打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

世界一の集客力、日本女子ツアー

 今年のJLPGAの初戦「ダイキンオーキッドレディース」から、この原稿を書いている「ミズノクラシック」までの優勝者の出身国は、日、韓、韓、日、日、日、日、日、韓、韓、韓、中、韓、韓、韓、日、韓、日、日、中、日、韓、韓、韓、日、日、日、中、日、韓、韓、米となっています。日本勢14勝、韓国勢14勝、中国勢3勝、米国1勝となっています。
?阿玉やク・オッキが活躍した頃も、海外勢に5連勝、6連勝を許したことはありましたが、当時のような一人勝ちではなく、最近は毎週のように勝者が違うのが特徴です。4勝の全美貞や3勝のアン・ソンジュのプレー振りは安定していて、初日、2日目の成績を見ると「また勝たれるのか?」と感じることも多くなっています。また日米で活躍する中国のフォン・シャンシャンは参戦するたびに優勝しているようにも感じます。
多くの外国勢が参戦し、成績でも席巻された感のある日本ツアーですが、海外選手の流入で、特に女子の試合は韓国や中国で数百万円の放映権料を稼ぎ出すコンテンツになっているともいいます。その流れで将来的には韓国や中国の企業がスポンサーになることも考えられます。米女子ツアーはリーマンショックの影響もあり、米国内での試合が減少し、アジアやメキシコなど他国での試合が3分の1以上を占めるようになっています。米本土でのギャラリーの数は決して多くはなく、集客力という点では日本女子ツアーは世界一の実力といわれています。試合数も米ツアー以上に多く、ギャラリーのマナーや運営体制もしっかりとしていて、米国より近いことからもアジアのプレーヤーには人気があるのです。
5月の「ワールドレディス・サロンパスカップ」ではミシェル・ウィーが日本女子ツアー初参戦を果たし話題になりました。「日本女子オープン」には世界ランク1位のヤニ・ツェンも参戦したように、欧州でもなく、韓国でもなく、女子ゴルフ界においては日本が米国と肩を並べる世界の2大ツアーになりつつあるのです。日米ツアーを掛け持ちするフォン・シャンシャンは今年大ブレークを果たしました。5月の「ヨネックスレディス」で優勝した2週間後に「全米女子プロ選手権」を制して、中国人初の「メジャーチャンプ」になりました。
 日本ツアーに専念し続けているアン・ソンジュ、全美貞や李知姫も、米ツアーに継続参戦すれば勝つ力は持っているはずです。日本の女子プロは日本にいながらにして世界最高峰の舞台で、ワールドクラスの選手とプレーをしていることになります。「世界最高峰のツアー」を目指すとしたら、マスコミが書き立てる「日本人が勝てない」を、大騒ぎする必要も無いのではないでしょうか。
日本国内だけでなく、米ツアーでも今や韓国人選手は優勝常連組となっています。1988年にク・オッキが韓国人初の米女子ツアー優勝を成し遂げて以来23年間で、すでに100勝を超えています。日本は樋口久子の4勝、岡本綾子の17勝、宮里藍の8勝などをすべて足しても1974年からの38年間で43勝となっています。韓国ゴルフ界の「国を挙げたジュニア育成」が、大きな成果を挙げたのは間違いありません。
「メジャーチャンプ」になったフォン・シャンシャンは「日本人選手は65とか66のビッグスコアを毎日出そうとは思っていない。安定しているけど爆発力も一瞬だけ。でも、米女子ツアーで活躍できるのは、年間を通して毎日ビッグスコアを出せる選手で、そこが大きな違いかな」と語っています。米国人以外で初の「米女子ツアー賞金女王」に輝いた岡本綾子も「日本では1日3アンダーで守りに入る。でも、向こうの選手は3アンダーまで伸びると、5・6アンダーまで伸ばせる日だとアグレッシブになるのが大きな違い」と語っていました。
そしてフォン・シャンシャンに続く「新星」が中国から現れました。アマタスプリングCCで開催された「アジアパシフィックアマチュア選手権」で、14歳のグァン・ティンランが通算15アンダーで初優勝し、2013年の海外メジャー初戦「マスターズ」の出場権を獲得しました。また、グァンと2位の台湾のパン・チェンツンは「全英オープン」へのアジア最終予選会の出場権を手にしています。中国も韓国の様に「ナショナルチーム」に力を入れているのです。
グァン・ティンランは2011年の「世界ジュニア(11歳~12歳の部)」で優勝を飾っています。昨年には欧州ツアー最年少出場を「ボルボ中国オープン」で果たし、「中国アマチュア選手権」最年少優勝など「中国の天才少年」と呼ばれています。4歳でゴルフを始め、小学生時代から毎年夏場には家族で米国に滞在しレベルアップを目指しています。今大会も毎日、両親とともにどの選手よりも遅くまで練習場にいたのがこの少年だったといいます。3年連続優勝を狙った松山を破り、14歳にして「アジア最強アマ」となったのです。
