打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

記録づくめで圧勝、R・マキロイ

 「2012・全米プロ」が開催されたのはサウスカロライナ州の「キアワアイランドリゾート」でした。コースは「奇才」と謳われるピート・ダイの設計で、海のすぐ近くに位置するため強いだけでなく、潮を含んでいるので風が非常に重たく感じるといわれていました。林間コースの趣のある9ホールと、海に面している9ホールが入り交じっているため「全米プロ」というよりも「全英オープン」に近い雰囲気のコースでした。海岸線に作られ、砂浜で海水浴を楽しむ人々の姿も見ることができるほど海に近いコース内にはギャラリー用の通路のほか、無数の砂地が広がっていたため、ホールによっては人工的なバンカーか、そうでない砂地かの区別ができないということで、大会を主催するPGAは、この試合に限って、バンカーを含む砂地を「すべてスルーザグリーンとして扱う」ことを決定したのです。つまりどのバンカー、砂地もハザードではなく、選手たちはフェアウェイ、ラフ等と同じようにプレーができるというものでした。大きな違いは、バンカーや砂地からもルースインペディメント(小石や木の葉などの自然物)を除去することが可能になり、アドレスでソールすることはもちろん、クラブを砂につけて素振りをしてもペナルティが科されることはないということになります。PGAは「NO・BUNKERS」という掲示で選手、関係者に事前に通達し、メジャー競技が開始されました。
 この処置は2010年大会で起こった「ダスティン・ジョンソンの悲劇」の再発を危惧しての通達でした。この大会でD・ジョンソンは最終日、2位グループに1打差をつけて単独首位で最終18番に入り、ボギーフィニッシュとし優勝争いはプレーオフへ。しかし、マーティン・カイマー、バッバ・ワトソンとの三つ巴のプレーオフに突入しようとしていたまさにその時、競技委員に呼び止められ2打のペナルティを受けることになり、その場で優勝を逃したのです。D・ジョンソンは18番のティショットを大きく右に曲げ、第2打を荒地から打ったのですが「砂地のあらゆる箇所はバンカー」として扱われていた事が徹底されず、優勝争いの緊張感の中でソールをしてしまったことがTV映像によって指摘され、D・ジョンソンの18番はトリプルボギーとなってしまったのです。今回はこのような悲劇が起こらないよう、すべての砂地を「ルースインペディメント」扱いにしたのです。
 今年の特別ルールについて、タイガーは「バンカーの砂はそれぞれに違いがある。軟らかいところも硬いところも。だから打つ前にリハーサルができるのはありがたい」と歓迎。石川はグリーン周りのバンカーでは、イメージやスイングが変わるのを防ぐため、普段通りウェッジをソールさせずにショットするものの、フェアウェイバンカーではアドレス時にクラブを置く可能性が高いと語っていました。
 「全米プロ」2日目は朝から猛烈な風が吹き付ける難コンディションになりましたが、上位には歴戦の強者たちが名を連ねていました。通算4アンダーで首位に並んだのは、悪条件の中、この日ベストスコアでラウンドしたビジェイ・シンと、メジャー15勝目に挑むタイガー、そして初日首位のカール・ペターソンの3選手でした。通算3アンダーの単独4位にはこの日1つスコアを伸ばしたイアン・ポールターが25位タイからジャンプアップ。さらに1打差でロリー・マキロイらが続く展開で、日本勢では石川が前半一時トップに立ちながら、結局「77」と苦しみながらも、通算2オーバーの24位タイと好位置で昨年の「全米オープン」以来、メジャー6大会ぶりの予選突破を果たし、谷口も通算4オーバーの47位タイで決勝ラウンドへ進んだのです。
 3日目のタイガーはショートパットが入らず、サスペンデッドとなった7番まで3ボギーと11位タイまで後退。前半9ホールを終えて4つスコアを伸ばしたR・マキロイが通算6アンダーとして、V・シンと並び首位に立ち、3位には「全英オープン」で惜しくも優勝に手が届かなかったA・スコットが続く優勝争いになりました。E・エルスの10年ぶりのメジャー制覇に刺激を受けたのか、同世代のV・シンの優勝もありそうでしたが、A・スコットのリベンジにも期待が持てる3日目でした。しかし悪天候のため全員がホールアウト出来ず、上位選手は最終日に27ホール以上回ることになりました。
 最終日は第3ラウンドの残りのホールを消化した時点で3ストロークをリードしたR・マキロイが最終日も「66」と2位のD・リンに8打の大差をつけ大会史上最多差記録での圧勝でした。2011年の「全米オープン」に続くメジャー2勝目を飾ったR・マキロイは、23歳3カ月8日での2勝目で、タイガーの23歳7カ月15日を上回り、08年の「全米プロ」から16大会続いていたメジャー大会優勝者が毎回異なるという記録も、R・マキロイの優勝によって終止符が打たれることとなりましたし、今シーズンの「最終日大逆転」の流れをも止めることに成功しました。
 例年の「全米プロ」開催コースのような「力でねじ伏せる」戦術よりも、風の中でのテクニックが求められるため、欧州出身選手の活躍が予想されていましたが、北アイルランドのR・マキロイが優勝し、2位には全米プロ初出場のデビッド・リン。3位タイにはジャスティン・ローズとイアン・ポールターといずれもイングランド出身選手でした7位タイにはウェールズのジェイミー・ドナルドソンが入り、トップ10の半分が英国出身、2人はスウェーデン、米国出身は3人という最終結果でアジア勢の上位入賞はありませんでした。オリンピックが開催されていた最終日の英国メディアは慌ただしかったことでしょう。
 
