打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「王者」タイガー・ウッズの復活

 メジャー通算14勝、米国PGAツアーを含め、世界各地で実に80勝以上と圧倒的な力と技を誇示してきた「王者」タイガー・ウッズは2009年末、自らのスキャンダルが明るみになったことで培ってきたイメージが大きく崩れることになりました。出場自粛や度重なる故障により、ツアーでの勝利からは約2年以上見放されていましたが「王者」は静かに、そして確かに前進を続けているようでした。復活をアピールできていないまま今シーズンを迎えていましたが「アーノルド・パーマーインビテーショナル」で待ちに待った優勝を遂げました。ゴルフ界を震撼させ続けてきたスーパースターは、苦悩し、もがき続けましたが、ついに「完全復活」を果たしたようです。「最高の気分だ。一生懸命努力した甲斐があった。今日も大変なコンディションだったが、いい結果がついてきてくれた。周囲のサポートが、信じられないくらい力になってくれた」と語りました。
 2008年の「全米オープン」を制し“トリプルグランドスラム”を達成しメジャー通算14勝目を飾ったタイガーでしたが、以前から痛めていた左ひざは手術を受けなくてはいけないほど悪化していました。手術後、リハビリのためシーズンを棒に振る長期離脱を余儀なくされたのですが、翌2009年3月「アーノルド・パーマーインビテーショナル」で復活優勝を飾ると、その年はメジャーでの優勝こそありませんでしたが米国ツアーでは「ザ・メモリアル」、「AT&Tナショナル」、「ビュイックオープン」、「WGCブリヂストンインビテーショナル」、「BMW選手権」と勝利を重ね「王者復活」は間違いない様に思えました。
 欧州ツアーの「JBWereマスターズ」優勝でシーズンを締めくくり、シーズンオフに入った11月27日、午前2時頃、自らが運転していた自動車が激突事故を起こしたのがスキャンダルの始まりでした。事故当初は、タイガーを救うためエリン夫人がゴルフクラブで車のガラスを叩き割ったとされていましたが、直後に不倫疑惑が浮上。複数の女性との交際疑惑が明るみになり、その後、愛人たちによる“暴露合戦”も展開される事態となり、深い家族愛を持つスーパースターとして知られたタイガーの大スキャンダルは全米、世界を巻き込み、無期限の試合出場自粛となり、アクセンチュア、タグ・ホイヤー、ジレット、AT&Tといった長年サポートをしてきたスポンサー企業が相次いで契約を解除、または契約更新しないことを決定と、大きな代償を支払うことになりました。
 タイガーが復帰戦に選んだのは2010年4月のメジャー初戦でした。厳格なオーガスタ・ナショナルGCで開催される「マスターズ」は、ゴルフメディア以外の報道陣の雑音をシャットアウトできる環境で、紳士的な大勢のパトロンに守られるように復帰を果たしたのです。最終日をトップに4打差の3位で迎え、結局4位タイでフィニッシュ。女性の敵となったタイガーに対して、愛妻家として知られるライバルのP・ミケルソンが3度目の優勝を飾ったのが印象的でした。
 6勝を挙げて9度目の賞金王となった09年11月に発覚した不倫騒動を発端に、坂道を転げ落ちるように、ゴルフでも古傷の膝の故障が再発しどん底へ落ちていったのです。ショーン・フォーリーをコーチに迎え、着手したスイング改造もなかなか完成せず、10年は12試合でメジャー2試合の4位が最高で、賞金ランクは68位に低下。さらに出場9試合にとどまった11年はマスターズ・トーナメントの4位が最高位で、賞金ランキングは128位にまで落ちてしまったのです。世界ランキングも、1997年から623週間保持した1位から転落し、昨年10月には52位までランクダウンしていました。
 度重なる負傷を経て、タイガーは2011年8月の「WGCブリヂストンインビテーショナル」で復帰したのですが、名コンビと謳われたキャディのスティーブ・ウィリアムスはアダム・スコットのバッグを担ぐことになり、タイガーはかつてフレッド・カプルスやダスティン・ジョンソンのキャディだったジョー・ラカバとのコンビを組むことになりました。さらに、前コーチであるハンク・ヘイニーはタイガーとの過去を明かす「The Big Miss~タイガー・ウッズをコーチした私の日々~」を発売と、周囲はいまだに騒動の最中の様です。
