打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

大統領を動かすプロゴルファー、J・ベガス

 テーラーメイド・アディダス社CEOのマーク・キング氏は、ゴルフ用具に関する新ルールの提案を始めています。以前から15インチのホールカップ使用や、ビギナーはバンカーからボールを手で投げてもいいといった、アマチュアにとってゴルフをもっと易しくするような新しいルール、プレー方法を提唱していました。
「ゴルフに新しい人達の参入がない。まだゴルフをしたことがない人達が興味を持つとすれば、それをとても重要なことと感じなければならない」とキング氏は、PGAマーチャンダイズショー期間に行われたインタビューに応えています。「現状では我々が新しいゴルファーを得たとしても、一年以内に離れていく人もいるだろう。それは時間が掛かりすぎるからでも、費用がかかりすぎるからでもない。ただ楽しくないからで、難しすぎるからだ。この20年で建設されたゴルフコースは全てチャンピオンシップコースばかりで、それらのコースはアベレージゴルファーのコースではない。難解なコースでの難しいショットは、求められていない」と指摘しています。
キング氏は「USGAは手始めにゴルフのルールをツアープロ対象と、アマチュア対象の二つに分けなければならない。そしてゴルフをもっと易しくしなければならない。次にタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソンそしてティム・フィンチェム氏(PGAツアーコミッショナー)が、”これは本当のゴルフだ。奇妙なゴルフや変なゴルフではない”と積極的に話すべきだ」と語り、PGAオブ・アメリカには、普及させる努力を望んでいます。
キング氏は「USGAはゴルフの歴史を守るのが責任だと言うが、ゴルフの将来も守らなければならない。現在USGAが示唆しようとしているのは、効き目のない微調整をしているに過ぎず、ゴルフをリードする組織としては物足りない」とゴルフウィークのインタビューで批判しています。
ゴルフ人口が伸び悩んでいる米国では、どのように新しいゴルファーを獲得するかを模索しているようですが、ゴルファーを増やしていくためには大変面白い考え方だと思います。グリーンの面積も大きくなっており、アスリートゴルファー用の普通のカップと、アベレージゴルファー用の大きなカップがあってもプレーに支障はないはずです。
私はコースレッスン中心に指導していますが、初心者の生徒さんでも、ボールが前に飛ぶようになるとコースに連れて行きます。すべてのショットをティーアップし、曲がった場合はボールをキャディにフェアウェーの中央まで持ってこさせて、ティーアップしたボールをプレーしてもらいます。ゴルフではないとお叱りを受けるかもしれませんが、コースでは何をしなくてはいけないのかを、経験してもらうことがゴルフの第一歩と思っております。
始めたばかりの生徒さんでも、パターやショートゲームの楽しさは理解してもらえますし、上手く打てたときの爽快感も味わうことは可能です。初ラウンドの第一打からすべてルールブック通りにプレーする必要はありません。ゴルフの楽しさを広々としたコースで感じていただき、景色を楽しみ、ゴルフを好きになってもらうためには有効な指導法だと思います。初めてのラウンドが、あわただしく走り回るだけではつまらないですよね。ゴルフ規則は罰則ではなく救済法で「プレーヤーの味方」でなくてはならないはずです。初心者に優しいルールがあっても、決しておかしな話ではありません。

