打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ロイヤルトロフィー、準備不足のアジア勢

 アジアと欧州2大陸間によるチーム対抗競技「ロイヤルトロフィー」が1月7日から9日まで、ホアヒンの「ブラックマウンテンCC」で開催されました。第一回(2006年)から、毎年「アマタ・スプリングス」で開催されていましたが、今回はホアヒンでの開催となりました。
欧州チームの初代キャプテンは、メジャー大会5回優勝を誇るセベ・バレステロスでした。スペインの伝説的な一流選手だったバレステロスは、そのカリスマ性と闘争心によって「ライダーカップ」では選手としても、キャプテンとしても活躍していました。バレステロスは「チームゴルフは非常に特徴があり、興奮する競技である。私の競技歴の中で感動的な瞬間の多くを、ライダーカップで体験した。プレーヤーとキャプテンとして、自分のために戦うばかりでなくチームメート、国、代表する大陸の人々のためにも戦うという、まさに忘れることができない瞬間が多々ある。信じられないほどの誇りを感じ、その緊張は想像を絶するものがある」とチームゴルフ「ロイヤルトロフィー」にかける熱い思いを語っていました。

しかしセベは2008年10月6日にスペインのマドリード空港で倒れ意識不明のまま病院に搬送され、精密検査の結果脳腫瘍が見つかりました。計4度の腫瘍摘出手術を行うなどした結果、ゴルフが出来るまでに回復したようです。しかし3回大会のキャプテンはホセ・マリオ・オラザバルに譲り、前回からはコリン・モントゴメリー(モンティ)がプレイイングキャプテンとして参加しています。
セベは17歳で欧州ツアーデビューを果たした1974年に2勝を挙げ、2年後の1976年には19歳の若さで欧州ツアーの賞金王に輝いています。全盛期の80年代には世界ランキング1位を通算「61週」保持していましたが、90年頃から腰痛に悩まされ、またパッテイングの不調などにより1991年に6回目の「欧州ツアー賞金王」獲得を最後にスランプに陥りました。その後スイング改造が上手くいかず、2007年7月16日に競技ゴルフからの引退を表明しています。
アジアチームの初代キャプテンは倉本昌弘でした。2回大会からは尾崎直道(ジョー)がキャプテンとなり、今回まで連続でキャプテンを勤めています。ジョーは、1991年と1999年に日本ゴルフツアーの賞金王に輝いています。1993年からアメリカPGAツアーに参戦し、8年間にわたってシード権を守りましたが、2001年シーズンをもってUSPGAツアーから撤退し、2006年からは、チャンピオンズツアー(米シニアツアー)に参戦しています。国内ツアーは通算32勝で永久シードを獲得しています。
今回のアジア代表は石川遼、池田勇太、園田峻輔の日本勢と、ノ・スンヨル、キム・キョンテの韓国勢、地元タイのトンチャイ・ジャンディと中国のリャン・ウェンチョンの7名が決定していました。活躍中の若手の多い人選は魅力的でしたが、如何せん準備不足でした。キム・キョンテは「やっぱり球もよく飛ぶし、体が動くよ」と語っていましたが、逆に「暑さで飛距離も稼げるのはいいけど、その分、球が散らばる」と初日終了後にコメントしています。真冬の韓国では、あまりの寒さにラウンドはおろか、ショット練習もほとんど出来なかったようで、調整不足も相まって、何より安定感が武器の選手が大事なチーム戦ではそれが生かせず苦しむことになりました。
腰痛を抱えながらも執念のエントリーを果たしたインドのジーブ・ミルカ・シンが最後に選ばれましたが、12月に開催された「ブラックマウンテン・マスターズ」を優勝した平塚哲二のほうが適任だったのではないでしょうか。
プレーオフの末、アジアンツアー3勝目を挙げたのですが、日本人選手で年間に海外3勝した選手は初めてではないでしょうか。この試合結果を見てから最後の選手を決めたほうがよかったかもしれません。ワールドカップにも、2年連続で日本代表として参加している経験もあり、このコースをよく知っているのが何よりの強みです。世界ランクも65位まで上がってきて「第2回ロイヤルトロフィー」に参加経験もあり、選出に問題は無かったはずです。もし参加していれば欧州チームのヨハン・エドフォースのような役割を果たして、アジアチームの勝利に貢献してくれたはずです。
プレイングキャプテンのモンティは、1993年から1999年まで「7年連続」欧州PGAツアーの賞金王を獲得しています。2005年に6年ぶり8度目の欧州PGAツアー賞金王に返り咲いていますが、欧州ツアー通算31勝、他の国際試合でも9勝を挙げています。米PGAツアーでは1度も優勝がないため、世界ランキング自己最高位は2位(1996年10月)止まりとなっています。メジャーは未勝利ですが、5度の2位があり「ライダーカップ」には91年から8大会連続出場を果たし、ヨーロッパ選抜チームには不可欠な存在ですし、今年は欧州チームのキャプテンを務め、欧州チームを勝利に導いています。

golf3

モンティ(スコットランド)に選ばれたプレーヤーは、ヘンリック・ステンソン、ピーター・ハンソン、ヨハン・エドフォース、フレデリック・アンダーソンヘッド(スウェーデン)、マテオ・マナセロ(イタリア)パブロ・マーティン(スペイン)リス・デービース(ウェールズ)でした。
M・マナセロは16歳だった昨年の「マスターズ」で史上最年少の予選通過を果たしています。直後の5月にプロ転向し、10月に欧州ツアー「カスティーヨ・マスターズ」で初優勝を挙げています。その時のプレー振りは常に強気で、デビュー当時のセベ・バレステロスを見るようでした。昨年も参加していたP・マーティンは、欧州ツアー開幕戦「アルフレッドダンヒル選手権」で、2位からスタートした最終日に逆転し、2年連続開幕戦勝利を飾っての参戦でした。すでに開幕している欧州勢は、正月気分のアジア勢とは勝つための準備が違っていたようです。
モントゴメリーは「ブラックマウンテン」をホームコースとし、シーズンオフをここで過ごしているヨハン・エドフォースを選びました。09年末の「ブラックマウンテン・マスターズ」でも優勝していますし、コースをよく知る強みをかわれての選出だったのでしょう。ホアヒンには、たくさんのスウェーデン人が移住しています、老後をホアヒンで過ごす方や、避寒のため訪れるようです。準地元のエドフォースが他の選手にたくさんのアドバイスを与えたことは間違いありません。
初日2勝2敗、2日目の全敗で窮地に追い込まれた欧州チームキャプテンは、最終日の各ホールのピンポジションやカップ周辺のライン等を、エドフォースをはじめ「ブラックマウンテン」をメンテナンスしている欧州人スタッフからも入念に聞き出し、選手達に伝えたはずです。普段使わないような位置に切られたカップに対して、シーズンオフのアジア勢は、準備不足で対応できなかったのではないでしょうか。真冬の日本や韓国から駆けつけたアジア勢は、タイの暑さに体力を奪われ、最終日の疲れはピークだったでしょう。
しかし大逆転の最後の決め手は、欧州キャプテン・モンティの「なんとしても勝ちたい」という強い思いだったのではないでしょうか。 (サミー大高)