打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

43歳にして初の賞金王、藤田寛之のゴルフ哲学

 「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、藤田寛之が最終日も3つスコアを伸ばしトータル18アンダーで2位に5打差をつける完全優勝で、今季4勝目を挙げました。藤田はこの大会3連覇、そして43歳にして初の「賞金王」に輝いたのです。藤田は「スイングが全く分からなくなった」「体力よりも自分の技術がいつも不安」「上手くいかないときはもう引退だと思ってしまう」「力不足」「これでは歯が立たない」と、ネガティブなコメントを平気で口に出す選手です。
 ゴルフは「ミスのスポーツ」といわれますが、ささいなことなど気にせずに、何事も前向きに取り組んでさえいれば、必ず道は切り開けるという「ポジティブ思考」とは真逆で「絶好調!」などという言葉は「賞金王」になった今季でさえ聞くことはありませんでした。自分に妥協しないから小さなミスが気になり、それを克服しようと悶々と悩みながら、藤田は毎日練習場で最後まで球を打ち続けるのでしょう。
 「ゴルフって上手くなったと自分で実感するのは難しい。これができるようになったとか、そもそも絶対にできるものなんてゴルフにはないんですから“藤田寛之像”が語られる時によく出てくるものに、たとえばマイナス思考というのがありますよね。ただ、自分では決してマイナス思考ではないと思っているんですよ。古き良き時代の日本の、厳しく自分を評価して、そこから這い上がるっていう考え方をしているだけで。最近の『プラス思考』っていう軟弱な考え方とは違う。確実な本物を見つける作業をしているんです。それは違うと言われるのであれば、『プラス思考』と言っている方々のほうが違うと声を大にして言いたい」という藤田流の「ゴルフ哲学」を語っています。
 藤田がゴルフを本格的に始めたのは福岡・香椎高に入学してからで、中学まではボーイズリーグでプレーする野球少年でした。「高校に入って野球部の練習を見に行ったけど弱かったんですよ」と、それまで遊びでやるだけだったゴルフに打ち込むことを決めたそうです。実家の近くにあった芝生の公園に自分で用意したネットを松の木に縛り付けて打席を作り、穴を掘ってカップも作ったといいます。「勝手に4、5ホール造っていた」と、自分だけのゴルフ場を作ってしまうモチベーションが、藤田のプレーを支えているように思います。
 「ベアグラウンドがあったり、芝の長さもまちまち。距離がないからアプローチばかりしていた。それが今のゴルフの原点になってるんじゃないですかね」と、藤田のゴルフスタイルの原点、ショートゲームへのこだわりも語っています。専修大に入学したものの東の丸山茂樹、西の桑原克典と横綱級の2人が君臨し、最高成績は全国4位でした。「自分は小結ぐらいだったんじゃないですかね。全国でも名前は知られているけど、横綱に勝つなんてとてもとてもといったところ」と、当時を振り返っています。
 藤田が師事する芹沢信雄の見方は「プロ入りした頃からショートゲームはめちゃくちゃうまかったんで、あとは本人の努力次第だと思っていた。常に賞金ランク30位以内のアベレージの選手になればってね。正直ここまでできるとは思ってなかった。本人の努力でこうなれたわけで、潜在能力って分からないね」と、賞賛しています。しかしツアー生活に徐々に慣れ始めた1996年には師匠の芹沢と練習ラウンドで「自分では考えられないショットの精度を見せられて、こんな風にはなれない、ゴルフをやめようかと思った」とも語っています。それでも初優勝、シード、賞金ランク上位と徐々にハードルを越えて、目標をクリアし続けていつのまにか「賞金王」にまでたどり着いていたのです。
 39歳を迎えた2008年から毎年海外メジャーに出場するようになりましたが、飛距離で圧倒され、得意だったはずのショートゲームでもアドバンテージを持てなかったことが40代を迎えてもなお、藤田を進化させる原動力になっています。芹沢は藤田の成長について「だんだん曲がり幅の許容範囲の意見が食い違うようになってきた。日本ではよくても米国じゃあ、と考えてるんだろうね。それぐらいいいじゃんと僕が言ってもまだ練習してるんですよ。もうやめろよ、体壊すぞって言ってますよ」と、藤田のモチベーションの高さの理由を語っていました。
