打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

プロゴルファーの手本、ハース親子

 アジアンツアーとの共催「パナソニック・オープン」は、平塚哲二が逆転優勝を飾りました。平塚はアジア・欧州・日本と3ツアーに出場し、去年はアジアで3勝を挙げていますが、今年は「全英オープン」と「全米プロ」にも出場しています。アジアから世界へ、日本を飛び越えて活躍していましたが、この勝利でアジアンツアー賞金王の可能性が出てきました。 12月15日から開催されるアジアンツアー最終戦「タイランド・チャンピオンシップ」にその平塚哲二と、石川遼が参戦することになりました。平塚はアジアンツアー賞金王を狙います。日本の報道では、石川と「全米王者」ロリー・マキロイとの対決とありますが、世界ランク2位のリー・ウェストウッドと「全英王者」のダレン・クラークと、超大物の来タイで年末のアマタスプリングスCCが楽しみになってきました。
フェデックス・カップ最終戦「ツアー選手権」のプレーオフは凄い決着でした。2打リードしていたビル・ハースが16番・18番をボギーとし8アンダーでホールアウト。首位に並んだハンター・メイハンと「1,000万ドル」というビッグボーナスをかけた、二人のプレーオフに持ち込まれたのです。
 円高とはいえ約8億円という「年間王者」に与えられるビッグプライス「1000万ドル」のボーナスに一番近かったのは、プレーオフシリーズで10位、優勝、5位とポイントトップ(2,500ポイント)で最終戦を迎えたウェブ・シンプソンでした。2009年からの参戦でしたが、今年8月に初勝利を挙げるまではシード権をを争っていたプレーヤーで、「1,000万ドル」のプレッシャーからか、3日目から切り返しが早く、上体が起き上がるようなスイングになっていました。最終日の後半は自分のスイングを取り戻していましたが後の祭りでした。最終日もスコアを2つ落として通算2オーバーの単独22位となり、大逆転で1位となったB・ハース(2,760ポイント)に僅か15ポイント足りず(2,745ポイント)、「年間王者」獲得を逃してしまったのです。取り損なったボーナスは大金で、テレビで状況を見守る奥さんの視線が冷たかったのも当然でしょう。
 「1,000万ドル」のボーナスと「ツアー選手権優勝」のチャンスはプレーオフに残った2名以外に、最終ホールがバーディなら追いつくという勝負パットを決めにいって、結果3パットしてしまったジェイソン・デイにもありましたし、一打差で3位のK・J・チョイ、L・ドナルドにもありました。
 同じく3位のA・バデリーは優勝しても「年間王者」にポイントが届かず、もしA・バデリーが勝つとW・シンプソンが「年間王者」という状況で、A・バデリーの最後のバーディチャンスを迎えた時は、W・シンプソン夫妻が映し出され、本人より力が入っているように見えましたが当然ですね。
2打差を追う17番セカンドで、珍しくバランスを崩しバーディが取れなかった世界ランク1位のルーク・ドナルドは、最終ホール意地のバーディでしたが、ワンストローク及ばずプレーオフには残れませんでした。今週は何度かバランスを崩すシーンや、トップで左リストがシャットになり、インパクトが強くなるようなシーンが見られましたが、これも「1,000万ドル」のプレッシャーだったのでしょうか。
 最終組のH・メイハンとA・バデリーは、タイガーと同じショーン・フォーリーがスイングコーチです。タイガーとH・メイハンはもともと仲が良く、練習仲間でした。その関係でタイガーと同世代のS・フォーリーが「コーチ不在」となったタイガーのスイングチェックを始めたのです。ジャスティン・ローズも同じコーチですが、タイガーだけがいまだに結果がでません。A・バデリーはショーンから離れたという情報もありますが、二人とも右手だけの素振りをルーティーンに取り入れ、同じことに取り組んでいるように感じました。
 練習場でプレーオフを待つB・ハースには、父親のジェイ・ハースが付ききりで何かをアドバイスしていました。そこにいたキャディも兄ジェイ・ジュニアというハース一家でしたが、プレーオフで使われる18番ホールの4日間の成績がボギー、パー、ダブルボギー、ボギーと相性が悪く、父から攻略法を伝授され練習していたのでしょう。
 首位タイで迎えた18番パー3で、ハンター・メイハンは右のバンカーから手前に乗せてパーをセーブし、プレーオフに持ち込まれたのですが、18番でのプレーオフを想定した練習の甲斐も無く、B・ハースは右のバンカーのさらに右のギャラリーの中に打ち込んでしまいます。とても寄りそうもない状況から、高いロブショットでピン奥3mの下りのスライスラインのパーパットを残しますが、このデリケートなパーパットを読みきり、見事に沈めパーセーブ。H・メイハンはまたしても右のバンカーからプレーオフを決めたのと同じラインに乗せてこちらもパーと勝負は17番に持ち込まれました。
左サイドがグリーンまでウォーターハザードになっている17番パー4のB・ハースのティショットは、最終日のラウンドと同じ右のバンカーに。そしてセカンドはピン奥に落ち、エッジを転がり落ちて、ウォーターバンカーからハザードまで転がりボールが半分見えるという大ピンチ、H・メイハンはピン奥4メートルにナイスオンし決着がつきそうな展開でした。
