打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

T・ウッズ、運命の自動車事故から1年

 新年あけましておめでとうございます。今年もゴルフに関する情報をお伝えしていきたいと思います。 「タイガーが交通事故で重体!」というセンセーショナルなニュースが飛び込んで来たのは2009年11月27日のことでした。自宅近くの消火栓に衝突し愛車を大破させた事故が、まさかタイガーの運命を狂わす一連の「不倫スキャンダル」の発端になろうとは。あれから1年が経ち、本人、そして同じツアーで戦う選手たちは、一体何を感じているのでしょうか。
アーニー・エルスは「正直彼はよくやっていると思う。人生で最も辛く厳しい時に、進むべき道を見つけて困難を乗り越えてきたんだから尊敬するよ。今は自信を少し失っているだけ。メジャーにもきっと勝つ。それだけの資質を持ったゴルファーだからね」と好意的なコメント。世界ナンバーワンを奪い取ったリー・ウェストウッドは「あの一件で、彼も自分たちと同じように“人間”だったんだ、ということを痛感させられた」と語っています。
ギャラリーや仲間のプロゴルファー、メディアを含めた、周囲のタイガーを見る目や反応といった環境が、それまでの「優等生タイガー」と接するのと違うのは当たり前で、タイガー自身も敏感に感じていたはずです。自分が犯した罪とはいえ、ゴルフに集中できなかったのは当然で未勝利に終ったのも、いたしかたなかったのではないでしょうか。タイガーは「またサンクスギビング(11月末にある米国の祝日、その夜に事故が起きた)がやって来る。我々は曲がり角を曲がりながら新たなページをめくり、常に前を向いて進まなければならない」と語っています。
タイガーが最近再開したツイッターや、ニューズウィーク誌のインタビューの中で、ファンに向かって伝えたかったこととして「これまで如何にファンが支援してくれていたかは最大の驚きだった。自分を取り戻すことが立ち直る唯一の方法でした。自分のしたことを認識した時は不幸だったし、してはならないことをしてしまった」と深い反省を語り、このことで何を学んだか?と尋ねられると、「かつての自分ではなかった」と付け加えています。今は幸せか?との質問には、「そう思う。自分のことをより理解し、これからどうなりたいかもわかった」と答えています。新しく迎えたコーチ、ショーン・フォーリーと共に変えているスイングについては「ほんの断片的な部分(bits and piece)」と説明し、「ミスの修正方法が少し変わった」と付け加えています。
不倫騒動、家族との別離、コーチとの決別、故障、シーズン未勝利と、タイガーにとって2010年はまさに苦難のシーズンでした。「徐々に自分が失っていたバランスを取り戻しつつある。自分のヒーリング過程は完治からほど遠いが、今まで見逃していたことを感じ始めている。自分は勝利がトロフィーではなく笑顔であること、そして普通の生活が喜びだということを学んでいる」とも語っています。「自分を偽っていた昔より今の自分の方が好き」というタイガーの2011年シーズンはすぐに始まります。
年末、タイガーはフロリダ州ジュピターアイランドの新居に引っ越しました。2年前、3,500万ドルで購入した廃屋を、1,500万ドルかけてリフォームしたとのことです。新居の庭にはゴルフコースもあり、その広さはタイガーがドライバーを打てるほど広大で、4つのグリーンはすべてバンカーでガードされており、「全英オープン」でおなじみのポットバンカーも3つ作られているようです。ゴルファーならこんな家に住んでみたいと思うのは当然ですが、自業自得とはいえ独りでゴルフをするのも、独りで住むのも寂しいですね。現在タイガーの最優先事項は二人の子供達に会うことのようですが、ジュピターアイランドの新居は子供達とゴルフをするための新居だったのではないでしょうか。

