打ちっぱなし

第98ホール 『改悪』の5試合ルール

第97ホール 2015年、日本ゴルフ界の「視野」

第96ホール タイガーの新コーチ

第95ホール 松山英樹、勝利への…

第94ホール 上田桃子の復活勝利

第93ホール JGTOの新規定に見る…

第92ホール 「ライダーカップ」に見た…

第91ホール 崩れたスイングや体調は…

第90ホール 「フィルのゴルフは…

第89ホール 日本勢総崩れのウィンダム選手権

第88ホール 女性の指から落ちたダイヤモンド

第87ホール 全英オープンの…

第86ホール 石川遼、2季ぶりの勝利

第85ホール 全米オープン「2つの勝因」

第84ホール PGAツアーを制覇…

第83ホール アマチュア躍進にみる日本の…

第82ホール 日本女子ゴルフのスター候補生たち

第81ホール 飛距離だけがゴルフではない

第80ホール 衝撃の大会「ネスレ日本…

第79ホール 勝つためには「バーディー」…

第78ホール 冬季五輪始末記

第77ホール ソチ五輪…

第76ホール 石川、松山の…

第75ホール 石川遼も驚く「片腕ゴルファー」

第74ホール 「ゴルフクラブの声に...

第73ホール 史上最強の賞金王・松山英樹

第72ホール 「リオ五輪」…

第71ホール 日本にゴルフを広めた…

第70ホール 「実力のゴルフ」で…

第69ホール 石川と松山、ライバルの共闘

第68ホール チームジャパンNo1,

第67ホール ミスを誘発する「小人の話」

第66ホール キャディやコーチの影響力は凄い

第65ホール 技術よりもメンタル…

第64ホール 松山のドライバーを…

第63ホール 全英オープン…

第62ホール 石川と松山の直接対決…

第61ホール 超難関コース「全米オープン」

第60ホール 松山英樹、世界最高峰の舞台へ

第59ホール 物議を醸しだす主役…

第58ホール 次世代のヒーロー、松山英樹

第57ホール マスターズ、失格に…

第56ホール 勢力を盛り返している米国勢

第55ホール 私が石川遼に期待する理由

第54ホール ゴルファーの楽しみを奪う…

第53ホール 「やさしいアイアン」は粗大ゴミ

第52ホール アジャスタブルドライバー…

第51ホール 米国内に一軒家を3戸構えた理由

第50ホール 今年は勝つためのゴルフを…

第49ホール アマチュア組織がプロの…

第48ホール 43歳にして初の賞金王…

第47ホール 石川遼、二年ぶりのツアー優勝

第46ホール 世界一の集客力、日本女子ツアー

第45ホール 日本のゴルフ界に…

第44ホール 何よりも大切な大会…

第43ホール 日本に求められる…

第42ホール ミスショットへの対応

第41ホール 記録づくめで圧勝、R・マキロイ

第40ホール 消える「アメリカンドリーム」…

第39ホール 日韓対抗戦…

第38ホール なぜ多い?『最終日の逆転優勝』

第37ホール 石川遼、「世界で最も…

第36ホール 「全米オープン」期待の…

第35ホール ゴルフは「思い通りに…

第34ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第33ホール 「泣き虫プレイヤー」…

第32ホール 「王者」タイガー・ウッズの復活

第31ホール 世界が認める石川遼の「値打ち」

第30ホール 韓国勢の強さの秘密…

第29ホール タイガーウッズ…

第28ホール 「ベリーパター…

第27ホール 石川遼、『悩みの時期』

第26ホール 遺族に手渡された…

第25ホール 今年、2012年のキーワードは?

