打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

育成に劣る日本のゴルフ界

 「ロイヤル・セントジョージズGC」で開催された「第140回・全英オープン」はダレン・クラーク(英国・北アイルランド)が挑戦すること20回で悲願のメジャー初制覇を果たしました。一日中よく天候が変わるのが「リンクスコース」の特徴ですが、最終日も晴れたと思えば強い雨が降りだし、降り止んだと思えば突然の強風と、選手たちはリンクス特有の気まぐれな天気との闘いを強いられました。
「ロイヤル・セントジョージズGC」は、「スコットランドのセント・アンドリュースに匹敵するゴルフコースをイングランドにも創ろう」と造成され、年ごとにローテーションされる全英、全英女子の会場の中でも“リンクスの傑作”と言われる難コースです。海に面しているため風向きは刻一刻と変わり、フェアウェイの起伏は見た目より大きく、グリーンにも大きなアンジュレーションがあり、弾道や落ち所のわずかな違いで大きく左右にキックしたり、転がり過ぎると決まって「ポットバンカー」に転がり落ちることになります。ナイスアプローチに見えても、ピンを通り過ぎるとスロープを下り落ちてしまうこともあり、ラッキー・アンラッキーが背中合わせの難易度の高いコースでした。

  優勝したD・クラークは、母国の北アイルランドでジュニア育成のため基金を設立し、ジュニアゴルファーを指導しています。今年の「全米オープン」を制した、若き王者ロリー・マキロイの“生みの親”ということになります。10歳のR・マキロイ少年と出会い、12歳から本格的な指導を始めて以来、今でも師弟関係にあります。その師匠に弟子のR・マキロイから送られたメールの内容はというと「彼の全米最終日前に俺から送った内容とほとんど同じことを書いてきてくれて、リマインドしてくれた」と笑いながら答えていました。「タイガーからも何回かメールがあった。いくつかアドバイスをもらって、その内容も素晴らしいものだった。それをもらったおかげで、今日のラウンドが少し楽になったよ」と、タイガーからの応援メールもインタビューで明かしています。メールの内容は?との質問には「それは答えられない。俺と彼との間の話。プライベートだ」と明確には答えませんでしたが、何時の日かタイガーが答えることでしょう。また追い上げながら、負けてしまったP・ミケルソンも「大勢の選手が祝福しているはずだ。彼ほどのナイスガイは他にいないから」と、この勝利を讃えていることからもD・クラークの人望の厚さを感じます。

 「93・全英オープン」で、史上最少スコア267で優勝したグレッグ・ノーマンが使用した「優勝ロッカー」がD・クラークに与えられた時から、ウイニングストーリーが始まっていたのかもしれません。トム・ワトソンから「幸運のロッカーだよ」と声をかけられたのも「ナイスガイ」のおかげなのではないでしょうか。そういえば「全英オープン」2連覇を果たしたP・ハリントンが、勝因を聞かれ「ナイスガイだから」と答えていたのを思い出します。「全米オープン」2年連続優勝の北アイルランド勢の活躍もあり、何かを感じて「全英」に挑んだようです。

 06年にはヘザー夫人を乳がんのために、D・クラーク自身の誕生日の一日前に亡くすという本当に辛い時にも、直後に開催された「ライダーカップ」に参加し3戦全勝と、欧州チームを優勝に導くチームの柱として活躍しました。「いつも見守ってくれていた。彼女も誇りに思ってくれていることだろう、それ以上に息子2人をちゃんと育てていることを、誇りに思ってくれるかな。最初で最後のメジャーになるかもしれないけど、そのプロセスを大事にしたい。「俺は全力を尽くすだけだ」と昨日も言ったけど、その通りにできたし、それが優勝する力になっただけ。俺は同じことを子供達にも言っている。そして彼らもいつも全力投球で頑張っているよ」と激闘を戦い抜いたベテランが、大好きな「ギネス」を飲みながらのインタビューでした。

 D・クラークは90年にプロ転向し「ダンヒルオープン」で欧州ツアー初優勝を挙げ、今大会で通算14勝目になります。日本が大好きな選手としてもよく知られており97年から日本ツアーにも参戦しています。01年「中日クラウンズ」04、05年と「三井住友VISA太平洋マスターズ」で2年連続優勝も果たしています。世界ランクは8位が最高ですが大会前は111位までランクダウンしていました。今回の優勝で30位までランクアップし、今年の更なる活躍が期待できます。188㎝、90キロの体格で、異名は気持ちが入ると顔が赤み帯びるため「赤鬼」といわれています。
序盤でのP・ミケルソンの追い上げは、自分で流れを作り、自分で壊しているかの様に「リンクス」に飲み込まれて、つぶされました。後半、同じ組のD・ジョンソンの猛追にも、冷静に自分のゴルフができたのは、D・クラークが風の中でどんなゴルフをすれば、スコアを崩さないかが判っているからこそでしょう。「リンクス」を知り尽くしたゴルファーの勝利でしたが、突然変わる天候、激しい雨風という「リンクス」に対峙する戦いぶりは、強く美しいものでした。辛い時期を乗り越えて、母国の後輩をメジャーチャンピオンに育て上げた北アイルランドのエース「赤鬼」の見事な復活劇でした。

