打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「全米オープン」期待の石川遼&タイガーウッズ

 来季のシード権獲得を目指し、米ツアー5連戦に挑んでいる石川遼。初戦となった「クラウンプラザインビテーショナル」では1打及ばず予選落ち。2戦目の「ザ・メモリアルトーナメント」では、月・火曜日と各18ホールの練習ラウンドをこなしましたが、共に寂しく一人きりの練習ラウンドでした。韓国チームのベ・サンムンは、ノ・スンヨル、チェ・キョンジュというスリーサムでしたが同郷の大先輩からアドバイスを受けながら、同年代のライバルと緊張感の漂う石川にとっては羨ましい練習ラウンドでした。
 日本からは今田竜二が出場していましたが、今季絶不調で自分のことで精一杯の状況で石川をサポートできるような心境ではなかったことでしょう。今田と今年絶好調のジェイソン・ダフナーは親友です。今季「チューリッヒ・クラシック」で初優勝を挙げ、翌週に結婚し、さらに「バイロン・ネルソン選手権」を制し、好調の波に乗りまくりのJ・ダフナーは、あっという間にスター選手の仲間入りを果たし、トーナメント会場近郊で開催されたメジャーリーグで始球式まで務めています。「注目を浴びるのは悪くないね。少しずつメディアへの対応にも慣れてきた」と語っていますが、J・ダフナーの現在の好調はスイングコーチのチャック・クックと出会い、アライメントやスイングの改造を始めた2年間の努力の賜物です。「インパクトで両手が先行しすぎて、シャフトが傾きすぎていた。わずかなフェースアングルの狂いがボールをあちらこちらに散らばらせ、ショットが安定しなかった」と、スクエアインパクトへの改造に取り組むこと2年で、大ブレイクしたことになります。
 J・ダフナーが憧れのゴルファーと語る「ベン・ホーガン」の銅像が建つコロニアルCCで開催された「クラウンプラザ招待」でもザック・ジョンソンとの一騎打ちの優勝争いを演じています。12番を終え2人が並んだのですが、Z・ジョンソンが14番でバーディを奪い、J・ダフナーが15番で池に打ち込みダブルボギーと、ここで開いた4打差が勝敗を分けることになりました。その後Z・ジョンソンは16番で3パットのボギーで3打差のまま勝利したはずでした。キャディのデーモン・グリーンや愛妻や子供たちと喜びのハグを交わした後、18番グリーンは騒然となったのです。Z・ジョンソンは18番のパーパットを打つ際、J・ダフナーのために動かした自分のマーカーを元に戻さずパットしたことで2打罰が科せられ、終わってみればJ・ダフナーとの差はわずか1打ということになりました。
 Z・ジョンソンにとっては最後の最後に油断が生じ、マーカーを戻すのを忘れてしまうという後味の悪い勝ち方でしたが「こんなことは初めてだ。でも最後のパーパットが入っていて良かった。2打罰だったのはラッキー。スコアカードにサインする前に指摘されたのもラッキー。まさにラッキーという言葉に尽きるよ」と反省の優勝コメントでした。もしも、Z・ジョンソンが最後のパーパットを外して、J・ダフナーとのプレーオフになっていたとしたら流れは完全にJ・ダフナーに傾いていたはずです。「もし、そうなっていたら、ザックにとっては、とんでもなくアンラッキー。僕にとっては、とんでもなくラッキーということだったんだけどね」と語るJ・ダフナーは、今年最大の注目株になりました。昨年の「全米プロ」ではキーガン・ブラッドリーとのプレーオフで惜敗しましたが、今年の好調ぶりからすると残りのメジャー「全米・全英・全米プロ」でも上位争いが可能なようです。Z・ジョンソンのキャディ、デーモン・グリーンは、試合前に父親を亡くしたばかりでした。Z・ジョンソンは「キミがしたいように、休んでもいいよ」と休養を勧めたようですが、D・グリーンは「バッグを担ぎたい」とコロニアルCCにやって来て勝利に貢献しました。プレーヤーとキャディとの「深い」絆を感じさせるエピソードも伝わってきています。
