打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「ベリーパター・ロングパター」の効用

 「ベリーパター・ロングパター」の使用プロが今年も活躍していますが、米国の新たな期待の星が「ベリーパター」を使用し、記録的な大逆転でツアー初優勝を挙げました。「ウェストマネジメント・フェニックスオープン」はスペンサー・レビンが3日目を終えて通算17アンダーと、大会史上最多となる2位に6打差をつけ最終日を迎えていました。初優勝のプレッシャーか、S・レビンは前半に1つスコアを落としてハーフターンと。後続が追い上げる展開で試合は一転して混戦模様となったのです。その混戦から抜け出してきたのは24歳のカイル・スタンリーでした。11番までに4つのバーディを奪って終盤に入ると、13番のパー5でも確実にバーディを決めトップに並びます。続く14番で右から4メートルを沈めて連続バーディと単独トップに躍り出たのです。粘るS・レビンが一度は再びトップタイに並んだものの、15番のパー5で第3打をグリーン手前の池に入れるなどして痛恨のダブルボギーで後退。アマチュア時代はリッキー・ファウラーのライバルで、米国代表として「ウォーカーカップ」を戦った将来有望な逸材が、レギュラーツアー2年目で8打差を逆転し初勝利を挙げたのです。
 K・スタンリーは前週「ファーマーズ・インシュランスオープン」で優勝の難しさを嫌というほど痛感させられていました。2位に5打差と大差をつけての単独首位で3日目を終了し、初優勝に手が届きそうに見えました。しかし2位のブラント・スネデカーに3打のリードを保って迎えた最終18番で痛恨のトリプルボギーと、まさかの展開でプレーオフに突入し、2ホール目で敗れて涙していましたが、わずか7日後に見事“雪辱”を果たし「これがゴルフなんだ。たくさんの人から受けた支援に感謝している。言葉がないよ」と大逆転優勝の喜びを語っていました。
 実は前週に開催された「ファーマーズ・インシュランスオープン」でカイル・スタンリーは、安定したショットで最終日の最終ホールまでトーナメントをリードしていたのです。3日目まで87%でランク1位のパーオン率と、311,5yでランク2位のドライバーディスタンスを武器に、ジョン・ハとジョン・ロリンズを5打リードと初優勝は間違いなさそうでした。3日目の16番でロングパットを決めた後、17番パー4のティショットを3番ウッドで300y以上飛ばし、セカンドの残り145yをPWで打ったのには驚きました。同じホールでドライバーを右に曲げた、こちらも飛ばし屋ビル・ハースのセカンドは6番アイアンでした。しかしそこからK・スタンリーのショットはバックスピンがかかりすぎグリーンに乗らず、アプローチを寄せてなんとかパー。18番はスピンで戻してピン手前に乗せたのですが、短いバーディが決まらずに、すでにプレッシャーを感じているようにも見えましたが、最終日の最終ホールにまさかの展開が待っていました。K・スタンリーは先にホールアウトしていたブラント・スネデカーに3打差をつけて最終ホールを迎えたのですが、フェアウェイから残り77ヤードの第3打はバックスピンがかかり過ぎ、グリーン手前の池に転がり落ちてしまいます。さらに5打目でグリーン奥に乗せたものの、ファーストパットをショートし、1m下りのウィニングパットを外すトリプルボギーでプレーオフに突入と最悪の展開。プレーオフでも最後は2メートルのパーパットを外して敗れていました。「18番も緊張はしていなかった。振り返っても、どう考えていたか覚えていない。難しいホールではないし、まっすぐなパー5だ。何度プレーしても8打たたく事はなかった」と悪夢のような幕切れを涙ながらに語っていました。しかし昨年の「マスターズ」で同じように最終日に崩れて敗れたロリー・マキロイと同じ様に「今すぐに顔を上げるのは難しいけれど、耐えなければいけない。僕の今シーズンの目標はこういう位置でのプレーを続けること。やってみせる」と再起を誓った翌週の「ベリーパター」を使った、見事な「リベンジ達成」でした。
