打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

 米国PGAツアーは、既にいくつかの試合で、54ホール目を終えて2位に5、6打差をつけて独走かと思えたプレーヤーが、最終日に優勝を逃す試合が多く「逆転優勝」が続いています。「ザ・プレーヤーズ選手権」までの20大会中最終日を首位、もしくは首位タイでスタートした選手で優勝したのは僅かに8名のみ。さらに「ザ・プレーヤーズ選手権」でもトップだったケビン・ナが76を叩きマット・クーチャーに逆転を許しましたが、3日目を終えて首位の22人中11人という、50%の選手が最終日にオーバーパーを叩いています。

 「バイロン・ネルソン選手権」では、2日目に首位に立ったジェイソン・ダウナーがそのまま逃げ切り、4月の「チューリッヒクラシック」以来の今季2勝目を挙げ、流れを止めたかに見えました。今年大ブレークのJ・ダフナーは翌週の「クラウンプラザインターナショナル」でも最終日を首位で迎えます。しかしZ・ジョンソンとの一騎打ちに最終日は74とスコアを崩してしまい、2週連続優勝を逃してしまいます。優勝したZ・ジョンソンは最終グリーンで、マーカーを戻さなかった2打罰で72とこちらも結果として最終日オーバーパーでしたが「逆転優勝」でした。

 「メモリアルトーナメント」でも最終日を8アンダーの首位で迎えたS・レビンが75と自滅。15・16・18番でバーディを決めたタイガーが、またしても「逆転」で今季2勝目、通算73勝を挙げました。そして迎えた「全米オープン」でも最終日を首位で迎えたG・マクドウェルは73、J・フィーリックも74と最終日に崩れ68で後続を待つW・シンプソンが「逆転」でメジャー初優勝と、今年の「最終日大逆転」の流れは止まりませんでした。

 石川が「全米オープン」最終日の3パット4回の「悪い流れ」のままに予選落ちした「トラベラーズ選手権」でも今年の「逆転優勝」の流れは止まりませんでした。最終日を20位タイでスタートしたM・リーシュマンが8バーディを奪う猛攻で62をマーク、通算14アンダーで最終組より2時間以上前にホールアウト。その段階で優勝など想像もしていなかったことでしょう。13番まで5バーディを奪い13アンダーとスコアを伸ばしたババ・ワトソンが優勝候補一番手でしたが、14番以降バーディが決められず2位で終戦。13番のバーディで16アンダーまで伸ばしたチャーリー・ホフマンの逆転優勝かと思えましたが、17番ダボ、18番もボギーと首位から転落。首位で最終日を迎えたローランド・タッチャーは一度スコアを崩すものの後半持ち直し17番のバーディでM・リーシュマンに一打差と迫りますが、最終18番でバーディが奪えず万事休すと、またしても「逆転優勝」となりましたが、6打差の大逆転でした。

 初優勝のM・リーシュマンはオーストラリア勢としてはG・ノーマン以来の「トラベラーズ選手権」覇者となりましたが、これまでに目立った活躍がないプレーヤーでした。2009年からPGAツアーに参戦していますが、タイガーが8打差で優勝した「BMW選手権」で2位に入ったのが今までで一番賞金を稼いだ試合で、その年のベストテン入りは3回。2010年は「ファーマーズ・インシュランスオープン」でB・クレインについで2位でしたが、その試合は今田竜二が2打リードして最終日を迎えた試合でした。今田はボギー先行の最終日で、結局9位のタイに終わった大会でした。 昨年も「アーノルド・パーマーインビテーショナル」での3位が最高で、ベストテン入りは2度だけで、通算でも2位2回、3位2回という戦歴でしたが「ネーションワイドツアー」で勝利を挙げてPGAツアーに参戦した選手です。「マスターズ覇者」のババ・ワトソンや、母国の実力者S・アップルビーが上位に名を連ね「優勝を意識」することなくプレーを終えたことが勝因でした。

 PGAツアーデータみると、54ホール目を終えた時点で首位に立った選手が、最終日に逆転される確率は、2007年から2012年までで45%にも上っています。そして最終日のアベレージスコアを見ると、首位からスタートした選手がどれだけ苦しんだかが理解できます。2007年以降、タイガーを除き3日目を終えてトップに浮上した選手の最終日のスコアは、平均71.35ストロークとなっていますが、最終日の全選手平均スコア71.06を下回っています。3日目までは順調にスコアを伸ばして首位に立った選手が、優勝のプレッシャーからツアーの平均スコアにすら到達出来ていないことが分かります。3日目までとは違うプレー内容で、本人も信じ難い結果になってしまうのですが、データによれば最終日をトップ20位以内で迎えた選手の最終日は、全体の平均ストローク71.06に対して71.33と、3日目を終えた時点でトップ20位以下の選手よりも成績を落としているのも分かります。

