打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ゴルフの巨星堕つ セベ・バレステロ

 「スペインの巨星」セベ・バレステロスが、病魔との闘いでは“ミラクル”を起こすことが出来ず、2011年5月7日がん性脳腫瘍の合併症のため亡くなりました。54歳とあまりにも早すぎる死に、世界中のゴルファーが衝撃を受けました。
 1980年代「最強」と言われたセベは、マスターズ2回(80、83年)、全英オープン3回(79、84、88年)、そして欧州ツアーで50回も優勝し、世界No.1も通算「61週」保持していました。全世界で91勝を挙げ、日本オープン選手権も1977年、78年と連覇し、日本でも通算6勝を挙げています。酪農家の四男に生まれ、キャディのアルバイトをしていた兄の影響でゴルフに触れ、7歳のときにもらった3番アイアンのヘッドに枯れ枝を取り付けてクラブに見立て、小石を打つなどして遊ぶことにより「ゴルファー」としての基礎を自然と身に付けたとされています。8歳になると本物の3番アイアンを手に入れ、自分の体の一部のように終始離さず、たった一個のボールが擦り切れて中のゴムが露出するまで打ち続けたというセベは、現在のクラブとは比較できないほど難しかったゴルフクラブで、12歳の頃にはスクラッチプレーヤーの腕前に達し、1974年わずか16歳でプロゴルファーとなったのです。 スペインの海岸で錆びた3番アイアン片手に小石を打っていた少年が、セルヒオ・ガルシアをはじめ、現代30台から20台のヨーロッパ選手の憧れとなり、アーノルド・パーマーやジャック・ニクラウスがアメリカでそうであったように、セベはヨーロッパでゴルフというスポーツの地位を確立した、正真正銘の「カリスマ」でした。貧困家庭に生まれ育ったセベがお金持ちの家庭の娘に恋をし、彼女の父親に認めてもらうために必死にゴルフの腕を磨いて結婚にこぎつけたという昔話は、あまりにも有名です。「カリスマ」の歩みには、そんなドラマが付いて回るのでしょう。
 私が始めてセベを見たのは「78・日本オープン」でした。ダイナミックなスイングから次元の違う弾道で2連覇を果たした同年代のプレー振りに圧倒され「同じステージで何時の日かセベと戦いたい、そのためにはまず海外に行かなくては」と決断したことを覚えています。強いエネルギーから発せられる「オーラ」を感じましたが、心・技・体が整い、パワーで押し進んでいくタイプでした。プレッシャーの中で、戸惑いながら勝負に挑んでいくのではなく、ウイニングロードに照準を合わせて「ゾーン」に入ることで「勝利」を勝ち取る集中力の強さが、セベ・バレステロスの勝ち方の特徴でした。
 ひとたびゾーンに入るとエネルギーを燃え尽きることなくパワーに変換し、燃焼させ続けることで、バーディを重ね、トータル72ホールを突き進む「アグレッシブ」なプレーぶりでした。当時の若い選手は、自分を抑えるという自己鍛錬に欠け、初日、2日目までの空回りで終ってしまうことが多く、セベのように自分をコントロールし、爆発力以上の結果を出すヤングプレーヤーは皆無でした。
 セベのパッティングの巧さは特筆もので、ゆったりとしたテークバックは、無理に持ち上げるでもなく、インパクトからは低く地面に這わせて、ボールを長くつかまえていました。ここしかないという、理想的なところにスムースに上がり、後はパターと腕の重さに任せているような素晴らしいストロークでした。難しいパットを決めると、大きなガッツポーズでさらに自身を鼓舞し、その戦う姿でもファンを魅了したプレーヤーでした。
 アプローチやバンカーショットもタッチが抜群でしたが、トラブルショットでピンチをチャンスに変える想像力と感性は、誰も超えることはできない技術で天才肌でした。  もっともドライバーが苦手で、誰よりも大きく曲げたため、トラブルショットが多かったのも事実でした。「もっとフェアウェイが狭ければいいのに。そうすれば、みんなラフからプレーしなければいけなくなる。俺みたいに」と、戯けたコメントも残しています。ピンが見えない最悪の状況から、何がなんでも、ピンしか狙って行かない「七色のアイアンショット」は、世界中のゴルフファンを楽しませてくれました。
 メジャー初優勝を遂げた79年の「全英オープン」(ロイヤルリザム&セントアンズ)では伝説の『駐車場ショット』を披露しています。16番ホールでティショットを大きく右に曲げ、臨時駐車場の車の下にボールを打ち込んでしまったセベは、ルール上の救済により車を移動しスイングが可能な状態にはなったのですが、優勝争いからは脱落したと誰もが思ったものです。ところがこの芝生の生えていない土の上から、グリーンすら見えない状況にもかかわらず4mにボールを乗せ、まさかのバーディを奪い、自身初めてのメジャータイトル獲得を手繰り寄せたのです。このスーパーショットは「全英オープン」の語り草となっています。またその翌年、セベは「マスターズ」で優勝しましたが、やはり、最終日17番ホールのティショットを、今度は左に曲げ、隣の7番ホールに打ち込んでしまいます。ピンチのはずのこのシーンでも、セベはバーディをもぎとってしまったのです。
 腰と背中を痛めた96年以降は優勝できずにいましたが、パーシモンからメタルそしてチタンにドライバーヘッドが移行した時期に、対応できなかったことも要因といわれています。チャンピオンズツアーもわずか1戦のみに参戦し、2007年春に50歳で現役引退を表明。離婚後付き合っていた彼女を交通事故で亡くした直後のことでした。若かりし日のバレステロスは、まさにスペインの闘牛士を思わせる戦いぶりでした。彼のゴルフを形容する言葉は「アグレッシブ」の一言でしたが、セベの代理人ロッキー・ハンブリック氏は「あの事故以来、セベから闘志が消えた」と語っています。1997年の「ライダーカップ」ではキャプテンとして母国のホセ・マリア・オラサバル、ミゲル・アンヘル・ヒメネスらを擁し、欧州チームを勝利に導いています。脳腫瘍で倒れる数カ月前「ライダーカップ」について問われたセベがメディアに向かって「今年はアメリカに勝ってほしい。いつも我々欧州が圧勝しちゃって、みんな、つまらないって感じてるよ」と語っています。
 かつて、セベはライダーカップで欧州チームを勝利に導く立役者でした。奇跡のような「カリスマ」のリカバリーショットに欧州ファンは大声援を送りました。 不調に陥り、セベが出場しなくなってからも勝率は圧倒的に欧州優勢の状況を憂い、欧米両チームが、最高のプレーでぶつかり合う熱いチーム戦が、ゴルフのもうひとつの魅力だと知ってのコメントだったのでしょう。
 セベが「世界のビックイベントにしなくては」と提唱し実現したのが、アジア・欧州対抗戦「ロイヤルトロフィー」です。2回大会までは発案者のセベが、キャプテンとしてバンコクに来ていました。

