打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

ゴルファーの楽しみを奪う「ルール改悪」

 PGAツアーのティム・フィンチェムコミッショナーは「アクセンチュア・マッチプレー」の最終日に、R&AとUSGAが提案している2016年からのアンカーリング禁止ルールに対し、同ツアーは反対の意を表明しました。フィンチェム氏は記者達に「PGAツアーとしての基本的な結論は、アンカーリングの禁止はゴルフ又はPGAツアーにとって最良の解決策ではないと考えた。当ツアーのプレーヤー達及び役員会は、アンカーリングの使用が有利だと結論付けるデータの不足と、このゲームに使用されてきた40年という時間を考慮し、これを採用すべきではないとの意見だった。現在かなり多くのアマチュアがアンカーリングを使用していること、又、多くのPGAプレーヤーがアンカーリングを使用して育ってきた事実があり、USGAも多くの試合にそれを認めてきた」と、その理由を説明しています。USGAが関係組織に求めていたコメント期間(2/28日期限)が終わる直前に反対を表明したのです。
 米国内ゴルフ団体組織、PGA・オブ・アメリカ(コース所属プロ、ショップ所属プロ、レッスンプロの団体)及び米国3,258コース及び1,900人の所有者からなるゴルフコース所有者協会(GCOAA)も、アンカーリング禁止はゴルフ振興のマイナスになるとして反対の意を表明しています「これ以上用具に制限を加えようとすると、アマチュアはボールを飛ばせ無くなり、ゴルフの楽しさを伝えることが出来なくなる。ゴルフボールの飛距離を制限したり、パターのタイプを制限するのは、ゴルフの楽しさをさまたげる」と、ゴルフ用具に厳しすぎる制限を設けるのは、ゴルフの振興をさまたげるとして、今後可能性のあるゴルフボール飛距離制限にも反対の構えを見せています。
 
 年頭にも述べましたが、高反発規制やウェッジのスピン量規制の時と同じ様に、今回もアマチュアゴルファーの楽しみを奪う「改悪ルール変更」でした。高反発でも、飛距離が出る方がゴルフは楽しいのは当たり前で、ウェッジはスピンがかかる方が楽しい攻め方ができるものです。USGAとR&Aは「ゴルフルールは一つであるべきで、それがゴルフの伝統にとってあるべき姿だ」と繰り返すだけで、調査という名目で膨大な技術、時間、金をかけ、ゴルフボールの飛びやスピンを制御しようとしてきたのにも関わらず、用具を制限することに失敗してきたのも事実です。プロのゲームで起きる問題を、何故アマチュア組織のUSGAとR&Aが解決しようとしているのかがいまだに理解できませんが「ルールの番人になったのだから、何か変えなくては」という、アマチュア組織の一方的な「思い込みルール改悪」に、各方面から「NO」が突き付けられたのです。
 今はまだルールは何も無い状態なのですが、何もやましいところ無く戦ってきたプロゴルファーが、コース場でファンから「詐欺師」と呼ばれ、一部のメディアでも同様に揶揄される状況に陥っています。2011年に「全米プロ」を制して、ベリーパターでの初のメジャー優勝者となったキーガン・ブラッドリーは「これまでにないくらいファンや一部のライターから“チーター(インチキ野郎)”と呼ばれている。これは本当にタフなことだ。正直、それで具合が悪くなっているくらい。なぜ人々がそんなことを言えるのか、まったく理解できない。レギュラーパターに変える準備はできている。でも、この話題はあと最低数年は続くだろう。USGAはこの提案をする前にもっとプレーヤーのことを考えて欲しかった。僕や他の何人かの選手にとって、とても難しい状況なのだから」と、苦しい胸中を語っています。
 アンカーリング禁止のルール改正について、PGAツアーが異議を表明した主たる理由は、アンカーリングが選手にとって有利だという実証データが無いということでしたが、K・ブラッドリーは「まったく驚きはない。フィンチェムもPGAツアーもいつも選手側に立ってくれる。自分がプレーするツアーが味方になってくれてとても誇らしいし、気分がいいよ」と語っています。新ルールの提案直後に27,000人の会員にアンケートを採った際に、63%が改正反対だったという「PGA of America」も強い味方になりそうです。予定では、ヒアリング期間を終えた2013年の春に最終決定をすることになっていました。しかし、これだけ強烈な反対意見が出てくると、果たしてどのような結末で落ち着くのか、想像するのは難しくなってきました。
