打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

 『タイトリスト』を販売するアクシネット社の親会社、フォーチュンブランズ社は、その経営合理化の一環として、ゴルフ部門の切り離しを昨年12月に発表していました。
ボール・クラブ等でトップシェアを誇る、アクシネット社の買収劇は思わぬ展開の末、決着しました。ゴルフ用品販売(卸売りベース)の世界規模は70億ドルと見積もられている中、クラブ、ボールの『タイトリスト』とシューズ、グローブなどの『フットジョイ』を保有しており、『コブラ』をプーマに売却して以降も12億ドル程度の売上を維持しています。
 アクシネット社の買収価格は15億ドル(約1,200億円)と見積もられていましたが、アクシネット社自身が独立して上場会社になるという選択肢を含めて様々なシナリオが噂されていました。フォーチュンブランズは酒類、住宅用品、ゴルフ用品の3業種を傘下に収めるホールディングカンパニーで、酒事業は全米一のシェアを持つ『ジンビーム』など複数ブランドを統括しています。住宅用品は『モーエン』を筆頭に複数ブランドを保有し、ゴルフ用品はアクシネット社が事業を展開していましたが、酒事業は維持、住宅用品事業は上場、ゴルフ事業は売却か上場という「グループ解体」を決定したのです。
 その背景には、フォーチュンブランズ社の株式、約10%を保有する投資家グループから、事業再編を迫られたためとみられています。アクシネット社売却による同社の納税額は、相当額にのぼると予想されますが、フォーチュンブランズ社の株価改善を求める投資家グループが求める「株主利益」に押し切られる形で、フォーチュンブランズ社は苦渋の決断をしたようです。
 買収先はどこになるのか? ナイキ、テイラーメイドをはじめ、SRIスポーツ、ブリヂストンスポーツ等の日本のメーカーの名前も噂されていました。しかしどこが買ったとしても、ボール等の販売シェアが買収により一定のパーセンテージを越える場合、自由競争の阻害という観点から独禁法で売買が禁止されることになります。特許の保有件数も独禁法で制約があるため、大手同士の決着は難しいとされていました。
 様々な憶測の中、決まった売却先は、Fila Korea Ltd.(韓国フィラ社)とMirae Asset Private Equity(韓国投資資本)でした。買収価格は現金で12億2,500万ドル発表されています。納税、費用差引後のネット買収手取額は約11億ドルになるとフォーチュンブランズ社は見積もっています。米国証券取引筋(ウォールストリート筋)によれば、アメリカンブランズ社(現在のフォーチュンブランズ社)は「アクシネット社」を約5,500万ドルで買収したといわれています。単純計算でも22倍以上での売却となります。
 フィラコリア(Fila Korea Limited)社は、1911年にイタリアで創設され100年の歴史を持つ、ウェアとシューズで有名な老舗ブランド「フィラ」の、世界的な全事業を2007年1月に取得していますが、その買収価格は400億ドルだったと言われています。2010年度、フィラコリアの売上高は5億7千万ドルとされています。今回の買収でパートナーとなった投資会社Mirae Assetsは1997年に創業された企業で、その管理下には、投資企業、政府系開発銀行、年金機構なども抱えている韓国最大の資産管理会社です。フィラといえば、1970年代から80年代にジミー・コナーズやジョン・マッケンローらと男子テニスの黄金時代を築いたビヨン・ボルグの定番でした。全仏オープンに4連覇を含む6勝、ウィンブルドン選手権でも5連覇を達成し、4大会通算「11勝」は男子歴代4位タイの記録をフィラのロゴをつけて達成しています。「ホンダLPGAタイランド06」を制した韓煕円や、ツアー初優勝を今期初戦のメジャー「クラフトナビスコチャンピオンシップ」で飾ったステーシー・ルイスが「フィラ」のロゴと共に戦っています。Mirae Asset社のロゴをと共に戦う代表格は「女王」を争う申智愛です。
 タイトリストのゴルフボールは、北米市場で約60%のシェアを持つなど、圧倒的な強さを誇っていますが、韓国では北米をはるかに凌ぎ「プロV1以外はボールではない」という品薄状態が続き、コピーの「プロV1」まで登場する始末です。しかしまさか韓国企業が買収するとは思いませんでした。
 「ビジネスの魔術師」とも呼ばれるフィラコリアの尹潤洙(ユン・ユンス)会長は、韓国スポーツファッション業界では有名な人物です。会社員からスタートし「フィラ」の韓国支社長に就任したかと思いきや、フィラ本社を逆買収し、世界のスポーツファッション業界を驚かせました。ユニークなアイデアを考え出し、他人よりも先に挑戦する「スピード経営」で知られる尹会長は、アクシネットの売却を知った時点で即座に動き出したのです。独禁法のため、制約が発生するボール等の「ゴルフ商品」を持っていなかったことも「フィラ」にとってはプラスでした。
