打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

プロゴルファーの年金制度 タイガーウッズは200億円

 石川が「WGC-ブリヂストン招待」での賞金を含めた今期の獲得賞金額が、昨年のPGAツアー賞金ランク150位の選手を上回ったことで、2011年度のPGAツアー残り試合の「スペシャル・テンポラリーメンバー」の資格を手にしました。「FedExカッププレーオフ」以外の5試合に出場可能で、石川はその残り5試合でPGAツアー賞金ランキング125位の選手以上の賞金を稼ぐことが出来れば、予選会に参加することなく来季のPGAツアー出場資格を得ることが出来たのです。現実的には「FedExカッププレーオフ」後のフォールシリーズ4試合で約20万ドルを稼げば来年のシードを得られるのですが、4試合出場ですべてトップ5以内、2試合なら連続トップ3以内が必要と条件が厳しいため、今年は日本ツアーに専念し、世界ランキング50位を以内キープして、「マスターズ」の出場権を確保することを第一に戦うようです。来年は日本ツアーが始まるまでは出られるだけPGAツアーに参戦し、メジヤーでも賞金を積み重ねPGAツアーのシードを確定させるという道筋を決めたようです。「来年は全米プロまでに125位以内をクリアできるよう頑張りたい」と具体的なPGA参戦時期についても初めて言及しています。
 キム・キョンテは「今年、米ツアーのQTを受けます」と、来年からのPGAツアー参戦を早くから表明していました。2年連続の賞金王よりも、11月後半の米国対世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」の出場権を獲得できれば、同じ週に行われる国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」は欠場する予定になっています。翌週の「カシオワールドオープン」、最終戦の「日本シリーズJTカップ」も米ツアー出場権をかけたQT参戦のため出場しないということでしたが「ウィンダム選手権」で4位タイに入ったことで、石川と同じく「スペシャル・テンポラリーメンバー」となり、違うアプローチが可能になりました。
 今後のスケジュールは表明していませんが、メジャーなどの大舞台で母国の先輩であるY.E.ヤンと行動を一緒にしていたのは、米ツアー進出のためでしょう。キム・キョンテの今シーズンは「マスターズ」、「全米オープン」で好発進とアメリカでも通用することを証明してきました。「全英オープン」は予選落ちでしたが、翌週の日本ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」で石川に4打差で優勝し渡米。「WGC-ブリヂストン招待」で6位に入り、石川が予選落ちした「全米プロ」も予選を通過しています。そして「ウィンダム選手権」で4位タイと、PGAツアーでの近況は明らかに石川より上です。
 石川にも早く決断して欲しいと述べてきましたが、「日本のゴルフ業界」が許してくれないという事情もあるのでしょう。被災地のゴルフ場はどうなっているのでしょうか?何も手をかけなければ、一月もかからず荒地と化し、ゴルフ場に戻すだけで莫大な費用がかかります。被災した従業員の方々の「職」とゴルフ場を守るために、いまこそゴルフ関係の団体、協会、業界が一致団結し被災地のゴルフ場を買い上げ、管理、運営することが、ゴルフ業界ができる支援策のひとつだと思います。
 USPGAツアーは、選手の賞金の一部をプールして、その資金を元手に多くのゴルフビジネスを運営、展開して利益を年金で選手たちに還元していますが、このシステムは日本でもスタートするべきです。USPGAツアーのビジネスは、単にトーナメントを運営するだけではありません。
 トーナメント関連のビジネスの大きな収入源にテレビ放映権があります。世界140カ国に放映され、約4億世帯がPGAツアーのトーナメント中継をテレビ観戦しているといわれています。他の大きな収入源として、トーナメント会場のコーポレートテントがあります。巨大で豪華なインテリアで、ホスピタリティを持ち合わせるテントの権利をスポンサー企業がPGAツアーから買い、クライアント接待などに利用しています。このテントがトーナメントスケールによっては、派手にいくつもが建ちならび、食事をしながらのテレビ観戦や、華やかなパーティ等のスペースになっています。その他にも「ワールドゴルフビレッジ」の運営や、「PGAツアープロダクション」による番組制作。「PGAツアー・リゾート」の運営、「PGAツアーウェブ」収入等と、さまざまな事業展開をしています。
 「ワールドゴルフビレッジ」はフロリダ州・セント・オーガスティンにあるゴルフのテーマパークで、1998年に完成し、18ホールのコースが2つ。ホテルが4つ。そして映画館、スパ、ショッピングセンターなどが揃っていて、その周辺の別荘販売も手がけています。この地にある「世界ゴルフ殿堂」には世界中のスター選手とともに青木功、樋口久子、岡本綾子、尾崎将司という日本を代表する4人の殿堂入りプロゴルファーの記念の品々が展示してあります。「PGAツアープロダクション」ではPGAツアー・ネーションワイドツアー(2部)・チャンピオンズツアー(シニア)という3ツアーそれぞれの番組を制作し、全米のケーブルテレビ局や世界へ発信しています。さらに全米各地の空港内に「PGAツアーショップ」を展開し、「PGAツアー」のロゴ入りグッツの販売をしています。このライセンス・ビジネスは、もちろん数々の商品を生み出し、米国内でもスナック菓子など含めると40社以上のPGA関連商品が並び、海外でもどう内容で展開しています。またTPC(トーナメント・プレーヤーズ・クラブ)ネットワークという部門では、トーナメント・プレーヤーズ選手権が開催されるTPC・アット・ソーグラスをはじめ、全米で30コース以上を保有。デザイン、プランニング、運営協力などを手がけています。

