打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

韓国勢の強さの秘密 国に、親に貢献するという自覚

日本人として孤軍奮闘の感がある石川ですが、4月の「マスターズ」出場へ向け、世界ランキング50位以内を目指しPGAツアー「プエルトリコオープン」から「トランジションズ選手権」そして4年連続出場となる「アーノルド・パーマーインビテーショナル」と3連戦に望むことを決めました。「アーノルド・パーマーインビテーショナル」終了後に発表される世界ランキングで50位以内に入れば、自力で「マスターズ」出場権が獲得できるため、重要な戦いが続くことになりました。

しかし「マスターズ」の主催者は「特別招待選手」として石川をリストアップしているようです。「マスターズ」の出場資格には歴代優勝者、世界ランク上位者、米ツアー優勝者等の条件がありますが、際立った活躍が認められて招待される「特別招待選手」枠が用意されています。石川自身も09年は「特別招待選手」として出場を果たしています。今年の「マスターズ」に関しては、昨年12月時点で92人の出場が決まっていましたが、主催者は1月に最多で104人を招待すると発表していました。追加する「特別招待選手」の一人として日本人最上位の石川の名前が挙がったのでしょう。しかし石川は自力での出場を目指していたため、特別招待には戸惑いもあるかもしれません。胸を張って臨むためにも残された試合で好結果を残して出場して欲しいですが、躍進する韓国勢に対抗できるのは石川しかいないのも間違いありません。

2011年シーズンの日本ツアーで年間3勝を挙げ、日本人プレーヤーに大差をつけて賞金王になったベ・サンムンは今季から米ツアーに挑戦しています。開幕2戦目のソニーオープンから4試合に出場し最高位は14位ですが予選落ちはなく、出場したほとんどの大会で一度はトップ10に顔をのぞかせる活躍をしています。その内容は初日3位で好発進したり、最終日を8位・4位で迎えたりと上位争いが当たり前で、流れを掴めば初優勝の可能性を感じさせる活躍を見せています。

同じくソニーオープンから推薦で3試合に出場した石川の最高位は13位ですが、各日終了後の順位でトップ10に一度も入れませんでした。「マスターズ」出場のために世界ランクを上げるべく参加した「アクセンチュア・マッチプレー」の1回戦で石川は、絶好調のビル・ハースを破る番狂わせを演じたのですが、その勢いを生かせずに2回戦でベテランのP・ローリーの術中にはまり、2回戦で早々と敗退してしまいます。一方のベ・サンムンは1・2回戦でI・ポールター、C・シッワルツェルというビッグネームを破り8強まで進出して「Biggest Surprise」と騒がれたのです。2回戦敗退の石川とR・マキロイに敗れたものの8強進出はベ・サンムンでした。残念ながら石川ではなく、PGAツアーに早くも順応した感があるベ・サンムンの方により大きな可能性を感じます。

すでに女子では世界を席巻している韓国勢ですが、ベ・サンムンのように男子でも躍進していきそうな選手が多数参戦しておりムードが高まりつつあります。私が思う韓国勢の強さの理由は日本とは違う「ナショナルチーム」の在り方です。男女各6人のトップチームに選抜されれば遠征費や練習費用など、さまざまなバックアップを受けられるのですが、その下で努力を続ける男女各30人の予備軍が虎視眈々とトップチーム入りを狙っているのです。その実力は紙一重で、その下にはさらに多数の子供たちが日々努力を重ねています。そして、その家族は子供のゴルフへの可能性にかけて全面的なバックアップ体制を作ります。国内以上に練習環境が整っていると思えば、家族そろって米国やオーストラリア・ニュージーランドなどに移住することはよくある話で、それゆえに子供は家族全員の期待を背負い、ゴルフに突き進むしかないのです。
男子選手には国際大会でのタイトルが兵役免除につながるという『特典』も用意されています。韓国の憲法第37条では「すべての国民は法律の定めるところによって国防の義務を負う」と定めています。兵役法の第1章第2条では「大韓民国の国民として男子は、この法の定めるところによって兵役に服する義務を負う」となっています。

この憲法の根本となすものは「国から恩恵(教育)を受けたものは、その程度に応じて国に貢献してもらう」というもので、現在の日本ではこの基本理念が忘れ去られ、国から受けている恩恵をまったく感じていないどころか、反対に自分の主張だけを声高に叫び、「国は我々に何もしてくれていない」と叫んでいる情けない風潮を、視聴率のためにマスコミが取り上げるという寂しい状況とは大きな違いがあります。韓国男性は「俺たちが国を守っているんだ」という、強い自覚を持っているのです。現在の兵役期間は以前より1年ほど短くなりましたが陸軍24ヶ月、海軍26ヶ月、空軍28ヶ月となっています。その兵役を「免除」される国際大会のタイトルに執念を燃やすのは当たり前のことでしょう「国から恩恵(教育)を受けたものは、その程度に応じて国に貢献してもらう」という部分が「親から恩恵(教育)を受けたものは~」に変わるのは韓国人としては当たり前のことで、そのための第一歩は強い仲間達との戦いに勝ち残る事なのです。
2年連続賞金女王のアン・ソンジュは「ちょっとでも気持ちを緩めたら簡単に脱落していく。ピリピリとした中にいつも自分を置いておかないといけないんです」と、韓国国内で子供の時から身に付いたライバルとの関係を語っていますが、危機感や大きな覚悟があるからこそ強くなったのでしょう。

