打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

消える「アメリカンドリーム」 PGAツアーの新制度

 米国PGAツアーの日程が大きく変わります。PGAツアーの「レギュラーシーズン」は、ハワイのカパルアで1月に開幕し、8月のグリーンズボロで開催される「ウィンダム選手権」でシーズンを終了していました。メジャー大会は4月の「マスターズ」に始まり、6月に「全米オープン」7月は「全英オープン」そして8月の「全米プロ」を経て「フェデックスシリーズ」4試合で年間チャンピオンを決め「フォールシリーズ」3試合で翌年のシード選手を確定。ツアーカードを獲得できなかった選手は「Qスクール」でシーズンを終えるというシーズンの流れになっていましたが、大きな変更が発表されました。また「ネイションワイドツアー」として行われてきた二部ツアーの冠スポンサーをウェブ・コム社(Web.com)とし、名称も「ウェブドッドコムツアー(Web.com Tour)」とし、10年契約が成立したことを発表しました。ウェブドッドコム社はすでにネイションワイド社と交替し「ユナイテッドリーシング選手権」からスポンサーとなり、今後2021年まで継続することが発表されています。この冠スポンサーの権利に加え、ウェブ・コム社は「PGAツアー、ウェブ・コムツアー、チャンピオンズツアー」の公式マーケティングパートナーになることも決まっています。一方、2003年からこれまでのスポンサー、ネイションワイドインシュランス社は、同社地元のPGAツアー「メモリアルトーナメント」にスポンサー復帰することを決定しています。

  現在、開幕戦となっている「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」は開催されなくなり「ネイションワイドツアー」の賞金ランキング上位25位までがPGAツアー参加資格を得るという制度も廃止になります。そして「フォールシリーズ」も消滅することになりました。PGAツアーを目指す選手にとって“フィールド・オブ・ドリームス”だった「Qスクール」を勝ち上がってPGAツアーへの出場権を勝ち取れるという制度さえも消滅することになりました。「Qスクール」は上位25選手に「ツアーカード」を与えていましたが、13年以降「ウェブドットコムツアー」の予選会となり、これまでのように6日間の戦いのみで「レギュラーツアーのシード権」を獲得することは不可能になったのです。

 新制度では、レギュラーツアーの「FedEx Cup」ポイント上位125人がシードを確保し、その後のプレーオフを戦うことになります。プレーオフ進出を逃した126位から200位の選手たちは「ネイションワイドツアー」から冠スポンサーが変更された下部ツアー「ウェブドットコムツアー」における上位75人の選手(およびFedEx Cupポイント126位~200位に相当するポイントを獲得したノンメンバー)との全3試合の「ウェブドットコムツアー・ファイナル」に出場するというスケジュールに変更されました。「ウェブドットコムツアー」の年間賞金ランキング上位25人は、無条件で翌年の「PGAツアーシード権」を獲得できます。残り25枚のツアーカードは2013年の9月に第1回の開催を迎える「ファイナル」3試合で争われることになりますが「ウェブドットコムツアー」の賞金王とファイナル3試合の賞金王は、翌年の「ザ・プレーヤーズ選手権」の出場資格を手にすることも発表されています。

 「Qスクール」という、一発勝負の「アメリカンドリーム」が消えてしまうのは残念な様にも思います。最後となった昨年の「Qスクール」を24位で通過し、2012年のツアー出場権を獲得した韓国のジョン・ハーは「ファーマーズ・インシュランスオープン」6位、「フェニックスオープン」では優勝争いをしたものの終盤に崩れ12位と活躍。そしてシーズン5戦目となった「マヤコバクラシック」で優勝と華々しい成績を挙げました。しかしプロゴルフの世界は、年間を通して良い成績を収めることに意義があるのであって、たった1週間のテストだけで「年間シード」を決める「Qスクール」は、宝くじを当てるようなものに等しく、消滅は適正な「改正案」という意見が圧倒的です。

