打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ゴルフは「思い通りにならないスポーツ」

 PGAツアーを代表する選手4名によるミュージックグループ「GOLF BOYS」のデビュー曲「Oh Oh Oh」が公開されたのは丁度去年の今頃でした。ゴルフチャンネルの番組で公開されてから瞬く間にネット上で話題になりましたが、YOU TUBEにアップされているラップ調の歌詞の内容はまずベン・クレインが 『swing it like a boomerang, and then come around round you wanna hit the top top』そしてハンター・メイハンが 『chip, putt、you know whats the big whoop, and when i play my game, and then i make my mama proud (hoo)』続くリッキー・ファウラーが『smash bang you gotta hit the ball far, then the crowd goes “hoo”then you hear the”ule lale lale”』 最後にババ・ワトソンが 『three, three, i want my birdies all day long, let the bogyes go, and say “ule lale lale”』 というものでした。
 歌詞を訳すと、「チップ、パット、もちろんデカいのも打てるぜ」とか「バシッと遠くに飛ばして“うぉー!”と沸かせてスリー(3)、スリーと全ホールバーディが欲しいぜ、ボギーなんていらない」という様な感じなのですがプレーが早いリッキー・ファウラーと、スロープレーヤーで有名なベン・クレインが大の仲良しなのは不思議ですね。
 そのR・ファウラーが「ウエルス・ファーゴ選手権」で待望の初優勝を飾りました。最終日の戦いはR・ファウラー、ローリー・マキロイ、DA・ポインツによる3人のプレーオフへ突入し、1ホール目の18番パー4で第2打をピン左1.2mに付けたR・ファウラーが、バーディーパットを沈め、09年のプロデビュー戦以来、67試合目で米ツアー・チャンピオンに輝いたのです。R・ファウラーは首位に1打差の4位で好発進した初日から「マスターズ」での、ババ・ワトソンの勝利に強い刺激を受けたことを語っていました。「マスターズ」のプレーオフ2ホール目でB・ワトソンがウイニングパットを沈め、母親と抱き合って号泣したとき「僕もあのポジションに立ちたい。勝ちたい」と強く感じたといいます。
 友人のB・ワトソンの勝利に感化され、自身の勝利をもぎ取ったのですが、技術面の成長の裏付けがなければ難しかったかもしれません。前週の「チューリッヒ・クラシック」を10位で終えた後「スイングもショットも、すごくいいと感じていた。十分に優勝できるだけの技術を持っていると僕は思っている」と語っていました。09年プロ転向直後に「フォールシリーズ」に推薦出場したR・ファウラーは、第1戦でいきなり7位、第2戦でプレーオフに残り2位。昨年の「全英オープン」でもダレン・クラークに敗れはしましたが優勝争いに加わり、いつ優勝してもおかしくないといわれる逸材でした。同世代のR・マキロイとRYO・石川の頭文字をとって「3R」の一人として期待されていましたが、祖父は日本人で「リッキー・ユタカ・ファウラー」がフルネームです。 ゴルフのレベルを上げるため、ショートゲームに取り組んでいたようですが、バンカーショットの練習に大きく時間を割いていたようです。小柄な体で戦うには秀でた戦略が必要になります。バンカーショットの「名手」ゲーリー・プレーヤーが育った当時の南アフリカのコース・コンディションは、グリーンにしてもアメリカと比べてかなり硬く、スコアをまとめるためには、グリーン周りを得意としなければならなかったとされています。狙ったところに、ピタリと落す技術の切り札としてバンカーショットを磨いたのでしょう。G・プレーヤーが肉体を鍛えたのも有名な話ですが、バンカーショットの猛練習も有名な話です。毎日、真っ暗になるまでというより、暗くなった中でバンカーの練習をしたというエピソードがあります。何にも見えない状況でボールの行方を、音で感じる練習を繰り返したそうです。バンカーから打ったボールが「コトン」という音がしてカップに入るまで何度も繰り返されるという、気の遠くなる様な練習を毎日積み重ねた結果、G・プレーヤーは「グランドスラム」を達成しています。
