打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

世界が認める石川遼の「値打ち」

 石川がPGAツアー「プエルトリコ オープン」で自己ベストとなる単独2位フィニッシュを果たし、賞金37万8000ドルに加えて世界ランキングポイント14.40点を獲得して石川の最新ランクは前週比6ランクアップの47位に上がりました。特別招待枠で「マスターズ」出場は決定済みですが、自力出場できる50位以内にも上昇と、石川はプエルトリコの地で「米ツアー本格参戦」への夢を大きく広げました。
 同じ週にフロリダ州マイアミで開催された「WGCキャデラック選手権」は、通算16アンダーまでスコアを伸ばしたジャスティン・ローズがババ・ワトソンを逆転し優勝を飾りました。優勝賞金140万ドルと世界ランキングポイント78点を獲得しJ・ローズの世界ランクは22位から7位へと大幅にジャンプアップしました。世界ランク1位になったロリー・マキロイは決勝ラウンドに追い上げをみせて2打差の3位フィニッシュ。2位のルーク・ドナルドとの差を広げています。タイガー・ウッズは最終日12番で左足アキレス筋を痛めてしまい途中棄権。タイガーの世界ランクは2つ下がり18位ですが、軽症ということで「マスターズ」前には復帰することを表明しています。
 世界ランク上位が「WGCキャデラック選手権」に出場しており、今回の出場選手中では世界ランキングトップの石川が単独2位に入ったのは当然ともいえますが、スイング改造に取り組みながらの参戦で、なかなか結果が出ていなかった今シーズンの賞金総額で、米ツアーに無制限で出場可能となる「特別一時会員」の資格を得ました。昨年は「ブリジストン招待」で4位に入った段階で権利を得ましたが、日本ツアーが終盤に入っていたため行使しませんでした。60日以内に申請する必要があるのですが「もちろんします。しない人はいないと思う」とシーズン序盤で得た権利を行使する意向を明言しました。
 今後の出場で賞金ランク125位以内に入れば翌年のシード権を獲得できますが、石川も「もう道は一つしかないと思っている」と、米ツアー本格参戦を目標に戦ってきたことを語りました。昨年の金額で計算すると石川は残り約8万5000ドル(約700万円)を稼がなければいけませんが、早い時期にクリアしてほしいものです。石川は「賞金ランクでのシード入りを目指していた。だから今季はソニーオープンから出させてもらった。フォールシリーズ(秋の米ツアー)も出られるし、それはこれから考えたい」と、日本ツアーとの兼ね合いもありますが、もし春のシーズンでシード権に届かない場合、秋以降に米ツアーの試合数を増やしてでも、来季米ツアーのシード権を手に入れるつもりです。
 3月11日の戦いを終えて「まさかこんなに、最後に上位で粘れるとは思わなかった。このコースのバックナインは非常に好きで、15番からの4ホールはいい集中力でプレーできた。前半の悪い流れを後半を持ち返せたのはごまかしではなく、自分でつかんだものがあったのでいいショットができたと思う」と語っています。
 昨年の3月11日、石川は「WGCキャデラック選手権」に出場のため米国に滞在中でした。2日目のラウンドを戦う直前、早朝に悲報を耳にしたのです。日本から遠く離れたアメリカ東海岸で、現実とは思えないような母国の惨状が現地放送局のニュースやネット上にあふれ、共に出場していた藤田は「家族が無事だからといって喜べない部分がある」と語り、池田も「日本がああいう状況ですから…」と沈痛な面持ちでインタビューに答えていました。石川は「想像しただけで怖い。昨日よりも、今日の方が怖い」と答え、恐怖や悲しみを感じるほど「今ここで、ゴルフをやっていていいのだろうか?」という疑問を抱いていたと語っていました。
 