 Golf Worldは、この本のコピーを発売前に取得し、興味深い部分について検証しています。タイガー・ウッズが米軍式トレーニングにハマり、海軍特殊部隊の一員となることを夢見たことや、部隊でのトレーニング中にランニングで膝をケガしたことを「ビッグミス(The Big Miss)」として「向こう見ずな性格はゴルフ以外でも発揮」と批判しています。さらにタイガー夫妻、マーク・オメーラ夫妻、そしてヘイニー夫妻と初めてユタのパークシティにスキーに行った歳に、初心者向けコースで滑っていたタイガーは、すぐに難易度の高いコースに行きたがったとのことです。スキー上級者であったオメーラの友人が、スピードをコントロールするためターンを使うようにアドバイスしたようですが、タイガーは「気にしないで、僕は大丈夫だから」とターンもせずそのままスピードを上げたというエピソードを紹介しています。また過度のウェートトレーニングは、ゴルフそのものに悪影響を及ぼす可能性もあるものだったといいます。タイガーは右アキレス腱をウェートリフティングで故障した様ですが、ヘイニーはタイガーが重いベストを着て60ヤードのダッシュをした後に、足を引きずっていたのを目撃したと述べ、タイガーがリスク回避に興味がなかったと触れています。生徒タイガーとの関係については「私は、すぐに彼が難しい生徒になるということが分かった、タイガーは基本的に体験せずにはいられないタイプで、しっかりとした“案内”が無いと、本題からそれる」と著しています。
 ヘイニーによれば、タイガーの思い違いは、彼のスイングがPGAツアーの仲間のスイングよりも人気があると思っていることで、ヘイニーがタイガーを指導し始めてから間もなくしてそれが分かったといいます。また、2008年の全米オープン優勝後に膝の手術から復帰してからは、ショートゲームに重きを置かなくなったことを言及。「まだ(ショートゲームに)改善の余地はあったし、彼もそれを分かっていた。彼のドライバーが2007年初頭と同じような形で衰えてきたのも、ショートゲームをおろそかにしたからと思っていない事を、私は心配していた」と著しています。
 またタイガーは競技において脅威とならない者に対しては、気取ることなく友人となりやすかったといいます。ヘイニーは「物静かで控えめで練習熱心なジム・フューリックやスティーブ・ストリッカーのようなプレーヤーと仲良くなる傾向がある。タイガーは彼らを尊敬しているが、彼らの才能は、タイガーがライバルと見るようなものではない」としていますが、本人が聞いたらどう思うでしょう。
 一方、仲良くなれなかった代表的としてイアン・ポールターの名前が挙がっています。I・ポールターは2007年全米オープンの数週間前に行われたオークモントでの練習ラウンド後に、タイガーにはプライベートジェットが用意されていることを知っていて、わざわざ「どうやって家に帰る?」と聞いたと著しています。自宅が近いためなのでしょうが、I・ポールターはタイガーが誘ったわけでもないのに飛行場に現れ、タイガー、ヘイニー、ポールターがオーランドにそのジェット機で帰る際には、タイガーはヘイニーに「俺のプライベートジェットにたかるなんて信じられない」とメールしたと著しています。しかしこれもタイガーやI・ポールターの反論に合いそうですね。
 ヘイニーがタイガーのコーチを辞めた後でも、タイガーはコーチを頼んでいたとも著しています「どういうわけか、彼が僕に辞めて欲しくなかったということが今でも理解できない。ずっとコーチをして、意見を言いながら助け、友達になれるのなら幸せだ。でももうコーチではないし、これからもそうなることはない」と話したものの、それでもタイガーは「一緒に仕事をしよう」と言ったようで、それに対しヘイニーは「もう無理だ」と突き放したと記していますが果たして真相は?
