打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ホンダPTT LPGA タイランド

 米国女子ツアー開幕戦「ホンダPTT LPGAタイランド」がサイアムCCで開催されました。昨年、3位タイからスタートした宮里藍が最終日に怒涛のバーディラッシュで「63」をマークし、6打差を大逆転してツアー2勝目を挙げました。この開幕戦から2戦連勝となった宮里が、好調の波に乗りシーズン5勝と大きく飛躍した大会です。
昨年メジャー2勝の台湾のヤニ・ツェンは、前の週に開催された欧州女子ツアー第2戦「ANZ RACVレディースマスターズ」を通算24アンダーで優勝。開幕戦に続き2週連続優勝を果たして参戦してきました。ヤニ・ツェンの今季初戦は1月に、地元台湾で行われたアジアン女子ツアー第2戦の「日立クラシック」でしたが、2位に3打差をつけて優勝しています。5位から2位と上がって来ていた「ロレックス世界ランキング」でも、韓国の申智愛を抜いて初めて「世界ナンバーワン」となっており、初日はポーラ・クリーマーのラウンドでした。
2007年の大会を制したのは、昨年も3日目を終えて2位に5打差をつけて通算18アンダーで独走したスーザン・ペターセンでした。 2007年は通算21アンダーで優勝しており、このコースの計8ラウンドでトータル41アンダー(1ラウンド平均67,25ストローク)という驚異的なスコアをマークしていました。初日は宮里藍とのラウンドで私も観戦に行きました。宮里はコースを得意にしているS・ペターセンに引っ張ってもらえそうに思いましたが1番バーディの後、2番でバンカーから脱出できずにダブルボギーを叩き後退してしまいます。S・ペターセンと宮里藍を比較すると完全に頭一つ以上の身長差がありました。それ以上にS・ペターセンの後姿は、完全に鍛えられた「男の背中」でした。この「男の背中」に、宮里は去年勝ったのかと思うと、本当に凄いことだと感心させられました。

golf5a

 最終一組前のミッシェル・ウィの練習を見てから、宮里藍の組には10番パー5の3打目から合流しました。前の組の「新女王」ヤニ・ツェンは、ここも2オンしてイーグル逃しのバーディでしたが、ティショットはP・クリーマーをキャリーで超えていました。P・クリーマーもフェアウェー右からの3打目を2mに寄せ、バーディでした。宮里藍はフェアウェー左目からの3打目でした。ここからは一緒に観戦していた生徒さんへの解説です。「左からは左足下がりと、バンカーの傾斜で止め難いです。オーバーしなければいいけど」と言うと、ピン左横に落ちたボールは、止まらずカップ奥への2段グリーンの傾斜で大きくオーバーしてしまいました。

