打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

「泣き虫プレイヤー」B・ワトソンの逆転優勝

 「マスターズ」前に世界ランキングで、目標としていた50位以内の確保を逃した石川は「3ヶ月やってきた上での結果」と冷静に受け止めていました。しかし「アメリカでの3ヶ月間で50位前後をキープするのは難しい。『どこまで落ちるのか』という不安があった」とも語っています。去年日本ツアーで優勝できなかったことがランクダウンの最大の要因でしたが、4度目のマスターズに向かうにあたって、石川が米国PGAツアーデビューを果たした2009年以降、シーズン開幕からマスターズ直前までの同ツアーでの戦績を振り返ると、数字上では今季序盤戦のそれがいかに群を抜いたものとなったかが分かります。
 2009年  1万0692ドル (3試合)
 2010年 19万6708ドル (5試合)
 2011年 10万4000ドル (5試合)
 2012年 59万6231ドル (7試合)
この結果はシーズン前半戦での「スペシャル・テンポラリーメンバー」登録を可能にし、来季のシード権獲得に大きく近づく充実度でした。好不調の波を小さくすることはまだできていないように思いますが、今年の3ヶ月間の経験は開幕を迎えたばかりの日本選手とは違うステージにいるのは間違いありません。「マスターズ」では、予選落ちしたとはいえその準備に費やした努力からひとつステージを上り、国内では格上の戦いで大きく成長を遂げそうに思います。いままでは、あくまで日本ツアーでの実績が「自信の源」だった石川が、5月24日からの「クラウンプラザ招待」を皮切りに「ザ・メモリアルトーナメント」「全米オープン」「トラベラーズ選手権」の4試合に出場し、来期米ツアーのシード入りを目指します。これまでの海外遠征は国内シーズンの開幕前が主体で、シーズン中は四大メジャー、もしくはWGC(世界ゴルフ選手権)への出場が基本路線でした。国内ツアーを3試合以上欠場するリスクは伴いますが、石川は「自分が米国で戦うことで、その先の世代に刺激を与え、日本のツアーのレベルが上がれば。そのために自分は頑張りたい」と米ツアー参戦を明言し、今回の遠征でシード当確ラインに乗せる決意を語りました。
 石川が小学生時代の卒業文集に書いた「八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝」という有名になったフレーズは予選の2日間で絶たれ、目の前にそびえる高い世界の壁を再認識することになりました。しかしその作文には続きがあり、「ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです」と書いてあります。石川は「強く愛されるプレーヤー」を目指し新たなスタートを切ったのです。予選ラウンドを一緒に回ったフレッド・カプルスや「全英オープン」で同組となったトム・ワトソンが、コース内のどこにいても大歓声で迎えられる姿は「世界一好かれる選手」に必要な何かを教えてくれたはずです。
 メジャーで活躍するためには早く米ツアーに参戦したほうがいいと何度も述べてきましたが、これは世界と日本とではコースのレベルに大きな差があるからです。ミドルホールのセカンドで、日本ではショートアイアンで打てる場合が多いのですが、コースの全長が長いアメリカではミドルアイアン、ときにはロングアインを使用しなければいけませんし、グリーンに止める技術も必要です。日本は2グリーンのコースが多いためにグリーン周りが広く、ミスしても大けがすることはありませんが、アメリカではグリーンに向かうほどコースが狭くなっており、グリーンを外せば難しいアプローチが残ります。さらにグリーンの速さとラフの深さに関しては、日本とアメリカでは歴然とした差があります。日本のコースでいくらラフを伸ばして、グリーンを速くしたとしても、世界レベルのフィールドは再現できません。そのようなコースでの優勝争いの中で感じるプレッシャーは相当なものですが、その感覚は日本では経験できないということになります。東海岸のコースでは、フェアウェイでもボールが沈むことがあります。フェアウェイが固く、刈り高が揃い、ティーアップした様な日本とはまったく違う打ち方をしなくてはいけないのですが、日本のフェアウェイに慣れてしまった選手では、まったく対処できないことになります。
