打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

パターフィッティングの秘訣

 ボビー・ロックからゲーリー・プレーヤーに引き継がれた南アフリカの「メジャーチャンプ」育成システムや、「全英オープン」を制したダレン・クラークが母国の北アイルランドに設立した「ジュニア育成基金」から、ロリー・マキロイがメジャーチャンプに育ったことなどを、このコラムに掲載してきました。日本のジュニアゴルファーに与えられた環境と、他国のジュニアゴルファーに対する待遇の違いを目の当たりにすると、日本が取り残されていくのは当然だと思います。
ルイ・ウーストハイゼンやチャール・シュワルツェルという若きメジャーチャンピオンを育てたのは、ゲーリー・プレーヤーによって育てられ、3度メジャーを制したアーニー・エルスが1999年に設立した「アーニー・エルス財団」でした。2006年には、世界的にも有名な「ファンコートホテル&ゴルフエステート社」の協力で「アーニー・エルス&ファンコート財団」を創立し、有望なジュニアゴルファーを対象に「プレー技術と、教養を兼ね備えたゴルファーに育てたい」と、さらにレベルの高い英才教育を始めています。その厚遇を得るための資格とは「南アフリカ市民でハイスクールに在学し、平均ストローク80以下の実力を持つ男女のジュニアゴルファー」となっています。「アーニー・エルス&ファンコート財団」のメンバーになると「財団」からサポートを毎年受けられるのですが、その内容は驚くほど充実しています。
学校の授業料(一人当たり最大1万ランド=約12万円)・ゴルフクラブ会員権と週一回のグリーンフィー・ドライビングレンジ会員権・PGAティーチングプロのコーチング料金・試合のエントリーフィと食事代・旅費、宿泊代、練習ラウンドのグリーンフィや練習ボール代と至れり尽くせりで、お金を心配することがなく、自分のプレーに集中できる環境が整っています。さらにE・エルスと契約を結んでいる「キャロウェイ社」によるウッド・アイアン・ウェッジ・パターのフィッティングによるゴルフクラブの提供・ゴルフバッグ・ゴルフシューズ・グローブ・ボール・ブレザーやゴルフウェアと、プレーに必要なゴルフ用品のすべてが、無償で与えられるのです。ハイスクールを卒業した将来が有望なメンバーに対しても、南ア国内の試合で平均ストローク77以下というアベレージを満たし、プロゴルファーの可能性があると「財団」に認められれば、最高3年までは、引き続き同様のサポートが受けられます。
ジーン・サラゼン、ベン・ホーガンに続くゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム(メジャー大会4冠獲得)」達成者となった「南アの英雄」ゲーリー・プレーヤーが「1994・全米オープン」プレーオフ前のロッカールームで、決戦の準備をしていたアーニー・エルスに「私の後を継ぐのは君だ、幸運を祈る」とメッセージを送った話は有名です。E・エルスは母国の偉大な先輩からの言葉を力に「メジャー初優勝」を果たしました。G・プレーヤーはその後もレティーフ・グーセン、トレバー・イメルマン、ルイ・ウーストハイゼン、チャール・シュワルツェルという母国の後輩が「メジャーチャンプ」となる決戦前夜に「君なら絶対にできる、決して諦めてはいけない」と、激励の電話やメッセージを必ず届けているそうです。この心温まる激励は、「南アの伝統」として、E・エルスをはじめ、次世代の後輩達に受け継がれていくのでしょう。
タイトリストを買収し、傘下に収めた韓国企業も同じような取り組みを始めるはずで、ゴルフ熱が高まりつつある中国も国を挙げて取り組んでくるでしょう。残念ながら南アフリカと同じようなジュニア育成プログラムは日本にはありません。かつて日本でのジュニア育成は「親まかせ」でした。ジュニアから活躍する選手は、中島常幸や丸山、伊沢の時代を経て、宮里、横峯、そして石川と、ほとんどが親の指導の元で強くなり、プロゴルファーとして世界に旅立っています。「親まかせ」で強くなったプレーヤーを「日本の宝」と、スポンサーのためにスケジュールに縛りをかけるゴルフ関係の団体、協会を含めた日本のゴルフ業界に、世界に通用するプレーヤーの育成能力は感じられません。
ジュニア育成では一歩先んじている米国ツアーでは、通常の長さ(32?35インチ)のレギュラーパターを、中尺(ベリーパター・38?42インチ)や長尺(ロングパター・45?51インチ)」にスイッチする選手が最近目立ってきました。「ブリジストン・インビテーショナルを、長尺で優勝したアダム・スコットをはじめ「全米プロ」で初優勝を果たしたキーガン・ブラッドリーは「中尺での初メジャー制覇」でした。また「ウィンダム」を中尺で勝利をつかんだウェブ・シンプソンが「ドイツバンク選手権」までもプレーオフで制し、その時点で賞金ランキングとフェデックスランキングもトップに躍り出る大活躍です。
これでロングパターは今期7勝となりましたが、アダム・スコット以外は20歳代と若い選手の使用が目立ちます。チタンヘッドでゴルフを覚えた若者たちには、伝統的な形状より、メリットを重視する新しい流れが起こっているようです。レギュラー以外ということで長尺、中尺は同じ扱いにされているようですが、ロングとベリーの打ち方には、かなりの違いがあります。
