打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

私が石川遼に期待する理由

 「タイランドオープン」がタナシティGCで開催されました。アジアンツアーなどと共催では2005年まで行われていた「アジアジャパン沖縄オープン」や、2008年の「パインバレー北京オープン」、そして昨年の「インドネシアオープン」等がありましたが、今回「ワンアジアツアー」との共同主管2試合「アジアシリーズ」もその流れを汲んだものであり、そして昨今の国内ツアーを取り巻く厳しい経済状況から、国内の試合数減が影響しているのも事実です。国内ではグローバル化を進めている企業ほど、トーナメント開催が難しい環境になってきています。去年の「インドネシアオープン」は賞金加算競技ではありませんでしたが、久しぶりの海外ツアーとのタイアップトーナメントでした。選手としては国内の試合が増えるのが理想でしょうが、なかなかそうならない状況です。選手が一番望んでいるのは、試合数が増えることで、それが海外との共催であっても、まずは喜ばしいことで、他国の様々な選手と試合をすることや、海外という違う環境に出ていくことで、選手がタフに育っていく下地ができ、ツアーのレベルアップに繋がり、国際的に活躍する選手もそこから生まれてくることになります。
 皆さんもご存じでしょうが、タイのコース難しさはグリーン周りのラフにあります。タイ独特ともいえますが、長さはさほどなくても、ボールが沈むことが多く、芝の下の地面が硬くアプローチでボールが飛ぶのか、飛ばないのか、その判断が難しいのです。台湾のゴルフ場にでも見受けられますが、日本では沖縄のコースに多く、距離感を合わせるのは簡単ではありません。優勝したのは地元のプラヤド・マークセンでした。バーディを奪った8番の素晴らしいバンカーショットから、一気に流れに乗りショットも、パットもミスがなく攻め切りました。母国の「ナショナルオープン」ということで声援も大きかったのですが、10年ぶりタイ人優勝のプレッシャーからか、優勝インタビューの後半は涙が止まらず、言葉を詰まらせていました。P・マークセンは1月に47歳になりましたが、年間3勝を挙げた2008年当時といまだに変わることなく、とにかく飛ばしてバーディを多く獲るプレースタイルで、老け込む様子がありません。日本勢では谷原の10位タイが最高位でした。昨年は未勝利でしたが、良いスタートが切れたと思います。12位タイの丸山大輔はアマタスプリングスで全英オープンの地区予選を突破しています。同じく12位タイの山下和宏はキャリアでまだ勝利がありませんが、2、3年前から優勝争いをして、周囲からは「いつ優勝するの?」という、足踏み状態が続いています。今大会はともに未勝利の上平栄道と、3週間前からタイで合宿を行い、初勝利に強い意気込みを感じる楽しみなプレーヤーの一人です。しっかり準備をしてきた実力派が好成績を残した大会でした。
 山下の師匠は入江勉プロです。1971、72年に「日本アマ」を連覇し75年にプロ入りし日本人プロゴルファーとしてはトーナメントで初めて1ラウンド「59」を記録したプレーヤーです。「関西オープン」をはじめ3勝を挙げていますが、ゴルフ場造りに魅入られ、引退を表明し「ザ・サイプレスGC」の運営に一から携わり、名門コースに仕上げています。当時参加していた「アジアサーキット」では「ベン・イリエ」と名乗り活躍していたのを思い出しますが、山下も師匠の影響で冬の間はタイで合宿を行っています。今回は日本でも行動をともにしている上平との合宿でしたが、二人で韓国亭に食事に来てくれ、当時の師匠の昔話をしながら、楽しく酒を酌み交わしました。
 応援に行った3日目、9番のセカンドを難しい位置にオーバーさせたものの、見事に寄せてパーをセーブしたことで流れに乗りその後4バーディを重ね、11位タイと上位に進出。最終日も7番で4メートルのバーディパットを沈めた山下は、その時点で通算18アンダーまで伸ばしたのですが、リーダーズボードを目にして「みんな凄いですね。日本ツアーなら、自分もトップ5には入っていると思うんですよね」と、上位がさらにスコアを伸ばしていることに驚いていました。スコアを伸ばせず通算18アンダーのまま12位タイに終わり「トップ10にも入れませんでした。日本だとKBSオーガスタとかトーシンとか2試合位ですよね、ビッグスコアが出る大会って。確かにピン位置とか易しいとは思いますが、そう簡単にバーディは続かないし、パーだと遅れをとった気持ちになるんです。現に、今日も4つ伸ばしたのに順位が下がっているでしょ。こういう展開についていくように、もっと貪欲にならないとだめですね」と、レベルの高さを痛感したようです。 
