打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

今年、2012年のキーワードは?

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年末にアマタスプリングCCで開催された「タイランドゴルフ選手権」の最終日、平塚哲二は通算7アンダーの9位タイでホールアウト。アジアンツアー最終戦で賞金20,850ドルを加算し、日本人史上最高位となる同ツアー賞金ランキング2位でシーズンを終えました。5アンダーの13位タイからスタートした平塚は最終ラウンドで「70」をマーク。「アプローチ、パットですね。悪いなりにやれた」と、2日目のイーブンパー以外の3日間はアンダーパーでまとめる安定感を見せました。平塚はアジアンツアーの賞金ランクにも加算される9月の国内ツアー「パナソニックオープン」で優勝し、一時は同ツアーの賞金レースのトップに立ちました。しかしフィリピンのジュビック・パグンサンが、賞金額の高い11月の「シンガポールオープン」で2位に入り666,660ドルを稼ぎ、逆転で賞金王を獲得しました。2011年シーズンのJ・パグンサンは未勝利でベストテン入りも3回と、他の試合での合計獲得賞金は121,373ドルでした。たった1試合の好成績だけでの賞金王獲得は問題がありそうです。 ランキング2位で終えたことに平塚は「嬉しいし、最低限はクリアできた、これからも日本、アジア両ツアーを掛け持ちする意向です。賞金ランクで2位に入ったことで「WGC・キャデラック選手権」の出場権も獲得しました。「これ以上出たら死ぬな…。でも試合数を減らそうとは思わない。環境を整えてやっていきたい。一年間、調子を持続できるように」と“鉄人・平塚”は2012年も世界を飛び回り、活躍する意気込みを語りました。6位には丸山大輔が入り、アジアでもプレーしている日本人選手がベストテンに入りました。

 大会はリー・ウェストウッドの完全優勝で幕を閉じました。予選ラウンド2日間を終わり、ツアータイ記録となる通算20アンダーをマークしたL・ウェストウッドの独走と思われましたが、3日目に「マスターズ王者」のチャール・シュワルツェルが猛追を見せて4打差、最終日も一時3打差まで迫るなど、スター選手が優勝争いを繰り広げました。参加予定だったロリー・マキロイはデング熱で体調を崩し、直前でキャンセルとなってしまったものの、L・ウェストウッドやC・シュワルツェルをはじめダレン・クラーク、セルヒオ・ガルシア、ジョン・デーリーといった欧米ツアーを主戦場とするスター選手の参加は、不景気な日本のトーナメントでは見られない豪華なメンバーでした。

 同大会で58位に終わり「マスターズ」の出場権が得られる、年末の世界ランキング50位以内から陥落することが確定した石川は「これが今の実力ということ。こういう形で今年が終わり、逆にピリッとした気持ちになった。1月のソニーオープンから2月末まで米ツアーに出て、後の3月も出られる試合があれば、米国に居続ける日程になると思う。その中で1試合でも2試合でもいい成績を挙げれば、世界ランキング50位以内に戻れる可能性があるので頑張りたい」とコメントしています。
初日の練習場での暗い表情を心配していたのですが予想通りというか、頭の切り替えが出来なかったようです。ゴルフをするのが辛く、苦しくなっている様にも感じました。1月の「ロイヤルトロフィー」でもそうでしたが、石川自身がゴルフを楽しんでいる様に見えません。2009年に初めてアマタで見た石川は、打つたびにギャラリーから歓声が上がるような、見ている方も楽しくなる練習風景で、石川も「笑顔」で声援に応えていました。今の石川の周囲には、見てはいけないものを見てしまったような警戒感に満ちていて、ミスをするたびにため息がもれ、ギャラリーが石川のプレーに期待し、トーナメントを楽しむという雰囲気ではありませんでした。
石川は8月の世界ゴルフ選手権シリーズ「ブリヂストン招待」で、アダム・スコットとタイガーの元キャディS・ウイリアムスを向こうに回し、最終日のバックナインまで堂々と優勝を争い、米ツアー自己最高の4位の活躍を見せました。日本どころか近い将来のPGAツアーでの優勝をも予感させてくれたのです。しかし石川は「ブリヂストン招待で4位にはなれたけどスイングの形にこだわりすぎて、アダムにも飛距離で離され過ぎていた。とにかくできるだけ前に飛ばせるスイング、躍動感をテーマにもう1回練習しようと」この遠征から帰国した後、スイングの修正に取り組んだのです。自ら望んだこととはいえ、飛距離を求めるスイングチェンジが、賞金レースを左右する秋口になっても修正できず、ドライバーは曲がり続け、躍動感は制御不能な振り回し過ぎに見えました。

 台風や悪天候の影響で短縮になる試合が多かったのも、石川の後半の追い上げに水をさすこととなりました。しかし一番のダメージは「無免許運転騒動」だったようです。この騒動は「優等生的」なイメージが定着していた石川にとって初めての不祥事でした。米国で取得した国際免許は、一定の条件を満たさなければ日本国内では無効だと知らずに運転してしまったということで、事態の大きさに気づいた直後の「ダイヤモンドカップ」、そしてそれが明るみに出る直前の「日本ツアー選手権シティバンク杯宍戸」はいずれも予選落ちに終わっています。特にツアー選手権ではプロ転向後の自己ワーストスコアを記録するなどブービーの119位と、不祥事による動揺が成績に現れています。さらには「恋人騒動」がスクープされそうになるなど、今年の石川はゴルフに集中出来ない時間が多かったのも事実です。

