打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

 東北地方を襲った大地震とその後の巨大津波により、甚大な被害と悲劇を形容する言葉が見当たりません。被災地の様子を新聞やテレビで見るたびに、その被害の大きさに愕然とし、心を痛めるばかりです。この天災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。また現在も被災地において苦しまれている大勢の方々へ、心よりお見舞いと同情を申し上げるとともに、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。
 ゴルフ界でも復興支援に向けた取り組みが広がりつつあります。プロゴルファーやゴルフ業界等の支援の取り組みをご紹介しますと、甲子園にも出場し話題になった東北高校出身の有村智恵プロがいち早く行動を起こし、「Just Giving」というサイト内に「Team Japan #Golf」を立ち上げ、その活動に賛同する多くのプロやファンが同じように募金活動を始めています。「Just Giving(ジャスト ギビング)」とは、2001年英国人女性、Zarine KharasとAnne-Marie Hubyにより設立されました。サービス開始当初から数えて、世界でのべ1200万人が利用、10月の総計で980億円以上の寄付が集まっており、インターネット時代のファンドレイジング・ツールとして確固たる地位を築いています。高校時代を仙台で過ごし、第2の故郷とする有村は「私を育ててくれた街の変わり果てた姿に、ただただ声を失い、祈ることしか出来ません。一人でも多くの方が助かり、一人でも多くの方が家族と共に過ごし、一秒でも早く、暖かい部屋で美味しいものをおなかいっぱいに食べれる時がくるように願っています」とコメントしています。
 宮里美香や北田瑠衣の他、芹澤ファミリーの、宮本、藤田や東北福祉大出身の谷原秀人、藤島4姉弟も有村と同様に「チームページ」を作成し、募金活動を始めています。上原彩子は義援金として200万円を送っていますし、関西に拠点を置く若手女子ゴルファーが被災者支援のためと、神戸市中央区の練習場「ポートアイランドゴルフ倶楽部」でチャリティーレッスン会を開催しました。 藤本麻子、茂木宏美、桜井有希、中村香織ら20人以上が、参加費2500円を支払った計100人のゴルファーを対象に、レッスンとサイン入りグッズの販売を行いました。集まった寄付金は日本赤十字社を通じて被災地に全額寄付されましたが、発起人の中村香織は「小学校2年生の時に起きた阪神大震災の惨状を覚えていたのと、選手の中に“何かできないか”という気持ちがたくさんあった。震災があった神戸でできればと思った」と説明しています。
 横峯さくらはゴルフスクール「さくらアカデミー」の旧本拠地の鹿児島校を被災者に開放し、被災者の遠方避難を支援することを決めました。生徒用の寮設備を利用し、約30世帯の受け入れが可能だということです。全寮制のゴルフスクール「さくらアカデミー」は昨年3月、拠点を鹿児島から宮崎に移転したのですが、敷地内にある生徒用の寮は未使用で空いていました。寮には風呂や台所が完備しています。新たに調理師も雇う予定で、近隣には保育園、小中学校もあるため、子供だけでも受け入れることができるようです。
横峯は賞金の一部から費用を捻出するなど全力でサポート。「少しでも役に立てたらうれしい。ツアー再開後は、被災者に勇気を与えられるようなプレーを見せたい」と話しています。
 石川遼は自身のウェブサイトで販売しているヘッドカバー(1,000円)の売上金を全額義援金にすることを決めました。「トランジション選手権」の初日、パー3以外の13ホール中5ホールで、ティーショットにドライバー以外のクラブを選択していました。「ドライバーで打たないホールが多いので、気持ちの整理をするのが難しく、(刻んで)逃げようと思えば逃げられるけど、そういうゴルフはしたくない」と戸惑いながらのラウンドで、4バーディ、4ボギーの71と67位で初日を終えました。イーブンパーのスタートの2日目は、一時は2アンダーまでスコアを伸ばしたのですが、13番でダブルボギー、14番でボギーをたたき73の通算2オーバーで決勝ラウンドには進めませんでした。「出だしはすごく良かったけど、池に落とした13番のティーショットに悔いが残るかな。ボギーが多かった。そこらへんが、まだまだ甘い」と肩を落としていましたが、「日本の皆さんのために頑張りたい」と誓い、今季からキャディバッグに日の丸を縫いこんだ石川には「マスターズ」までの連戦で、なんとか明るい話題を被災者の方々に届けてほしいと思います。

