打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

全米プロゴルフ選手権最終日

 2011年最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」の最終日は、首位タイからスタートしたジェイソン・ダフナーと、1打差を追うキーガン・ブラッドリーが通算8アンダーに並びホールアウト。16、17、18番の3ホールによるストローク戦で行われたプレーオフでしたが、16番でK・ブラッドリーが1mを沈めてバーディを奪い先手を取ると、続く17番でJ・ダフナーが3パットによる痛恨のボギーを叩きます。2ストロークを追うJ・ダフナーは18番でバーディを先に奪うものの、K・ブラッドリーは確実に2オン2パットのパーで終え、プレーオフを制したK・ブラッドリーが初出場で「メジャータイトル」を獲得しました。米国勢のメジャー制覇は、昨年「マスターズ」のフィル・ミケルソン以来7大会ぶりでしたが、アメリカ待望の大型スター誕生に、ギャラリーの惜しみない拍手と“U・S・Aコール”が、日が西に傾いたコースに途絶えることなく鳴り続けました。
K・ブラッドリーが2日目のベストスコアとなる「64」をマークし、通算5アンダーとトーナメントリーダーに躍り出た後のインタビューでは「このところ良いゴルフができています。 良いプレーができているときは簡単に感じますね。しっかりとパーオンができていますし、パッティングも今年で一番いいです。パット(叔母)はここに来ていませんが突然現れる時もあります。今週は母、姉妹と甥っ子のエイデンが一緒です。甥のミドルネームはキーガンです。イニシャルで呼ぶと「AK」ですね。みんな初めてのメジャー大会で緊張する?って尋ねますが、私は緊張していませんでした。「AK」のおかげなんです。彼がいると私は笑顔でプレーできます。 パット(叔母)は明日になったら来るかもしれません。 父はジャクソンホールというコース所属のプロです。子供の頃は父にゴルフ場に連れて行ってもらい、朝から晩まで出来る限りゴルフをしていました。父のおかげ、もちろん母もそうですが、たくさんの人のサポートがあって今ここにいることが出来ると感謝しています。父はPGA(全米プロゴルフ協会)のメンバーであることに誇りを持っているので、父の為にもこのタイトルを獲りたいですね」 と語っていました。
キーガンの叔母は、岡本綾子と同世代で「ゴルフ殿堂」入りしているLPGAの名選手、パット・ブラッドリーです。通算31勝で、メジャーでも6勝を挙げています。父親のマークもPGAのクラブプロというゴルフ界のサラブレッドとして期待の若手でした。ニューヨークにあるセントジョンズ大学を2008年に卒業後、秋にプロ転向。1年半ほど3軍ツアー「フーターズツアー」というミニツアーで腕を磨き、昨年昇格した「ネーションワイドツアー」を14位と1年で“卒業”し、PGAツアールーキーとして参戦した今シーズンは、5月末の「HP・バイロンネルソン選手権」でプレーオフを制して早くも初優勝を飾っています。
持ち前の明るさと笑顔が印象的ですが、ネーションワイドツアーでの昨年のドライビングディスタンスは311ヤードとかなりの飛ばし屋で、高弾道で攻めるゴルフは魅力的です。188cmと長身で、腕も長く前傾姿勢が深い、最近珍しい個性的なアドレスですが、12番551ヤードのパー5で、ビッグドライブを放った後の2打目を、なんと7番アイアンでピン横80cmに寄せるスーパーショットでイーグルを奪い、一気に流れを引き寄せトップタイに浮上しました。しかし「メジャー」で勝利するのは簡単ではありません。好調に見えたK・ブラッドリーに、ターニングポイントが訪れたのは15番ホールでした。右に池が迫る距離の長いパー3のティショットを、グリーン左奥に外すと、ライの悪いラフからのアプローチは、グリーンを超えて池につかまる痛恨のアプローチミス。ドロップエリアからの打ち直しの第4打も寄せきれずトリプルボギーで一気にスコアを落とし、J・ダフナーに一時5ストロークの大差をつけられてしまいます。 しかしトリプルの直後の16、17番で連続バーディを奪取し、通算8アンダーとしてJ・ダフナーより先にホールアウトしていました。
PGAツアーではまだ未勝利のジェイソン・ダフナーは今田竜二の大親友です。昨年も開催コースは異なるものの、この大会で優勝と2打差の5位と健闘を見せていました。2月に行われた「ウエストマネージメント・フェニックスオープン」ではマーク・ウィルソンを相手にプレーオフで惜敗しています。J・ダフナー独特のプリショットルーティンは、グリッププレッシャーを軽くするためコックを大きく使い、「ゆるゆる」の状態でワッグルを繰り返し、腕とヘッドの重みを感じ「脱力」してからスイングをスタートします。J・ダフナーの初日からの3日間は参加者全員が苦しんだ、最難関の15番から18番までの4ホールでボギーなし、3バーディで通過していました。しかし最終日はK・ブラッドリーがボギーを叩いた15番パー3で、ティショットをグリーン手前の池に入れてボギー。さらに16番ではフェアウェイからのセカンドを右のバンカー、17番では3パットと、3連続ボギーで一気に並ばれてプレーオフ決着となり、残念な結果に終わりました。
一番勝ちたかった初出場のメジャー「全米プロ」で今シーズン2勝目を挙げ、米国の救世主になったK・ブラッドリー。ウィニングパットを沈めると可愛がっている甥っ子「AK」を抱きしめ、両親兄弟との熱い抱擁を交わしていました。「メジャー」優勝で世界ランクは108位から29位にランクアップし、FEDEXカップランクは4位、賞金ランクは5位となり、今後の活躍次第ですが「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」候補にもなりそうです。4大メジャーのチャンピオンはこれで、7大会連続で初優勝者になりました。「マスターズ」で石川か池田に順番が回ってくることに期待しましょう。

