打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川遼、「世界で最も難しいコース」で予選落ち

 「全米オープン」が開催された「オリンピッククラブ」は1998年大会以来、14年ぶりに決戦の舞台となったのですが、前回はリー・ジャンセンが2度目のチャンピオンに輝いた大会でした。故ペイン・スチュアートが最終日に大きく崩れ、序盤にリードしたL・ジャンセンとの7打差を逆転されたのですが、小さいうえに硬く、傾斜の強いグリーンの難しさが話題になりました。距離短い打ち上げの18番ホールでは100ヤード前後のセカンドでピンハイに落ちたボールが、傾斜で転がりはじめるとグリーンからこぼれ落ちてしまうピンポジションに、スコアを落とす選手が続出しました。

 T・レーマンも被害者の一人で、グリーンから転がり落ちた15mのバーディパットは1.2mショート。パーパットはカップの向こう側をクルッと一周して徐々に転がりだしたのです。結局ボールは3mに止まりますが、上りの3度目のパットはカップをわずかに外れ、ようやく4パット目を沈めダブルボギーと首位戦線から脱落してしまったのです。普段は穏やかなT・レーマンが、このグループに帯同したオフィシャル、トム・ロスに怒声を発し、アテストではラウンド後のスコアカードにサインをするオフィシャル、ジェフ・ホールに向かって罵りの言葉を並べ、さらにロッカールームのドアを外まで音が鳴り響くほどの勢いで強く閉めたのです。
「カップをあんな上りのところに切ったUSGAのやり方はアンフェアだ、私が話をしたプレーヤーはみんな同じように感じていた」と、怒りが収まらない様子でした。しかしその夜T・レーマンは冷静さを失っていたことを認め、オフィシャルに謝罪し3日目を68でラウンドし、2位で最終日の優勝争いをしています。

 当時USGAでルールと大会運営のディレクターを務めていたトム・ミークスは「全米オープンはゴルフ界で最もタフな試練になるべき」という伝統を重んじていました。「私は、意図的に公平ではない場所にカップを切りたくない。だが、もし自分が間違いをしてしまうのであれば、タフさに欠ける方よりも、タフすぎる方に間違えたい」と語っています。「世界最強最高の選手」を決める大会だと言われるのは、常に、「いま考え得る最も難しいコースセッティング」をしているからでしょう。この先10年間の「全米オープン」開催コースは決まっています。10年前から準備を始め、大会が始まる4年前から本格的に主催するUSGAが乗り込み、毎年6月中旬の開催期間に、芝の状態、グリーンの状態、天候などを3年間チェックしながら、コースを仕上げて選手たちの挑戦を待ち受けるのです。

 1955~1998年の間に「オリンピッククラブ」が行われた過去4回の全米オープンの全長は6800ヤード以下でしたが、4人の優勝者のスコアを合計すると2オーバーとウォーターハザードはなく、フェアウェイバンカーがあるだけというレイアウトにもかかわらず「難コース」に仕上げられていました。今年の大会は全長7170ヤード、パー70で、問題の18番グリーンも全面改修されていましたが、難コースが牙を剥き、選手たちは皆、神経をすり減らす消耗戦を強いられていました。特に困難を極めたのはスタートホールの1番から6番まででした。3日目を終えたホール難易度を見れば一目瞭然で、序盤でいかにオーバーパーを抑えるかが重要なポイントとなっていました。500ヤードを越えるパー4の1番からして2番目の難易度で、2番(428ヤードパー4)が5番目、3番(247ヤードパー3)が6番目、4番(438ヤードパー4)が8番目、5番(498ヤードパー4)が3番目、そして6番(489ヤードパー4)は最も難度が高いホールでした。