 R・ファウラー も小柄ゆえに「グリーンを外すならラフよりバンカーに」と考え、バンカーショットに磨きをかけたのでしょう。R・ファウラーは昨年10月に行われたワンアジアツアー「韓国オープン」でプロ初優勝を飾りましたが、2位のR・マキロイに6打差をつけ、注目された同年代の決戦は、この時もR・ファウラーが勝っています。「僕たちはいいライバルであり、仲間だ。僕は彼を尊敬しているし、彼も僕のことを同様に感じてくれていると思っている。こうして常にトップで優勝争いをすることをいつも願っているんだ」と答えています。18番グリーンでは、ベン・クレイン、アーロン・バデリーらがR・ファウラーを祝福しようと待ちうけていましたが、「バッバがいないのにはガッカリだけど」と笑顔でジョークを交え「ベンもバディも素晴らしい仲間。僕は多くの仲間や友人、ライバル達に支えられ幸せです」と、良き友、良きライバルの背中を追いかけるように初優勝を飾りました。
 「コースマネジメントと忍耐と集中力の維持のおかげ」と、待望の勝利につながった直接的な要因は、技術面より、自信や忍耐、集中力といった精神面、そしてマネジメントという思考面だったとR・ファウラーは振り返っています。自尊心を傷つけられ、自信を失い、自分の可能性を否定的に見る原因は「自身の恐怖と疑念」です。否定的な感情を抑えるには行動を起こすしかありません。肯定的にしろ否定的にしろどちらかしか考えられないのが人間です。長期にしろ短期にしろ計画性を持って行動し、集中にて能力を発揮できるようになった「自分自身の行動」を好意的に見ることが出来れば「自信」が生まれます。
 「真剣さを失っちゃいけない、まだやるべきことが残っているんだと必死に自分に言い聞かせた。ウイニングパットは実際より長く見え、いわゆるOKパットの距離ではない、油断はできないぞと思って集中を取り戻した」と語っていますが、R・ファウラーの勝利の決め手となったのはプレーオフの第2打でした。もしも何ホールにも渡る長期戦になったら、世界ランク2位のR・マキロイやベテランのDA・ポインツが有利になると考えたR・ファウラーは、早期決戦のために勝負に出たのです。「あのウエッジショットは完璧に打てなければ、右に外すか、手前のクリークに落ちるかというギャンブルショットだった。でも完璧に打てれば、右からの風でちょうどピンフラッグに寄ると読んで打った」その通りピン1.2mに止まったショットは「完璧」でした。
 そして、ここ一番の勝負の出方を教えてくれたのは「マスターズ」で手本を見せてくれたB・ワトソンでした。「僕はロープの外側の最前列でババを見ていた。ババがどうやって自分自身を制御しているか。勝負の一打を打つとき、どれほど静かになるかを見ていたのですが、同時に大きなエネルギーを感じた」と語りました。「全てを賭けた一打」が勝利に繋がる奇跡の様な勝ち方のバトンがB・ワトソンからR・ファウラーに渡されたのです。
 今年2月のWGCアクセンチュアー・マッチプレー選手権を制したハンター・メイハンも、マスターズを制したB・ワトソンも、そしてR・ファウラーも、昨夏に結成したラップバンド「ゴルフボーイズ」のメンバーであることを思うと、友人や仲間の存在は重要に感じます。 石川も同じステージに立つことを決めたようです。レイモンドフロイドは「わたしはいつも一等客車で旅をする。そうして一等になじんでおけば、一等のプレーが出来る」と語っています。同世代と同じステージで顔を合わせることが増えることで、石川にも可能性が広がることでしょう