「ロングパター」をシニアプロが多く使う理由の一つは「腰痛対策」が挙げられます。プロゴルファーの持病でもある「腰痛持ち」にとって、同じ姿勢で長時間のパター練習は辛いものです。「ロングパター」は腰の前傾が少ないので、長時間の練習でも腰が痛くなりません。年齢とともに視力が低下していきますが、前掲が少ない高い目線は視野が広がり、ショートパットでボールとカップが同じ視野の中に入りやすいため不安感が薄れ「パターイップス」になったプレーヤーの魔法の杖となります。
「パターイップス」とは、外してはいけないという極度のプレッシャーから、手の感覚が無くなり、自分の意思通りにクラブを動かせなくなり固まってしまうパッティングの病気です。「ロングパター」の長所はグリップエンドを首の下あたりで固定し、肩のストロークでヘッドを振り子のように動かすため前腕の回転が抑えられ、手首や指先が余計な動きをせずにボールをラインに乗せることができます。また「ロングパター」や「ベリーパター」のヘッド重量は、「レギュラーパター」より重い設定になっているため、慣れると打ち急ぎがないために転がりが安定します。プレッシャーのかかる指先での繊細なタッチは必要なく、フェースの向きが安定し、ゆったりしたオートマチックな振り子式パッティングにより、ショートパットのストレスが解消されるのです。
また「グリーン上で他のプレーヤーを待っている時の姿勢が楽。杖代わりにしても長尺だからグリップエンドが胸の高さまであるので背中をピンと伸ばして待っていられる」という意見もあります。またシャフト、グリップを含めた総重量が重いため、スタート前に素振り使えば、体をほぐす「ストレッチ効果」もあるのです。
長尺のおかげで選手生命が延びたシニア選手が多く、そのためこのクラブは「ルール違反じゃないか?」とか「伝統的でなく美意識が許さない」という意見や、用具ルールを管理するUSGAやR&Aが、永久禁止を再検討するのではないかという、噂話が急速にエスカレートしています。ランキングトップに立ったウェブ・シンプソンは、将来使用禁止の可能性について「それはかなりクレージーだ。何故ならそれがもしそんなに易しいのなら、どうして皆が使わないのだ?自分はロングやベリーパターは依然マイノリティーだと思っている」と語っています。もし禁止するとなると、同様に伝統的な形状ではない極太のパターグリップや、ユーティリティも禁止しなくてはいけないことになりますね。
「ドイツバンク選手権」ではフィル・ミケルソンも中尺を使用して、大きな話題になりました。プロアマのラウンドから使い始め、よっぽどフィーリングが合ったのかそのまま試合でも採用し、29 ・ 31 ・ 27 ・ 28(平均28.8パット)と、全体(棄権した2名を除いた98名)では38位タイの平均パット数でした。本人は「特に最後の2日は2メートル以内のパットは自信を持って打てた。ナイスパットもいくつかあった。今週は一つも入らなかった3~7メートルくらいの距離をもう少し練習してみる。それがうまくいけばこのまま使い続けると思う。中尺のメリットは感じたので、もっと練習してタッチをつかみたい」と、デビュー戦にしてはなかなかの好感触だったようです。P・ミケルソンの「弟分」でもあり、頻繁に練習ラウンドを一緒に回っているキーガン・ブラッドリーが中尺で全米プロを優勝した頃から試していたようですが、K・ブラッドリーとの話の中で中尺の「選択肢がないわけではない」と、実戦投入となったようです。
最近中尺で実績を残した選手というと、昨年の米国賞金王マット・クーチャーですが、もっとさかのぼるとビジェイ・シンやコリン・モントゴメリーというビッグネームが愛用者でした。現在はアーニー・エルス、レティーフ・グーセンやフレッド・カプルスというベテランも中尺で活躍しています。
「ロングパター」を最初に使い出したのは?と考えると、ベルンハルト・ランガーの印象が一番強いのですが、実は「元祖ロングパター」は「欧州中のプロたちの共通の師匠」と慕われるボブ・トーランスの息子のサム・トーランスでした。欧州ツアーで21勝を挙げていますが「パターイップス」にかかり長尺を使い復活を果たし、2002年の「ライダーカップ」ではキャプテンを努め「欧州チーム」を優勝に導いたという名選手が元祖でした。
もしもタイガーが使って復活したら大変なことになるでしょうが、石川がパットに悩んだ挙句に「マイノリティパター」を握ったら、きっと日本でも一気にブームになるでしょう。格好やイメージがどうであれ、「マイノリティパター」が実績を残しているのは事実で、最先端ギアになる可能性もありますが、長さの設定が難しくメーカーは発売に慎重です。
長尺パターを使いこなすには重さに対する慣れと、自分に適した構えとポジションを見つけることが重要で、ある程度の練習が必要です。ショートパットには非常に効果があるものの、振り子ストロークに慣れていないとパンチが入りやすく、ロングパットの距離感を合わせるには練習が必要です。しかし一番の問題は長さが既成のもので合うかどうかということになります。

  私は長年「ベリーパター」を使っています。自分の長さを決めるまで何回も調整し、今ではスムーズに振れる長さは判っています。「レギュラーパター」も同じですが、メーカーが提供するような1インチ刻みの長さ設定では絶対に扱いやすくなることはありません。自分が使いやすい長さでなければ、その効果を実感することは絶対にできません。お使いのパターを「ベリーパター」に改造することも可能です。「ロングパター」を含めた「パターフィッティング」は「サミーゴルフスタジオ」にお任せ下さい。 (サミー大高)