打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

史上最高のパットの名手 B・ロック

 欧州ツアー「BMWイタリアオープン」は、イングランドのロバート・ロックが通算21アンダーで、欧州ツアー初勝利を完全優勝で飾っています。下半身を固めてコンパクトに振りぬくスイングは、風の強い欧州向きです。こんな選手が埋もれていたのかと思うと、最近、世界ランキングでも米国を凌駕している、欧州選手の層の厚さを痛感させられますね。このコラムが掲載される頃に開催される母国でのメジャー「全英オープン」でも活躍を期待できるプレーヤーです。プロゴルファーで「ロック」と言えば、「史上最高のパットの名手」南アフリカ出身のボビー・ロックが有名です。
 ボビー・ロックの父親は北アイルランドからの移民でした。運動具店を経営し南アで成功したのですが、その父親から「球聖ボビー・ジョーンズ」の本を与えられ、ボビー・ロックがゴルフを初めたのは5歳の時だったといいます。そして8歳の時には父親と同じハンディ14になり、18歳の頃にはハンディプラス4と腕前を上げたのです。その3年後にプロに転向したロックは、アイルランドやニュージーランド、オランダで優勝し、聖地・英国に乗り込んで行きます。全英オープンでも何度もベスト10に入っていたのですが、そんな時に勃発した第ニ次世界大戦で南ア航空隊に配属され、爆撃機のパイロットとして1800時間という異常な回数の出撃がボビー・ロックのゴルフ人生と、人格に大きな影響を与えます。
 1946年の「全英オープン」はセントアンドリュースで開催されました。6年間にわたる戦争によるブランク明けの「全英オープン」でしたが、ロックはこの試合でサム・スニードに次いで2位に入ったことが認められ、スポンサーがつきアメリカに参戦することになりました。米PGAツアーには47年から2年半参戦し、59試合に出て13勝、2位が10回、3位7回、4位が5回の成績を挙げ、35試合は4位までと信じられない強さを見せつけています。「全英オープン」は49、50、52、57年と4回優勝を遂げています。ロックは選手生活の20年間、出場した試合で一度もベストテンから落ちたことがありませんでしたが「アメリカは性に合わない」と早々に撤退してしまうのです。その後米国以外には参戦し、フランス、スイス、ドイツ、エジプト、オーストラリア、メキシコ、カナダの各オープンも制し、世界中で活躍した記録が残っています。
 ボビー・ロックは史上最高のパットの名手と謡われています。5歳の時に父にもらったヒッコリーシャフトのパターにこだわり、その1本のパターを生涯使い続けました。プロ仲間はそのパターに「ガラガラ蛇」という異名を付けました。しかしB・ロックのプレーぶりはきわめて個性的で、お手本のボビー・ジョーンズとはまるで違うスイングだったようです。目標よりはるかに右を向いたクローズドスタンスから、右に打ち出すフックボールが持ち球でした。テークバックはインサイドに上げ、トップではクラブヘッドが右側のギャラリースタンドに向けられるほど、シャフトがクロスする特徴的なスイングで、すべてのショットをドロー系のボールで攻めたとされています。
 ヘンリー・コットンから「死ぬまでに一度でいいからボビーのスライスを見たいもんだ」と言われたロックは1番から全部スライスを打ち、5エンド4でH・コットンを叩きのめしたという記録が残っていて、素晴らしいボールストライカーだったことがうかがえます。
 引退後は、メジャー大会通算9勝を挙げ、男子ゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム」達成者となったゲーリー・プレーヤーを育て上げました。「パッティングには1つだけコツがある。あまり狙い過ぎない事だ。直感で決めたラインを大切に。大体の方向に打てばいい。案外真っすぐなラインが多いものだ。人間の直感力を侮ってはいけない。自分は本能だけを忠実に守ってきた。それがコツだ」とパターの奥義を伝授しています。
 また、「決めた相手と心中するのが人の道。浮気者はパットが下手、名器とは己が作るものと心得よ」と語ったといわれています。メーカーが物理用語を駆使して乱発する「新製品」に飛びつくゴルファーには、とても頭の痛い言葉ですね。
 ロックの言葉に「ゴルフでのスコアメイクは、いかに3を2に変えるかである。グリーンを外す、乗せて2パット。ここだけで3打かかる。これを2打で抑えること。ゴルフはミスのゲームというならこういう状況は、何度もあるわけで、それが1ラウンドで4回あったら、トーナメントの4ラウンドでは、16ストロークも稼げる計算になる。ならば、バーディを狙って行くことに異常なファイトを燃やすことよりも、ミスしたときの対処の仕方にもっと頭を使ったほうが得策だと思った」と、3を2に変えるためにロックは幼い時から、ショートゲームを中心に練習を重ねたことを明かしています。「どんな状況からも、パーはとれるという自信をつけたんです。すると、バーディも自然にやって来るんですよね」とも語っています。