 石川にとっては今季のメジャー「マスターズ」「全米オープン」「全英オープン」の3試合は全て予選落ちを喫し、結果が求められる最終戦となりました。過去のメジャーでの予選突破や、まずまずの成績を残してこられたのは、怖さも分からず攻めに徹した結果でした。それが出場回数を重ね、次第に色々なものが見えてきて「もう一つ上のレベルのゴルフをしなければ戦えない」と感じ、スイング改造に取り組んでいるのでしょうが「PGAメンバー」になるという自覚、ここを主戦場として戦っていく上で、技術面のレベルを上げることが必要なのは間違いありません。
 レベルアップのための取り組みの中で予選落ちを繰り返しましたが、これはどんな選手でも1ランク上に行くためには乗り越えなければならない壁なのでしょう。「上のレベルのショット」に取り組んでいるのは分かりますが、状況によって攻めるのか、守るのかという「瞬時の判断力」がメジャーでは重要です。試さなくてもいい場面で無理に狙って失敗している場面も多く見られました。しかし石川のレベルが上がってきているのは事実で、今大会も2日目に一時は首位に並ぶ好プレーを見せてくれました。最終的には59位で、最終日は10番スタートという屈辱の裏街道を歩み、ホールアウト後は憮然とした表情で「悔しい」と語っていましたが、後半のアウトは4番から連続バーディ、7番と最終9番でもバーディを奪い今年のメジャーをそれなりにいい形で終えています。
 優勝したR・マキロイは「石川はテクニックにこだわり過ぎ。練習場で球を打ち過ぎ」と語っています。石川は「練習場でできるのと同じスイングをコースでも」と、常に理想のスイングを追い求めているようですが、進歩はしているが一番難しいところにさしかかってきているので、結果がついてきていないという状況の様です。来シーズンは「父親離れ」と日本のマスコミの過剰な取材から開放され、ワンランク上の石川が見られることに期待しましょう。
 R・マキロイの記録づくめの圧勝劇は、メジャー初優勝を挙げた昨年の「全米オープン」での強さの再現を見る様でした。「R・マキロイ時代の到来か」と騒がれての今シーズンでしたが、今年の流れ「大逆転劇」が起こった先の3つのメジャーでR・マキロイは下位に低迷し、全米オープンは予選落ちと結果を残せずにいました。3月に米ツアーの「ホンダクラシック」で今季1勝を挙げてはいましたが、4月の「マスターズ」以後は成績が振るわず「マキロイはスランプだ」と囁かれ始めていましたが「全米プロ」前週の「WGC-ブリヂストン招待」で5位に入る復調を見せ、メジャー2勝目を独走で制覇し「スランプ説」を完全に吹き飛ばしたのです。
 R・マキロイの不調の波を絶好調に変えたものは何だったのでしょうか。本人は「テクニックにこだわりすぎていた。練習場で球を打ち過ぎていた。それに気付いてからは、練習場ではなくコースで多く球を打つように変え、ゴルフを楽しみ、メンタル面を調整した」と、R・マキロイが石川に対して感じていることと同じ「テクニックにこだわりすぎた姿勢」を変え、心・技・体のバランス調整に努めたのです。優勝後「僕のロッカーは窓辺にあった。その窓からは練習グリーンと海が一望できて、そのとき、なんとなく、いい感じを覚えた。で、父とキャディに言ったんだ。『何か、いい予感がするよ』ってね。それがこういう結末になるなんて、面白いね」と、気持ちの余裕を語っていますが、やはりゴルフはメンタルな面が、結果に大きく影響を与えるゲームなのです。
 