 尹会長は「アクシネットのゴルフ用品業界首位の市場支配力、100年間培ってきたフィラのファッション分野でのノウハウを融合し、フィラがアジアマーケットで蓄積したノウハウと巨大なネットワークを通じ、「アクシネット」がアジアで、さらなる成長を得られるように努力したい」と買収後に話しています。
 130年以上にわたるゴルフの歴史の中で、ゴルフが発祥した1870年から1910年に掛けては、英国、スコットランドで競技人口の増加とともに成長し、1960年から1980年にかけては米国でもプレー人口が増加、そして1980年から1990年の日本のバブル景気に伴うゴルフ人口とゴルフ施設の増加によるゴルフブームに続き、今なお続いているのは韓国でのゴルフブームです。1998年の全米女子オープンで「20歳9ヵ月」の史上最年少で優勝を果たした「朴セリ」の登場とともに始まった韓国のゴルフブームは、いまだにとどまることを知りません。
 現在、韓国の総人口は4,900万人ですが、ゴルフ人口は既に300万人に達しており、ゴルフコースの数は400コースを越えました。全体の年間ラウンド数は2,500万ラウンドと発表されています。韓国の冬は寒く、プレーできない日も多い割に1コース当たりの年間平均ラウンド数は60,000ラウンドと、日本のゴルフ場関係者が聞いたら驚くような数字がゴルフブームの証です。また韓国にはゴルフレンジが1,200以上あり、「セミプロ」といわれるインストラクターの数も9.000人を越えています。また6,000台を超える、世界一のゴルフシミュレーター設置台数も日本では考えられないことです。
 フィラコリアが直接経営しているフィラ米国法人は買収当時、年間6400万ドル(約52億円)の赤字を出すなど経営難に陥っていましたが、昨年から黒字に転換しています。フィラはブラジル、インドなど新興市場で毎年50~60%のペースで成長しており、中国では業界2位のスポーツ企業「安踏(アンタ)」と合弁で、すでに中国国内600カ所以上に出店しています。経済発展が著しいブラジル、インド、中国とロシアの頭文字を合わせた4カ国の総称はBRICs(ブリックス)ですが、ゴルフが盛んな南アフリカを含めたBRICSまでもマーケットとして捉え、「フィラ・アクシネット」販売計画を立てているように思います。
 尹会長は「アクシネット社の買収は、当社の基盤を安定した世界的なブランドに転換してくれるだろう。当社はウォーリー・ユーライン氏に率いられた類い希なるアクシネット社の経営陣を抱えることに喜びを感じている。当社の広い知識とアジアでの地盤により、アクシネットブランドは、アジアに於ける成長市場での成長に新しい機会を得たことになる」と話しています。米国ゴルフ専門メディアは、アクシネットの経営体制が一切変更されず、CEOもユーライン氏が引き続き務め、本社も従来通りマサチューセツ州フェアヘブンに置かれることから、メディアのほとんどはこの結果に好意的な論評が多く、むしろアクシネット社の体制は、これから伸長し、アジア地域市場を中心に強化されるだろうとの見方がほとんどです。韓国市場、そして中国や他のゴルフ新興国市場開拓に頼もしい後ろ盾を得たことになり、商品ラインアップ面でも将来的には強化されるだろうと期待されています。
 今回の買収劇でフィラのウェアを着て、タイトリストのクラブとボールで戦う韓国人、中国人プロゴルファーが激増することは間違いありません。今こそ日本のメーカーは正しいクラブ販売を始めるべきです。メーカーはクラブスペックの公開に積極的ではありません。クラブに張ってあるシールには長さ・ロフト・メーカーによって基準が違うシャフト硬度が表記されている程度で、その数値も測定すると嘘ばかりです。「去年のモデルより飛距離が10ヤード~20ヤード伸びます!」と毎年新製品を売り出していまが、そのほとんどは、心底飛距離を欲している非力な人や年配者にはあまり役立っていないのが現状です。飛距離性能を掲げ、毎年シャフトを長く伸ばし、それが行き渡ってもう売れる余地がなくなったと見るや、今度はシャフトを短くし、こっちの方が実は飛びますと「詐欺まがい」の販売を続けてきました。90%以上のゴルファーが「とんでもない向き」を向いたクラブを使って「真っ直ぐ飛ばそう」と努力しています。フックフェースのクラブを使っているゴルファーに「正しいスイング」を教えたらフックしか出なくなりますし、左を向いたクラブで真っ直ぐ飛ばすには、フェースを開きながら打つことになり、インパクトロフトが増えて飛距離はでません。買ったクラブをそのまま使うのではなく、自分に合わせて、コースで使いやすくする程度のクラブに対するこだわりを持って欲しいと思います。こだわりを持つことでゴルフクラブへの知識も広がり、さらにコースで通用するスイングを覚えればゴルフがより楽しいものになりますよ。 (サミー大高)