打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

タイガーウッズ、べブルビーチに10年ぶりの参戦

 1937年から開催されている「AT&Tペブルビーチ・ナショナルプロアマ」の舞台となる「ペブルビーチ・ゴルフリンクス」は、太平洋に面した断崖の海岸線にレイアウトされた「風光明媚」なコースとして知られています。しかしこの美しいコースの難易度は太平洋から吹きつける海風が吹くと一変します。9ホールが海に面しており、「風が重く感じる」とプレーヤーが口を揃える「海風」が時間帯によって強さも向きも大きく変わるため、スタート時間によってもコースの難易度が変わり、スコアにも大きく影響を与ることになるのです。
ペブルビーチGLのフェアウェイは比較的広いのですが、アンジュレーションが強いために芝目が海に向かって順目となり、ファーストバウンドの跳ね方によってはラフやバンカーへ転がり込み、大きなトラブルになることもあります。さらにグリーンは小さい上にアンジュレーションも強く、狙う方向によっては止めることも難しく、また芝目が強く予想外の転がりを見せる西海岸特有のポアナ芝で、しっかり打たないとショートパットでも外れてしまいます。
カリフォルニア州モントレー半島地域には、ペブルビーチの他にデルモンテ、スパニッシュベイ、スパイグラスヒル、ポッピーヒルズやプライベートコースのサイプレス・ポイントと名門コースが点在し、世界中のゴルファー憧れの場所といわれています。「全米オープン」は、通常プライベートコースで開催されるのですが、パブリックコースのペブルビーチが1972年に異例の「全米オープン」開催を果たしました。その後1982年、1992年、2000年と回を重ね2010年まで5回の開催歴を誇っています。ペブルビーチをはじめポッピーヒルズ、スパイグラスヒルの3コースを利用し、「AT&Tペブルビーチ ナショナルプロアマ」が、1937年から70年以上開催されていますが、今年はペブルビ-チ、スパイグラスヒル、モントレーペニンシュラの3コースを使用して開催されました。
「ペブルビーチ・ナショナルプロアマ」の第1回大会優勝者はPGAツアー通算82勝のサム・スニードです。メジャー大会ではマスターズ3勝・全英オープン1勝・全米プロ3勝を挙げ、通算7勝を挙げていますが、全米オープンだけは4度の2位止まりとなり「キャリア・グランドスラム」は達成できませんでした。しかし、ツアーのあらゆるタイトルを総なめにしたその偉業から「スラマー」と呼ばれるスタープレーヤーでした。1974年に世界ゴルフ殿堂が創設されると、S・スニードは真っ先に殿堂入りを果たしています。美しく流れるようなスイングで、世界中で140勝以上したS・スニードですが、1960年代に極度のパッティングスランプに陥ります。そこで考案したのが、クラウチングスタイルのパッティングスタイルでした。両足を開いてラインをまたぎ低くカップに正対した振り子式ユニークなストロークで、一時的にスランプを脱したのですがこのスタイルが禁止されてしまったのです。つまりラインをまたぐ打ち方が、ルール違反となったのです。そこでS・スニードは、また奇妙なスタイルを考えつきます。それは「サイドサドル」といわれるパッティングスタイルでした。それは両足を揃えラインに対して馬の鞍の横に乗っているような格好ということで「サイドサドル」といわれたのですが、K・J・チョイも去年「サイドサドル」の効果を試していました。もし当時ロングパターという発想があればS・スニードはいち早く取り入れていたように思います。
「AT&Tペブルビーチ・ナショナルプロアマ」はプロとアマチュアが組み、二人一組がチームとして参加します。プロは“プロの部”と“プロアマの部”同時にスコアを提出するという試合方式です。チーム戦はアマチュアにハンディキャップが与えられ、良いほうのスコアを採用するベターボール方式で争いますが、プロは自分のスコアも提出して72ホールのストロークプレーで戦います。予選の3日間は3コースを回り、日曜日の決勝ラウンドはペブルビーチGLでの優勝争いになります。この試合で米国PGAツアー初戦を迎えたタイガー・ウッズは、自身の開幕戦となった欧州男子ツアー「アブダビHSBCゴルフ選手権」で、最終日を首位タイで迎えるなど優勝争いを見せました。最終的に2打及ばず3位タイでしたが「完全復活」が近いことを予感させる内容でした。ペブルビーチは、2000年の「全米オープン」を制すなど「大好きな場所」と話す得意コースですが、10年ぶりの参戦となる大会で、どのようなプレーを見せてくれるのか大きな期待が寄せられました。
しかし「復活」が期待されたタイガーではなく、1イーグル、6バーディの「64」を最終日にマークしたP・ミケルソンが優勝を果たしました。その結果PGAツアーは3週連続の大逆転劇となりましたが、P・ミケルソンは6打差を逆転し、この大会4勝目、節目となるツアー通算40勝目を手にしました。2位を3打リードして逃げ切りを狙ったチャーリー・ウィは、プレッシャーからかスタートホールで短いパットを外し4パットのダブルボギーを叩きます。一方のP・ミケルソンは5番までに3バーディを奪うと、6番パー5では239ヤードの2打目をピン右手前6.5mに2オンに成功してイーグルを奪い、一気に抜け出しました。勝負のサンデーバックナインでも長いパーパットを何度も沈めピンチを凌ぎ、ボギーを叩かず迎えた最終ホールは、ティショットとセカンドショットを4アイアンでプレースメントをして、3打目をピンそばに寄せてバーディを奪う緻密なプレーでした。