 いずれの結論が出るにせよ、40年以上もの長い間放置してきたアンカーリングを、メジャー優勝者が出たからといって急に禁止することを決めたことは、やはり大きな波紋を呼んでいます。やはりアンカーリングでメジャーを獲ったE・エルスも「できれば禁止しないで欲しい。禁止しなければならない何のデータもないんだ。数字でしっかりしたことを示して説明してくれ」と語気を強める一人です。カール・ペターソンもアンカーリング禁止のゴルフ規則変更案を痛烈に批判しています。ノースカロライナ州立大学の2年生からベリーパターを使い始め、以来アンカーリングしてプレーを続けてきただけに「40年続いてきたものを禁止するのは馬鹿げている。(アンカーリングしてきた)俺の16年間はなかったことになるって言うのか?まるで魔女狩りだ」と怒りをあらわにしています。 R&AとUSGAのスタンスに首を傾げる選手は多く、さらにアンカリングしている選手たちはアンカーリングした状態でのパッティング練習に、相当の長い時間を費やしてもいるのです。
 一方、R&Aが管轄する欧州では英国PGA、欧州ツアー、欧州女子ツアーが賛成の意を表明していることが明らかになっていますが、使用者が非常に少ないことが理由に挙げられています。今後この意見を基に更に検討が進められ、近日中に最終結果が発表されるでしょうが、相変わらず何も討議していない様子のJGTOはどうするのでしょうか?
 USGAはアンカーリング禁止是否問題の他に「ゴルフボールの飛距離制限」も検討しています。USGAのテクニカルディレクターの2010年当時の見解は「過去5年間に亘り、ゴルフボールメーカーの協力の下実施してきているプロジェクトだ。この間、USGAは様々なレベルのゴルファーによる多くのテストを実施してきており、今後も更に続ける計画だ」というものでしたが、これまで「飛距離制限テスト」の結果を公表していません。公表しない理由は「USGAが行っている調査プロジェクトに対して常に興味が持たれ、我々の調査データが、タイムリーでは無く、不正確に公表されるのも、ゴルファーやゴルフ業界を含むUSGAの関係組織に誤解や混乱を招く恐れがある」としていますが、USGAが、現在のボールより約20~25ヤード飛距離が落ちるように性能を落としたゴルフボールをテストしているのは事実のようです。トッププレーヤーによる飛距離は1890年以来ずっと懸念され、飛距離規制のためにこれまでも多くの問題が残るルール改正を行ってきましたが、結局その改正はボールの飛距離に何も影響を与えていないのです。
 トッププレーヤーがツアーで伸ばしてきた、ドライバーの平均飛距離ですが、アベレージゴルファーはそんなにボールを遠くへは飛ばせません。実際、この20年、平均飛距離は200ヤード弱から増えていないのです。USGAがこのテストに対してトッププロゴルファー(ゴルフ総人口の0.001%)だけではなくアベレージゴルファーも含めていることは評価に値しますが、このかなり広範囲なテストが正しく行われ完了するには時間がかかるでしょうし、大きな被害を被るのはアマチュアゴルファーという、毎度おなじみの決着だけは避けてほしいものです。
 
 ゴルフボールは重量が増すと慣性がつき、風の影響などを受けにくくなるため、よく飛びます。そのために重量の上限値が1.62オンス(45.93グラム)となっています。また、ボールのサイズ(直径)は小さいほど空気抵抗が少なく、風の影響を受けにくくこちらも飛距離に繋がります。そのため直径が1.68インチ(42.67ミリ)以上と決められているのです。
 初速に関しては、新素材などの開発によって無制限に飛距離が伸びるのを防ぐために、決められた条件でショットした時のキャリー、ランを含めた飛距離に制限があります。秒速143.8フィート(約43.9m/s)の速度でボールを打ったときに、飛び出すボールの速度は250フィート/秒(約76.27m/s)以下と決まっています。ゴルフボールは、インパクトの衝撃でつぶれた歪みを元に戻そうとする力で飛び出します。そのため、ボールの反発力が大きければ初速も速くなるため、ボールの飛び出し速度を一定の基準内に制限しているのです。またボールの対称性に対しても規格があります。金型の繋ぎ目(シーム)を水平と垂直にした2方向からスイングロボットで打ち比べ、平均値の差はキャリー4.0ヤード以内、フライトタイム0.4秒以内と定められています。