golf1

インタビューでタイガーは息子と練習用ゴルフボールで遊んだことに触れています。亡父アールがタイガーにしてくれたように、「毎日、子供達に何かを教えようとしている」と語り、そして「時が来たら過去に起きた真実についても教えようと思っている」と付け加えています。「父はいつも”愛は与えられるものだが、信頼と尊敬は、自ら勝ち得るもの”と言っていた」ともコメントしていますが、真に今、タイガーが自分で勝ち取りたいと望んでいるものなのでしょう。
タイガーの2010年最終戦「シェブロン・ワールドチャレンジ」最終日は、復活をかけて単独首位からのスタートでした。1番・3番共に2m前後のパーパットが入らずスコアを落とします。逆に4打差で2位スタートのグレーム・マクドウェルが5番までに3バーディと猛チャージ。13番パー5まではなんとか1打リードを保っていたのですが、ティショットを左ラフに入れたタイガーは出すだけ、G・マクドウェルは絶好のポジションから右サイドに2オン。タイガーの3打目はキャリーでグリーンオーバー、そこからのアプローチは傾斜で止まらずまたオーバー、さらにそこから2mオーバーして返しが入らず、ダブルボギーを叩いてしまいます。
G・マクドウェルは手堅く2パットのバーディで、一気に2打リードと逆転したのです。直後の14番でG・マクドウェルはティショットを右のラフに打ち込みボギーを叩き、1打差で迎えた17番パー3。タイガーは左5mにナイスオン。G・マクドウェルはグリーンをキャリーでオーバーしてブッシュに打ち込みます。アンプレヤブルを宣言し、ワンペナを払いグリーン後方の一段上がったティグラウンド横にドロップしましたが、ピンが見えない打ち下ろしの難しいアプローチが残りました。
しかしそこから2mにナイスオン。タイガーは決めれば絶対有利のパットが入らず、大ピンチだったG・マクドウェルはこれを冷静に決めて、二人が並び勝負は最終18番へ。
タイガーのセカンドは完璧で、1mにナイスオンしてド派手なガッツポーズ。17番に続き、またしても追い込まれた状況でマクドウェルは5m左手前にオン。しかしタイガーが見守る中これを決め、タイガーを横目にガッツポーズを決めました。タイガーも決めてプレーオフに突入したのですが、1ホール目で同じようなシチュエーションから先にバーディを奪ったG・マクドウェルが、3mを外したタイガーを破り、逆転勝利を手にしたのです。
タイガーの敗因はやはりパットでした。「マスターズ」は最終日5番までで3ボギー、「全米オープン」も6番まで3ボギーとし、首位戦線から脱落。ベストテンに入ったメジャーは共に、最終日前半のミスパットが響きました。最終戦も今年一年を象徴するかのような結果で、ここぞという時にパットを決めきれずに負けたことになります。今回も使用パターは、「全英オープン」や「ライダー・カップ」でも使った「ナイキメソッド003」でした。10年以上使い続けた「S・キャメロン・ニューポート」からのスイッチは「転がりが良いから」ということですが、パッティングの不調は深刻な状態のように思えます。
2010年のメジャーは、「マスターズ」のF・ミケルソン以外、欧州PGAツアーメンバーが3大会で優勝を飾りました。好調だった欧州勢の急先鋒、「全米オープン」で初メジャーを飾ったG・マクドウェルが「シェブロン・ワールドチャレンジ」でタイガーを下し、「全米プロ」優勝のマーチン・カイマーと共に、「欧州ツアー最優秀選手賞」を獲得しました。欧州ツアーの記者、評論家による審査委員の投票の結果、二人に与えられることになったのは、欧州ツアー26年の歴史でも初めてのことです。
また2010年度「PGAツアー最優秀選手賞」は「FedExカップ」を制し、PGAツアーでも3勝したジム・フューリックに授与されることが、仲間のプレーヤーによる投票により決定しました。「PGAツアーの新人王」は祖父が日本人のリッキー・ユタカ・ファウラーに決まりました。2011年シーズンでの「王者タイガー」復活はあるのか?日本人選手の活躍も期待して、コラムを書いていきます。今年もよろしくお願い致します。 (サミー大高)