打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

アマチュア組織がプロのルールを管理する不思議

 新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
昨年の11月28日にR&AとUSGAは、クラブを身体の一部に固定してストロークする「アンカーリング」の禁止ルール改定案を共同発表しました。現段階での発表ではあくまでも”ルール改定案(proposed rule)”となっていますが、これまでのルール改訂を見ると、反対意見や修正意見を聞き入れて、この案を中止または一部修正することはなさそうです。
 「アンカーリング」とは(パターに限らず)、ストロークの際ゴルフクラブの一部を身体に固定することをいいます。禁止となったためクラブはアドレスの際、クラブを支える手以外は、身体の一部に固定できなくなります。アンカーリングの定義では、どのクラブ取り巻くものでも実際に身体に接触できないというものです。中長尺パターを使用するほとんどのゴルファーは、身体にパターを固定しています。グリップエンドは通常、中尺(ベリー)パターの場合、お腹の部分に固定され、長尺(ロング)パターの場合はこぶしと共に胸の辺りに固定されています。その固定を禁止するルール改正で「アンカーリング」を使用しなければ、中長尺パターは使用することは可能で、中長尺パターの使用禁止というルール改正ではありません。
 中長尺パターを使っているほとんどのゴルファーは、パッティングの方法を変更するか、レギュラーサイズのパターに変えることになります。長尺パターで一般的に胸に固定することは、20年以上も許されてきたのですが、キーガン・ブラッドリー、ウェブ・シンプソン、アーニー・エルスが、最近4メジャーの内3勝を挙げたとこでルールが見直されたということです。高反発規制やウェッジのスピン量規制の時も述べましたが、今回もアマチュアゴルファーの楽しみを奪う「改悪ルール変更」です。
高反発でも、飛距離が出るが楽しいゴルフになります。ウェッジもスピンがかかる方が楽しい攻め方ができるでしょう。USGAとR&Aは「ゴルフルールは一つであるべきで、それがゴルフの伝統にとってあるべき姿だ」と繰り返すだけです。USGAは調査のために膨大な技術、時間、金をかけ、ゴルフボールの飛びやスピンを制御しようとしてきたのにも関わらず、用具を制限することに失敗してきたのです。「ルールの番人」は、何かを変更するとき「公平とかゴルフの精神」という言葉を持ち出しますが、半数以上のプレーヤーがロングパターを使っているシニアのチャンピオンツアーは言うまでもなく、多くのPGAツアーや欧州ツアーのプレーヤーの中には、キャリアが消されることになるプレーヤーも出てくるでしょう。ルール変更の前に、PGAツアーをはじめ他のプロツアーは、独自のルールの採用に乗り出すべきでした。ボールが飛びすぎる事についても、ツアーがその独自のルールを持てば、何パーセントか飛ばないボールを使用することも可能なはずです。他のスポーツでアマチュアに同じルールを適用しているスポーツはありません。一番の問題はプロのルールを管理しているのがアマチュアの組織だということです。プロのゲームで起きる問題を、何故アマチュア組織の彼等が解決しようとしているのかが理解できません。アマチュアゴルファーがベリーパターを握ってもアーニー・エルス、ウェブ・シンプソンのようにプレー出来るわけではありません。高反発ドライバーやハイスピンウェッジもルール違反とするのでは無く、プロのルールで禁止すれば良いことなのです。
 PGAツアーのパッティングスタッツを見ると、その上位20位以内にはロング・ベリーパターの使用者はいません。それなのにゴルフ界の権威(R&A、USGA)はこれの禁止に動いたのです。アメリカでのゴルフ人口減少の原因は、時間、費用、そして難しさだといわれています。決してゴルフの伝統が損なわれたためではないのです。ドライバーのサイズは初めから460ccだったわけではありません。ヒッコリーシャフトからスチールシャフト、そしてカーボンシャフトとゴルフをやさしくする素材が登場し、パーシモンウッドやバラタワウンドボールからメタルウッド、チタンヘッドとやさしさを追求し、ソリッドゴルフボールで飛距離性能がさらに上がり、様々な選択肢が独創的なプレーヤーを生み出してきたのです。
 「ルールの番人になったのだから、何か変えなくては」という、アマチュア組織の一方的なルールの「改悪」は、いいかげんにしてもらいたいものです。今回はクロウグリップ(爪で掴むようなグリップ・画像真ん中)やクロスハンドグリップ(左右のグリップを逆にした握り)という伝統的ではないスタイルは問題になりませんでした。サイドサドルパッティングや画像右のマット・クーチャーが採用しているような前腕部にグリップを置くような方法は禁止されていません。また画像左のベルンハルト・ランガーが採用していたような反対の手の前腕にグリップを固定する方法は許されています。しかし今回の論理で言うとマット・クーチャーのパッティングスタイルで「メジャーチャンピオン」が多数誕生すれば、また禁止されるかもしれません。