 PGAツアーがフェデックスカップを創設して以来、ルーキーが今シーズン4試合目の「ボブホープ・クラシック」を制覇し、初めてランキングトップに立ちました。優勝1回、3位1回と驚異的な活躍をしているジョナサン・ベガスです。
J・ベガスはベネズエラ出身ですが、ベネズエラといえば、日本で名を挙げたアレックス・ラミレス、ペタジーニ等、プロ野球選手の名を思い出します。ベネズエラにはゴルフコースが全部で20コースぐらいしかないそうで、プロゴルファーは数えるほどしかいないようです。それどころか、チャベス大統領は政治的見解から「エリートスポーツ」としてゴルフ嫌いで有名で、ゴルフ場をいくつも閉鎖しようとしていて、既に閉鎖に追い込まれているところもあります。ベネズエラ人にとってメジャーリーガーになることが「アメリカンドリーム」であり、成功し富を得る為の最短ルートだったのですが、ゴルフ嫌いのチャベス大統領の考えさえも、大きく変えなくてはいけないプロゴルファーが誕生しました。
J・ベガスは、ホウキで石ころを打ちながらゴルフを覚えたそうです。父カルロスは、母国に設立されたアメリカ企業「エクソン」のためのゴルフコースでキャディをして生計を立て、その後、苦労してそのゴルフコースの中に売店を出し飲食物を売り、それでなんとか家族を食べさせてきたということです。J・ベガスは「とにかくあるものを拾っては振り回して、その辺にあるものを打っていました。プラスチックのボール、石、家中にあるものを何でも打って、よく窓を割っていました」と語っています。石油掘削労働者の団地に隣接していた9ホールのショートコースで友達と練習し腕を磨き、2001年のベネズエラジュニアを優勝、翌年の世界ジュニア選手権に出場して6位に入賞と実績を残しています。
世界ジュニアの渡米期間中に、父カルロスはベネズエラで息子のスイングコーチをしていたフランシー・ベタンコート氏と、その教え子ケビン・カーク氏に「息子を預かってもらえないか」と打診、父が石油ビジネスをしていて一時米国に住んでいたカーク氏は、ベネズエラのゴルフ環境ではJ・ベガスの将来の可能性がないと、ベタンコート氏とともに受け入れを決めたのです。2002年、17歳だったJ・ベガスは「挨拶程度の英語、洋服を数着、ゴルフクラブ」を手に渡米したのです。ベタンコート夫妻はJ・ベガスを我が子のように受け入れ、英語の勉強のために地元のコミュニティーカレッジ(短大)に通わせたそうです。送り迎えをするだけではなく、午後はゴルフ場で付きっきりの指導。2003年のヒューストンオープンでは、マンデー予選を通過するまで上達し、同年TOEFL、SAT試験(日本のセンター試験)を合格、翌年からテキサス大学に入学できるまで英語もゴルフも一人前になっていたのです。大学のコーチ、ジョン・フィールズ氏曰く「ジョナサン・べガスという人間をサポートしてあげたい・・・そういう人しか彼の周りにはいなかった」と振り返っていますが、周囲の人々のサポートのおかげで、大きく成長した結果といえるでしょう。
プロ転向したのが2008年で、昨年のネイションワイドツアーを経て、今季からツアーメンバーになったばかりの今季2試合目で優勝とは凄いことです。優勝賞金90万ドルと、2013年までのシード権も得たのですが、何より今年のマスターズや全米プロ、さまざまなビッグイベントへの出場権も得ました。
優勝した「ボブホープ・クラシック」では、平均飛距離308.7ヤードで3位、FWキープ率は75.0%の13位タイ、そして平均パット数は27.4で16位タイとティグランドからグリーンまで安定した成績でした。2007年の全米アマチュア選手権に出場していた際のヘッドスピードが何と61.7m/sだったそうです。それからはショットのばらつきを減らすためにボールコントロールする練習に取り組んだとか。それでも現在は55.9m/sでいずれにしてもツアートップクラスです。
「アメリカンドリーム」を成し遂げたものの、J・ベガスが有頂天になることはなさそうです。あっという間に転落することがある米ツアーの厳しさを、ベガスは理解しているはずです。なぜならベネズエラという南米の小国から、米国にやってきたその日から、差別の中で世の中の厳しさを肌で感じてきたはずです。「国を代表する初のプロゴルファーになりたい。そしてベネズエラのゴルファーも対等に戦えるということを証明したい」という1球にかける思いは誰よりも強く、周囲に支えられてきたことに感謝し、さらに輝くことは間違いありません。 (サミー大高)