打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

石川遼、被災者支援に獲得賞金を全額寄付

 石川遼の2011年シーズンは、3年連続の出場となる米ツアー「ノーザントラスト・オープン」からでした。年頭から目標に掲げているように米ツアーで、そして「マスターズ」で優勝争いができるのかという『夢の戦い』に向けた調整をしていましたが、「賞金ランク125位を目指す」というサブテーマの達成も、石川には重要なことです。
 米ツアーではランク125位以内の選手に翌年のシード権が与えられます。米ツアーにメンバー登録をしていない石川や池田でもシード権を手にすることができる唯一の方法です。推薦などを受けて日本からスポット参戦する選手は出場試合数が限定されるため「シード入り」が難しいのです。ちなみに昨年の125位の選手は78万6977ドルでした。石川の2010年の米ツアー獲得賞金額は33万6430ドル(WGCの賞金を含む)。同じように米ツアーのシードを意識していた池田勇太も26万3713ドル止まりに終わっています。賞金王を争った、日本を代表する2人がいずれも遠く及ばなかった「シード権125位」でした。
 昨年10月、米ツアー出場が一段階したところで、石川は落胆を込めて米国での戦いを振り返り「今年もかすかな望みをかけて最後の最後まで挑戦したけど、フォールシリーズに出ても今のゴルフじゃ絶対に無理だと思った。もし125位以内に入れたら、米ツアー参戦はその時の自分が決めること。また来年もダメかもしれないし、その次もダメだと思わされるかもしれない。とりあえず今年は全然ダメだなという感じでした」と語っています。米ツアーの出場権を得るにはQスクールに出場する方法もありますが、最終予選会が開催される12月は日本ではツアー大詰めを迎えており、この時期に日本を離れる影響の大きさを考えると石川にとっては難しい選択肢といえます。今田竜二は米下部ツアーのネイションワイドツアーで賞金ランク上位に入り、レギュラーツアーのシード権を手にしましたが、これも日本を主戦場にする石川には無理な話です。
 過去に「125位以内」を達成した丸山茂樹は1999年にスポット参戦を繰り返し、WGCの2試合での好成績でシード権を獲得しました。これを契機に米ツアーに腰を据え、日本人最多となる米ツアー3勝を挙げる活躍をしました。石川も丸山のステップアップを目指しているはずですが、石川はシードについて「目指してはいきたいけど、今の自分がそこに手が届く実力があるかどうかはやってみなきゃ分からない。それを考える前にやるべき核となる目標がある。自分のためだけでなく、日本のゴルフファンのためにも、日本のゴルファーがここまでできると発信していかないと」と、日本を主戦場にする思いを語っています。
 「優勝」に手が届けば文句なしですが「トップ10」入りを繰り返すことがシード奪取の必須条件で、獲得出来れば石川、池田はともに米ツアーで戦う決断を下すこととなるでしょう。日本ツアーは4月に開幕して12月まで続くのに対して、米ツアーは野球やバスケットボール等、他の人気スポーツのプレーオフと日程が重ねるのを嫌い、1月に始まって9月には「ザ・ツアー選手権」終わりを迎え、シード権争いの「フォールシリーズ」に突入します。今シーズン最初のメジャー「マスターズ」は、まだ日本ツアーの開幕前に行われることになり、ぶっつけ本番とはいえないまでも、日本の選手はいつも手探りの部分を残したままで「夢の大舞台」に挑まざるを得ないのが現実です。シーズンを3ヵ月戦ってきた海外の選手とは、コンディションに差が生じるのは当たり前のことです。石川の父・勝美さんは昨年12月のツアー最終戦を終えた時に「来週がマスターズだったら、ちょっとは盛り上げられるかもしれないね」と語っていましたが、石川が米国で活躍するためには、日程の調整も重要な課題ということになります。
 「海外での優勝争い」をテーマに掲げている石川は「ノーザントラスト・オープン」に向けて、去年より1週間以上早い2月上旬には渡米し、4月の「マスターズ」まで2ヵ月以上米国に滞在し続けるという、異例の長期滞在によってそのテーマに対処しようとしました。「マスターズ」を含めて6試合に出場と、これだけ試合数をこなせば、細かな調整も十分にできるだろうし、試合勘などの不安も消えると考えたのです。しかし現実はマッチプレー選手権一回戦負けを含め、5試合で予選通過はわずか一試合だけでした。東日本大震災が起きた3月11日は、唯一予選通過を果たした「WGC・キャデラック選手権」に出場中でした。不安な気持ちが、最終日のプレーに影響したのでしょうが、最終日を16位タイで迎えた石川は、終盤にスコアを崩し42位タイに終わっています。