 ミシシッピのクリニックでの1ヶ月に渡るセックス依存症の治療から戻ったタイガーは、その治療を「最悪だ。これまで経験してきたことの中でワーストだ」と話したといいます。ヘイニーがエリンについて尋ねると、タイガーは「関係修復に務めている」とし、「エリンは2年間はゴルフを辞めて欲しいようだ」と話したとしています。最終章には、ヘイニーの“お願いリスト”というものがあり、それにはこんなことも含まれています。「リハビリ後のタイガーは別人として復帰して欲しい。より温かみがあり、オープンになるということだ。僕がタイガーを理解しようと思えば思うほど、彼はそれくらいの思いで、僕をそうさせないようにしていることが分かったから」と分かりにくい最終章ですが、他のライターによると「アイスキャンディ好きで知られるタイガーは、いつでも好きな時に冷凍庫から取り出しては食べていたが、自分には一度たりとも「一本どう?」と勧めてくれなかった」とか「ラスベガスで超高額を賭けているブラックジャックのテーブルでギャンブルに興じていたとき、他の客はウェイトレスに1000ドル単位のチップを渡しているのに、ケチなウッズだけは数百ドルしか渡さなかった」などといった子供じみた、寒い話のオンパレードだともいいます。コーチとして暴露本を発刊するとは、立場上絶対にしてはいけないことです。最もこのようなコーチに、他のプレーヤーからオファーがあるはずもありませんが、タイガーが復活した今となってはヘイニーに反論する選手が出てきそうです。
 11年シーズンのデータを振り返ると、平均飛距離は293,7yで71位、フェアウエーキープ率は48,90%で186位、パーオン率は67,74%で37位、平均スコアは70,46で51位と、05~09年まで平均スコア1位の「王者」としては考えられない結果を残していましたが、「復活」を感じさせてくれたのが2011年11月の「ザ・プレジデンツカップ」でした。フレッド・カプルスキャプテンの推薦による選出での出場は物議をかもしましたが、最終日のプレーは反対論者たちを黙らせる内容でした。年末に自身がホストを務めるチャリティ競技「シェブロンワールドチャレンジ」で優勝し「うまくいけば“カムバック賞”を狙えるかな」と、明るくジョークで応えるまで調子は回復していました。
 2012年初戦の欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」、続く米国ツアー「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」でも優勝争いに加わる活躍を見せ、3月の「ザ・ホンダクラシック」では出遅れたものの、最終日に「62」をたたき出し2位でフィニッシュし完全復活の兆しを確かに残していました。「アーノルド・パーマーインビテーショナル」では、4日間でパーオン率は79,2%で1位、パットのスコア貢献率では1,445で4位でした。今シーズンのデータでも平均飛距離は298,1ヤードで20位、フェアウエーキープ率は67,94%で14位、パーオン率は71,85%で4位と不調を脱したといえるデータが並び、ゴルフのトータル的な調子を見極める平均スコアは68,27の2位にランキングされています。「王者」時代の「飛距離で圧倒するゴルフ」とは違うものの、好調時の数字に近づいてきました。
 復活優勝までの長い道のりで最も辛かったことについては「練習ができなかったから、けがが一番つらかった。パターも練習できなかったこともある」と語っています。今年1月には「肉体的に万全なのは相当久しぶり。ここしばらくしていなかったフルシーズン参戦を楽しみにしている」と、トレーニングを積んでゴルフにも自分らしさが戻ってきていると自信をのぞかせていました。米フォーブス誌の調べによる11年版高額所得ランキングでは、一昨年に1億500万ドルあった収入は7500万ドルと激減したものの、依然としてスポーツ界でNO・1の座を維持しています。今回の優勝は「強いタイガー」の復活の第一歩となり、メジャーでの活躍があればスポンサーが戻るきっかけになりそうです。  (サミー大高)