 石川にも早く専属のプロキャディが見つかり、練習仲間が増えれば良いのですが、まず先輩格の今田と行動を共にすることで、今田の親友であるJ・ダフナーや、練習ラウンド仲間のビジェイ・シンとも交流できると大きな力になるはずです。石川とベ・サンムンの環境を考えると、二人が本番前に得られる情報量の差は決して小さくないはずです。一人でラウンドする理由を聞くと、「今のところ一人でやることに慣れちゃっているので、一人の方が気が楽」ということですが、自分からツアー仲間に溶け込んでいく努力が必要です。石川は、クラブハウスの選手ロッカーをほとんど使わないことでも有名です。練習器具や荷物は置くのですが、自らが足を踏み入れることはめったにないといわれています。今の石川にはツアーに溶け込み、プレーヤーと信頼関係を結ぶことが重要です。そのためにもプレーヤーやキャディ仲間にも人気があるプロキャディとの契約が不可欠です。
 「ザ・メモリアル・トーナメント」はタイガー・ウッズの逆転優勝で幕を閉じました。「アーノルド・パーマー招待」に続く2勝目。そして、通算73勝目はJ・ニクラスの生涯優勝記録に並んだことになります。タイガーは「メモリアルトーナメント」 開催前の段階で「75~100ヤードのアプローチショット」が117位タイという信じられないほど悪い状態でした。この距離は、スコアメイクのために非常に大切ですが、ティショットの精度についてのデータも76位タイにランクインと「ザ・プレーヤーズ選手権」までの3試合の40位タイ、予選落ち、40位タイという「弱くなったタイガー」をデータが証明していました。
 「王者タイガー」の力が失せた2011年シーズンは、PGAツアーで3勝以上した選手は1人もいませんでした。そして今年も「バイロンネルソン選手権」までの22試合で20人の選手が優勝しており、シーズン2勝を挙げているのはハンター・メイハンとジェイソン・ダフナーだけでした。タイガーはいまや、単にこれらの優勝者の1人であり、メジャー14勝の「最強の王者」も「今は彼らと同じように次の優勝を狙おうとしているツアーメンバーの1人に過ぎない」という辛辣な意見まで囁かれ始めていましたが、批判を封印するかのように見事に復活を証明する今期2勝目を飾りました。
 批判されても仕方がないほどタイガーの武器といえる「ショットのバリエーションの豊富さ」が影を潜めているような戦いぶりが続いていました。高い球、低い球、ドロー、フェードを打ち分け、どんなピンポジションに対しても対応できたタイガーは、グリーンを外した場合でも、パーセーブできないことは本当にまれでした。しかし最近のタイガーのミスは、ボールがどこに行ってしまうかわからないほどオーバーだったり、ショートしたり、左右に大きく曲がる状態で、不機嫌なラウンドが目立っていました。タイガーのゴルフは乱れたドライバーショットのために、セカンドを悪いポジションから打つことになりパーオン率を下げ、アプローチで何とか寄せてもパッティングを決められないというラウンドが続いていました。2000年前後には華麗だったパッティングは最悪の状態で、勝負どころのパーパットを外し、崩れていく場面が何度もありました。パッティングで重要な距離は1.2mから2.5mとされています。スキャンダル前の2009年、タイガーはこのカテゴリーで78.61%を記録しツアーNo.1でした。しかし、2010年以降は69.6%とパッティングの不調が、タイガーの成績を下げていると何度もこのコラムで述べてきましたが、今回はショートパットが外れても「怒ることなく、集中を切らさずに」ホールをこなしているように見えました。終盤の15番パー5はイーグル逃しのバーディ、16番パー3はチップインバーディ、18番パー4はピンハイから続けざまにバーディを奪取し、見事な逆転勝利を飾りました。
 「上がり4ホールで3バーディはナイス・フィニッシュ。16番のチップインは最難関ショットの1つだった。でも一番難しかったのは日本で開かれたワールドカップで決めたチップイン。ここにいる大半の人は見たことがないだろうけどね」と2001年、太平洋クラブ御殿場コースで開催された「ワールドカップゴルフ」でのチップインを語りました。米国チームは2打差で首位ニュージーランドとデンマークを追う展開で18番を迎えていました。タイガーのティショットは完璧なポジションに運びます。その前に2打差で首位を追う南アフリカチームのR・グーセンのセカンドが2mにナイスオン。