 初日はスタートホールでバーディを奪い首位に5打差の15位タイと、世界最高峰の舞台で上々のスタートを切った石川の2日目は、1バーディ、5ボギー、2ダブルボギーとスコアを8つ落とし、カットラインに1ストローク及ばず、通算9オーバー73位タイで予選落ちでした。難関の6ホールで崩れて上位争いの幕開けから一転、まさかの予選落ちで自身3度目の「全米オープン」の戦いを終えたのです。「全体的には悪くなかった」と2日目のラウンドを振り返る石川。確かに、ドライバーを曲げても許容の範囲内で収まり、アイアンショットは引き続き好調でパーオン率72%は全体で3位と好調をキープしていました。花道からグリーンに乗せる意識も初日から引き続きプレーに現われていましたが「昨日からロングパットの距離感が合っていなかったので、あやしいな、とは思っていた」という初日の不安が的中し、スタートホールの1番で3mを外しボギー発進とすると、続く2番、3番といずれも約1mを決めきれず3パットと3連続ボギースタートでした。さらに5番では80センチをカップ右に逸らし、またしても3パットボギー。288ヤードの7番パー4では、ドライバーで1オンに成功させてバーディを奪ったものの、続く8番パー3ではティショットを木に当てダブルボギーと、前半を終えた時点で通算6オーバーとカットラインが気になるポジションに後退してしまいました。

 石川は「どの順位で予選通過できるか分からなかったし、焦りはなかった。パットもいつかは良くなるだろう、と思っていた」しかし、グリーン上で苦しむ展開から抜け出せず11番でも1mを外し、実にこの日4度目の3パットボギー。その後はパーセーブを続けて予選通過圏内で我慢していたのですが、最終18番では1.2mを外してしまい4オン2パットと痛恨のダブルボギーフィニッシュ。最後の最後までタッチが合わず38パットと、なんとも残念な予選落ちでした。 「傾斜にカップが切ってあることが多かったけど、短いパットを外したのは全部自分のミス。これが自分の実力だと思う」と振り返る石川ですが「ショットの面では通用していると思う。パットを修正して、また来週も頑張りたい」と答えていました。メジャーの難しいグリーン設定に泣かされた2日目でしたが、悔しさをバネにさらに大きな成長を遂げてくれそうです。

 石川は大会前に「メジャートーナメントが魅力的なのは、まず、選手を育ててくれる。コースのセッティングであったり、ピンポジションであったり、そのクオリティの高さは、やはりメジャートーナメントと呼ばれる試合ならではだと思います。メジャーは、ある意味、いまの自分の実力、ゴルフをどれだけ理解しているかをテストする場でもあると思うんです。例えば、問題を出された文章が、何を言っているのか読めない。読めても、答えを解けない。方程式は解っていても、答えを出せるまでにはいかない。前年、解けなかった問題を次の年は解けることもあるし。いまの自分をそのまま反映するリトマス試験紙だと思う」と語っていましたが、次のメジャー「全英オープン」でリベンジが果たせるといいですね。

 久々のメジャー優勝が期待されたタイガーは、2日目を終えて首位タイでしたが、3日目に75を叩き14位タイに後退していました。「番手の中間の距離ばかりが残ってスコアメイクが出来なかった」と最終日のスタート前に語っていましたが、石川も苦しめられた「世界でもっとも難しい6ホール」と称された1番から6番で3日目に続き最終日も4ボギー、1ダブルボギーを叩き優勝争いから完全に脱落しました。8番パー3でようやくバーディが来て、後半も我慢のゴルフを続けた末、14番と17番でバーディ奪取し、序盤のつまずきを後半取り返したのですが3オーバー73の通算7オーバー21位タイで4日間を戦い終えました。タイガーは「本当にちょっとしたミスがボギーに繋がってしまっただけ。このコースはそのちょっとしたミスを許さない。でも全体的には悪いゴルフではなかった。グリーンのスピードがつかめなかっただけでポジティブな面も沢山あった」と前向きな発言で締めくくっています。データ的には11回バンカーにつかまり、そのうちパーセーブ出来たのは2回だけというのも問題ですが「オリンピッククラブ」のグリーンのタッチを最後までつかめずに、4年ぶりのメジャー優勝は果たせませんでした。