golf49

 メジャー4試合に3人の優勝者が出たことが本当にきっかけになったのだとしたら、世界中のゴルファーが、数百人のプロによって影響を受けることになります。PGAツアープロで、アンカーリングをするパターを使っているのは15%以下です。米国チャンピオンズツアーで三度の優勝を飾っているマイケル・アレンは、ロングパター、ベリーパター、レギュラーパターを使い分けますが「パターのアンカーリングは多くの人のゴルフを楽しくしてくれる。もし使えなくなるのならゴルフは楽しくないし、したくもなくなる」と批判しています。「有利だというさしたる証拠も無いが、どうしても禁止したいのなら、プロのレベルだけにするべきだ」とも語り、ツアープロと一般アマチュアを分けた「ダブルスタンダード」を推奨しています。
 ゴルフは現在でも十分難しいスポーツです。それなのに何故もっと難しくしようとするのでしょうか。ゴルフをさらに普及させるにはもっと易しくするべきです。ツアープレーヤーのパフォーマンスを規制するために続いている様々な用具規制が、ある意味ではゴルフ振興の妨げになるとの意見も多く、一般の用具ルール改訂にはゴルフ産業のことも考えた配慮が望まれ出してもいます。
 アーニー・エルスは以前「私も半年前に使ったことがあるが、やはり私は伝統主義者だ。如何なるクラブも身体に付けるべきではないと感じる。自分は彼等(USGA、R&A)が何をしようとしているか知らないが、パターを使う限りは腕であっても身体につけてはならない。このことは自分の経験から出た言葉だ。私はベリーパターを使ったが、多少効果はあったかも知れないがあまり効いたわけでもない。だから私は禁止に賛成だ。それでいい」と語っていましたが「全英オープン」を優勝したときは、そのベリーパターを使っていました。
 「全英オープン」ではE・エルスに敗れたものの、ロングパターを使用し世界ランキングのトップ10に返り咲いたアダム・スコットはルール変更に反対していましたが「アンカーリング禁止」の発表後に出場した「オーストラリアンオープン」練習ラウンドで、彼がこれまで二年間使ってきたパターを短く切ったパターを使いはじめましたが「これまでのロングパターと同じライ角度、同じフィーリング、同じ感じが再現できている」と話しています。
 W・シンプソンも「パッティングには自信があるし準備もできている。自分は2004年、パッティングが不安定だったので、より安定性を求めてこの方法に変えたが、どちらの方法でも大丈夫だ。もし準備が出来ればヒュンダイからでも短いパターで行きたい」とパッティングの修正に自信を見せていますが、プロゴルファーだからこそ可能な対応で、ロングパターに慣れてしまったアマチュアゴルファーがレギュラーパターでフィーリングを得るためには、多くの練習が必要になります。また腰や背中に痛みを抱えるゴルファーにとっては、体に優しい「アンカーリング」が禁止になると、プレーが苦痛になるゴルファーもいるはずです。
 J・ニクラスは「ゴルフは最初っから難しいゲームだ。どうやってボールをホールに入れるか考えてみてごらん。貴方が正式なストロークで正式なパターを使っていても、ホールに入れなければならない。40年以上も昔、股の間でパターする(クロケットスタイル)ボブ・ドゥ-デンパターが使われていたことがあるが、とてもゴルフには見えなかった、サム・スニードもそれを使っていたが、自分は反対はしていない」と話しています。更に「私は自分が1986年のマスターズでビッグパターを使ったとき、それを禁止しなかったことに驚いている。あのパターは随分売れた。これだってベリーパターと同じようなもの。自分はこれについて大した問題ではないと考えている」と自分の見解を述べています。
 J・ニクラウスは右前腕を右太股に固定したパッティングスタイルでした。この方法や、右手を胸に付けるのは、クラブを身体に「固定する」という意味では、ほぼ同じといえます。 ルール変更の真意が「見た目が醜い」ということだとしても、これがゴルフに有利に働いているのかが問題なはずです。ベリーパターはリストが動くのを抑えてくれるだけで、そんなに有効なパッティングスタイルでは無く、そのスタイルが「パター上手」を生んでいるわけではないことは数字が証明しています。残念なルール変更ですが、決定した以上ルールはルールです。私も長くベリーパターを使っていましたが、使い慣れたパターを「マット・クーチャースタイル」で打つためにパターを改造しました。左手にグリップを固定するにはシャフトの角度を変える必要がありますが、手首の動きを抑えるにはこの打ち方が効果的です。
詳しくはhttp://www.sammygolf.com/blog/をご覧ください。