選落ち、そして今大会と上位争いができず「不甲斐無いプレーを続けてしまった。レベルを上げないと勝負にならないと思いました。やっているときは全然感じなかったけれど、最終ホールをホールアウトしてからどっと疲れがでて、ツアーを4週間連続で戦う体力はまだ無いと思う」と連戦の疲れを語っていましたが、来年4月の「マスターズ」へ向け「練習します。遊んでいる場合じゃない」と気持ちを新たにして、輝かしい2011年シーズンを戦い終えました。

石川、松山の同学年対決が話題になった大会は、通算10アンダーのトップタイでホールアウトした藤田寛之が谷口徹とのプレーオフを制して今季初勝利、自身通算11勝目で大会連覇を達成しました。6番、17番と2つのパー5でいずれも10メートル以上のパットを沈めてイーグルを奪取するなど「64」をマークして先にホールアウト。最終組の谷口が、正規の最終18番で決めれば優勝という短いパーパットを外し、土壇場で突入したプレーオフ2ホールでいずれもパーを拾い、勝利をもぎ取ったのですが「99%は谷口さんのゲームだと思っていた。だから複雑な気持ち。今回の優勝は本当に勝ったのかなという感じ」と、同世代の谷口を称える優勝コメントでした。昨年大会で悲願の国内メジャー初制覇を達成し、賞金ランク2位でシーズンを終え、海外メジャー4試合に出場したもののすべて予選落ち。「国内ならば、悪い状態でも予選を通過して上位に入れることもある。けれど向こうでは、良い状態でようやく『戦えるかな』という感じ」と、明らかな力負けを語り、主戦場である日本でも優勝争いを演じても勝利に届かず「日本オープン」では、まさかの予選落ちと最悪のシーズンでしたが、史上8人目となる生涯獲得賞金10億円突破を果たす勝利で、今シーズンを締めくくりました。

「ジャパンゴルフツアー表彰式」が行われましたが、今季3勝をマークした韓国のべ・サンムンが「最優秀選手賞」と「賞金ランキング賞」を獲得しました。石川は今季未勝利に終わったもの「平均パット賞」「バーディ率賞」を受賞。またファン投票による「Most Impressive player賞」を5年連続で手にしています。今年不調に終わったキム・キョンテですが「平均ストローク賞」と「パーキープ率賞」を獲得と、2年連続して韓国勢の活躍が目立った男子ツアーでした。また「賞金王」を決めたべ・サンムンは、カリフォルニア州ラ・キンタにある「PGAウェスト」で開催された「PGA・Qスクールファイナルステージ」で、来季のツアーカードを獲得しました。6日間、108ホールで25位までが来シーズンのシードを獲得できるという過酷な「ファイナルステージ」です。最終日を3アンダーの29位タイからスタートしたべ・サンムンは、出だし4ホールで3つのバーディを重ねる好調な滑り出しを見せます。その後は7番、後半11番の2つのパー5でイーグルを奪取と2イーグル、6バーディ、4ボギーの「66」と、出入りの激しい展開ながら通算6アンダーの11位まで順位を上げてフィニッシュしました。「日本で賞金王になって、アメリカのツアーカードももらえたら最高」と話していましたが、見事その2つの夢を叶え、充実のシーズンを締めくくりました。欧州ツアーで優勝経験があり、2010年のアジアンツアー賞金王で、石川と同じ20歳のノ・スンヨルも通算15アンダーの3位タイで終了し、シード権を掴みました。PGAツアーもLPGAと同じように韓国勢の活躍が目立ってきています。このコラムで石川のライバルと何度も取り上げてきたノ・スンヨルの活躍にも期待したいですが、石川や松山が米国中心のスケジュールに踏み切るのは何時の事でしょうか?

タイガー・ウッズが自身のホスト大会で見事な逆転勝利を飾りました。カリフォルニア州のシャーウッドCCで開催された「シェブロンワールドチャレンジ」で、最終日を7アンダーの2位からスタートしたタイガーは5バーディ、2ボギーの「69」で回り通算10アンダーまでスコアを伸ばし、トップのザック・ジョンソンを逆転し2009年11月の「オーストラリアン・マスターズ」以来の優勝を飾りました。
Z・ジョンソンとの一騎打ちとなった最終日でしたが、タイガーは10番で単独首位に立ち、11番もバーディでその差を一時2ストロークとして勝利に近づきます。しかし12番でボギーをたたくと、Z・ジョンソンが13番でバーディを奪取。さらに16番のこの日4つ目のバーディでトップの座を奪い返してしまいます。タイガーが1打ビハインドで迎えた17番パー3、先に6mのバーディを狙ったZ・ジョンソンのパットがわずかに外れた後、タイガーは4.5mのバーディパットを決め再びタイに。そして最終18番、右4mのバーディパットを外したZ・ジョンソンに対して、右奥から2mのバーディパットを沈めて雄叫びをあげながらの力強いガッツポーズで「王者の強さ」を連続バーディで証明しました。
賞金ランク上位から選ばれた18人の選手で行われる同大会は、チャリティを目的として1999年に設立されたタイガー・ウッズ主催のトーナメントです。米国ツアーのシーズンは終了しており、賞金ランキングおよび同ツアーの勝利数も加算されませんが、度重なる故障、そして不倫スキャンダルから低迷を続けてきたタイガーは「素晴らしい気分だ。今年は2回勝つチャンスがあった。今回はその3回目。それを引き寄せたということ。緊張したかって? もちろんだ。こういうポジションでプレーするのはいつだって緊張するよ。でもすごく気持ちがいい。いつもこういう勝てるチャンスがある位置を楽しんでいるから」と、久々の笑顔を見せたタイガーは「来年に向けて弾みがついたね。良いシーズンを送れれば『カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー』の候補に入れてもらえるだろうから、それも楽しみだね」と、笑顔で冗談交じりに答えていましたが、PGAツアー年間最優秀選手、PGAの年間MVPを各10回受賞と、これまでにありとあらゆる賞を総なめしてきたタイガーが「完全復活」を目指し2012年のシーズンを迎えます。 (サミー大高)