 あれから1年、マスターズ直前から始めた、賞金をすべて寄付するという義援金活動が世界のゴルフ界から注目を集めましたが、スケジュールを調整して被災地での支援活動への関わりも持ちました。「被災地に行ったときの印象は、前を向いて歩いていこうという方々が多かった。日本人の思いやりは素晴らしいし、世界一だ。自分が日本人で本当に良かったと思った。明日が僕らにとっての3月11日です」と、待望の初勝利が期待される最終日の戦いに望んだのです。「誰かのために、誰かを勇気付けるためにやるのではない。自分が常にベストなパフォーマンスができるように集中して、その結果、誰かが元気になってくれればスポーツ選手としてはこの上ない幸せです」と、一年間の戦いを語っています。
 チーム全員で黙祷を捧げ、帽子に喪章をつけてのスタートでしたが「僕の中では、黙祷というものが、単に祈りを捧げる意味だけではなくて、自分を落ち着かせるためのきっかけになった。内容としてはまだまだ良くなく、ドライバーの出来も予選落ちしてもおかしくないほど余裕が無い感じ。4日間を通じて良いプレーができたことがほとんどなく、体力的に精神的に持つのかな、と思ったほどで、もう一回スイングの部分でやり直さなくてはいけない状態だったし、結果としては出来すぎです」と、大会の感想を述べています。
 確かに最終日の石川のプレー振りはいまひとつでした。15番からの終盤の素晴らしい追い上げは見事ですが、ドライバーが大きく乱れ、寄せでどうにかカバーしていた前半は、バーディパットも決まらずパーを取るのが精いっぱいのゴルフでした。15番からのラストスパートはあまりにも遅すぎましたし、米ツアーで勝利に手が届くゴルフではなかったといえます。それは石川も痛いほど分かっていて「誰かがスコアを伸ばして来る」と思っていたように感じました。練習場でJ・マクニールが18番パー5で2オンしたことで「優勝」の可能性がなくなったことをテレビリポーターから聞かされる前から、自らの敗戦を受け入れている様でした。米ツアー選手たちのレベルの高さ、世界の舞台で優勝することの難しさと厳しさが分かっていた様に思えます。
 J・マクニールは優勝直後の会見で「前の組のほうがより多くのギャラリーがついていた。忘れられているような感覚にはならなかったか?」と意地悪な質問を受けていましたが「いいや、昨日も一緒だったからね。彼は人を惹きつける魅力があるし、誰だって彼を追いたいと思うだろう。まだ20歳で、素晴らしい青年だ。彼は次のスター。僕がファンなら同じだったと思うけど、僕はプレーヤーだからとにかく彼に勝とうと思ったけどね。あれだけ多くのギャラリーが彼の組につくのは驚きじゃないよ」と語っていました。
 そしてロッコ・メディエイトも石川の「魅力」に惹きつけられた一人です。「プエルトリコオープン」の予選ラウンドの2日間を初めて同組でプレーしました。石川の好プレーに、R・メディエイトのみならずキャディも大きなジェスチャーを交えて称え、緊張感の中にも和やかさがあふれた予選ラウンドでしたが「なぜか気に入られてしまった」ということで「来週は一緒に練習しよう」と、R・メディエイトから急遽オファーを受け「トランジションズ選手権」で実現したということです。「プエルトリコオープン」の組み合わせが決まった直後、R・メディエイトは石川と顔を合わせると「We need you(僕らには君が必要だ)」と言葉を投げかけたといいます。「彼は今までの姿勢を変える必要は無いと思う。彼から学ぶことも多いんだ。グレートプレーヤー、そしてグレートキッド。僕たちは彼を歓迎している。私はあと3年でツアーに参加してから30年になる。それまで頑張りたい」と語っていますが「We」とはR・メディエイトの周囲だけでなく、PGAツアーメンバーを指すのでしょうが「何か持っている人気者のベテラン」の3年間の後ろ盾は、石川にとってはとても有難いことです。
 2008年「全米オープン」でのT.ウッズとR・メディエイトの「死闘」は伝説となっています。最終日、最終ホールでタイガーに追い付かれ、翌日行われた18ホールのプレーオフでも「最強王者」を相手に一歩も引かず、勝負はサドンデスプレーオフに突入。結局は最初のホールで負けてしまいましたがタイガーとは対照的に、どんな状況でも「笑顔」でプレーする姿は同世代のゴルフファンの心を熱くしました。2010年はフォールシリーズまでシード獲得圏外と不調でしたが「フライズドットコムオープン」の4ラウンドで、エースとカップインイーグルを連日決めるという離れ業を達成し、8年ぶりのツアー優勝を果たし2年間の出場権を確保しています。
 マスターズ委員会もその石川の「魅力」に期待して「特別招待選手」にリストアップしたのでしょう。長く勝利から見放され、苦闘が続いていただけに、海外のゴルフ関係者の間では様々な反応があるようです。オーガスタ・ナショナルGCのビリー・ペイン会長は「大会を世界規模のものにするため、石川の出場がアジアでの関心の高まりにつながる」と「特別招待」の理由を説明しています。マスターズ委員会は近年、アジア市場を重視しアジアのプレーヤーに注目しています。「アジアアマチュア」優勝で2年連続出場になる松山もそうですが、石川も期待に値するプレーヤーということなのでしょう。
 実力は練習で積み上げることができても「付加価値」のあるプレーヤーはなかなか現れないものです。前回述べましたが、そこにエコノミックな力(TBSやスポンサー)が働いていたとしても、全てを含めて「石川遼の値打ち」ということになるのでしょう。「米国のゴルフ関係者はみんなリョウの豊かな才能を理解しているよ。去年は被災者のために獲得賞金の全額を寄付したことも多くのファンが知っている。マスターズのアジア戦略もね。だから、たとえ反対の声があったとしてもそれは決して多くはないはずだ。少なくとも自分はおかしいとは思っていない」と「ゴルフチャンネル」のスコット・ウォーカーは述べています。
 現時点で今年の出場資格がないということであれば「グリーンジャケット」に一番近いプレーヤーといわれたアーニー・エルスも同じですが、「アーニーとリョウでは立っているステージが違う。リョウはこれからの選手でアーニーは下り坂にいる選手。だからリョウだけが呼ばれても不思議に思うことはない。自力で出ることも大事だが、それ以前に「マスターズ」は出られるだけでもすごく価値のある大会なんだ。だってそうだろう。出ないよりも出た方が学べることは山ほどあるんだから」と、米ツアーで3勝を挙げ「マスターズ」に2度出場し、現在はシニアツアーで活躍しているフィル・ブラックマーが「特別招待」を支持するコメントを表明しています。意外にも「当然の選出」という意見が大勢を占めているようですが、「マスターズ」の前週に発表される世界ランクで50位以内に入れば“特別”ではない出場資格を満たすことになります。石川はその条件を意識する必要はなくなったわけですが「当初からそこを目標にやってきたので、特別招待されたからといって変わるわけじゃない。特別招待だけじゃなく、もう1つの資格もクリアしてぜひマスターズ委員会の皆さんにお会いしたい」とランク50位を目標に据え続けています。最終的な答えは石川の活躍次第ということになりますが、オーガスタでのプレーによって自らの「価値と魅力」を証明してほしいものです。   (サミー大高)