打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

マスターズ、失格にならなかったタイガー

 今年のメジャー初戦「マスターズ」の最終日は、ラウンドを通して雨天の中で息詰まる接戦が続く中、アダム・スコットとアンヘル・カブレラが通算9アンダーと首位に並んでホールアウト。決着は、2人によるサドンデスのプレーオフへと持ち込まれました。1ホール目の18番はともにグリーン手前に外しA・カブレラのアプローチはカップの横をわずかにすり抜け30センチに寄せ、A・スコットのアプローチは1mショートしましたがともにパーでした。続く10番で行われた2ホール目は、ともにパーオンに成功すると、先に7メートルをまたしてもカップをかすめ外したA・カブレラに対し、A・スコットがピン右につけた5メートルを沈めて決着。77回目の開催にして、オーストラリア人として初めて「マスターズ」を制したのですが、グレッグ・ノーマンら母国の偉大な先達たちが成し遂げられなかった大願をA・スコットが果たしたのです。
 通算7アンダーの単独3位にジェイソン・デイ、4位タイにはマーク・レイシュマンのオーストラリア勢と、メジャーを制して「完全復活」とはならなかったタイガーが並び、首位タイスタートのブラント・スネデカーは3つ落とし、6位タイに終わりました。13番からの3連続バーディで抜け出したJ・デイは16・17番の連続ボギーで脱落しましたが、メジャーチャンプへのチャンスが近いうちに訪れそうです。
 昨年7月の「全英オープン」最終日の最終ホールのグリーン上で、膝から崩れ落ちたのがアダム・スコットでした。サンデーバックナインの上がり、単独首位から悪夢の4連続ボギーフィニッシュで、アーニー・エルスにクラレット・ジャグを献上してしまったのです。あれから9か月後のメジャー「マスターズ」での雪辱でしたが、A・スコットは最終日、6アンダーの6位タイからスタートでした。出だしの1番でボギーを叩いたのですが、2番以降は一度もスコアを落とすことなく「メジャー初制覇」を成し遂げました。名選手の多いオーストラリア勢ですが、何故か「マスターズ」だけは勝利に届かず、ことごとく涙を呑んでいました。なかでもグレッグ・ノーマンは、ニック・ファルドに敗れた96年大会を含め3度も2位に終わっています。A・スコットも2011年大会でジェイソン・デイと並び2位タイとなったひとりでした。 A・スコットは「オーストラリアはスポーツが盛んな国。でもこれは、我々が手にできかなった一つだった」とグリーンジャケットを誇らしげにまとい「国中のゴルファーに影響を与えた男、それがグレッグ・ノーマンだった。彼は僕やオーストラリアの若い選手たちにとって、本当に大きな存在。この一部は間違いなく彼のものだよ」と、母国の偉大な先輩に感謝していました。
 A・スコットはデビュー当時からタイガーにスイングが似ていることから“ホワイトタイガー”と呼ばれて注目を集めました。ところが、突如不調に見舞われ2009年には18試合中10試合で予選落ちを喫するなど、苦しい時期を味わったことがありました。そんな時A・スコットに復活のきっかけを与えたのがグレッグ・ノーマンでした。G・ノーマンはその年の「プレジデンツカップ」に、キャプテン推薦で不調のA・スコットを選出。A・スコットは「その時ワールドクラスの中に置いてもらえたことで、トップに立つ自信を取り戻すことができた。そのおかげでこのマスターズに勝つことができたんだ」と復調のきっかけを与えてくれたG・ノーマンに感謝の言葉を口にしましたが、もう一人のキャプテン推薦は石川でした。
 A・スコットにとってG・ノーマンは特別な存在で、世界ランキング1位に君臨する地元の英雄は幼少時からの憧れの存在だったといいます。1996年の「マスターズ」ノーマンが最終日に大崩れをしてニック・ファルドに敗れ、グリーンジャケットを逃すのをテレビで見ていたときは、悔しさのあまり学校にも行かず涙したといいます。「いつかは自分がマスターズで優勝したい」と、G・ノーマンが手にすることが出来なかったグリーンジャケットへの憧れを強く持ち、プロ入り前から心に秘め続けてきた思いが、この日雨のプレーオフでついに結実したのです。G・ノーマンの代わりに母国オーストラリアにグリーンジャケットをもたらしたスコットはもはや“ホワイトタイガー”ではなく、憧れの“ネクストノーマン”となりましたが、勝負を決めたプレーオフ2ホール目のパットを決めたのはトレードマークとなった長尺パターでした。スコットが長尺パターを使い始めたのは2年前。パッティングに悩んだ際に練習用に使っていた長尺を、コーチから「試合でも使ってみては」と提案されて使い始めたのがきっかけでした。その年の「マスターズ」では2位タイに入るなど、そこから成績も急浮上したのですが、長尺パターで初めて「マスターズ」を制したプレイヤーとして名前を刻むこととなりました。