 3日目を首位で終えたJ・フューリックは、自分が最も得意とするプレースタイルを崩しませんでした。フェアウェイとグリーンを的確に捕え、要所でパットを沈める堅実なゴルフが持ち味ですが、2010年にはその堅実なゴルフで「FedEx Cup」を手にしています。昨年、J・フューリックは自身のゴルフに微調整を加え更なる高みを求めたのですが、パッティングのタッチが合わずに苦しんでいました。しかし「プレジデンツカップ」で、自身のプレースタイルを思い出したのか、5試合全てで勝利を挙げ、その勢いのまま今年に入り、堅実なプレーを取り戻し、3月の「トランジションズ選手権」ではプレーオフに進出、数週間前の「クラウンプラザインビテーショナル」では4位でフィニッシュしていました。「全米オープン」も2003年に制しており、難しいセッティングになると上位争いに顔をだすプレーヤーです。J・フューリックと並んで、最終日を首位で迎えたG・マクドウェルは一昨年のペブルビーチで開催された「全米オープン」で、実に40年ぶりに欧州出身選手による「全米オープン優勝」を成し遂げたプレーヤーです。「ペブルでは幾つかのホールで違う攻略法があったけど、ここは1パターンで、ひとつしか正解がない。明確な攻略法があり、それに沿ってプレーするしかないんだ」と語っていましたが、J・フューリックのプレースタイルを尊敬していると語っています。J・フューリックもG・マクドウェルのボールコントロール技術、風を操るゴルフスタイルを称賛していますが、「ライダーカップ」で最後にハンター・メイハンを破り、欧州チームに優勝をもたらしたことを引き合いに「彼はガッツがあるよ。そして、全米オープンにピッタリのゴルフをする」と語っていました。

 最終組で優勝争いを繰り広げた二人でしたが6番までで3つスコアを落としたG・マクドウェルは17番のバーディで息を吹き返します。6番のボギーだけで持ち味の我慢を続けていたJ・フューリックは13、16番のボギーが響き、共に一打差で最終ホールを迎えます。勝負をかけた18番のセカンドG・マクドウェルはピン奥に乗せますが決められず、1打差の2位となりました。ぎりぎりを狙ったJ・フューリックは左バンカーに打ち込んでしまいます。目玉からのバンカーショットはグリーンオーバーしてバンカーへ。そこから何とか寄せてボギーとして4位フィニッシュでした。
優勝は3日目を終えて首位と4打差、3オーバーの8位タイからスタートしたウェブ・シンプソンが、4バーディ、2ボギーの「68」をマークし、通算1オーバーとして逆転優勝。昨年度の米ツアー賞金ランキング2位に輝いた26歳が、初のメジャータイトルを獲得しましたが、最も難度が高い6番で1.5mを沈めてのバーディ。これが猛追の始まりでした。さらに7番、さらに8番でも5mを捻じ込む3連続バーディで一気に優勝戦線に浮上すると、10番では2打目をピン手前80センチに絡めるスーパーショットで通算1オーバーと首位戦線に浮上します。パーを重ねて迎えた最終18番。左ラフからの2打目をグリーン右のラフに打ち込むピンチを迎えますが、約10mのアプローチを絶妙な距離感でピン奥1mにピタリと寄せてパーセーブ。女優としても活躍するダウト夫人とクラブハウスでテレビ観戦でしたが「妊娠中にもかかわらず、妻が来てくれて心強かった」と、父の日に、子供のために最高の結果を届けました。

 昨年2勝を挙げ、首位を独走した「FedEx Cup」最終戦の「ツアー選手権」に出場した際に「総合優勝者」に贈られる10ミリオンのビッグボーナスを狙うと豪語したのですが、結果は30人中22位で僅か15ポイント足りず王者獲得を逃しています。「正直、今週、優勝することを想像もしていなかった。勝ちたいという気持ちはもちろん抱いてはいたけれど」と、昨年の「ツアー選手権」のときとは一変して、W・シンプソンは謙虚になっていました。正確なアイアンショット、アプローチ、パターを武器に、今季の米ツアーのパーセーブ率は1位ですが、一打に集中し、着々とプレーを重ねるという、J・フューリックのお株を奪うプレースタイルが、W・シンプソンをクラブハウス・リーダーに持ち上げ、最後にはチャンピオンへと導いたのでしょう。「10ミリオン」を逃した時は、言葉を交わすことなくテレビ観戦している二人が大きく映し出されていましたが、今回は「ハッピーエンド」で良かったですね。 (サミー大高)