 初日の練習場では、ミスをするとクラブヘッドを地面に叩きつける場面もありました。少し考えすぎなのでしょうが、「ハニカミ王子」と呼ばれた頃を思い出し、プロゴルファーとして「楽しく・笑顔」で、ギャラリーを楽しませるような、気持ちの余裕が必要なようです。上手くいかない時クラブに当り散らしても何も解決しないばかりか、悪い結果をさらに自分自身に認識させることになります。いいショットもたくさん出ているのに、わずかなミスを許せずに考えすぎてしまう「ネガティブスパイラル」に入り込んでいるようです。ラウンド中に怒りを爆発させては、勝てる勝負にも勝てません。練習の段階では常に考え、繰り返しの練習が必要なのは間違いありません。しかし本番では体の反応に任せて「考えなくてもいいことは考えない」という頭の切り替えができないと、今の悪循環から抜け出せません。全てを一人で背負い込んで、出口を模索しているようですが、父親の意見も聞かないような険悪な場面もありました。階段を一気に飛び越すように成長してきた石川が「大きな壁」を乗り越えるには、石川自身が変わらなくてはいけないのですが、まず「笑顔」を取り戻し「ゴルフを楽しむ」ことだと思います。

 「太平洋クラブ・マスターズ」で、ホールインワンを決めた時の「笑顔」が、石川の本来の姿です。ミスをすると「カッ」となり、力でねじ伏せようとしている様に見えますが、ミスショットという「結果」は誰もコントロールできません。怒りをコントロールするには、頭と気持ちをどう切り替えるかが重要ですが、今年の活躍には米国ツアーで長年プロキャディとして実績を残している、外国人プロキャディのサポートが不可欠でしょう。毎年同じコースで開催されることが多い米国ツアーではコースの知識や情報を持つことが重要で、経験の少ない石川をサポートして結果が残せるのは、性格が明るく、石川にとって兄貴の様な存在に成り得る外国人キャディです。不調に陥った宮里藍を支え続け「キャディ・オブ・ザ・イアー」を獲得したミック・シーボンのようなパートナーと契約して日米で連戦を重ねれば、将来を見据えても大きな力になることは間違いありません。
史上初の偉業と、高額なボーナスを争う欧州男子ツアー最終戦「ドバイ・ワールドチャンピオンシップ」は、アルバロ・キロスが優勝し、ルーク・ドナルドが「米国・欧州・賞金王」の、ダブルタイトルがかかる最終日に「66」をマークと、世界ランクトップの貫禄を見せつけて、前人未到の快挙を成し遂げました。賞金王のドナルドはボーナスとして150万ドル(約1億1,550万円)も合わせて手にしました。イングランドの国旗を背中に背負い、イングランドカラーのいでたちで最終日に望んだL・ドナルドは、中盤でバーディパットが決まらなかったものの16番からの3連続バーディで「王者」の貫禄を示しました。いつの日か石川や松山が日の丸を背負い、白と赤のウェアで海外の「賞金王」を決めて欲しいと思うのは私だけでしょうか。
優勝したA・キロスの「武器」は欧州ツアーNO.1のドライビングディスタンス(312.7ヤード)です。「比較的速いスピードでスイングすることを、幼い頃から実践していた」と飛距離の秘密を語っていますが、もうひとつの魅力は「笑顔」です。「マスターズ」で初日首位に立ちながら失速した時は深刻な顔をしていましたが、今回はミスしても「笑顔」でキャディやギャラリーと話をしていたのが印象的でした。レッスンで「もっと早く振りましょう」というと、怪訝な顔をされる方が多いのですが、プロゴルファーのスイングは思ったより早いものです。テレビを見ながら一緒にスイングに合わせて動いてみると分かりますが、プロゴルファーのスイングについていける方は少ないと思います。バックスイングに時間がかかりすぎることが、ミスショットの原因になっているアマチュアゴルファーが多いのは事実です。自分にとって快適なスイングテンポを身に付けることがコースでは重要だと思いますが、A・キロスは0.7秒でインパクトを通過します。石川は0.9秒ですが、世界のスイングスピードは「ゆっくり」ではありません。

  A・キロスは「なぜボギーを打っても笑っていられるのですか?」という質問に「これでも笑顔を絶やさないように努力しているんだ。あまり良いプレーができなかったとしても、笑ってさえいれば、次につなげることができると信じている」と答えています。「マスターズ」の苦い教訓から得た、新しいプレースタイルだったのでしょう。「スペインの笑顔の戦士」A・キロスの「マスターズ」でのリベンジが楽しみですが、日本でも「マイナビABCチャンピオンシップ」で、賞金ランキングを快走するベ・サンムンとのプレーオフで、大金星を挙げた河野晃一郎も見ている者を楽しくする「笑顔」の勝利でした。2012年のキーワードは「笑顔」のようです。  (サミー大高)