日本ツアーの上位選手は米ツアーのQTを受けられる権利を与えられます。日本で活躍した韓国勢は当たり前の様にQTに挑戦しますが、日本選手はQTに挑戦を表明する選手すらいなくなってきています。その寂しい現実を、ベ・サンムンより先に韓国と日本の賞金王に輝いたキム・キョンテは「昔は日本の選手の方が絶対に上だった。僕が’07年に初めて日本ツアーに出た時も、周りの選手みんなすごく強く感じた。コースに慣れるのにも時間がかかった。今は韓国の選手が日本、アジア、アメリカでもいっぱいプレーしている。日本の選手は日本がいい、日本だけで大丈夫だと思ってしまうけど、韓国の選手は世界で自分が一番成長できるツアーに行こうと考える」と語っていますが、この向上心こそが韓国勢の強さの秘訣のように思います。

今期のPGAツアールーキーポイントでベ・サンムンを上回っていたジョン・ハは、石川より一つ年上の22歳で昨年のQTを通過してのPGA参戦でしたが「マヤコバゴルフクラシック」で早くも初勝利を挙げました。最終日の上位陣はバーディ合戦を繰り広げ、ビッグスコアの「63」をマークしたジョン・ハと、ベテランのロバート・アレンビーが通算13アンダーで首位に並び、勝負の行方はプレーオフへと持ち込まれましたのですが、J・ハにとってはツアー初勝利、R・アレンビーにとっては約11年ぶりとなる勝利のかかったプレーオフは両者一歩も譲らぬ激闘になりました。互いに分け合う展開が続き、10番で行われたプレーオフ8ホール目、J・ハが確実にパーパットを沈めたのに対し、R・アレンビーがボギーとし、激戦に終止符が打たれました。

J・ハは2008年にプロ転向、昨年のPGAツアー出場権をかけたファイナルQTで24位に入り、今季のツアーカードを取得。今期6試合で予選落ちが無く「ファーマーズインシュランスオープン」6位、「フェニックスオープン」では3日目を3位で終え、最終日12番までは3バーディとスコアを伸ばし首位を追い上げていました。13番でアンラッキーが重なりダブルボギーを叩き、15番でもダブルボギーで12位まで順位を落としましたが、初優勝も可能な力があることを感じさせてくれました。しかし驚きなのは、これまで米国男子の下部ツアーである「ネイションワイドツアー」の出場経験も無く、今季の「ソニーオープンinハワイ」がアメリカでのツアーデビュー戦で、わずか2試合目で迎えた「ファーマーズ・インシュランスオープン」の感想を聞かれると「トーレパインズでのプレーは初めて。テレビで見ていた全米オープン(2008年)が行われたここでのプレーを、とても楽しみにしていました」と無邪気に答えたのですが、初日ラウンドしたノースコースでは、3つのイーグルをマークし「64」と、そのプレー振りが大きな話題になりました。

J・ハはニューヨーク生まれで幼少期に韓国に移り住みますが、12歳からの約3年間をシカゴで暮らし、現在はロサンゼルスに在住しています。2008年にプロ転向後、韓国ツアーに出場し2010年「新韓東海オープン」ではK・J・チョイに2打差、ノ・スンヨルに3打差の初優勝を飾り、同年の韓国ツアー新人王にも輝いています。2011年の米ツアーQTで24位に食い込み、2012年のツアーカードを取得。本格参戦5戦目にして「マヤコバゴルフクラシック」でツアー初勝利と、驚くほどの快挙を成し遂げてしまったのです。

ニュージーランド国籍の韓国系プレーヤーのダニー・リーも22歳ですが、同じくヨーロピアンツアーで勝利を挙げ、アジアンツアー賞金王も獲得している21歳のノ・スンヨルもQTからのツアールーキーで活躍しています。25歳のベ・サンムンを含め若手も多く、韓国系PGAメンバーはK・J・チョイ、Y・E・ヤン、アンソニー・キム、ケビン・ナ、カン・ソンフンの10人とは羨ましい人数です。2009年のマスターズでロリー・マキロイ、石川とともに10代トリオとして注目を集めたダニー・リーは8歳でニュージーランドに移住していますが、2010年のファイナルQTに失敗し、持ち前の「ビッグマウス」以外で名前を聞く機会は少なくなっていました。しかし昨年の「ネイションワイドツアー」で賞金ランク6位となり、今季レギュラーツアーの出場権を獲得と着実に力をつけて這い上がってきました。

居心地のいい場所に安住せず、次々と新たなことを吸収する柔軟性がなければ、ライバルに置き去りにされる国内環境が韓国にはあるのです。そうした危機感はジュニア時代から当たり前のものとして戦い続けているのです。海外での環境適応能力を磨くことなど目もくれず、国内の成功で満足する日本人選手では、自身のために「世界を目指す」韓国勢についていけないのは当たり前の話です。  (サミー大高)