 良いプレーをするには、プレースピードは重要なファクターです。プロでもアマでも「スロープレー」は嫌われます。しかし困ったことに自覚症状が無い場合が多いのも事実です。「ドライビングディスタンス」ばかり重視しないで「タイムランキング」も発表するべきだと思うのですがどうでしょう。計測した選手の中で最も速いプレーヤーとされているのはリッキー・ファウラーでしたで、ワンショットあたりの平均時間はなんと16秒、最も遅いプレーヤーの三倍速いのですが、注目のワースト1位はニック・オハーンで平均55秒、2位はJ.B.ホームズ平均52秒、3位ジョン・センデン平均51秒、4位ケビン・ナ平均50秒、5位チャーリー・ウィ平均50秒がワースト5でした。
 「ザ・プレーヤーズ選手権」最終日を首位で迎え、最終的には7位となったケビン・ナのスロープレー振りは、この大会に限らず見ていた方ならショット前のルーティンに驚かされます。アドレス、ワッグル、ワッグル…ワッグルと動き出せずにアドレスほどき、ヤーデージブックを出して仕切りなおし、再びアドレス入りますが、ワッグル、ワッグル、そしてボールの上を素振りして、またワッグルの繰り返し。ファストプレーの私には理解できないルーティーンでした。何も知らずに見たら空振りに見える「ボールの上を素振り」の時は「コントのおち」のようにずっこけてしまいそうでしたが、もし一緒にラウンドしていたら歩き出してしまうのは間違いありません。
 本人の話では「セットアップした時の身体のバランスが今までと全く違うから違和感があるんだ。ワッグルしてその違和感を失くそうとしている。ワッグルも小さく、ハーフ、小さく、ハーフ、そしてスイングという流れになるはずなんだけど、それがしっくりこないんだ。小とハーフがセットになってなきゃいけないから、4回でできなければ6回、とにかく頭の中はパニック状態なんだ、練習ラウンドでも『空振り』はするし、後ずさりもする。練習場でもやる。一緒にラウンドする選手たちは、俺の『空振り』を見て笑う奴もいれば、初めての奴らは目が点になってるよ」と苦笑いで答えていますが、スロープレーと笑わずに「奇妙なルーティーン」に付き合わなくてはならない同伴競技者は大変です。
 本人は「打ち焦ってしまう悪い癖がある。ダウンスイングでおかしいと思っても、もう止めることはできない。唯一止められる方法はボールの上をスイングするしかない」と語っています。クラブを振り下ろせない「ダウンスイングイップス」克服のための具体的プランは「ワッグルをやめようと思う。ボールの後ろで少しクラブを前後に動かすだけにしようと思う。でもこれには時間もかかる。練習も必要だし、試合でやってみないといけない。ワッグルを取り入れるのはやめようと思うけど、これからは自分との闘いになる」と語っていますが、同伴競技者のために打った後走り出す姿には驚きました。しかしそれでは「問題解決能力に優れたゴルファー」とはいえません。
 前号で紹介した「マスターズ12番」で、トニー・レマがスーパーショットを放ったのですがボールはピンに跳ね返され池に消えたことがあります。トニー・レマを含め、偉大なチャンピオン達は問題解決能力に優れています。どんな職業でも成功への道のりで大きな問題が立ちはだかるものです。アンラッキーに遭遇した際に「ゴルフとは思いどおりにならないにならないスポーツだ」と、ゴルフを始めた段階で学んでいれば、想定外の悪いバウンドでボールが消えてしまった時も、いずれ埋め合わせる良いバウンドがあると信じ、それまではただ我慢することで、結果として「問題解決能力」が備わるのです。自身の気持ちによって大きな影響を受けるゴルフでは、気分が悪くうまくいかないことも多々あり、その事実を受け入れることが出来さえすれば、その場しのぎで取り組み方を変えたり、スイングをいじったりしないですむのです。
 メジャー10勝のウォルター・ヘーゲンは「18ホール完璧にプレーしたことなどない。そんなことはありえない、ラウンド中は少なくとも7つのミスを覚悟している。だからミスしても気にしない。それは7回のうちの一回に過ぎないのだから」と語っています。プロゴルファーは「前向きな人間」になる努力を惜しみません。問題に遭遇すると否定的になるものですが、それでは決断力や持続力、想像力が使えません。否定的な考え方をすると「絶望的な状況の実現」を、手助けしてしまいますよケビン! (サミー大高)