 「PGAツアー」以外のツアーで成功を収めた人気選手の参加により「PGAツアー」の人気とツアーレベルは、さらに上がることになります。「いつの日か必ずトッププロになる」という目標を持つ選手達が凌ぎを削る2部ツアーは、アメリカでは非常に人気があります。個性が強い選手が多く、ゴルフの競技性を何よりも重視したことも功を奏したのでしょう。現在の「ネイションワイドツアー」は、世界中のプロがまず手始めに自分達のスキルを試す舞台として存在しているのです。「ネイションワイドツアー」を経て「PGAツアー」出場を果たした選手の方が「Qスクール」出身選手よりも実力が高く、より長く「PGAツアー」に参戦しているという傾向を考えれば、選手が将来に向け、自身の技術を磨くのにより適しているのは間違いありませんが、ここでも韓国勢に押されて今田竜二、貞方章男以来、残念ながら挑戦している日本人はいないという状態です。

 キーガン・ブラッドリーはルーキーながら、昨年の8月にアトランタACで開催された「全米プロゴルフ選手権」で優勝しましたが「Qスクール」ではなく「ネイションワイドツアー」出身で、同ツアーでの経験により選手として大きく成長し、メジャー初優勝まで成し遂げたのです。そのK・ブラットリーにプレーオフで敗れ、今年大ブレークしたJ・ダフナーは2部ツアー時代から今田の親友で、ともに苦労して「PGAツアー」に勝ち上がってきた選手です。

 大学卒業直後、プロに転向したいという選手の場合は、バド・コリーが選択した様に、ツアー出場権が無いノンメンバーであっても、ランキングによってスポンサー推薦7試合を含む、年間12試合に出場する権利が与えられており、賞金を稼げばツアーメンバーへの道が開かれていますし「ネイションワイドツアー」にはスポンサー特別枠により、出場は可能でした。

 世界ランキング50位以内の選手には「PGAツアー」やメジャー大会の出場権が認められているため、欧州、もしくはアジアのツアーで好成績を残し挑戦すれば「PGAツアーシード権」を獲得出来る仕組みになっていました。ベ・サンムンが去年Qスクールに参加した際には、既に2012年のWGC大会やメジャーへの出場が決定していました。「Qスクール」で落選した場合でも、翌年出場資格のある12大会で「シード権獲得」に十分な成績を残すことが出来るよう保険をかけるという、これまで多くの日本人選手がPGA出場権獲得のために実行した方法を選んでいました。石川としても、やはりツアー制度変革の前に「PGAツアーシード権」を確定しておきたいという思いがあったはずです。

 石川はこれまで、米国のトーナメントに出場する度に、自分より何十ヤードも先まで飛ばす選手を何人も目の当たりにし「飛距離を伸ばすこと」をテーマに、スイング改造に取り組んできました。プロであれば、それは当然のことで、これまでも米国に挑戦した日本の選手の誰もが、世界レベルの飛距離を求めてきたという経緯もあります。シーズンを通して米ツアーで戦うようになれば、石川のテーマも変わってくるでしょう。全力でクラブを振り回していたら、いつまでたってもドライバーの方向性は安定しませんが、成績が上がらずにいると「勝つためには何を磨くか」に、気づかされるはずです。

 PGAツアーに初めて参加する米国選手は、先輩から「1年目でホテルを覚えろ。2年目でレストランを覚えろ。3年目にコースを覚えろ」とアドバイスを受けるそうです。つまり、地元米国の選手でさえ、ツアー生活に慣れるまでに3年はかかるということになります。その中で「米国で戦う術」を覚え、結果を残すための武器を磨き続けるしかないのです。世界ランキングトップのルーク・ドナルドの平均飛距離は284.1ヤード。米ツアーに参加する選手の中で147位でした。それでも結果を出せるのは、449ホール連続3パットなしという、驚異的な安定感を誇るパッティングの技術を持っているからでしょう。