第24ホール トッププレイヤー・2011年の総括

第23ホール 心に波が立たない選手…

第22ホール 谷口と松村の…

第21ホール 「日本オープン」を観戦して

第20ホール プロゴルファーの手本…

第19ホール パターフィッティングの秘訣

第18ホール プロゴルファーの年金…

第17ホール 全米プロゴルフ選手権最終日

第16ホール 宮里藍、今シーズン初優勝

第15ホール 育成に劣る日本のゴルフ界

第14ホール 史上最高のパットの…

第13ホール 波に乗り切れない石川遼

第12ホール 買収劇の裏に韓国のゴルフ熱

第11ホール ゴルフの巨星堕つ…

第10ホール 誰かのために闘う人間は強い

第9ホール マスターズの表彰台に…

第8ホール 石川遼、被災者支援に…

第7ホール 東日本大震災、ゴルフ界も復興支援

第6ホール 韓国勢に圧倒される女子ツアー

第5ホール ホンダPTT LPGA タイランド

第4ホール 大統領を動かす…

第3ホール ロイヤルトロフィー…

第2ホール 「石川遼・副会長」に異議あり

第1ホール T・ウッズ、運命の…

マスターズの表彰台に初めて日本人が立つ

 「2001・マスターズ」最終日、最終18番グリーンを終えた石川遼は充実の表情で満ちていました。3回目の挑戦で、初の予選突破を果たし、「ホッとしました」と安堵した笑顔の2日目。アグレッシブさに欠けたことを悔やんだ失意の表情の3日目とは違い、3年かけて準備してきた自分にできることを、それなりに成し遂げられた満足感だったのでしょう。「あのショットは会心でした」という2番パー5、残り235ヤードの2打目をグリーン左の傾斜を利用してピン左60センチに寄せた2番アイアンのショットで「マスターズ」初イーグルを奪い、「最終日にしか味わえない最高の経験」と大歓声を浴びました。
 17番では146ヤードを9番アイアンで、最終18番では151ヤードを8番アイアンで2メートルにピタリと乗せ、「感触的にやりたいことができた。距離感、球筋と、全てのショットとパットがイメージ通り。最後の2ホールで理想の上がりができた」と、初めて立った夢舞台の最終日、オーガスタの最終グリーンで、自身最高のプレーで締めくくれたことは来年に繋がることでしょう。
 来年度の出場権を得られる16位タイには惜しくも1ストローク届かなかったものの「1回目と2回目の出場より、はるかに前進した。こんなに良いプレーができるとは思っていなかったし、この最終日のプレーができれば今後の自分に楽しみ。また1年頑張って、ワールドランキングで出場権を手にできるように頑張りたい」と語りましたが、石川はいつでも「オーガスタで勝つためならどうする?」と自問自答しながら日本でも攻め方を考え、ラウンドを重ねていることでしょう。 3日目の13番・15番でエッジからのイーグルチャンスに「どうすれば決められるかを考えていました」と答えていましたが、うまく寄せて2パットでバーディという選択はなかったようですが、頼もしいですね。結局3パットと4パットで3日目はスコアを伸ばせずに順位を落としてしまいましたが、来年のテーマは大きなうねりのあるグリーンの13番・15番を含めた「アーメンコーナー」攻略になりそうです。過去2回のマスターズで鬼門となったのは16番パー3でした。2日目のピンポジションはいつもグリーン右手前の狭い段の上です。カップからはグリーン左の池に向かう強烈な下り傾斜で、ピンの5ヤード右には、入れると寄せることが不可能なバンカーがあります。2年連続でこのポジションにやられた感がある因縁のホールで、今年の石川はその5ヤード幅の中にピタリとボールを止めました。バーディは惜しくも入りませんでしたが、自分自身の成長を確信したことでしょう。
 「アーメンコーナー」に課題をもらった石川の今シーズンは、エッジからの狙い方が注目です。日本ツアー開幕戦の「東建ホームメイトカップ」最終日は、逆転優勝には絶好のトップと1打差でのスタートでしたが、2番、4番でティショットを池ポチャ。3番ではパットのミスも出てしまい3連続ボギーと、さすがに「マスターズ」の疲れがでたのでしょう。しかし最終ホールはアーメンコーナーだったら?のイメージで攻め切って、見事なチップインバーディでした。ジャンプして何度も喜びを表現したド派手なパフォーマンスは、来年の「マスターズ・アーメンコーナーバージョン」なのではないでしょうか。「動く日の丸・石川遼」の頭の中は「来年のマスターズ」に向かってすでに動き出しています。
 松山英樹の活躍は「マスターズ」の表彰式に、初めて日本人が立つという歴史的な瞬間をもたらしました。通算1アンダーの27位タイと、堂々たる成績でローアマチュアを獲得したのです。大勢が囲むその中心には、優勝したチャール・シュワルツェル、前年度覇者のフィル・ミケルソン、そして松山英樹と3人のプレーヤー。パトロンたちはスタンディングオベーションで万雷の拍手を送りましたが、被災地からの初参加でこの成績は、とても凄いことで、待望の石川に続く「スター候補生」の誕生です。震災の影響を鑑み、開幕直前まで出場に迷いがあったそうですが、FAXやメールで多数送られてきた応援メッセージに後押しされ出場を決断したそうです。「こういう時期に、皆さんからの応援が無かったら出場できませんでした。感謝していますし、このようなプレーができて本当に良かったです」と、期間中も日本から持ってきたメッセージを読んでいたという松山は、感謝の言葉で初参加「マスターズ」を振り返りました。
 この二人と最終日68でラウンドしたキム・キョンテ、アウトを終わって10アンダーと優勝争いの結果、8位に入ったK・J・チョイ、石川と同じ20位のY・E・ヤンの活躍で、アジア勢のレベルもある程度評価されそうです。優遇されている感のある、世界ランキングにおける日本ツアーのポイント改定の懸念も、大きなポイント減にはいたらなそうです。
 負けてしまったローリー・マキロイですが、その後の行動が話題になりファンが急増しています。傷心のラウンド後も、嫌な顔一つせずギャラリーのサインに応え、テレビのインタビューでは「最終日で学んだことは?」の問いに「人格形成?だといいかな」と答えていました。自身のツィッターでは「まー、計画通りにはいかないもの!今日は厳しい一日だったけど、勝つ前に負けなきゃいけない。今日という日が俺を強くしてくれる。チャール・シュワルテル、おめでとう!!グレートプレーヤーでありそれ以上のナイスガイ!彼と彼の家族を祝福したい!」とつぶやいていますが、二人は仲良しで同じジェット機で次戦会場のマレーシアに向かいました。