E・エルスがこれを決め24アンダーでホールアウトしているデンマークに並びます。米国チームのセカンドショットはディビット・デュバルでしたが、攻めた結果わずかに右に外してしまいます。砲台グリーンに打ち上げ、そこからは強烈な下り傾斜の難しいアプローチを残してしまいます。24アンダーで最終ホールを迎え、バーディを取れば優勝のニュージーランドのセカンドを打つのは4年後に「全米オープン」を制するM・キャンベルでしたが、左に大きく外してしまいます。そこからD・スメイルが6mに乗せた後、タイガーが何度も落とし所を確認し決めた奇跡的なチップインイーグルのことをタイガーは引き合いに出したのです。「決めなくてはいけないときに決められる力」を当時のタイガーは持っていました。結果はM・キャンベルが外し4カ国のプレーオフの末、南アフリカ優勝を飾ったのですが、まさに「スーパースター」にしか成し得ない「まさかのチップイン」を強烈に覚えています。
 「ザ・メモリアルトーナメント」勝負どころ16番グリーン右奥のラフからロブショットは、カップに吸い寄せられるように転がっていき、そのままカップインし、タイガーらしい大きなガッツポーズが久々に飛び出しました。結果としてこのホールをボギーとしたR・サバチーニに2打差をつけての勝利でしたが「必要なときに必要なことができたことがうれしい」と優勝会見で語っていました。タイガーと並んでインタビューに答えていたJ・ニクラウスの言葉がすべてを物語っているようです「16番の落としどころは1点しかなかった。そこに落とした後、カップに入ったかどうかは問題ではない。そこに落としたことが素晴らしい。タイガーは苦しんできたが、試合で自分が立つべき場所をやっと見つけた」と、大会ホストとして、偉大なる記録の数々を作り出した「ゴルフの帝王」として,温かい言葉で後輩を讃えるJ・ニクラウスも偉大です。
 石川の最終日は「73」と一つスコアを落としたものの通算2アンダーの9位タイで、賞金167,400ドルを獲得しました。年間獲得額は763,631ドルとなり、目標としていた昨年の賞金ランキング125位のD.J.トレハンの668,166ドルを早くも上回りました。「難しいコンディションに変わりはなかったけど、この中でも伸ばしていかないといけない状況だったので、伸ばせなかったのは悔しいです」と、喜びよりも悔しさのほうが大きかったようです。「プエルトリコの2位は満足感が大きかったけど、今回は来週も試合があると切り替えられるくらい精神的な余力が残っている。こうして上位にコンスタントにいることで、精神力がついていくのかなと思います」と分析しています。「初出場の選手は予選落ちが当たり前」といわれるJ・ニクラウス設計の難コース「ミュアフィールドビレッジ」で、強豪選手揃いの中、トップ10入りを果たしたことは大きな自信になったはずです。今までの石川は「スイング最優先」で試合に臨んでいましたが、この試合は「コースマネジメント重視」でプレーすることを決めていました。その戦い方は石川にとって「生まれて初めてでした。ミスしても、悪いスイングをいいスイングに変えようという作業はしなかった。気持ちを整理して次のショットへ淡々とやれた。こんなにできるとは思わなかった」と、難コースでの大一番で新しいプレースタイルに取り組み、最終日まで集中してプレーできたことで、厳しいセッティングが予想されるメジャー第2戦「全米オープン」でも期待できそうです。
 今年の「全米オープン」は1998年大会以来、14年ぶりに決戦の舞台となるサンフランシスコの「オリンピッククラブ」で行われます。小さく傾斜の強いグリーンの難しさで有名ですが、7打のリードを逆転されたP・スチュアートの3パットや、トム・レーマンの4パット。タイガーの木曜日の9番と金曜日の6番での4パットやジャスティン・レナードも勝負どころの15番で4パットと、当時のパットの名手たちを困惑させるグリーンが特徴です。過去3回は6800y台と距離が短く,ウォーターハザードがなくても難しくできることを証明しているコースですが、今年の「全米オープン」は全長7170ヤード、パー70と大きな改修をしています。石川の活躍と、タイガーの「完全復活」は見られるのでしょうか。 (サミー大高)