打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「石川遼・副会長」に異議あり

 2011・USPGAツアーの賞金ランク対象トーナメントは45試合になりました。当初は経済状況が回復基調とはいえず、冠スポンサーを失い、複数試合がキャンセルになるかもしれないという噂がありましたが、前年度比1試合減(ターニングストーン・リゾート選手権が消滅)だけに抑えることができています。
スポンサーが変わったのは2試合でした。ハワイ・マウイ島のカパルア・プランテーションコースでの開幕戦は韓国の現代自動車がスポンサーとなり、大会名称は「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」に変更になり開催されました。また、3月にフロリダ州ドラールで開催の「WGC・世界ゴルフ選手権」は、スポンサーにキャディラックを迎え「WGC・キャディラック選手権」 となりました。「ボブホープクラシック」と「ザ・ヘリテージ」は、冠スポンサーが見つからないまま大会を迎えます。ボブ・ホープは1960年から、ヘリテージは1969年からと、長い間ツアーを支えてきた歴史の古い伝統の大会です。
賞金ランク対象外ですが、アジアではマレーシアで「CIMB アジアパシフィック クラシック」と、中国で「WGC・HSBCチャンピオンズ」開催が決定。また11月には、米国選抜対世界選抜(欧州を除く)の「プレジデンツカップ」が、オーストラリアのメルボルンで行われます。
2010年度シーズン終盤に、2週連続で優勝争いを見せた今田竜二は、ツアー7年目の参戦になります。「いつまでもショートゲームに頼るゴルフではいけない」と自らが語るように、ドライバーの飛距離とフェアウエーキープ率に加え、パーオン率というショットの3部門が反映される「ボールストライキング」のランキングを上げることがキーポイントのようです。今田の最近の4年間のランキングは180位から190位の間と低迷しています。アプローチとパッティングのデータが優れているだけに、ショットの精度が上がれば優勝争いは間違いありません。
毎年、オーガスタナショナルで開催される「マスターズ」以外の2011年度メジャーは「全米オープン」がメリーランド州のコングレッショナルCC、「全英オープン」はロイヤルセントジョージズ、「全米プロゴルフ選手権」がジョージア州のアトランタ・アスレチッククラブというローテーションです。日本人メジャーチャンピオンの誕生はいつの事でしょう?日本ツアーを主戦場として戦う石川遼、池田勇太、そして「中年の星」藤田寛之もスポット参戦します。彼らが大舞台で力を発揮することに期待したいですね。
ここ2年間、最終戦まで賞金王争いを演じている石川遼と池田勇太ですが、2011年もこの2人と、韓国人として初の賞金王を手にしたキム・キョンテが、最後まで熾烈な争いを繰り広げることになるでしょう。キム・キョンテも二人の先輩(K・J・チョイ、Y・E・ヤン)と同じように米国に主戦場を求めることになるのでしょうが、石川も米国中心のスケジュールを組まないと先を越されることになるかもしれません。「2011年は賞金王にこだわりたい」と語る池田は、日本中心のスケジュールで3度目の正直となるのか?今年一番の注目選手です。急成長を遂げている薗田峻輔も、将来を見据え石川と共に海外に挑戦してほしいですね。
日本ゴルフツアー選手会は石川を昨年に引き続き副会長に選出し、宮本勝昌が2年ぶり3度目の選手会長に就任しました。理事会では10代の石川を会長に推す意見が出ていたようですが、いったい誰のための“石川選手会長”だったのでしょう。
日本男子ツアー界を引っ張る石川は、プレーに専念するべきだと思います。現役引退を迎え、人望もあって事情をよく知る適任者が、次の世代とゴルフファンとの絆を深めるために、役員になるのが自然の流れではないでしょうか。ツアー選手会として、ファンと選手とスポンサーのパイプ役になれるような「人材」を育成することが必要になってきているようです。このままでは人気選手の負担が増えるだけです。先輩プレーヤーとして、可能性のある若手プレーヤーを引っ張って行く役割も重要になってきています。アジアンツアーを含めた海外のツアーに「戦いの場」を求めるのも、日本人プレーヤーとしての「世界への道」のひとつのはずですが、韓国のようなパイプ役の先輩プレーヤーがいないのが現状です。
師匠が弟子を育てる様な「後継者育成」が、役員になりうる人材の使命ですが、師匠自身も成長しながら弟子を育てられる環境を作ってほしいものです。自分は成長せずに弟子を育てるとなると、無意識に「自分の地位が脅かされる」と思ってしまうもので、そういう師匠は、弟子が成長するうえでの障壁になりかねません。自分も成長して、はじめて「自分を超える弟子」が育つものです。日本の人事制度には「後継者育成が業界の仕事である」という意識が欠けています。ゴルフは実力の世界ですが、大事なことはフェアなチャンスを皆に与えて、皆が納得できる環境を作ることです。「人を育てる」とは、「人を育てる仕組み」を作ることだと思います。ファンが求める「憧れのプロゴルファー」を目指す人気若手プレーヤーを、甘やかすのではなく教育する場を作ることも、現役を引退したプロゴルファーのひとつの生き方で、応援していただいたファンの方々に恩返しをする「第二のプロゴルファー人生」のはずです。人気重視の「スポンサー対策」だけを考えた人選では、若手の台頭が著しい韓国を含め、マーケットが広がりつつある中国にもおいていかれそうで心配です。