この優勝でマティオ・マナセロが16歳11か月で記録した「マスターズ最年少出場記録」を、14歳5か月17日と大幅に更新することになります。中国勢のマスターズ出場は史上3人目の快挙ですが、ついに中国からも若い世代の強い選手が現れました。3連覇を狙った松山英樹は初日、2日目にスコアが伸ばせず、首位とは8打差で最終ラウンドを迎えました。初日からの3日間は、3番ウッドでティショットを放っていたスタートホールからドライバーで攻め、2番ではグリーン手前からのピンを直撃するアプローチで最初のバーディと攻めましたが、結局5バーディ、1ボギーの「68」のラウンドで、3年連続の「マスターズ」出場はなりませんでした。
「伸ばさないといけないラウンドでパットが入らず、4日間噛み合わなかった」と自身のラウンドを悔しそうに振り返っていました。昨年「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制し、手にした2年間のシード権は来季が最終年で、アマチュアとしての「マスターズ」参戦が消滅したため、プロ転向時期が早まるかもしれません。今年の「マスターズ」は松山が日本人で唯一決勝ラウンド進出を果たしましたが、最後は悔し涙も見せた大会でした。8月の「全米アマ」への出場も「マスターズ」を見据えてのものでした。「全米アマ」は、世界各国のトップアマが集う権威のある大会です。上位2人には翌年の「マスターズ」出場権が与えられるほど、そのステータスは高いのですが、松山は「アジアアマ優勝者」として参加資格を持っていました。
出場を悩む松山に「英樹には最初からメジャーを目指す選手になってもらいたい」と公言していた丸山茂樹が「英樹は全米アマ出られるんでしょ? だったらぜひ出てくださいよ。僕もアメリカで戦っていたからこそ、ミケルソンやいろいろな選手と今でも『ハイ! 元気?』と話ができるんです。海外の大きな試合に行っておいたほうが、将来一緒に戦う選手たちと今から知り合いになれるんですから。マスターズみたいなメジャーとは違うフィールドも経験しておいた方がいいですよ」と、東北福祉大の監督にアドバイスをしたことで松山は出場を決断したといいます。
「全米アマ」は「全米オープン」と同じUSGAの主催試合のため、メジャー仕様のセッティングになっていました。そのセッティングに対応できず64人によるマッチプレーにも残れずに、松山は2日間で予選落ちを喫してしまったのです。狙っていたはずの「マスターズ切符」には遠く及ばず、結果だけを見れば惨敗でした。しかし「全米アマ」の翌週に行われた「日本学生選手権」で、初日、2日目と首位に立っていた松山のコメントは「パターが全然入らなくて、きのうよりひどいラウンドだった。こんな調子だから全米アマは予選落ちしたわけで。日本の中ではトップでも」と、とそのコメントに大きな変化を感じました。
松山は4オーバーで予選落ちした「全米アマ」で戦った選手たちを思い浮かべ、「あれだけレベルの高い全米アマのコースで、トップの選手が出した2日間9アンダーというスコアは、いくら頑張っても自分には出せそうもない感じがした。海外の選手と比べたら、この大会でも自分はもっともっとスコアを伸ばしていかないと」と世界のレベルを痛感したようでした。
「マスターズ」の出場で、世界の壁の高さは感じていたはずです。しかし、それは10歳以上も年の離れたプロたちもいる世界の話。力の差はあっても当然と割り切れるものです。しかし「全米アマ」で顔を合わせたのは、ほとんどが同世代の、まだプロにもなっていない選手たちで、言い訳のしようがなかったということなのでしょう。「ショックというよりは……、あれが向こうのレベルなんだな、やっぱり高いんだなって思いました」と、想像していた現実をはっきりと突きつけられたということなのでしょう。
「マスターズ」では2年連続で予選を突破し上位争いを経験し、日本ツアーではすでに昨年初優勝を果たしています。7月の「サン・クロレラ・クラシック」でも2位に入り、同月下旬には日本人男子として初の「世界アマチュアランキング1位」にも輝きました。こんなアマチュアは日本にはいませんでした。石川遼ですら歩んだことのない道を松山は進んでいるのです。反省しきりの「日本学生選手権」も6打差の圧勝と、日本には切磋琢磨できるライバルはいません。
もっと高いステージで戦いたいと感じてプロになるとしたら、いっそのこと米ツアーや欧州ツアーの予選会を受け、海外でプロデビューしたほうがいいように思います。誰もやっていないことをやってのけるのがモチベーションになるタイプなのでしょう。孤独に戦い続けてきた松山だからこそ選べる道もあるはずです。前回述べたように米国に参戦する石川は、ビッグブランドと契約しサポートを受けることになりました。しかし松山には宮里美香が歩んだように、どことも契約せずフリーの立場で、海外からのプロデビューを果たして欲しいと思います。 (サミー大高)