 ポテトチップス型のグリーンのアンジュレーションも強烈で、パッティングの攻めやすい面に止めるには多彩なショットが必要になります。その技術を身につけ、磨いていくには、芝の種類からして違う「日本のコース」で成績を挙げても意味がないことになります。やはりアメリカの芝で、グリーンを外せば長いラフが待ち受ける「厳しいセッティング」で覚えていくしかないのです。本人が語る「良い準備ができて望んだマスターズ」で結果が残せなかったのも「世界のステージ」での経験不足という事なのでしょう。
 ジャック・ニクラスは「マスターズ」で6度の優勝を果たしていますが、最後の優勝は46歳でした。2位で終わること4回、トップ5には15回という前人未到の成績を残しています。出場した45大会、合計163ラウンド、約1万2000ストロークの平均スコアはアンダーパーですが、最近は「アドバイスが必要なら、ジャックに聞け」といわれるほど、若手に与えた助言が大きな効果を上げています。J・ニクラウスは「名誉スターター」としてオーガスタに姿を現しつづけていますが、昨年の「マスターズ」優勝のチャール・シュワルツェルと「全米オープン」で初メジャーを飾ったとロリー・マキロイは、J・ニクラスの元を訪れたことが刺激となり、メジャー優勝への突破口を開いたと語っています。またルーク・ドナルドは「ジャックのおかげでドライバーが改善された」と語り、トレバー・イメルマンが「マスターズ」で優勝する前も、マーティン・カイマーが「全米プロ」で優勝する前も、J・ニクラスと一緒に時間を過ごしています。
 R・マキロイがマスターズの最終日に80を叩く大崩れを演じた後で、J・ニクラスは「トム・ワトソンも若い頃にメジャートーナメントの最終日に何度も崩れた」ことを引き合いに出し「失敗を認め、ミスをしっかり分析してそこから学ぶように」とアドバイスしたそうです。そうすれば次のチャンスで「最終ラウンドのプレッシャーを受け入れながら、いいプレーができるようになるだろう」と伝えたといいます。
 「全米オープン」で圧倒的なプレーでリベンジを果たしたR・マキロイは「歴代最高の成功を収めたプレーヤーとヒザを交えて、すばらしいアドバイスに耳を傾けられたのが良かった。そして、アドバイスの一部をこんなに早く実践できたんだから」と助言の効果を語っています。また昨年の「マスターズ」でメジャー初優勝を遂げたC・シュワルツェルのために、18ホールを分析し、ゲームプランを助言したというのも有名です。C・シュワルツェルが語るその内容の一部は「各ホールには、それぞれ本当に細かな作戦があるんだ。ニクラウスが言うには、1番ホールはアプローチショットでグリーンの真ん中を狙う。左は下り坂になっているから絶対にダメ。2番ホールでは、ピンが左側にある時は、右の観客に狙いを定めることができる。12番ホールはパー3のショートホールだけど、フラッグを狙って打ってはいけないし、バンカー方向以外に狙いを定めてもいけないって言うんだ。ショートしてもオーバーしても、バンカーに入るからで、池やブッシュに入ることはないからだそうだ。このアドバイスが効いたよ」と語っていますが「ジャックの功績」は、まだまだ増えていきそうです。
 現役全盛期の時でさえJ・ニクラスは「企業秘密」ともいえる自身のゴルフに関する知識を他のプレーヤーに平気で教えることで有名でした。マスターズで2度、J・ニクラウスに次ぐ2位で終わったトム・ワイスコフは「ジャックは自分が勝つことを知っているし、対戦相手もジャックが勝つことを知っている。さらにジャックは、対戦相手がジャックが勝つと思っていることも知っているんだ」とJ・ニクラウスと、他のプレーヤーの関係を語っています。タイガーに「グリップの握りを軽くすれば、より自由にクラブがスイングできるはずだ」とアドバイスしたことも有名ですが、タイガーは「一番心に残る思い出の1つは、1996年にジャックとアーノルドと一緒に練習ラウンドを回って、一緒にパー3コンテストに出場したことだ。マスターズに関するどんな質問をぶつけても、ジャックは喜んで答えてくれる。それこそ、あのトーナメントで一番クールなことの1つだ。経験のある熟練プレーヤーが、若いプレーヤーに知恵を授けてくれた」と語っています。