カメラを引くとB・ハースの姿が見えないほどの3m近い打ち上げの「ウォーターショット」でしたが、フェースを思い切り開いた、フルスイングのロブショットは、なんと1メートルに寄ってしまいます。本当に「寄ってしまった」という感じの「スーパーリカバリー」でした。呆気にとられたH・メイハンは、入れれば勝ちの下りのパットを決められず、結局二人ともパーで再び18番ホールへ持ち越されたのです。
この日18番が3度目のB・ハースは左奥のエッジに外しますが、それを見たH・メイハンは完全に起き上がり、またしても同じ右のバンカーでしたが、曲がりが大きくエッジまで距離がある3度目で一番難しいバンカーショットが残し、このバンカーショットを3m近くオーバーしてしまいます。
B・ハースはベリーパターで長い距離のグリーンエッジを転がす距離感の難しいパットでしたが、ナイスタッチで1mオーバーさせ、上りのパーパットを残します「1,000万ドル」のプレッシャーを「ヒューマンネイチャーだ」と表現したH・メイハンはパーパットを決められず、今期未勝利で一緒にラウンドしたL・ドナルドが最終ホールでバーディを決めた時、「優勝おめでとう」と祝福したというB・ハースは、260ポイントでスタートした自分が、ポイントトップに立ち「フェデックスカップ年間王者」となり「1,000万ドル」を獲得したことを表彰式まで知らなかったそうです。
 優勝したB・ハースはこの試合の優勝賞金140万ドルに加え、「フェデックスカップ・ボーナス1,000万ドル」と1試合で合わせて1,140万ドル(約9億円)を獲得したのです。レギュラーツアーで積み上げたポイントランキング上位125名が、4大会で構成されるフェデックスカップ・プレーオフシリーズに進み、ここからのサバイバルに勝ち残ったのですが、各試合で成績の下位の選手を段階的にカットアウトしていき、上位選手が次の大会へ進むという方式で、最終戦の「ツアー選手権」で「年間王者」を決定するのです。
 ザ・バークレイズ(出場人数ポイント上位125人)、ドイツ銀行選手権(出場人数ポイント上位100人)、BMW選手権(出場人数ポイント上位70人)、ザ・ツアーチャンピオンシップ(出場人数ポイント上位30人)と試合ごとに人数が絞られて、最終戦を前にポイントがリセットされ、トップのW・シンプソンは2500ポイントからのスタートでした。最終戦でポイントを積み上げれば良かったのですが245ポイントしか獲得できず逆転されてしまいました。「ツアー選手権優勝者」にも2500ポイントが与えられ、今回の様にランキング上位が伸びなければ、大逆転での「1,000万ドル」獲得の可能性もあるということです。しかしながらボーナスの「1,000万」ドルとは凄い金額です。決まった瞬間、グリーン奥にいた、父ジェイが両手を突き上げるのが息子の影で小さく映し出されていました。しかしジェイが息子に駆け寄ることはありませんでした。プロゴルファーとして息子を認め、息子の職場には立ち入らないということなのでしょう。
 タイガーと父アールとのハグから欧米では家族の祝福が慣例となりつつあります。パク・セリが勝った時から、同伴競技者に対する配慮などなく、当たり前の様に飛び出しひんしゅくをかった、いつでも大騒ぎの韓国の父親達とは大違いです。息子ビルも父ジェイのそんな気持ちを理解しているのか、父親のほうは見向きもせずに、敗者を気遣うように、黙ってクラブハウスに消えていきました。とても清々しいスポーツマンシップで、良い映画を見せてもらった後のような感動的な最後でした。
父ジェイの伯父は1968年マスターズを制したボブ・ゴールビーで、キャディをしていたビルの兄、ジェイ・ジュニアもプロゴルファーです。兄弟共に父親ジェイと同じウェイクフォレスト大学で学んだのですが、ウェイクフォレスト大のゴルフ部監督はジェイの弟でビルにとっては叔父のジェリーという超良血ゴルフ一家です。ちなみに「1,000万ドル」を取り損なったW・シンプソンも、ウェイクフォレスト大の出身です。ビルは学生時代三度オールアメリカンに輝いていますが、2002年の「全米アマチュア選手権」ではメダリストを獲得し、学生時代から将来を期待されていました。1988年に父親ジェイが優勝したことがある「ボブホープ・クラシック」を2010年にビルが優勝した時「父が歴代優勝者に名を連ねているボブホープで初優勝できたことは大きな感激」と語り、家族想いの「アメリカンヒーロー」を見るようでした。ビル・ハースのスイングは、何故勝てなかったのか不思議なほど素晴らしく、これからのアメリカを引っ張っていく大きな可能性を感じましたが、今回使っていたパターは前号のコラムで取り上げた「ベリーパター」でした。
 父のジェイ・ハースは米ツアーで9勝、その他8勝を挙げていまが、チャンピオンズツアーでは二度の賞金王に輝いています。また「プレジデントカップ」ではサブキャプテンとして活躍し、選手の間でも人望の厚いプレーヤーです。この優勝でビルは「プレジデントカップ」にキャプテン推薦で選ばれましたが、ジェイはサブキャプテンを引き受けるでしょうか。日本の人気プロゴルファーのなかには高額な使用契約金に目が眩み、平気で使用クラブを変え、ファンをガッカリさせるプロもいますが、ジェイは30年以上にわたりタイトリスト一筋で、息子のビルもタイトリストの看板プレーヤーです。日本人プロゴルファーにもメーカーへの義理を重んじる先輩がたくさんいましたが、メーカーの顔になる以上、同じメーカーの製品を使い続けることが、プロゴルファーとしてもどれだけ大事なことなのかを、ハース親子が身をもって教えてくれているように思います。 (サミー大高)