  「全米プロ」に3年連続の出場となった石川は初日、2ボギー、5ダブルボギー、1トリプルボギーの「85」の15オーバーで、最下位の155位タイと大きく出遅れました。前週の「WGC・ブリヂストン招待」で優勝争いをした姿は見る影もなく、ホールを追うごとにスコアを落としていく大乱調の石川に、ギャラリーは言葉を失って見守るだけでした。2ホール目の11番でフェアウェイからの第2打を「置きにいくスイングになって、流れが変わってしまった。ピン左2メートルを狙ったが、緩んでしまった」と、グリーン右手前の池に打ち込みダブルボギーが先行。その後3ホールはチャンスを生かせずパーでしたが、続く15番からが本当の悪夢の始まりでした。打ち下ろしの260ヤードのパー3。メジャーで初めてバッグに入れた5番ウッドで放ったティショットはグリーン手前の池へ。打ち直しの第3打もバックスピンで花道まで戻ってしまい結局4オン2パットのトリプルボギー。続く16番はティショットをフェアウェウェイ左のバンカーに入れてボギー。17番での第1打はグリーン手前の池、18番ではティショットと、打ち直しの第3打も池に落とし、2連続ダブルボギーとした。わずか4ホールで8つスコアを落とし完全に上位から取り残されてしまいます。「45」の前半ハーフで5度池につかまった石川は、後半4番(パー3)でもグリーン手前の池にティショットを落とし、またしてもダブルボギー。その後はなんとかパーでしのぎましたが、スコア「85」は、海外メジャーはおろか2008年のプロ転向から国内、海外ツアーを通じて自己ワーストスコアでした。

 「コースが難しいという以前に、自分の思ったとおりのスイングができなかった。それが、こういう結果(15オーバー)になったのだと思います。スイングがよくなかったのは、全体的に手首を使うような形になってしまったこと。昨日まで練習場ではできていたスイングをすることを心掛けていたんですが、いざやろうとすると体が硬くなってしまい、うまくスイングスピードを出せずに、インパクトを手先で合わせてしまうようなことが多く、まったくタイミングが合いませんでした。それがゴルフだと思うのですが、練習でやれたことが試合でできなくて悔しいです」ということですが、一般的にはこれを「プレッシャー」というのです。本当はその場から逃げ出したくなるほど、ゴルフの怖さを嫌というほど味わった初日だったでしょう。

 レベルこそ違うものの、ゴルフファーなら誰でも経験することですが「おかしいな?昨日は良かったのに、今日は最悪だ」を「メジャー」の大舞台で経験してしまいました。ノープレッシャーの練習場では楽しくスイングできるものです。思うように打てるときには、攻めに勢いが生まれます。失敗を恐れ、ボールを置きにいきたくなり、合わせるようなスイングをするとプレッシャーの餌食になります。判っていても「何かが支配する大きな壁」に怖さを覚えると抜け出すのは大変です。この一言で言い表せない「何かが支配する大きな壁」を乗り越えることができずに、消えていったプロゴルファーは、星の数ほどいるでしょう。

 一昨年の「エビアンマスターズ」で、ツアー参戦4年目にして悲願の初優勝を遂げた宮里藍も、スランプが追い討ちをかける「プレッシャー」に押しつぶされ、大好きだったゴルフが怖くなり、コーチである父の優さんも「ゴルフをやめてもいいんだよ」と何度も話したそうです。しかし宮里藍は見事にこの壁を乗り越えて見せたのです。「4年間諦めないでやってきて良かった」とスランプから脱出し、輝きを取り戻した2010年は年間5勝大活躍でした。今回の石川は、宮里藍が乗り越えた「何か支配する大きな壁」がほんの少し見えたはずです。

 ゴルフの本当の怖さを乗り越えて、さらに大きく羽ばたくための、石川の新たな戦いが始まります。「今年のメジャー4試合は、すごくためになったというか、いいモノを得られました。最後にこういう結果になって言うのも何なんですが、徐々にこちらの雰囲気に慣れて、自然体でプレーできるようになりました。”慣れ”というのはとても大事なことだと思います。最初の頃は、ロッカーでも練習ラウンドでも遠慮しがちでしたが、今ではやっと日本にいるときと同じような精神状態でできるようになりました。それが、先週のトーナメントでも生かされたのだと思います。また、技術的にも世界の選手たちに追いついてきているんじゃないかな、と試合に出場する度に実感を得ています。あとは、良かったり悪かったりという波がある中で、その波を小さくしていきたい。それができる選手が世界のトップにいるのだと思います。何十球も同じ球を打てるように僕は練習するしかない。他の選手と比べたら、まだまだ経験も足りないし、技術も劣っていますから」と引き続き厳しい練習を積むのとともに、日本国内よりも厳しい長距離移動や、それぞれの環境の違いにどう馴染むか、今後は準備や調整方法も課題だと語りました。

 慣れる事の重要性を感じ取ったようですが、慣れるにはその環境に身を置き、他のメンバーと一緒に行動するしかありません。トーナメントは毎週違う会場で開催されますが一緒に移動するメンバーは、戦っている時もいがみ合う事はなく、相手の力を認め合い競い合うことで、戦友のような信頼関係を築きます。スポット参戦ではなく、いつもそこにいるものだけに許された居心地のよさが「慣れ」であり、レベルの高い欧米では、勝利のために必要不可欠の事だと思います。「WGC・ブリヂストン招待」で石川対タイガーと決別したキャディのスティーブ・ウィリアムス+A・スコットとの、優勝争いを見て強く感じたのですが、メジャーを制するために、海外常駐の決断が必要な時期が来ています。 (サミー大高)