 なでしこジャパンが世界の頂点に立ちました。この道のりで欠かさなかったのが育成世代からの、個々の「欧米化」でした。沢が99年米国に移籍して海外の道を切り開き、現在のなでしこジャパンには経験者も含め8人のメンバーがおり、現在も米国、フランス、ドイツと計5人が海外でプレー中です。日本サッカー協会は「海外強化指定選手制度」を導入し、海外移籍選手に一日1万円の日当を支給しています。

 男子のような華やかな移籍とはまるで違い、女子サッカーの実情は厳しく、ドイツ・デュイスブルグに所属する安藤は支給がなければ生活すらままならない状況のようです。それでも海外経験は不可欠なことです。国内リーグの空洞化を懸念する声より、代表チームが世界で活躍することを優先させて取り組んできた「育成制度」が大輪の花を咲かせたことになります。

 女子サッカーの底辺を拡大することにつなげる「なでしこチャレンジプロジェクト」では、U-15世代から人材を発掘し、海外経験をつませることで、代表チームの底上げを図るプランが動き出しています。「サッカー協会」はこれからもさらに「海外強化指定選手制度」拡大してく方針のようですが、石川一人を頼りに、石川が海外に行くのもままならない「プロゴルフ協会」とは大きな開きを感じます。「小さな娘たちが粘り強くやってくれた」と佐々木監督は語っています。日本の女子ゴルファーにも同じことが言えますが、欧米人との体格の差はいたしかたないことで、それでも海外で結果を残すには、信念を強く持ち「戦う姿勢」を貫き通すしかありません。宮里藍も海外でのゴルフに専念し、何年もかかって今のポジションを手に入れたのです。

 男子には今田竜二という先駆者が頑張っていますが、後に続く若手プレーヤーが現れません。スポンサーが少なかった「日本サッカー協会」は「Jリーグ」を立ち上げ、「プロ野球」に負けぬファンを獲得するために、チームと選手の強化を続け、男子は世界で通用する選手が続々と登場してきています。スポンサーのご機嫌を窺い、人気選手を海外に出したがらない「プロゴルフ協会」との取り組みの差が、鮮明に現れてきています。一体誰のための、何のための「協会」なのでしょうか。ファンを魅了するプレーができる選手を育て、世界への道筋を示すのも「協会」の重要な役割のはずです。ゴルフ人口を増やし、可能性のあるジュニアを育成し、将来のために海外留学や海外参戦をサポートする取り組みも必要です。スポンサーがつかず、選手たちも「協会」も金銭的にも苦しかった「女子サッカー」を「世界一」に導いた「協会」の取り組みを「日本ゴルフ協会」・「日本プロゴルフ協会」は、重く受け止めなくてはいけない時期を逸し、すでに手遅れのように思います。

 英国のプロゴルファーは、回転楕円体のボールを使うラグビーや、地面にボールをバウンドさせるところから始めるクリケットといった「英国発祥」スポーツの、不規則なボールの動きに慣れているのか「イレギュラー」は当たり前と思っているのかもしれません。英国ではラグビーとクリケットは共に上流階級のスポーツとされており、名門校の体育の授業ではクリケットは必修種目とされています。

 子供のころから「イレギュラーバウンド」に慣れ親しんでいるためか、ラッキーを味方にすることも勝者の条件で「強いものが勝つ」というよりも「勝ったものが強い」という教えが根本にあるように思います。「環境とコースがプレーヤーを育てる」というのはまさにこのことで、日本で開催されるトーナメントのコースセッティングは甘すぎます。そのため海外からのスポット参戦で、時差ボケがあってもあっさり勝たれてしまうのでしょう。逆にイレギュラーを「アンフェア」ととらえ、スコアを落とすような選手は、「全英オープン」に参加する資格はありません。日本から参加した6名のうち予選を通過したのは池田だけ、韓国からはキム・キョンテ以外の5名中4名が予選を通過しましたが、これが現実です。来年からの日本選手の出場枠減が心配ですが、参戦するのなら「環境とコースに慣れる」準備をしなくては英国紳士にも、日本で応援しているファンにも失礼な話です。 (サミー大高)