 藤田は「168cmの自分のゴルフでも世界で生き残れる方法はあると思う。飛距離も番手も体格も一緒で世界ランク1位になったルーク・ドナルドみたいな選手がいるわけだから、同じ人間として絶対にできると思う。ただ、時間的な限界は感じる。43歳の自分にはもう上手くなるための時間がない。自分は天才でも何でもないから、時間を要して上手くなっていく。ゴルフをやればやるほど、追求すればするほど上手くなっていくのは間違いない。でも、その時間が自分にはもうないと思う」と、小さな進歩を積み重ねるための練習に毎日明け暮れてきたのですが「失望と落胆」を乗り越えて、初の「賞金王」に上りつめたのは、43歳にしてさらにこだわる藤田流「ゴルフ哲学」のおかげでしょう。
 「ゴルフIQ」という言葉をご存知でしょうか。IQとは「知能指数」のことですが「ゴルフ知能指数」の高さこそが、勝つためや、ゴルフ上達のためには必要不可欠な要素になります。遠くに飛ばす能力があっても、パーオンさせる能力があっても、それらをつなげられなくてはスコアになりません。ゴルフをプレーする上で必要な「知能」とは「環境に適応し、新しい問題や様々な状況に対処する知的機能・能力」ということになります。
 ボールのライなどの状況判断をして、ナイスショットのイメージを描ければ問題は起こり難いのですが、ミスショットの確立が高い場合はリスクを考え「最善」を決断し実行する能力が必要なのです。優勝争いならば。自分の順位を把握し、トップならば2位との差と残りホールを考え、戦略を考えることも「ゴルフIQ」ということになりますが「状況判断・イメージ・決断・実行」の繰り返し、淡々とホールをこなして行くことになります。
 難しいセッティングの試合というのは、ティーショットが深いラフに行きやすく、セカンドショットはグリーンに乗らないセッティングにしているという事です。また、ピンポジションは通常の試合よりも傾斜の強い所にカップを切るので、たとえ1メートルでも安心できないという状況の中で、スコアをまとめていくためには、100ヤード以内のショートゲームが重要になってきます。
 アプローチについては「イマジネーション」も大切なファクターですが、バリエーションを増やし、寄せるだけではなく、次のパッティングを得意なラインにつけることまで考えなくてはならないのです。「ゴルフIQ」の高いプレーヤーはメンタル的にも常時落ち着いています。ティーショットが深いラフに行ったからといって、動揺する事なく、冷静に自分の得意な距離に打ち出しパーを重ねて行くのです。
 谷口と藤田は「日本シリーズJTカップ」で2年続けて2人のワンツーフィニッシュを飾っています。一昨年に谷口の猛追を振り切って優勝を飾った藤田が、昨年もプレーオフの末に連覇を果たしのですが、10月の「ブリジストン・オープン」は、谷口が最終日の最終ホールで劇的なチップインイーグルを奪い、首位の藤田を1打かわして大逆転優勝を決めたのですが、記憶に残る試合になりました。谷口は「ここで負けていたら賞金王争いは終わっていた」という危機感を見事に結果につなげ、藤田の背中を再び視界にとらえた大会でした。
 同世代のライバルに対して藤田は「谷口さんがいて刺激にはなる。谷口さんと競った試合展開になることは、自分にとって起爆剤でもあるんです。だけど、それはモチベーションにはならない。言ってみれば、愉しみですね。言葉のやり取りだってお笑いの一部として言ってますから。たぶん谷口さんも本心の部分ではそうだと思いますよ」と、2002年、2007年と2度の賞金王を獲得した後にしばらく息を潜め、一昨年あたりから再び輝きを取り戻した好敵手との関係を語っています。
 藤田は「自分との戦いが目標であり、モチベーションなんですよ。限界を決めてしまうのも自分」と40歳を迎えるにあたり、所属する葛城GCのクラブハウスに専用のトレーニングルームを設置し、肉体的な衰えに対しても妥協なく取り組んで来ました。自分との戦いは「海外メジャー」を見据えてもものでしょう。今回の優勝で世界ランク50位以内が確定し、「マスターズ」出場は確実視されています。