 このコラムで何度も述べてきていますが、長尺、中尺パターによる「アンカリング禁止問題」が浮上しています。これは、クラブを体に直接または間接的に固定してストロークすることを2016年から禁止することを、R&AとUSGAが発表したもので、今回のA・スコットの打ち方も禁止事項に含まれます。PGAツアーはツアーとしてアンカリング禁止に反対の姿勢をしめしていますが、今大会も多くのプレーヤーが、以前と変わらぬ「アンカリングスタイル」で出場していました。この問題についてA・スコットは「これからどうなるかわからないし、その決定がどんな影響を与えるかもわからない。でも、これでビッグトーナメントを勝ってきたし、みんな数千時間もこれで練習をしてきたんだ。今はまだ変えることはない」とコメントし、現状を維持したまま静観する模様です。 「マスターズ」チャンピオンに加え、ローアマを獲得した14歳のグァン・ティンランも中尺パターを使っていましたが、道具の進化とともに「ゴルフのスタイル」も多様化している中「伝統を守るため」というR&AとUSGAの決定は、ゴルフ自体の裾野を狭めているようにも感じます。R&AとUSGAの思惑では、使用者が減ると思われた「アンカリング」によって、A・スコットが「マスターズ」を制したことについて、プレーオフで敗れたA・カブレラは「アンカリングにアドバンテージなんかない。有利だってことが分かっているとしたら、なんで全員が使わないんだ?」と、禁止への動きに疑問を投げかけています。
 今大会は、左胸に「UNIQLO」のロゴをあしらったアダム・スコットのポロシャツ姿が、世界中に配信されました。4月1日に同選手と複数年のスポンサー契約を結んだばかりのカジュアル衣料大手、ファーストリテイリングは「いきなり大変な宣伝効果が上がった」と驚きと、喜びのコメントを寄せています。ゴルフ好きの柳井正会長兼社長ですが、ゴルフウェア進出というより「ユニクロ」の世界戦略を担う「ブランドアンバサダー」の契約ということです。ユニクロのウェアを着てプレーするほか、A・スコットが手掛けている途上国の教育支援など社会貢献活動にも共同で取り組むとこが発表されています。同社はテニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチや錦織圭とも同じ契約を結んでいますが、カジュアルウェアを試合で着用することになっています。 A・スコットが最終日着用したのは、ユニクロのドライカラーポロシャツ(1,990円)とインナーにエアリズム(990円)、ドライノータックパンツ(2,990円)とベルト(1,990円)と、合計7,960円の「勝負服」で優勝賞金144万ドル(1億3,680万円)の栄冠をつかんだことになります。専門ブランドで高価なものが多いゴルフアパレル業界に、お手ごろ価格で世界の頂点に立ったA・スコットの活躍は、多くのゴルファーに影響を与えることになりそうです。
 「マスターズ」前にシーズン3勝してパッティングも好調だったということで、優勝候補ナンバーワンだったタイガーは60台のスコアを1度も出す事ができずに4日間を終えました。4日間のバーディの数は優勝したアダム・スコッと同じ15個でしたが、タイガーにとって唯一のトリプルボギーが響いたともいえるでしょう。これは3日目のスタート前に2ペナルティを課せられてのトリプルボギーでした。前日2日目、タイガーは15番パー5でボギーを叩いたのですが、池に入れた直後の第5打のボールをドロップした場所がルールに抵触し「誤所からのプレー」で、同ホールはトリプルボギーとなり、「71」だったスコアは「73」に訂正されたのです。しかし本来、スコア提出後のペナルティ発覚は、過少申告等による「失格処分」の対象となるはずです。
 前日タイガーが15番ホールを終えた直後より、テレビ視聴者からの「ドロップする位置が間違っている」という指摘の声がマスターズ委員会に寄せられていました。しかし競技委員が映像を確認したところ、打ち直しの地点は「問題無し」という判断を下し、タイガーにはペナルティを加えられる可能性があることを伝えなかったといいます。ところがラウンド後のインタビューでタイガーが「風が強いと感じたので、2ヤード下がって打ち直した」とコメントしています。しかしこれはタイガーが“ボールをカップに近づけたい意思”を持って、本来ドロップすべき地点よりも後ろから打ち直したという「誤った処置」をしたことを、自ら認めてしまってことになります。3日目のスタート前タイガーは、競技委員と協議し自身の過ちを認めたのですが、マスターズ委員会は競技委員が一旦「問題無し」と判断し、スコア提出前のタイガーに「ペナルティの可能性がある」という情報を伝えなかったことで、選手に不利益をもたらしたということで「委員会の自由裁量権」を適用し、失格ではなく、当該ホール2罰打をつける処分とし「失格処分」については「議題にならなかった」ということでした。