 宮里美香が「セーフウェイ・クラシック」で、悲願のLPGA初優勝を挙げました。このコラムで「今年は宮里美香に期待」と書いたのは正月でした。2004年に「日本女子アマチュア選手権」のタイトルを日本最年少記録で勝った時、彼女は、まだ14歳の中学生でした。その成績が評価され「特例」で高校生以上の代表選手が競う「世界アマ」に出場しましたが、諸見里しのぶ、原江里菜らのチームメイトと共に、団体で4位に入っています。さらに’06年の「世界ジュニア」では、現在の世界ランク1位「女王」ヤニ・ツェンに競り勝ち「世界チャンピオン」に輝いています。世界の強豪と互角に戦える自分に気がつき、美香は「それなら、初めから世界で戦いたい」という気持ちを強く持ち「LPGA」挑戦を決意したのです。
 
 美香は、2011年米ツアー4大メジャー大会で獲得した賞金を、東日本大震災の義援金として全額寄付することを表明して戦っていましたが、その成績は「クラフト・ナビスコ選手権」7位タイ、「全米女子プロ」8位タイ、「全米女子オープン」5位、「全英女子オープン」14位タイと素晴らしいもので、獲得賞金総額は26万1171ドルが義援金として被災地に贈られています。美香は「日本のアマチュアNo.1」から、スポンサーなしでいきなり米国に渡り、19歳でプロデビューをして、今年4年目のシーズンを迎えていましたが、昨年の4大メジャーのすべての大会で「日本人トップ」の成績を収めていることが、今年の活躍を予想する理由でした。2010年にはスポット参戦した「日本女子オープン」で史上最年少優勝。そして、ツアー4年目での「LPGA初優勝」と順風満帆に見えますが、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかったでしょう。ジュニア時代からのライバルのヤニ・ツェンがメジャーで勝利を重ね「世界女王」へ上り詰めていく中、思うように結果が出なかった美香は、動経費節減のために米国内を車で長時間移動するなど地道な戦いを続けていました。昨年からはマネージャー帯同もやめ、キャディと2人だけで行動し、炊飯器を持ち歩き食事管理も自分でするなど、自分自身の力で強さを養ったといっていいでしょう。
 ツアー参戦4年目の今季は、結果を求めて用具契約もフリーにしての再スタートでした。しかし、序盤は気合いが空回りしたのか3戦連続予選落ちと苦しいシーズンが続いていました。照準を合わせて迎えたはずのメジャー「クラフト・ナビスコ選手権」でも予選落ちと「何を言われても頭に入らなくて。だいぶ落ちこんでいた。ゴルフでここまで悩んだことなかった」と初めて大きな壁にぶつかった事実を語っています。課題といわれたショートゲームを磨き「ショップライトLPGAクラシック」での宮里藍との優勝争いを皮切りに4週連続トップ10フィニッシュと復調すると「自分を100%信じて打つ」をテーマに掲げ、グローブに「100」と記して戦いに臨むなど、メンタル面の変化が結果につながったのでしょう。美香はショートゲームとメンタル面の課題に向き合い、自分の力で栄冠を手にしたのです。この勝利でさらなる「気持ちのゆとり」を持って戦いに臨めるはずで、2勝目も近いはずで残りのシーズンが楽しみになりました。 (サミー大高)