 パッティングについても同じ考えで、ロックのパット数に対する一つの基準は「32パットなら普通。30パットならまあまあ。そして28パットなら最高。試合に臨むに当たって自分のパットの調子をベストの状態に持っていく努力は惜しまなかった。その結果、多くの試合を28パットぐらいで抑えることが出来たんです」と語っています。
 1959年にロックは、踏切で列車と衝突する交通事故を起しました。意識不明の重体から回復し、真っ先に話した言葉は「私のパターは大丈夫だったかね」だったそうです。古く、シャフトもヘッドも錆ついているような彼のパター「ガラガラ蛇」はボビー・ロックにとっては「ゴルフ人生」そのものでした。ボビー・ロックの「頑固なこだわり」という教えが、南アフリカプロゴルファーの「礎」となり、ロックの指導を受けたゲーリー・プレーヤーは南アで多くのプロゴルファーを育てました。アーニー・エルス、レティーフ・グーセン、トレバー・イメルマンというメジャーチャンピオン達、そしてG・プレーヤーの指導を受けたアーニー・エルスはルイ・ウーストハイゼン、チャール・シュワルテルというメジャーチャンピオンを育てたのです。
 11月17日に開幕するプレジデンツカップ(Presidents Cup)は、ライダーカップの開催されない年に行われるゴルフ対抗戦です。ライダーカップが米国PGAツアー代表チームと欧州出生選手のみに限定された大会であることから、欧州以外の国籍を持つ世界各地の有力選手たちが、米国代表と戦える団体戦として考案されました。第1回大会は1994年に開催され今年9回目の開催を迎えます。出場選手はポイントで10名が決定、2名はキャプテン推薦で決定します。南アフリカからはチャール・シュワルテルがランキング2位でレティーフ・グーセンが5位、アーニー・エルスは6位で8位にルイ・ウーストハイゼンさらに10位にティム・クラークと5名が7月5日の段階でランクインしています。開催地でキャプテンのグレッグ・ノーマンの母国、オーストラリアからはランク1位でジェイソン・デイと4位にアダム・スコットですが、11位にR・アレンビー、12位にG・オグリビーが僅差で続き、13位に南アのR・サバティーニが続いています。
 日本勢は石川が14位と、現状ではキャプテン推薦以外では、参加は難しそうな状況でが、韓国勢は3位にK・J・チョイ、7位にキム・キョンテ、9位にY・E・ヤンがランクインしています。このランキングがすべての力関係を表しているように思います。
 日本選抜と韓国選抜の対抗戦「ミリオンヤードカップ」の最終日は、出場選手10名が1対1のストローク戦を行ったシングルス戦で、日本は3勝6敗1分け。2日目までのダブルスでは同ポイントで並んでいたのですが、11.5対8.5で敗れ大会連覇を逃しました。
 私の考えでは「日韓対抗」には、海外経験が豊富な平塚哲二と丸山大輔を選んだほうが良かったのではないでしょうか。「日韓対抗」の最終日の結果は、残念ですが力負けです。このコラムで何度も述べてきましたが、日本選手はもっと海外に出なければ、さらに差が広がり、韓国にどんどん置いていかれることになります。日本と韓国のシーズンオフの過ごし方の違いが10年の年月を経て、大きな差になったのでしょう。私が韓国で教えていた時も、12月から2月末まではニュージーランドへ「冬季ゴルフ合宿」に連れて行きました。寒い韓国では練習もラウンドも出来ないためですが、毎朝のトレーニングと朝食後はラウンド、昼食後も練習かラウンドと、目標を持って3ヶ月間休みは日曜日だけで、夕食後は宿舎で素振りの毎日でした。
 プロも、セミプロ(韓国ではプロ予備軍をこう呼びます)も中・高生も同じ宿舎で寝泊りし、同じ食事をし、同じスケジュールをこなしながらゴルフ中心の生活をします。韓国はチームとして海外に行くこと、ゴルフをしながら海外で生活することに慣れているのです。
 年長の藤田が一番頑張っているような印象の「日韓対抗」でしたが、果たしてそれでいいのでしょうか?危機感を持ったのが、藤田だけだとしたら寂しい話です。体格的に差の無い韓国勢の活躍を、日本の若手はどう感じているのでしょう。自分も同じステージで戦わなければという、強い使命感を持って行動している若手は、石川だけのように感じます。米PGAツアーに参戦しているのは今田竜司だけですが、今田は自分の意思で、中学から単身渡米しています。日本で通用しても、海外で通用しないのは、海外生活のための準備不足と、行動する時期があまりにも遅すぎるためです。K・J・チョイやY・E・ヤンが活躍し、世界への道を切り開いた韓国からは、これからさらに多くの若手が、女子と同じ様に「世界のツアー」に参戦することになるでしょう。 (サミー大高)