 石川も同様に、自分の武器を見つけて勝負に望めば、間違いなくチャンスは巡ってくるはずです。米ツアーに挑戦した日本人選手と比較して、格段に若いのも強みです。青木功プロが海外で活躍したのは36歳からで、丸山茂樹が本格参戦したのは31歳でした。実績を残した二人より10年~15年も早くなるわけで、3勝した丸山以上の勝利を挙げる可能性は高く、同年代の「マスターズ」ベストアマの松山や「全英オープン」で活躍した藤本というライバルの登場も刺激になるはずです。

 その「全英オープン」は、またしても今年の流れ「大逆転劇」を象徴する大会になってしましました。最終日をトップで独走したアダム・スコットを最終ホールで逆転し、優勝を果たしたアーニー・エルスは、通算5アンダーからスタートでした。前半で2ボギーと「全米オープン」で巡ってきたチャンスを逃したのと同じく、久々のメジャー優勝は無理なポジションに思えました。しかし10番、12番、14番と立て続けにバーディを奪い、通算6アンダーとリーダーズボードをかけ上がり、最終18番で4mのバーディパットを沈め、首位戦線に浮上し、パッティンググリーンでしきりに電話をかけている間にA・スコットがボギーを叩き、10年ぶりのメジャー制覇を果たしました。
15番ではティショットを左ラフに入れ、第2打もグリーン左に外してしまうピンチ。16番でもティショットを大きく右に曲げてしまうという連続の大ピンチを、冷静にパーセーブしたことが勝利に結びつきました。「正直なところ、あの16番のティショットを曲げたことも、ミスを犯したとは思っていない。グリーンを狙ったけど右に押し出したことは事実。でも、そこからのチップはうまく寄せられた。本当に必要なところで、必要なショットをうまく打った」と語っていますが、このパーセーブが18番のバーディを呼び込んだのです。

 インタビューでは敗者を気遣い、「アダムに会ったら彼は大丈夫そうだった。アダムには、こんなことになって心が痛むと言ったんだ。自分も同じ立場になったことは何度もあるし、君ならすぐに立ち直れる。引きずってはいけないと言った。彼はまだ32歳と若いし、あと10年でまだたくさんのメジャーを勝てるはず。自分は4勝だけど、彼はそれ以上勝てるだろうね」と、やはり今大会もキーワードの「ナイスガイ」が優勝しました。惜敗のアダム・スコットは14番のバーディが勝利へのダメ押しにさえ思えました。それまでも距離を合わせたイージーパーを重ねリードを守っていただけに意外な崩れ方ですが、やはりメジャーで優勝するにはまだ「経験」が足りなかったということでしょうか。14番のバーディで気が緩んだのか、15番でフェアウエイを捉えながら第2打をバンカーに入れたことが悪い流れを呼び込みました。16番で3パット、17番でパーパットを外した段階で、先に上がっていたE・エルスの、メジャー4勝目の可能性が高くなったのです。

 A・スコットは「あれを入れれば、まだ、どうにか首位にとどまることができたのに、あのホールが一番悔やまれる」とやはり17番のパーパットを振り返っていましたが、18番のティーショットがバンカーに消えた段階で、勝負の流れはE・エルスの「復活逆転勝利」に大きく傾いたのです。72ホールが終わるまで「今、ここで何をするべきか」に集中することを維持できるかどうかが「メジャー制覇」には要求されます。「大きなチャンスが指の間から滑り落ちていった。今日はそういう日だった。でも、だから人々は、このゲームをゴルフと呼ぶんだね」と前を向いて語っていましたが、この「経験」が大きな力となって、A・スコットの「メジャー制覇」を可能にしてくれることでしょう。

 石川は米国の5連戦は現地のキャディを使っていたのに、一番情報が必要な「全英オープン」で地元のキャディを使わなかったことに疑問が残ります。今後の米国5連戦はどうするのか分かりませんが、できれば専属キャディを早く決めて、二人で「必要なときに、必要なショットを打つ」をテーマに戦って欲しいですね。 (サミー大高)