 日本のツアーは、優勝スコアを10アンダー程度になるようなセッティングが多いのですが、今回はラフを特別に伸ばしたわけでもなく、20アンダーを超える優勝スコアは予想されていました。攻めなければ上位に行けないという状況に、日本の選手は慣れていないということなのでしょう。今回もフィリピン育ちのチョー・ミンギュ、「カシオワールドオープン」を制したハン・ジュンゴンが4位に入り、韓国勢に後れを取る結果になりました。韓国内の報道によると韓国人プロゴルファーが2012年に、アメリカ、日本をはじめ、世界各国のツアーで稼ぎ出した、金額は500億ウォン(約42億円)に上ります。LPGAはパク・インビ、JLPGAはジョン・ミジョンが、それぞれのツアーで「賞金女王」を獲得しています。 男子もPGAツアーで、ベ・サンムン(2011年日本ツアー賞金王)ら3人の選手が獲得賞金100万ドル(約9300万円/賞金ランク100位以内)を突破し、日本男子ツアーでも、ハン・ジュンゴン(6位)キム・ヒョンソン(8位)キム・キョンテ(9位)が賞金ランクトップ10にランクインしています。日本女子ツアーは20名を超える選手たちがツアーに参戦し賞金女王のジョン・ミジョンが4勝、イ・ボミとアン・ソンジュが3勝、イ・チヒが2勝を挙げ、他にも、シン・ヒョンジュ、キム・ソフィ、キム・ヒョージュ、パク・インビが1勝して、ツアー35大会中16試合で韓国人選手が優勝を飾っています。賞金ランクのベスト10には5人の選手が名を連ね、総額およそ10億円を稼いでいます。
 昨季の韓国の賞金女王の獲得賞金は、キム・ハヌルで獲得賞金は4億5889万ウォン(約3800万円)でした。日本の賞金女王・ジョン・ミジョンが獲得した1億3238万915円の3分の1以下で、日本の賞金ランクで言えば、20位に程度にあたります。韓国ツアーとは試合数と、賞金額も大きく違う日本ツアーに目が向くのでしょうが、チェ・ナヨンやシン・ジエ、アン・ソンジュやイ・ボミら、韓国ツアーで結果を残した選手が、アメリカや日本でも通用し、韓国ツアー参戦時と比べて数倍も稼いでいる姿を目の当たりにすれば、韓国人選手が次々に海外へ飛び出していくのは当然のことでしょう。
 日本のゴルフ環境を参戦の理由に挙げる韓国人プロは本当に多いのですが、韓国ではギャラリーのマナーが度々問題となります。ラウンド中でもサインを求めてきたり、大事なパットの場面で携帯電話が鳴ったりすることは日常茶飯事でした。メンテナンスに関しても、練習場が無いコースでのトーナメント開催や、開催中のコースが36ホールの場合、残りの18ホールは営業中ということも、私がいた当時には当たり前でした。パッティンググリーンでは、アマゴルファーがスタートした後、カップがなくなりラウンド後のパット練習は、ティーを差して行うということもありましたが、それに比べて日本の環境はあらゆる面で行き届いているといえます。
 ジョン・ミジョンは「最初は、日本でプレイしたあと、実力をつけてアメリカへ行こうと、漠然と考えていました。でも、実際に日本でプレイしてみると、想像以上に素晴らしかった。会場に芝生の練習場があって、芝生の上からアプローチの練習が自由にできることだけでも、すごいな、と思いました。そうしたゴルフの環境をはじめ、ギャラリーの数の多さ、選手たちのプロ意識の高さなど、韓国との違いは歴然でした。それに今や、試合数や人気ではアメリカのツアー以上だと思います。だから私も、アメリカに行くことはもう考えていません。ずっと日本でプレイしたいと思っています」と語っています。
 LPGAは、韓国人をはじめアジア勢の上位争いが多く、年々大会数や賞金規模が縮小傾向にあります。それでいて、レベルが高く、競争が激しい。また、広い国土を横断するために経費もかさみ、生活面でも苦労が多いのですが、韓国人プロにとっては、生活習慣や食文化においても、アメリカに比べれば日本のほうがはるかに過ごしやすく、主戦場を日本に移すのは自然な流れなのかもしれません。韓国男子ツアーのトーナメントの数は、年々縮小傾向にあります。2008年には年間20試合あったトーナメントが、2012年には16試合に減り、賞金総額は130億ウォン(約10億7000万円)と、女子ツアーよりも少なくなってしまったのです。また男子ツアーのテレビ視聴率は、女子ツアーの3分の1にも満たない状況になり、100名近くの韓国男子プロがJGTOのQTを受けていました。