 LPGA は、アニカ・ソレンスタム、ロレーナ・オチョアという一時代を築いた女王たちが次々と去り、激動の時を迎えています。絶対的な存在が抜けて一昨年は申智愛、昨年はチェ・ナヨンが賞金女王を手にし、今年も多くの選手が「女王」になる可能性があるシーズンが幕を開けようとしています。
昨シーズン5勝を挙げる活躍を見せた宮里藍は、残念ながら最終的に賞金ランキング6位に終わりましたが、内容的には女王になっても不思議のない、素晴らしい活躍でした。目標に掲げていた年間最優秀選手(POY)争いでも、トップに僅差の2位でした。POYを獲得しGWAA(全米記者協会)最優秀選手にも選ばれた台湾のヤニ・ツェンは、今年3勝でしたが、LPGAのメジャー2試合(クラフトナビスコ選手権と全英女子オープン)に優勝し、8回のトップ10フィニッシュ、賞金ランキングは4位でしたが、メジャーでの活躍でポイントを稼ぎ「女王」の座を手にしました

golf2

宮里はシーズン終盤には、タイトル争いの意識からか苦しみました。しかし「良い勉強、良い経験になった」と、米国では初のタイトル争いが、さらなる高みへと導いてくれるはずです。新女王候補の1人として、非常に高い期待を背負ってのシーズン開幕となります。2月17日から「2011・HONDA・LPGA・THAILAND」が開催されるサイアムCC・オールドコースに「ディフェンディング・チャンピオン」として帰ってきます。他の日本勢では、宮里美香と上田桃子もツアーメンバーとして開幕を迎えます。上田は賞金ランク44位、美香は17位でシード権を獲得しています。上田は度重なるけがのため、昨年は日米ツアーで目立った成績を残せず、上田にとってはプロ入り後もっとも辛く、苦しいシーズンとなったことでしょう。スイング改造を新しい外国人コーチと取り組んでいます。「新しいことをやるうちに自分のゴルフができなくなって、ゴルフを楽しむことができなかった」と、心中を明かしています。「世界一になる」と渡米してから3年目のシーズンで、英語での生活にも慣れてくる頃です。苦しみを乗り越えて成長するタイプの選手で、今年は大きく期待してよさそうです。
本格参戦2年目にして、早くも頭角を見せ始めた宮里美香にも期待が集まりそうです。海外メジャーでも優勝争いを演じるなど、その名前は徐々に米国でも浸透し始めています。「日本女子オープン」を獲り、もはや“Another Miyazato”ではありません。目標に掲げる米国ツアー初勝利も、はっきりと視界に捉えられるポジションまで上り詰めてきました。同じ歳でジュニア時代からのライバルのヤニ・ツェンが、すでにメジャー3勝目を挙げたことにも刺激を受けているようです。日本のファンにとっては、これまで以上に楽しみなLPGAシーズンが待ち受けているように思います。 (サミー大高)