打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

何よりも大切な大会・ライダーカップ

 米国と欧州の2年に1度の対抗戦「ライダーカップ」も、最終日大逆転で、欧州チームが勝利して幕を閉じました。賞金のない「ライダーカップ」ですが、米国や欧州の選手にとって「何よりも大切な大会」といっても過言ではないでしょう。彼らにとってライダーカップは常に夢であり、目標であり、ギャラリーの応援の仕方も大きく違いますが、選ばれることは大変名誉なことなのです。「ライダーカップ」が創設されたのは1927年。当初は米国と英国の対抗戦として始まったのですが、やがて英国にアイルランドが加わり、79年からは欧州全域に拡大され、現在のような「米国対欧州」の団体戦になりました。
競技方式はフォーボール、フォーサム、シングルスの3種類。両チームとも12名のメンバーで構成され、そのうち10名はポイントランクから選出。残る2名はキャプテン推薦というのが長年の形式でした。しかし近年はポイントランクもキャプテン推薦枠の数も各々のチームで独自の形式を取るようになり、欧州はキャプテン推薦が2名、米国は4名になっています。欧州チームに抜擢されたのはニコラス・コルサートでした。
5月に行われた「ボルボワールドマッチプレー選手権」の準決勝第1試合、ラファエル・カブレラベローとニコラス・コルサートの対戦は、オールスクエアが続く接戦で、延長20ホール目にN・コルサートがアップを奪い勝利。準決勝第2試合はグレーム・マクドウェルとポール・ローリーが対戦。G・マクドウェルが2アップでP・ローリーを制し、N・コルサートとの決勝に駒を進めました。悪天候の中迎えた決勝戦の前半は、N・コルサートがアップを奪ってもゲーム巧者のG・マクドウェルにオールスクエアに戻すという展開でした。後半は常にN・コルサートがリードを奪い、1アップで接戦を制し、メジャーチャンピオンのG・マクドウェルに勝利したのですが、マッチプレーでの勝負強さがベルギー出身として、初めて代表に選出された理由でしょう。N・コルサートは2011年「ボルボ中国オープン」でツアー初勝利を挙げると、昨年の「ボルボワールドマッチプレー選手権」では3位、「ボルボゴルフチャンピオンズ」では4位でした。今季も「ボルボ中国オープン」で2位フィニッシュと、ボルボがスポンサーをする大会で数々の好成績を残しています。
「厳しいコンディションでよくプレーできた。対戦相手は全米オープンを制したマクドウェルだから、このような悪コンディションの中でタフなゲームになると予測していた、勝てて本当に嬉しい」と、今季初勝利、ツアー通算2勝目の喜びを語っていましたが「全英オープン」7位の後、PGAツアーの「ウインダム選手権」でも7位。直近の2試合「KLMオープン」8位タイ、「BMW・イタリアンオープン」では5位タイと何故か乗り物がスポンサーの大会で強さを発揮しています。
平均飛距離316ヤードというN・コルサーツは「史上最長のストレートヒッター」と評価されていましたが29歳と中堅で、昨年までは無名の存在が、欧州チームの「ライダーカップルーキー」となりました。もう一人は「ライダーカップ」の実績と、やはりマッチプレーの強さからイアン・ポールターが選ばれました。米国キャプテンのデービス・ラブⅢ世はスティーブ・ストリッカー、ジム・フューリック、ダスティン・ジョンソン、ブラント・スネデカーの4名を選出しましたが、人気者のリッキー・ファウラーは選出されませんでした。
ランキングで「ライダーカップ」出場を決めていたババ・ワトソンの、去年の「フレンチオープン」で見せた奔放な態度に、地元の欧州では非難が集まっていました。欧州のメディアは、B・ワトソンがビデオ撮影、携帯電話使用の禁止を無視したギャラリーを批判したことを大きく取り上げたのです。確かに欧州の選手はそれほどシリアスな対応はしませんが、ルーブル美術館や他のパリを代表する建造物の名前を知らなかったことを挙げ「甘やかされた環境で育った世間知らずプロゴルファー」とアメリカを代表する「マスターズチャンピオン」をこき下ろしたのです。