 最終日の不調の原因は「プレッシャー」でしょうが、そう簡単に片付けられる問題でもなさそうです。2003年から2006年までの統計を見ると、3日目を終えて首位に立った選手の、65.4%(182人中119人)が優勝しているからです。しかし、2007年から2012年になると、44.7%(244人中109人)へと大幅に減少しています。2000年代の前半に活躍し、賞金王争いをした代表的な選手というとアーニー・エルス、タイガー、フィル・ミケルソン、そして2004年に9勝を挙げたビジェイ・シンでしょうが、最近は特出した実力で、ツアーを席巻するような選手が現れていません。押し出されるように多くの新しい選手たちが、3日目を終えた時点で首位に立っていることになり、それは彼らにとっては初めての体験の場合も多く「強烈なプレッシャー」を感じるポジションで戦うことを強いられるのです。

 ゴルフとは、自分の置かれたポジションを意識した「その瞬間」に変化が生まれるゲームです。「自分が優勝したらどうなるか」更に先を考えて「優勝賞金を何に使うか」反対に「もしリードを保てずに優勝を逃してしまったらどうなるか」と考えた瞬間、「1打1打の積み重ね」というゲームから逸脱してしまうのです。先々のことを考え始めた場合「次のショットで何をするか?」という自問自答に立ち返らなければいけないのですが「経験」の浅い選手が、その局面で自分自身をコントロールすることは容易なことではありません。

 今年1月にトーリパインズGCで開催された「ファーマーズ・インシュランスオープン」では、最終ホールにドラマがありました。最終日を2位に5打差の単独首位でスタートしたカイル・スタンリーは、ブラント・スネデカーに3打リードで迎えた最終18番で、痛恨のトリプルボギーと、まさかの展開でプレーオフに突入し、2ホール目で敗れてしまったのです。しかし翌週の「ウェストマネジメント・フェニックスオープン」では大逆転優勝を演じてわずか7日後に見事“雪辱”を果たしています「このようなシチュエーションに身を置く機会が増えれば、それだけ自信を持ってプレーできるし、プレッシャーにも対応出来るようになる。僕はまだ24歳だし、今経験していることの多くは初めてのことばかり」と語っていますが、前週の「経験」をバネに「絵に書いたような逆転劇」を完結させてみせたのですが、やはり「経験」に勝る力はないようです。

 そして勝利することを一番多く「経験」しているタイガーが「AT&Tナショナル」で今期3勝目を挙げました。かつてジャック・ニクラウス、バイロン・ネルソン、アーノルド・パーマーら名選手のみに与えられた、名誉ある「大会主催者」の冠をタイガーも得た大会でした。「ジ・インターナショナル」が今年に入りスポンサーが集まらないことを理由に中止になったのですが、PGAツアーはタイガーに呼びかけ、タイガーが一役買って出る形で開催が決定したのです。昨年亡くなったタイガーの父、アール氏は元米軍隊員でしたが、大会前のプロアマは「アール・ウッズ記念プロアマ」と命名され、兵役に対する「感謝」の気持ちから、タイガーは米軍大佐と共にラウンドしました。開催コースのコングレッショナルCCは「大統領たちのホームコース」と言われ、ホワイトハウスに関係する人たちがよく使用するコースとして有名ですが、ブッシュ元大統領が水曜日の「始球式」に登場し、 現役の隊員には大会期間中30,000枚の無料観戦券を配布するなど、タイガーの想いがこもった大会で「タイガーの、タイガーによる大会」と報道されていました。タイガーの初日は、2バーディ・3ボギーで30位タイのスタートでした。2日目は、タイガーと同じく今年2勝を挙げているハンター・メイハンが6ストローク伸ばし単独トップに立ちましたが、タイガーは1イーグル、2バーディ、1ボギーの68をマークして通算2アンダーの11位タイに浮上していました。3日目は初日から好調のB・デ・ヨングが首位に立ち、2位タイには初日トップに立ったB・バン・ペルトとノ・スンヨル、4バーディ・ノーボギーで追い上げたタイガーが並びました。最終日は首位と1打差の2位タイからスタートしたタイガー・ウッズが通算8アンダーとただ一人スコアを伸ばし、「アーノルド・パーマーインビテーショナル」、「ザ・メモリアルトーナメント」に続く今期3勝目を、自身の大会で飾ったのです。リードして最終日を迎える難しさを証明している今シーズンですが、「自分でも勝てるかもしれない」という流れが「逆転劇」を演出しているのでしょう。戦国時代の様相を呈していますが、石川にも早く順番が回って来て欲しいですね。 (サミー大高)