 PGAツアーに参戦中の今田竜二は、「トランジションズ選手権」でバーディを一つ奪う毎に1,000ドルを寄付することを決めました。集まった募金はPGAツアーを通じて米国の赤十字組織に送ることになっています。「先週から何かできないかと考えていた。ツアーで協力してサポートできないかと」と言う今田は、自ら筆を執って英語で「先週、僕の故郷である日本で震災が起こったのを皆さんご存知でしょう。地震で災害を受けた沢山の人々の役に立てるよう僕は今週の大会でバーディ一つにつき、1,000ドルを寄付することを決めました。僕に賛同してくれる方がいてくれたら、本当に有り難い」と書きました。この手紙をツアースタッフに頼み150枚分のコピーを選手のロッカーに一枚ずつ入れてもらったところ、ビジェイ・シン、デビッド・デュバル、ロリー・サバティーニ、ブラント・ステネガーら数十名がこのチャリティに賛同し、チャリティに協力しました。
 提案した今田の初日は、残念ながらノーバーディでした。最終18番でバーディパットを外すと、右手で太ももを強く叩き、自分への怒りをあらわにしていました。「バーディを取りたい、取りたいという気持ちが、空回りしてしまった」と悔しさを滲ませて臨んだ2日目の前半のインコース9ホールでも、パットに苦しみバーディが奪えないまま後半へ「グリーンが合わないとかではなく、自分が下手」。しかし折り返しの後半1番(パー5)。第3打をグリーン左手前のバンカーからピンそば1.5メートルにつけて、今大会を通じて28ホール目にして初のバーディを奪いました。「27ホールバーディが無かったし、あのくらいのパットを外していたので緊張した」と初バーディに安堵の表情を見せて、3番ではグリーン奥からチップインバーディ。「予選落ちが決まっていてもバーディを狙っていった」のですが残念ながら今大会での自身のチャリティは2,000ドルとなり、悔しい2日間になりました。かつて日本ツアーでプレーしていたこともある韓国の崔京周(K・J・チョイ)は米赤十字を通し10万ドル(約800万円)をすでに寄付していましたし、バッバ・ワトソンも被災地に向けた義援金として5万ドルの寄付を、米赤十字社を通じて送ることをツアー側に要請しています。

 ゴルフどころではない状況ですが、被害に遭った工場やコースも多く、被害が広がっています。福島第1原子力発電所から11㎞に位置する藤倉ゴム工業小高工場(シャフト生産)は現在、避難区域に指定され、自衛隊の管理下に置かれています。昨年11月に稼動した最新鋭の工場ですが、復旧の見通しは不明です。
 東北地方に9コース、茨城県10コース、千葉県16コースを保有するアコーディア・ゴルフは、被災地域のゴルフ場で陥没や亀裂などが確認されたことを明らかにしました。「当面の間、営業休止」のゴルフ場は、宮城県のおおさとGC(コース内に陥没)、花の杜GC(同)、宮城野GC(同)などで、福島県のリベラルヒルズGCは福島第1原子力発電所の事故に伴い、退去命令を受けました。
 茨城県のセントラルGCはコース内の亀裂と陥没、ワイルドダックCCは陥没と液状化現象など、深刻な被害に見舞われているようです。また義援金2,000万円を寄付すると発表したPGMは、宮城県内の6コース、福島県内の2コースなどで「営業再開の目処が立たない」と発表。これ以外でも、多くの系列コースで当分の間クローズを決めています。 被災地域における営業再開は、安全確保と停電などによる「省エネ営業」への来場者の承諾などを前提に、都度、判断をしていく予定とのことですがコースの陥没やクラブハウスの倒壊、に伴いプレー人口の激減も予想され、メーカーやゴルフ業界にとっても、厳しい状況が予想されます。
 ゴルフ業界ではありませんが、ユニクロが被災地へヒートテック30万着を寄贈、ユニクロ柳井社長が個人で10億円の義援金を真っ先に発表しています。30万着のヒートテックは、避難している方々へ「暖」を届けることになります。頻発する余震に惑わされるように、株安、円高、ガソリンの枯渇、食品の買占めや、停電による大混乱と、被災地以外でも生活に密着する重大事が山積みで「日本全体」を悲劇が襲っているように思います。海外に生活する自分にできることは何なのか?考えさせられる毎日ですね。 (サミー大高)