 残念ながら、日本の男子選手との考え方の一番の違いは、日本ツアーをステップにして、レベル的にも、賞金的(年間総額2億7780万ドル/約258億円)にも、世界最高峰の舞台となるPGAツアーを目指すということでしょう。ツアー優勝を果たせば、100万ドル(約9300万円)を超える賞金を手にすることもできるPGAの舞台は、プロにとって間違いなく「夢の世界」で、K・J・チョイやべ・サンムンや、QTをトップで通過したドンファンが歩んだ道を夢見る韓国の「スター候補生」はまだまだたくさん出てくることでしょう。
 PGAツアーに挑んでいる石川は、これまで7試合に出場して予選通過は2度だけとても苦しい戦いを強いられていますが、何事も「経験」と考え、あせらず「明日のために」後悔の無いよう取り組んでほしいものです。シーズン最初の大一番「マスターズ」には、昨年に続く特別推薦での出場が決まっていますが、異例の事態に結果が伴わなければ風当たりが強くなるのは当たり前です。しかしそれでも前に一歩ずつ踏み出さなければなりません。
 バンコクライフのコラムの読者から、私が石川に期待しすぎているという意見をいただきました。石川は昨年の今頃から腰痛に悩まされ、パッティング練習に時間を割くことが出来ていなかったのですが、最近は2時間以上パッティング練習ができるまで回復してきたようです。ブログやコラムで述べてきましたが、3パットで流れを壊すラウンドが問題でした。毎日朝晩30分ずつ続けている体幹トレーニングの効果が出ているようですが、長時間のパッティング練習が出来るようになれば、おのずとゴルフに対する自信も回復してくることでしょう。
 ゴルフは1ホールの終着駅に「カップ」というターゲットがあり、それに向かって「一打また一打」前に進んでいく「ターゲットスポーツ」です。石川にとっての最終ターゲットは「将来の自身のプロゴルファー像」ということになるのでしょうが、その近い将来のために、今何を準備したらいいかを暗中模索の状態が続いています。ここ一番で力を与えてくれるのは過去の「経験」です。「感」というのは「経験」がある事にしか働きません。ナイスショットをするには「イメージ」がとても重要ですが、過去に「経験」したことなら「イメージ」するのは容易なことですし、過去の「経験」が多ければ多いほど、将来に起こりえることも明確に「イメージ」して準備することができるはずです。私が石川に期待する一番の理由がここにあります。石川のデビューしてからの「経験」は素晴らしいものです。またどんな時も「一喜一憂」することなく「夢」を追い求め、戦い続けてきたのは皆さんもご存じのはずですし、他のプロゴルファーにはできなかった貴重な「経験」なのです。
 一打の重みを、とても強く感じながらのPGAツアー転戦になっていますが、必死に前を向いて取り組んでいけば、必ず優勝争いをする時が訪れます。石川に期待しないというゴルフファンは、一体誰に期待するというのでしょう?突然何かを思い出したように、流れつかむ時が必ず来るはずです。石川はそれだけの「経験」を若くして積んできているアスリートなのです。石川は「マスターズ」に向けて、新たなキャディとしてサイモン・クラークを起用することを決めました。S・クラークは田中秀道、細川和彦ら米国に挑戦したプレーヤーのバッグを担いだプロキャディです。国内ツアーでは、選手たちがホールごとの情報を知るためのヤーデージブック、通称“サイモン・メモ”の作成者としても有名です。 石川も「彼はメモを作るプロ。ハーフに3時間くらいかけてコースをチェックしながら、僕のメモに非常に細かい(グリーンなどの)傾斜、芝芽を書き込んでくれる、僕を成長させてくれる人だと思う」と語っていますが、以前から述べているように経験豊富なキャディは大きな味方になります。
今シーズンで石川のゴルフ人生が終わるわけではありません。未来に向かって石川本人が、必死に戦っている以上、結果が出なくても、温かく見守るのが日本人としての礼儀だと思います。海外で生活するというのは、慣れるまでが大変です。韓国男子チームは10名を超え一大勢力になりつつあります。幼いころから「国家代表」というチームに慣れている若手は、韓国国内で戦うのと同じようなリラックスした雰囲気で、先輩からのアドバイスに聞き入っていることでしょう。海外の連戦で仲間がいるのは心強いものですが、韓国チームの練習ラウンドは3組にもなるのです。日本勢は、孤軍奮闘の石川に期待するしかないですが、石川に続く選手が出てくる気配がないのが、残念で仕方ありません。