golf11

3回大会、選手選考直前に倒れ、同郷のオラザバルにキャプテンを託し、4・5回大会は、コリン・モントゴメリーをキャプテンに指名していました。毎回、最終日の最終組にまでもつれ込む展開で、セベも満足して観戦していたことでしょう。回復して、欧州チームキャプテンとして、タイに戻ってくることを願っていましたが、残念ながらその願いは叶いませんでした。
 メジャー初戦「マスターズ」の開幕週の火曜日に、恒例の「チャンピオンズディナー」がオーガスタナショナルGCのクラブハウスで行われました。過去のマスターズチャンピオンだけが、グリーンジャケットをまとって参加する大会前恒例の夕食会ですが、前年度優勝者がメニューを決めることでも有名で、各選手の好物や、母国の郷土料理などが選ばれるのが慣例となっていました。今年は、昨年優勝のP・ミケルソンの発案でガスパチョに始まりビネグレットソースのグリーンサラダ、シーフードパエリア、マンチェゴチーズとスモークパプリカを添えたテンダーロインステーキ、スペイン風アップルパイといったスペイン料理でした。これはP・ミケルソンが、脳腫瘍と闘い戦列を離れているセベを激励する意味で用意したとされています。
 P・ミケルソンは17歳の時に初めて米国PGAツアーの試合に出場した際、セベと練習ラウンドを共にし、興奮したことを思い出しながら「彼は僕にとって最高の紳士だ。マスターズチャンピオンみんながセベのことを考えている。彼がここにいてくれたら…と皆が思っていることを彼に知ってもらいたい。だから今夜はスペイン料理を選んだんだ」と語っていました。セベは大会3日目に54歳の誕生日を迎えましたが、来年の「チャンピオンズディナー」に参加することは出来なくなりました。
 「マスターズ」で27位に入り、日本人初のベストアマを獲得した松山英樹に、マスターズの活躍ぶりを称え「感動した」という内容の直筆サイン入りの手紙を送ったことが明らかになりました。死の直前までゴルフを愛したセベに、ご冥福を祈って「Gracias, Seve!」 (サミー大高)