 J・ニクラウスは快くアドバイスをする理由を「あのサム、サム・スニードでさえ、面倒を見てくれたんだよ。自分を押しつけることなく、たくさんの人が手助けをしてくれたから」と語っています。「帝王」となったJ・ニクラウスと「ミスターゴルフ」アーノルド・パーマーとの不仲説が流れたことを「アーノルドがかわいがってくれた」という言葉でかわしていますが「年齢はいくつも変わらないけど、ゲイリー・プレーヤーもかわいがってくれた。まだアマチュアだったころは、ベン・ホーガンもそうしてくれた。バイロン・ネルソンもね。みんな惜しみなくアドバイスをくれたし、自分も彼らから学んだ。だから、若いプレーヤーたちがアドバイスを求めてやってきた時は、喜んで教えようと思うんだ。自分がこれだけの経験を積んできたんだから、もし誰かの手助けをできるなら、習得を短くできるなら、知識を持ったまま誰にも渡さず死ぬようなことはしたくないんだ。自分を押しつけるようなことはしたくないが、いつでも相談には乗るよ」と「ジャックの助言」の真相を語っています。
 今年の「マスターズ」はトータル6アンダーの4位からスタートしたバッバ・ワトソンが逆転で優勝しました。同組でラウンドしたルイ・ウーストハイゼンが2番パー5で衝撃のアルバトロスを奪取し単独首位を走る中、13番から怒涛の4連続バーディで、2番以降伸び悩んだL・ウーストハイゼンをとらえてトータル10アンダーで並び決着はプレーオフへ。18番で行われた1ホール目、L・ウーストハイゼンが右に外した後、同じようなラインの2mをB・ワトソンが左に外し共にパー。10番で行われた2ホール目、ここでB・ワトソンのティショットは右の林に大きく曲がる大トラブル。それを見たL・ウーストハウゼンは3Wを選択しますが当たりがうすく、セカンドカットに止まりますが距離を残してしまいます。グリーンは狙える状況でしたが、そこまで完璧なドライバーショットを見せていただけに安全策は残念でした。「バッバがどこにいるのか見えなかった」と語るL・ウーストハウゼンのセカンドはグリーン手前にショート。ここでB・ワトソンのスーパーショットが飛び出したのですが「救済を求めるつもりはなかった。52度のウエッジを握り、地上4~5メートルの低弾道で木々の下を抜き、40ヤードぐらいフックさせた。きわめてイージーだったよ」と優勝インタビューで世界のメディアを大笑いさていました。B・ワトソンとキャディのテッド・スコットは、アグレシッブに攻め、ミスしたらそこから必死にリカバリーするゴルフを「バッバ・ゴルフ」と呼んでいますが「カリスマ」と呼ばれたセベ・バレステロスのスピリッツを受け継いでいるように感じます。「他人にどうこうしろ、これが間違っているって言われるのが好きではない」とスイングコーチもメンタルコーチも持たない「感覚派ゴルファー」としての本領発揮でした。
 派手なピンクのドライバーはチャリティのために使用しています。一昨年喉頭がんで父親を亡くし、今年はドライバーが300ヤード以上飛んだ場合は300ドルを「がん撲滅基金」に寄付しています。勝つたびに涙を流し喜びを表現する「泣き虫プレイヤー」としても知られています。「Bubba」は「デカいヤツ」を表す愛称ですが、初優勝したときも、2勝目、3勝目を挙げたときも、毎回号泣していました。「初優勝する以前の僕は、確かに感情的すぎた。でも、プレー中にポーカーフェースで感情の起伏を抑える術を覚えた。そうやって気持ちを抑える分、優勝したときは、すべての感情を解き放ち、僕は泣く。たとえ何勝目であっても、勝利の瞬間、僕は必ず泣く」と、これからも泣く事を宣言しています。元バスケットボール米国女子代表の妻アンジーと、生後1カ月の養子のカレブ君は自宅で応援でした。「早く家に帰って妻と息子に報告したい」と喜びを語っていましたが、家族に対する想いのこもったメジャー初優勝でした。  (サミー大高)