PGAツアーでは何もかもが全て同じ条件になっています。スポンサーから送迎の専用車がついて、同じビュッフェスタイルの食事とプレー後にはビールを提供するバーもあり、スポンサーを巻き込んでショー的な派手な演出が多いのも確かです。欧州勢の強さは、選手同士の強い繋がりとツアー組織そして開催コースとの連携で成り立っているように思います。欧州ツアーは毎週、全く環境の異なる場所での連戦が続きます。アジアからイングランド、そしてスウェーデンから海を渡りアメリカでも戦い、またドイツ、フランスと続くのは当たり前で、選手達は「環境に対応すること」ができなければ良い成績は残せません。
PGAと欧州ツアーはグリーンの速さ、それに芝の長さという環境条件を近く設定するのを目標にすべきという意見もありますが、欧州ツアーはアフリカ、アジア、オーストラリア、欧州各国はもちろん中東でも大会を開催する為、基準設定が極めて困難なのです。アメリカでは気候条件が良い時期を選んで、毎年開催する地域が決まっていますが、そのためメジャー以外は統一基準に沿ったコースセッティングが可能です。欧州では同じコースでも焼けつくように暑い日もあれば、急激に気温が下がることもあります。雨が降ったかと思えば強風が吹きすさぶというように変化に富んだ気候条件の急激な変化に対応しなくてはいけないという、その辺のツアー環境が、前回2010年の「ライダーカップ」で欧州代表が勝利し、1985年以降の成績で欧州チームが米国チームより2倍勝っているという、最近の「米国劣勢」を生んでいるのでしょう。
今回の「ライダーカップ」は、地元米国チームのキャプテンを務めるデービス・ラブⅢ世が、開催コースのセットアップを決める権利を持っていました。チームミーティングの意見に合う条件にすることが出来るのですが、ファーストカット部分を10ヤード幅と広くしていましたし、フェアウェイの芝と大差無い長さに刈るように条件を出していました。大きく曲げる事が多い、B・ワトソン、P・ミケルソンが2打目からでもリカバリーできるように配慮したのでしょう。しかもティグラウンドを選択してホールの長さも変えることができ、さらにピンポジションも、D・ラブに選択する権利が与えられているという、大きなホームアドバンテージが与えられ「強いUSA」の復活に期待が集まりました。
スタートから米国選手がギャラリーを煽り大歓声の中スタートするという、普段ではありえない、ギャラリーを巻込み明らかに米国有利な条件で、初日から米国チームがリードを奪いましたが、キャプテン推薦のN・コルサートはリー・ウェスウッドと組んだ午後のフォアボールマッチで、1イーグル8バーディを奪い勝利に貢献しました。タイガー、S・ストリッカー組みが16番でバーディを奪い欧州1アップと迫られた17番パー3、タイガーはティショットをピンそば1mにスーパーショット。しかしN・コルサートが8mのバーディパットを先に沈めてこのホールを引き分けに持ち込みました。初日3ポイント対5ポイントとリードを許した欧州チームでしたが、最後のマッチとI・ポールター、J・ローズ組みがともにタイガー・S・ストリッカーのエースチームに勝利したことで、N・コルサートの選出が間違っていないことが証明されました。
2日目は「GO!EUROPE・SEVE」の飛行機雲を見てのスタートでしたが、米国チームで「ライダーカップデビュー」を果たしたK・ブラットリーの勢いが止まりませんでした。いずれもP・ミケルソンと組んで、初日に2勝をあげると、2日目は午前のフォアサムでL・ウェストウッド、L・ドナルドという強豪ペアに、同フォーマット最多差タイとなる7&6で勝利とエース的な活躍でした。コース上で激しく感情表現する姿が印象的なK・ブラッドリーは「ストロークプレーでは、絶対にあんなことはしない。でも、ここではフィルがいてくれる。たとえグリーンを外して、林に打ち込んでも、そこからどう取り返すか知り尽くしているゴルフ殿堂プレーヤーがいれば、リラックスして居られる」と、将来のキャプテン候補でもあるP・ミケルソンの援護の重要さを語りました。