 1980年代に始まったPGAツアー事業展開と年金制度は、テレビ放映権料やスポンサー料、各選手の賞金から拠出金などを運用し分配するというものでしたが、運営している事業が拡大し、膨大な年金資金が得られるようになりました。現在は選手の活躍年数、その成績という実績で分配される変動システムに変わってきました。基本的には、予選通過を果たしたトーナメント数が、年金支給額の基礎となり、予選通過試合数、賞金獲得額から年金が計算されます。たとえば1試合予選通過すれば約3,500ドルが各選手の年金用資金としてプールされます。最低5年間で出場15試合が基本で、予選通過を果たせば、プールされる金額が倍の7,000ドルとなります。優勝すれば、大きなボーナスがプールされることになります。
 ある選手が年間30試合出場し、20試合予選通過したとすると、15試合までのプール金3,500ドルの合計が、52,500ドル。さらに15試合以上は倍額となるので、7,000ドル×5試合で35,000ドルとなり、トータル87,500ドルが年金資金としてプールされます。10年間、同じペースで積み上げると選手ひとりのプール金が、875,000ドルまで膨れ上がります。そのプール金を資本に元手に、数々のビジネスでの利益をさらに資産運用して、PGAツアーのビジネス展開が行われてきたのです。丸山茂樹は優勝が3回あり、賞金ランキングも30位、40位以内などの経験があるので、在籍年数とボーナスなどを加算すると20億円程度の年金をPGAツアーから受け取れるようです。スキャンダルを起こしたものの、タイガー・ウッズが受け取る年金はなんと200億円に達するそうです。
 私が日本にいた頃で現状は判りませんが、日本男子プロツアーの年金制度は、5年で有資格者となり65歳からの15年間、「年額22,500円」が支給されていました。1ヶ月あたり「1,875円」が65歳から80歳まで支給となっていましたが、これはあまりにもお粗末で話しになりません。 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は「一時期、制度の導入を検討しましたが、放映権料などの収入が莫大な米国のツアーと比べると財源面で劣りますし、各選手からお金を集めて運用してもメリットが少ないため、結局断念しました」とのことでした。また、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)も、今のところ年金制度はないようですが、果たしてこれでいいのでしょうか。誰のために何を運営している協会なのか理解に苦しみます。日本という国は「政治家」も含めて本当にリーダーに問題があるようです。アメリカとの違いは比べようもありませんが、これほどひどい年金システムの団体でも限られた人たちの為の役員報酬は、既得権益として確保されているのが現実です。
 2005年にプロゴルフ協会の長田力前会長と石井秀夫前副会長、船渡川育宏前理事が、理事選に落選した候補を繰り上げ当選させようと画策し、反長田派の神奈川地区の河野高明理事を暴力団関係者に拉致させ、さらに自らの会長再選を狙って協会の地区議事録を改ざんしたとして、有印私文書偽造・同行使の罪で逮捕された事件が起こりました。長田前会長は12度目のプロテストで合格した苦労人ですが、プロとしての実績はありませんでした。九州地区出身で、親分肌で面倒見が良かったようですが、九州以外ではまったくの無名でした。2001年に九州で開催された「日本プロゴルフ選手権」のチケットを1万枚近く売りさばいたことと、有名プロの後押しでトップの座に着いたのです。 日本プロゴルフ協会は年間収入が15億円ともいわれています。長田前会長は多額の役員報酬だけでなく、月100万円以上の交際費を使い、側近理事を引き連れて銀座で豪遊していたといわれています。自身のポジションを守ろうと、信じられない事件を引き起こしたのです。
 夢や希望、感動といった「スポーツの力」を隠れ蓑に、集めたお金は選手のためではなく一部の特権階級が私物化し、私腹を肥やしているというのが、日本のスポーツ業界の悪しき習慣となっています。彼らにとっては明日の保証も無く必死に戦っている選手の年金などどうでもよく、人気選手は金集めの為に必要な道具でしかないのでしょう。
 メジャーリーグの年金制度は「選手会」が運営をしています。メジャーリーグ在籍年数5年以上で有資格者となり、10年選手には満額(約2,000万円)支給となります。45歳からの受給を選択すれば約80%が支給され、60歳以降は終身支給となっています。在籍10年に満たなくても、9年なら90%、在籍5年なら50%支給されるシステムです。仮に選手登録が5年なら満額の半額、9年なら90%の支給となりますが、反対に5年未満はゼロで、マイナーリーグの選手には支給されません。 
 日本プロ野球の年金は、10年以上が受給資格で年額113万円と、こちらもメジャーと比べると「すずめの涙」程度の支給に過ぎません。10年選手なんて一握りで、おまけに55歳からの支給となっていますが、財源不足で破綻寸前で2012年の廃止が決定していますが、これもひどい年金システムです。解説者になれるのは一握りで、引退した人は厳しい生活を強いられることになります。世界で通用する選手を育成するには、日本のプロスポーツ界全体の運営の仕組みを、選手会主導の運営に変えることが必須条件のようです。 (サミー大高)