このピンポジションでは3打目は右から打たないと難しい、S・ペターセンは右からなので止まります」と言うとスピンの利いたアプローチでベタピンにつけました。宮里は何とか2パットでしたが、ショットのポジショニングから悪い流れを感じました。11番のティショットは狙いどうりで右バンカーの手前に運び、セカンドもナイスボールでした。ピンそばかと思いましたが拍手がなく、行ってみるとわずかにエッジにオーバーしていました。そこから上手く寄せたのですが1,5mの難しいパーパットを残します。
S・ペターセンは手前10mにオンしていましたが、ファーストパットは3m近くショートしてしまいます。明らかに強かったパーパットはカップに跳びはねて入りましたが、びっくりしたように宮里と目を合わせ、お互いに笑っていました。
宮里も上手く決め、互いにパーでホールアウト「S・ペターセンはこれで良くなりそう、宮里はまだ流れが来ていないようですね」と解説した次の12番パー3ではペターソンは左にオーバーし、宮里は右手前にショートしてボールが戻ってくるのが見えましたが、我々は14番パー4のグリーン奥で待つことにしました。
宮里はボギーだったようで、悪い流れのまま13番はパーで14番に来ました。14番のピンポジションは2段グリーンの右上の狭い場所でした。左目から打った宮里はフェード気味に段をかけ上げようとしたのでしょうが、届かずグリーンエッジに止まってしまいます。
S・ペターセンは練習でもたまに出ていたプッシュアウトで、アゴが高い右手前のバンカーに入れてしまいます。宮里の方が遠そうに見えましたが、S・ペターセンが先に打ちました。このショットはギリギリを狙いすぎて一発で出ません。しかし気を取り直して打ったショットは完璧で、見事にカップに消えてナイスパー。待たされた宮里はファーストパットを3mオーバー、返しはわずかに入らず、悔しそうに15番へ。待たずに先に打っていたら展開も変わっていたでしょう。
「次のホールでも落とすと、一番難しい16番が心配です」その15番は、通常のレディースティからの短いパー4になっていました。普段はクリークの手前に刻むホールですが、レディースティからなのでFWでもクリークを超えていきます。ナイスパーを拾ったS・ペターセンは、左目で少し木がかかるラインで、距離はないものの左からの傾斜に落とす、難しいセカンドが残りました。
前のホールの失敗からか、宮里は右目のベストポジョンに「あそこからなら奥に落としても戻るので突っ込んでくるでしょうが、S・ペターセンは、スピンがほどけて奥に行きやすいはず」と解説すると宮里は80センチにベタピン、S・ペターセンは止まらず戻ったものの奥3mオンしました。「流れを引き寄せたS・ペターセンは入れます」と言うと、ド真ん中からナイスバーディ。宮里も決めてやっとバーディがきましたが、難しい16番パー3のティグラウンドでまた待たされてしまいます。左奥に外したS・ペターセンを見て、宮里は手前のあごの高いバンカーへ打ち込んでしまいます。結局バーディの後のボギーで流れを引き寄せられません。
続く17番は右下の段にカップが切ってありました。セカンドは14番と同じように左フェアウェーからの宮里と、狙いやすい右目からのS・ペターセン「左は手前のバンカーからの下り傾斜が強く落ちどころによっては右にこぼれるか、奥のバンカーに入ると大変です。右からのS・ペターセンのほうがラインを出しやすいので寄りそうです」と解説。
宮里の2打目は左からの風で戻りながらきましたが、あごの高いバンカーを越えた、グリーンの一番強い下り傾斜に落ちて止まりませんでした。バンカーには入らなかったもののグリーンオーバーしてしまいます。S・ペターセンがベタピンにナイスオンすると「言った通りになりますね」と皆さん驚いたようでした。「宮里は外した場所がラッキーでした、これを入れたら最終もバーディの可能性が高いですよ」と、しかしアプローチはカップをかすめたものの入らずパーでした。
前が詰まり、先回りして18番パー5の2打地点に行くと、ヤニ・ツェンが狙い済ましたようなナイスボールで2オンの「イーグルチャンス」に乗せました。グリーン横で見ていると宮里のティショットは、左ラフからフェアウェーに出たところで2オンは完全に無理な位置でした。S・ペターセンはヤニ・ツェンの20ヤード後方から2オンを狙っていましたが、宮里は先に80ヤード地点の比較的平なところまで運んできました。
S・ペターセンの2打目は手前のエプロンにショートしてしまいます。「宮里の方が寄せやすいですよ、S・ペターセンは落しどころが難しい」これも予想通りで、宮里はベタピンでバーディ確定。S・ペターセンは奥の傾斜で戻しますが、戻りすぎて危うくグリーンからこぼれ落ちそうでした。しかしこれを決めて二人ともバーディフィニッシュで初日を終了。「本当に全部、言った通りになりますね、最高の解説でした」とのことでした。
コースマネージメントがスコアを決めるサイアムCCでは、行ってはいけないところから、無理に攻めると大たたきします。
最難関ホールの17番では最終日にドラマが起こりました。最終日は左の段の上でしたが、こちらも馬の背になっています。サイアムをプレーした方は経験があると思いますが、手前にショートすると戻ってしまい、カップをオーバーすると奥に転がり落ちてしまうピンポジションでした。1打差でトップのヤニ・ツェンを追うキム・インキョンが2打目をショートして戻り3・4・5打目も傾斜で戻されてしまいます。6打目は転がしたものグリーンオーバーしてしまい、7打目が届かずグリーンエッジ、8打目が3mオーバーで、9打目を何とか決めるという「頭が真っ白」状態で3位に落ちてしまいました。

ヤニ・ツェンとP・クリーマーは下の段から2パットでパーを拾い、ミッシェル・ウィは左に外しボギーでした。

golf5b

ポジショニングが勝敗を決める「サイアムCC・オールドコース」の戦いは、絶好調の世界ランク1位、ヤニ・ツェンが3週連続優勝を成し遂げ、今期4戦4勝という圧倒的な強さで「新女王」を証明して見せました。今年はヤニ・ツェンとミッシェル・ウィが強そうです。日本勢も早く一勝して欲しいですね。 (サミー大高)