最終日のシングルス戦へ、4ポイント差をつけられて挑むことになった欧州チームキャプテンは「私は信じている。まだ終わったわけじゃない。これがセベ(バレステロス)から学び、選手たちに伝えようとしていることだ。本当に終わるまでは、終わりじゃない。明日はまだ12試合ある。困難な仕事であるのは確かだが、まだ終わっていない。シンプルなことだ」と最終日の逆襲を故郷の英雄に誓っていました。欧州チームが「ライダーカップ」を持ち帰るには、引き分けの場合ディフェンディングチームが持ち帰るという規定があるため8ポイント以上を獲得する必要がありました。
アメリカカラーのウェアで真っ赤に染まった敵地での最終日キャプテンの戦略は、ランキング上位選手を先行させポイントを稼ぎ、流れを引き寄せるというものでしたが、それが見事に決まりました。L・ドナルド、Iポールター、R・マキロイ、J・ローズ、P・ローリーと5連続ポイントで米国を追い上げます。2試合落として後のない状況で、セベの想いを受け継ぐセペインのS・ガルシアが上がり2ホールを連取して逆転勝利で繋ぎます。M・カイマーが1UPで最終ホールを迎えたS・ストリッカーとの戦いは、2パットで勝利というバーディパットをM・カイマーが2m弱オーバーし、グリーン周りは騒然となりました。外せば米国勝利に流れが傾く重要なパットを、M・カイマーが決め欧州がポイントで逆転したのです。欧州チームのエース格の活躍をしたのはI・ポールターでした。出場全試合4勝を挙げ、やはりキャプテンの選出に応えました。
最終組は16番でF・モリナリのバーディが惜しくも決まらず、17番では奥からのアプローチをミスし、タイガーにリードを奪われて最終ホールを迎えます。このままタイガーが勝つのが当たり前の展開に思えました。しかし左奥からのバーディパットを80cmに寄せたF・モリナリに対し、右エッジからアプローチを狙ったタイガーのボールはカップに蹴られ、ボールに勢いがつき1.2mのパーパットが残ります。タイガーが決めれば14対14の引き分けでしたが、誰もが目を疑うようなラストシーンが待っていました。タイガーのパーパットは左をすり抜けてしまったのです。しかしタイガーは次の瞬間、F・モリナリのマークを拾い上げ、F・モリナリに重圧のかかるパットを打たせなかったのです。
F・モリナリがパーパットを外しても「ライダーカップ」は欧州に持ち帰られることは決まっていました。それだけに打たせたくないというのが、タイガーの正直な気持ちだったのでしょう。
 1969年の大会は、初めて引き分けになった大会でした。その最終ホールでも同じようなドラマが起こっています。同点で迎えた最終組はJ・ニクラウスとトニー・ジャクリンというメジーチャンピオン同士の戦いでした。18番パー5のロングホールは、ともにセカンドショットをグリーンに乗せ、T・ジャクリンがイーグルパットをショートした後、J・ニクラウスのイーグルパットはカップを2m弱オーバー。しかしJ・ニクラスは外すと負けというプレッシャーのかかるバーディパットを決め、1927年にスタートしたこの大会は初めて引き分けとなったのです。カップからボールを取り出すと、T・ジャクリンのマーカーに手を伸ばし、それを拾い上げたことが語り草になっています。J・ニクラウスはT・ジャクリンと握手をすると、その肩に腕を回し「君はあのパットを外さなかったと思う、でも、あの状況の中でパットするチャンスはあげないよ」と話したといいます。
この振る舞いは、のちに「ザ・コンセッション」と呼ばれ、ゴルフでスポーツマンシップを示す最高の瞬間と称えられることになったのです。仲間意識と友情が生んだ、国際大会の理想的な姿として語り継がれていますが、カップを防衛することこそ、J・ニクラウスの心の中にあった「ライダーカップ」に対する想いだったのでしょう。「もし引き分けだったら、我々はカップを防衛できるが、見方によれば、イギリスとイギリス代表にとって引き分けは大きな勝利で、トニーを立場上、追いやりたくなかった。万が一、パットを外してしまったら、その時は彼がスケープゴートにされる。彼はあれだけ偉大なるヒーローなんだから、それはフェアじゃないと思ったんだ」と語っています。タイガーも「ライダーカップ」がかかっていたら最後のパットは違っていたことでしょう。日本にこのように素晴らしく感動的な団体戦がないのは、とても残念なことですね。 (サミー大高)