 「ベリーパター・ロングパター」の持つプラス効果として一番大きなポイントは、長いパターを使うと、意識をしなくても利き手でパットをするようになることです。左であれ右であれ、利き手はより小さな作業をする時に、一番自然な感覚を与えてくれるはずです。柔らかい物を包丁で切るような優しい動きや、金槌で釘を打ち込むような強い動きには間違いなく利き手を使います。パッティングストロークで距離を調節するには「利き手の感覚」を重視することです。
 ストローク中もう一方の手の役割は、利き手の邪魔をしないようにクラブを安定させるだけの役割となります。「ベリーパター・ロングパター」の様に、グリップエンドをお腹、胸、アゴに押しつけ利き手だけで振ると、ストロークの安定感が増します。利き手だけでのパットを実践したプレーヤーの記録が残っています。1926年にジョー・ターネサは「メトロポリタン・PGA」で優勝した時に、右手だけでパットしたそうで、左手は体の脇にぶら下がっていたと記録されています。1980年代から1990年代に活躍した、マイク・ハルバートは、1995年のシーズンはほぼすべて右手だけのパットでラウンドしています。その年に優勝はしていませんが、ツアーに参戦した中でも好調なシーズンだったということです。しかしJ・ターネサとM・ハルバートはこの方法を続けませんでした。J・ターネサ逝去する前に「右手ストローク」をあきらめた理由を聞くことができなかったようですが、M・ハルバートは「仲間のプレッシャーがあり、もう一方の手をクラブに戻した」と語っています。
 ベン・ホーガンは、1948年に発行された教本「Power Golf」に「パッティングでクラブを握る時は、リバースオーバーラップグリップにし、右手の全指がシャフトに触れるようにして、右手でパッティングすると」述べていますし。また全盛期のタイガー・ウッズは少なくとも30分は右手だけでパッティング練習をしていました。ジャック・ニクラスは、自分のパッティングストロークについて「ある意味ボールを押している感じ」と表現していますが、もちろん右手の「フィーリング論」です。
 一般論として知られている、パターを肩だけで動かす「ショルダーストローク」だと、空中に浮いた両手手首がターゲットラインから外れやすく、グリップエンドを体のどこかに押し付けたストロークの方が、安定したペースを保つパッティングストロークが可能になります。またロングパターはヘッドがかなり重いので、肩だけを使ってクラブをコントロールするのは難しくなります。肩はクラブに触れている訳ではないので、手と同じような繊細さやタッチを持ちません。クラブに触れている繊細な動きが出来る「利き手」でコントロールする方がやさしいのです。
 メーカーはコンピューターでのシミュレーションとスイングロボットによる試打データにもっともらしい理論武装で新製品を発売します。しかしゴルフはコンピューターゲームではありません、生身の人間がプレーするものです。ハイテクよりフィーリング、突き詰めれば人間の感性に勝るものは無いということです。目で見た情報をいかに手先で表現できるか(Hands eye coordination)が重要です。この手加減を実践するにはボールを利き手で地面に転がす練習から、パターを使ってボールを打つ練習に移行するといいでしょう。右打ちの場合ボールを転がすのは右手です。そして「利き手」の右手には、すでに「ハンズ・アイ・コーディネーション」の能力が芽生えているはずです、いつも通りセットアップしてから左手を背中に回して右手一本だけでボールを転がした時と同じイメージでボールを打つ練習を始めてください。
 ボールを転がす練習でボールを強く握りしめたり、リリースの瞬間に指先に力を入れたり、反対に力を抜いたりしては転がりが安定しません、大切なことはグリップを柔らかく握りその強さを最後まで変えないことです。そうすることでパターを持っている右手とパターヘッドのスピードの変化がボールの初速に変化を与えて距離に対応できるようになります。右手とパターを一体化し、パターという道具を扱うのではなく、腕や手の延長として動かすイメージが描ければ最高ですが、グリップエンドを体のどこかに固定する「ベリーパター・ロングパター」の打ち方の方が「ハンズ・アイ・コーディネーション」に適しています。