 2011年の「アブダビHSBC選手権」でパドレイグ・ハリントンは、グリーン上でボールマークを取った直後、わずかにボールに手が触れていたことが、テレビ視聴者からの指摘で明らかになったことがあります。動いたのはわずかディンプル数個分ということでしたが、当時のルールでは「失格処分」となりました。しかし、テレビに登場しやすい有力選手の方が指摘を受ける“危険性”が高まるため、公平性を欠くという観点などから、委員会の自由裁量権によって、これまでの「失格処分」ではなく、罰打を加えて、プレーを続行させるというルール「委員会の自由裁量権」が生まれたのです。しかし“違反に気付かなかった”のと“ルールを分かっていなかった”のは別問題です。 タイガーの場合“ルールを分かっていなかった”と指摘されても仕方がない状況です。2日目には14歳のアマチュア、グァン・ティンランが予選通過カットライン上での戦い続ける中、17番ホールでスロープレーの処分を受け、1罰打を加えられています。彼に対しては厳格な裁定が下されたことも受け「なぜタイガーはいいのか?」という反論も広がっています。今回の一件は、タイガーのミスから始まった騒動であることは疑い様がありません。放送や通信技術が進み、人気選手は大変でしょうが過ちを認めた以上、タイガーであっても「失格処分」を下すべきだったと思います。
 「特別推薦」で出場の石川は、初日を1アンダーの23位タイと久しぶりに好スタートでした。しかし2日目は前半から我慢のゴルフでした。強い風が上空を駆け抜ける中、出だしの1番から1mのパーパットを外してボギー発進。5番でティショットを右に曲げ、3オン2パットとして2つ目のボギーを叩くという悪い流れでした。「朝の雨でグリーンが軟らかく、タッチが合わなかった。パットが打てなくなって、特に上りのラインのイメージが出なかった」と、後半を迎えても1mから2mのパーパットを外す苦しい内容でした。傾斜に負けて、カップの前でボールが「垂れる」状態で決めなくてはいけないパットを外していました。分かっていても打ちきれないのは、高速グリーンのイメージが強く残る「オーガスタのグリーン」だからこそですが、予選カットラインが決まらず視線は宙を泳いでいる様でした。
 石川は、首位から10打差以内という規定で「最低限、絶対クリアしないといけないライン。何も始まらないと思っていた」と語っていた「予選通過」を何とか果たしたのですが、問題視された「推薦出場」が故のプレッシャーとの戦いもあったことでしょう。ホールアウトから2時間、パッティンググリーンで練習中の「予選通過」確定でしたが、石川の表情は安堵感で溢れ、週末を戦える喜びをかみしめているようでした。予選2日間の内容はショットに関しては上々の出来で「あとはパットだけ」と口にし「明日はビッグスコアをもちろん狙うし、それを感じさせるプレーをしないと話にならない。予感させるようなゴルフをしなきゃいけないと思う」と、決勝ラウンドの2日間に臨んだのですが、迎えた3日目は3番、4番で連続ボギーを叩く苦しい立ち上がりでした。しかし8番パー5では見せ場を作ります。「アゲインストで285ヤードくらいはピンまで必要だった」というセカンドを、3ウッドで50センチにつけて、2011年大会最終日2番ホール以来のイーグルを奪取。ここから波に乗るかに思われたのですが、9番ではファーストパットが傾斜に乗ってカップを8mオーバーしてボギーとしてしまいます。後半も2つのバーディを奪ったものの、上がり5ホールで4つのボギーを叩きズルズルとスコアを落としてしまいました。「金曜日と土曜日では全然違った。フェアウェイが硬くてボールが転がるけど、その分ピンポジションもショートアイアンで打てないと厳しい位置にあった」と、この日は予選ラウンドに比べてショットが乱れ、狙いどころは判っていても思い通りに攻めることができず、課題のパッティングも終盤は2メートル前後をことごとく外しボギーを連発。ホールアウト後は「全然ゴルフになってなかった」と力なく語っていました。
 最終日を56位タイからスタートした石川は、雨が降り始める前に18ホールを完走し、7バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの好内容で回り、5回目の出場にして自身初の60台となる「68」をマークし、通算4オーバーの38位タイに浮上して4日間を終えました。1番でチップインバーディスタートの後、9・10番で連続バーディと伸ばして迎えたアーメンコーナーの12番パー3、打った瞬間に手を放してしまうスイングで、グリーン手前のエッジに落ちたボールは池に消えてしましました。3打目をピン奥5mに乗せたものの、下りのパット決め切れずダブルボギーと流れが潰えたかに思えました。しかし13番パー5では2打目を奥3mにつけ、イーグルは逃したもののナイスバーディを奪い、14番パー4もワンピンから決め、15番パー5はセカンドをグリーン奥のエッジに運び、そこから寄せて3連続バーディとします。17番は第2打をグリーンの奥にこぼしてボギーとしたものの、18番でピン奥4mからバーディパットをねじ込む「ナイスフィニッシュ」となりました。優勝したA・スコットは4日間14バーディ・5ボギーでしたが、石川は1イーグル・13バーディ・1ダブルボギー・16ボギーとバーディ数は互角でした。しかしスコアを落とした原因は3パットや2m以内のパ-パットを外した結果で、上位進出のためのキーワードは「パッティング」です。石川は「これから、このコースのことをより考えながら練習すると思う。ここで通用するショットならどこでも通用する」と語っていますが、シーズン中盤戦に向けて、そして将来への「ターニングポイント」となる貴重な4日間だったように思います。まだまだ不安定でしょうが、石川の可能性を再確認できた「マスターズ」でした。