 プレーを終えた後、海外メディアに囲まれた石川はこう答えています。「日本は今までにないくらい大変なことになってると思うので心配です。日本の国内ではスポーツが中断されているけど、ゴルフだけでなくサッカーとか、海外で頑張っているスポーツの力で日本を勇気づけられればいいなと思った。そういう風に切り替えてやるしかないです」と答えるのが精一杯で、石川の表情は硬くこわばっていました。
 石川は被災地の過酷な状況をニュースで見たのでしょうが、欧米で流れるのは日本では放送されないような、特に悲惨な映像ばかりのはずで、大学時代を仙台で過ごした池田とともに大きなショックを受けたことでしょう。池田は複雑な思いを「ここでゴルフをしていていいのかという気持ちは正直なところあるけども、それはもうしょうがないこと、自分には(出身地の)千葉と仙台しかないから辛い」と第二の故郷を思って苦しんでいました。
 石川は「今すぐ日本に戻っても現場に駆けつけることもできないし、助けるプロフェッショナルや物資を運ぶプロがいる。だからこそ、僕も自分たちにできることをやろうと思いました。普段はスポーツの素晴らしさを見せる立場にいる人間として、それを変えることなく、この瞬間もやり続けるしかない」と、宮里藍や有村智恵ら多くの女子プロたちがツイッターやブログを通じて支援を表明する中で、石川は4月の「マスターズ」まで米国でゴルフに打ち込む決意を固めたのです。今年の「マスターズ」に参加した4人の日本人選手は、アマチュアの松山英樹を除けば、石川遼も池田勇太も藤田寛之も「前年末の世界ランク50位以内」という資格での出場になります。「世界ランキング」はメジャーやWGCが出場選手を決めるために採用しているゴルフ界の“通行手形”のようなものです。
 全米オープンは従来50位までだった出場枠を60位まで拡大し、代わりに「日本ツアーの前年賞金ランク上位2人」など各国ツアーの成績に基づく資格を排除する方針で、より世界ランク重視の姿勢を打ち出しています。世界ランクは各選手が試合で稼いだポイントに基づいて算出され、ツアーのレベルに応じて各試合の優勝に与えられる得点は以下のように差がついています。 米ツアー、欧州ツアーが24点。日本ツアー、オーストラリアツアーは16点。アジアンツアー、南アフリカツアー、米下部ツアーは14点となっています。メジャーや各国のナショナルオープンではポイントが増えるのですが、日本ツアーは欧米ツアーに次ぐ扱いを受けていることになります。この「厚遇」のおかげで日本ツアー上位の選手が、世界の大舞台に立つことができたのです。
 しかし昨年8月の全米プロでは日本勢5人がそろって予選落ちし、今年2月のアクセンチュア・マッチプレーでも石川、池田、藤田がそろって1回戦で姿を消しています。昨年日本ツアー賞金王の金庚泰やブレンダン・ジョーンズといった日本で活躍する外国人選手まで1回戦で全滅という最悪の結果でした。日本人選手の海外での不振は、日本ツアーの実力に疑問が投げかけられても当然ですし、恵まれていた「厚遇」に変化を与えることになります。今年7月の全英オープンでは国際ゴルフ連盟の理事会が開かれますが、それまでに日本選手の活躍がなければ、世界ランクの配分ポイントが改定される可能性が高いように思います。
 このコラムが掲載される4月15日には結果が出ていますが、世界が注視する「マスターズ」は日本ツアーへの評価を高める最後のチャンスです。世界への扉を押し開くか、閉ざしてしまうかは、石川たちの戦いぶりに懸かっています。’69年生まれの藤田、’85年生まれの池田、’91年生まれの石川と’92年生まれの松山。彼らの年代差が、どんな形でゲームに現れるかも興味深いのですが、藤田のパッティング技術は日本を代表する上手さで、ミスショットをしてもそれをリカバリーしてパーを拾うゴルフスタイルは「メジャー」でも十分通用するはずです。フィジカル、メンタルのバランスが重要で、パワーだけに頼ろうとすると大怪我をしてしまうのが「メジャー」です。今年の藤田に期待を抱くのは、確立されたプレースタイルとメンタリティの強さからです。
 「マスターズ」2年連続予選落ちの石川は、この試合から東日本大震災の被災者支援に獲得賞金を全額寄付すると表明しました。「今シーズンの獲得賞金を全額、寄付することに決めました。トータルで2億円を目指したいと思っています。被災地の皆さんは、これから長い戦いになるでしょう。ボクも一緒に頑張ります」と、自身の成績と支援額を連動させた『もうひとつの夢の戦い』がスタートします。デビュー以来、何かと驚かされてきた百年に一人の逸材の活躍が「日本の復興」に大きな力を与えることを期待しましょう。 (サミー大高)