 「ベリーパター・ロングパター」を練習で使用し、本番で従来のショートパターに戻すプロも増えています。また「ベリーパター・ロングパター」からショートパターに戻し、パッティングが好調になったプロゴルファーもいます。一度「ベリーパター・ロングパター」を使うことで「利き手」の意識が高まるからではないでしょうか。P・ミケルソンは「短いパターに戻すことにした。ベリーパターが自分にとってショートパットの助けになることを実感し、試してみることにしました。私はもともと少しパターを引きずる傾向があり、うまくリリース出来ないことがあるので、ベリーパターはショートパットでは非常に易しくストロークを繰り返すことができた。しかしヘッドのタッチやフィーリングを感じにくく、ショートパターを使うときのように効果的に手を使うことが出来ない。つまり同時にプラスもありマイナスもあるということだ。もしキーガン・ブラッドリーやウェブ・シンプソンのように数年使って慣れていれば、素晴らしい方法だと思う」と、ショートパターに戻した理由を明かしています。
 さらにP・ミケルソンは「自分はパッティングにそんなに易しい近道はないと思う。どんな方法を使うにしても、ラインを見つけ正しいスピードでストロークしなければならないことに変わりはない。自分はベリーパターに近道を求めていたのだと思う」と「ファーマーズ・インシュランスオープン」の前に語っています。「ベリーパター・ロングパター」を使用することで、パッティングストロークの複雑さが減るのは間違いありませんが、ホールに向かって正しく立つことはショートパターと同じように重要で、グリーンを読むことのほうがパッティングの最も難しい部分なのです。しかし「ベリーパター・ロングパター」がパッティング技術を単純にしてくれるのは間違いなく、一部の伝統的な考えを持つ「ルールの番人達」は禁止するべきと「ベリーパター・ロングパター」に反旗を翻していますが、規制されることになるのでしょうか。
 「HSBCゴルフ選手権」では、復活をかけてR・ロックと並んで首位タイからスタートしたタイガー・ウッズが、2番、3番で連続バーディを奪うものの、続く4番、5番を連続ボギーと波に乗れませんでした。8番でロックがボギーを叩くと9番でタイガーがバーディを奪い1打差でハーフターン。しかし勝負のサンデーバックナインでタイガーは10番をボギーと、挽回のチャンスを得られないままのホールアウトでした。首位に2打差の3位タイからスタートしたR・マキロイは、4バーディ、1ボギーと3ストローク伸ばして単独2位に入りました。タイガーと同じく3位タイには、2010年の「全米オープン」覇者、グレーム・マクドウェルが12番でホールインワンを決めて入り、昨季3勝を挙げているトーマス・ビヨーンも68で3位タイと実力者が上位を占めました。タイガーの復活劇は見られず、ロバート・ロックが終始リードを保ち逃げ切り、2011年の「BMWイタリアオープン」に続くツアー通算2勝目を飾りました。2打リードで迎えた13番のボギーで追いつかれそうになりますが14番・16番とバーディを奪い、最終ホールはボギーでしたが1打差で逃げ切りました。相変わらず重心が低く安定したスイングでしたが、ビッグネームを相手にした勝利は自信になるはずで、今年こそメジャーで活躍を期待しますが「全英オープン」向きのスイングです。
 「ファーマーズ・インシュランスオープン」の石川は、4日間とても良いゴルフをしていました。2日間69で予選を通過した3日目。スタートホールで長いバーディパットをオーバーし2mの返しを外した3パットでも崩れることなく、6番は強め、7番曲がるラインをジャストタッチで連続バーディを決めていました。8番はアプローチミスでボギーとしますが9番・11番と取り返し、13番のイーグルパットはカップにけられてのバーディと惜しいラウンドでしたが、4日連続の69で11位まで順位を上げて終了。最終日もあとひとつ伸ばしてベストテン入りを果たせば、次の試合の出場が可能でした。調子が戻り試合に出て世界ランクを上げたいところでしたが残念でしたね。帰国後「まだ理想には程遠い。左の壁が流れてしまっている」と振り返っていましたが「常にゴルフのことに繋げてやっているので、自然と練習も厳しくなる。スキを見せちゃいけない」と、自分のゴルフを信じて、真摯に取り組む練習で「課題」をクリアしてきていている姿勢が素晴らしく、これからが楽しみですね。最終日は久しぶりに良い笑顔が見られました。 (サミー大高)