C・ウィは上がり3ホールを連続バーディで締めたものの、前半の遅れを取り戻せずフィニッシュ。通算15アンダーの単独2位に終わり、悲願のツアー初勝利は叶いませんでした。惜しかったのが15番で、左の深いラフに外したアプローチがカップをかすめるナイスタッチで1mに寄せましたが、これを外しボギーとしてしまいます。しかしバーディを重ねた2位フィニッシュで、今年も韓国勢の活躍が続きそうです。
首位に4打差の単独3位からスタートしたタイガーは、前半の6番でバーディを先行させますが、7番で3パットのボギーを叩いてから失速してしまします。大事なところで去年と同じように重心が高く撫でるようなインパクトで迷いが見られ、ポアナ芝の強い目に惑わされているようでした。ピンを刺すといわれる「スーパーショット」はタイガーの専売特許でしたが、逆に同じ組のP・ミケルソンに見せつけられる展開で、6番以降は短いパーパットも外し2バーディ、5ボギーの75で「復活」は叶いませんでした。12番でバンカーからチップインの後、13番のティショットがディボットに入ってしまうアンラッキーでしたが、これは「まだ優勝は早いよ」と、ゴルフの神様のいたずらだったのでしょうか。しかし優勝争いを繰り返すことで手ごたえを感じていることでしょう。あとは最終日の「タイガーチャージ」が「復活」のための鍵のようです。
マスターズに向けてスイング改造が順調に見える石川ですが、「まだまだ腕の力に頼っているので、もっと下半身を意識していきたい」とスイング中に体が起き上がる悪いクセを矯正し、左の壁を意識する新スイングに着手しています。そのために取り組み始めたのが「左足下がり」の素振りです。左足下がりでは左股関節から左膝、左足首までの左軸足が切り返しでずれてはうまく打てません。左足下がりでは左足に重心を置いたままスイングすることで、打ち出し方向とスピン量をコントロールできる様になります。孤軍奮闘ですが、レベルアップのためのスイングチェンジを成功させてほしいですね。
石川は昨年、年間獲得賞金と1バーディ=10万円のバーディ基金を義援金にすると表明し、その合計金額は約1億3000万円に上りました。「これからもゴルフを通じてサポートしていきたい。被災された皆さんをゴルフ観戦に招待するのならプロゴルファーにもできる」と、さらなる支援を表明しています。「マスターズ」だけでなく、3月の「WGC・キャデラック選手権」も前週の世界ランク50位以内が出場条件で、今後は毎週ランクが気になる立場に追い込まれています。それでも「数字の上で明確な目標があるのはいいこと」と前向きにとらえています。
石川は「副交感神経の数値が平均よりもかなり高い」という検査結果を残していますが、緊張した状態でも最高のパフォーマンスが出せる性質の持ち主といえます。「僕はリラックスするより常にピリッとしている方がいい」と医学的にも裏打ちされた「逆境での強さ」が、デビューからの好成績の「源」でした。自律神経は、正反対のはたらきをする 2つの神経 から成り立っています。交感神経は活動時、緊張時に働き、副交感はリラックス時に働きます。アスリートが交感優位になりすぎれば興奮状態になり、両方が高いレベルでバランスが取れると、「ゾーン」と呼ばれる最高の状態になるのです。
交感神経が働くのは、活動している時で不安・恐怖・怒りなどストレスを感じている時といわれています。血管が縮んで、心拍数が増え、筋肉が緊張して、危険度を認知して状況の変化にすばやく対応できるよう、体が準備をしています。副交感神経は、修復・休息・リラックスの神経で、副交感神経が働くのは、睡眠中、リラックスしている時で、ゆったりと落ち着いている時の「からだの修復」が主な役割です。昼間の活動によってたまった疲れや、体に受けたダメージを、副交感神経に切り替わった睡眠中に修復して、元気な状態に戻すのが 副交感神経の役割です。
夜になると、昼間の交感神経から副交感神経に切りかわって、ゆったりモードになります。夜眠っている時や休んでいる時に、 副交感神経の働きはピークになりますが『夜間集中工事』と同じですね。かぜをひいた時に、ぐっすり眠ると治りが早いのは、副交感神経のおかげです。副交感神経 が活性化すると、筋肉がゆるんで血管が広がり、心拍はゆっくりに、内臓は活発に働きます。筋肉の中には、血管・リンパ腺・神経が通っています。血管が広がることで、栄養・酸素・体温が体のすみずみに運ばれますし、老廃物や疲労物質などの不要なものも、スムーズに排出されることになります。
お昼を食べると眠くなるのは、胃に食べ物が入ることで副交感神経が働き、胃・腸を動かす。すると副交感神経の働きで眠くなってしまうのです。手足を温めることで ⇒ 手足の毛細血管が拡張する ⇒ 副交感神経が働いてくる⇒ 眠たくなるのですが、深呼吸をするだけでも副交感神経が働き、体温が上昇することが確認されています。副交感神経の働きをコントロールできればスコアアップは間違いありません。 (サミー大高)