 今季2勝目を挙げてからは、2度目の「マスターズ」に備え、ドローヒッター有利と言われるオーガスタを見据え「フェードではオーガスタはイメージが悪い。左に引っかけてもドローを打ちたい。「マスターズ」を目標に掲げた時点からやることはやっている」と、どのコースに立っても、イメージする放物線は右から左へのドローボールに変えましたが、あくまで2度目の「マスターズ」で結果を出すための準備でした。今シーズン積み重ねてきたすべての結果を出すのは来年4月の「マスターズ」ですが、吉報が届きそうな気がします。
 今季の日本男子ツアーも韓国勢の台頭が目立ち「ベテラン対韓国勢」という試合が目立ちました。韓国の若手イ・キョンフンはツアー初優勝を挙げ、キム・ヒョンソンは初優勝の翌週も優勝し2連勝を達成しています。12勝の日本勢に対して韓国勢は8勝で賞金ランクでもベストテンに4人が入っています。
 それにひきかえ「オフに自分たちと一緒に練習しているような日本の若手は」と、うるさいオヤジと思われようとも谷口は言わずにはいられない様で「韓国の若い選手は勢いがあって、日本の若手よりも手強いですよ。イ・キョンフンとも何度か一緒に回ったけど、すごく能力がある。自分も必死で頑張らないと昔みたいには勝てないです。それに比べて日本の若い選手にはもっと頑張ってもらわないとね。なぜかは分からないけど、あまり本気度が感じられないんですよ。本気で勝ちたいとか、こうなりたいとか、そういう目標がないように見える。自分の現状を把握して、認めて、もっともっと努力しないと。優勝するうれしさというか、1位と2位は全然違うってことを早く感じ取ってもらいたいですよね」と、若手のふがいなさを語っています。藤田ももどかしそうに「20代、30代の選手が賞金王争いに割って入ってきてくれるとうれしいんですけどね。40代の2人で争っているのは、ツアーとしてはどうなんだろうとも思うんですよ」と、40歳を超え「切磋琢磨」し、日本ツアー背負って立つ2人の心境は複雑なようです。
 石川遼がゴルフ用品メーカーのキャロウェイ、ダンロップスポーツ両社と、年間総額8億円の超大型契約を結ぶことになりました。クラブやウエアはキャロウェイと年間6億円の2年契約。ダンロップスポーツとは、ボールだけで同2億円という破格の契約金となっています。プロ転向以来のヨネックス社とのクラブ、ウエア契約は来年1月末まででしたが、同社の厚意で期限を1カ月前倒し。1月の米ツアー本格参戦は、初戦から「新体制」で臨むことになりました。
 ゴルフ界の主な大型用具契約としてはタイガーがナイキと5年間で106億円の契約が有名ですが、P・ミケルソンはキャロウェイと1年間あたり約10億円の複数年契約を結んでいます。日本では過去に尾崎将司がワールドワンと5年10億円で契約、丸山茂樹がブリヂストンスポーツと6年6億円、伊沢利光がブリヂストンスポーツと年1億5000万円で契約というのが話題になりました。女子では「天才少女」と騒がれたミシェル・ウィーがナイキ、ソニー両社で年間11億円というビッグ契約が話題になりましたが、宮里藍はブリヂストンスポーツと3年1億円で契約したとされるだけに、2年間にわたって勝利から見放されていた石川に対する破格の契約は、メーカーの大きな期待の現れなのでしょう。勝てずにいた2年間「1打ごとに、自分の足りない部分しか脳裏を過ぎらない」と、戦っているにもかかわらず、足りないものを探して苦闘している様子がうかがえました。2年ぶりの優勝インタビューでは?「足りない部分は何ですかという質問をされたことがありました。勝ってみて分かったんですけど、足りないものは“無い”と思います」と、胸を張って答えていたのが印象的でしたが、2012年の年末に長いトンネルから自力で抜け出し、来るべき新年に大いなる期待を抱かせてくれるシーズン終盤でした。

今年も一年間ありがとうございました。
皆様良い新年をお迎えください。
         サミー・オオタカ