 重量は天秤で測定し、直径は精密に造られた直径1.680インチのリングゲージを用います。リングゲージの上に100回、向きを変えてボールを置き、ボールがそのリングゲージを自分の重みで通過して落ちた回数が25回未満であれば合格です。ボールはヘッドスピードに応じて変形し、その歪みを元に戻そうと反発する力で飛び出します。当然、硬いボールであればあるほど、反発力が大きくなり、初速は速くなります。しかし、硬いボールをつぶす力(ヘッドスピード)がなければ、逆に飛距離は落ちることになります。当然自分のヘッドスピードにあったボール選びが必要ですが、プロと同じボールを使っても、飛距離が伸びるわけではないということを認識する必要があります。
 ボールが打ち出される角度はクラブの番手(ロフト)とスイング軌道で決まります。また、ボールの種類や特性によっても差が出ます。空中に打ち出されたボールは飛ぶ方向と逆方向に回転(バックスピン)しながら飛んでいきます。この回転とディンプルの働きによって空気抵抗を減らしながら、ボールは上へと持ち上げられ飛距離を伸ばします。しかしルール限度一杯の初速や飛距離を実現したボールの発売後、なぜ、さらに「飛距離」がアップしたボールが発売されるのでしょうか?「反発力(初速)や飛距離がアップ」したのなら、当然、新発売されるボールは規定を超えてしまうはずです。なぜ、ルール違反にならないのか?その「からくり」は、実は、ゴルフボールのテスト方法にあるのです。
 ボールの初速を計測する場合、計測機械の速度は43.9m/sですが、 その速度で打ち出された初速が77.7m/s以上の速度になってはいけないとされています。一方、総合的な飛距離の計測では、ヘッドスピードは53.6m/sで打った時、317(+3%)ヤード以上飛んではならないとなっています。実は、この2つのテスト方法に大きな違いがあるのです。初速テストは、実際にクラブでボールを打つのではなく、専用の機械を使って行われています。この機械は、回転するドラムから、テスト条件の速度になると棒のような突起が飛び出し、その突起でボールを打つのですが、 このドラムは非常に重い為、ボールを打ち出した反動で速度が落ちることはありません。
 一方、飛距離のテストは、クラブによる実打試験でおこなわれる為、当然、インパクトの瞬間、 ボールとの衝撃によりヘッドスピードは減速することになります。ゴルフボールの飛距離は初速に大きく左右されます。この挙動の違いによって、ボールが潰れて反発する力が異なり、打ち出し速度も大きく変わるのです。通常ヘッドスピードとボール初速は1.5倍弱が「ミート率が良いインパクト」だといわれますが、 初速テストの場合、ヘッドスピードが43.9m/sの為、初速が77.7m/sだとすると1.75倍という、通常、あり得ない最高のインパクトになってしまいます。つまり、この初速テストは、通常のクラブヘッドでボールを打ったときの初速とは一致していなのです。
ゴルフボールの実打試験ですが、こちらも抜け穴があり、均一性を高めることで「飛距離アップ」が可能になります。たとえば±10ヤードのバラツキがあるボールは、飛距離の上限から10ヤード手前で止まる性能にしておかないと、上限を越える非公認ボールになる危険があります。しかし、ボールの飛距離精度上げることで、バラツキが±5ヤードであれば、上限をマイナス5ヤードに抑えることができます。結果として5ヤード飛ぶゴルフボールを作ることができるのです。USGAはここに着目しているのでしょうが、「ルールは一つ」の条件でボールの飛距離を抑える規制より、アマチュア野球では使用可能な金属バットがプロ野球では使えないのと同じ様な、初速制限を加えた「トーナメント専用ボール導入」という決着のつけ方が、コース改造も必要とせず、不可思議な「ゴルフクラブ規制」より、アマチュアゴルファーには歓迎されそうに思います。