golf9

この写真には「二人のどちらかがグリーンジャケットを着ていて良かった!」とつぶやいています。勝負事に負けたものは「潔い敗者であれ(Good Loser)」という格言がありますが、満面の笑みで友人を称えるR・マキロイは本当にグッドルーザーですね。「勝つ前に負けなければいけない」という言葉の意味は深く、R・マキロイもメジャーチャンプに名を連ねる日が必ず来るでしょう。
 優勝したチャール・シュワルテルは1番でグリーン右から40ヤード近くを転がしチップインバーディのスタート。さらに4番ホールの2打目、114ヤードを右奥からスピンで戻し、カップインさせたイーグルは圧巻でした。そこでマキロイに並んだものの、その後パットを決めきれず、10連続パーとなかなか抜け出せずにいました「当たり前だけど、あんなシチュエーションでプレーしたことはなかった。でも驚くほど落ち着いていた」と冷静に振り返っていますが、15番からのチャンスをことごとくものにし、上がり4ホール連続バーディで一気にトップに浮上したのです2歳年上で「ベストフレンド」と呼ぶ同郷のルイス・ウーストハウゼンが、昨年のメジャー「全英オープン」を制したことも大きな刺激になったのでしょう。
 C・シュワルテルは以前から私のブログで何度も取り上げたプレーヤーです。「今年から参戦する米PGAでも活躍間違いない」と予想しましたが、いきなり「マスターズ優勝」とは、さすがに驚きました。重心の低いスイングは美しく、下半身の安定感は群を抜いています。欧州ツアーを見て、ショットの精度の高さから活躍は間違いないと思っていました。C・シュワルテルの父ジョージもプロゴルファーでした。ジョージはプロ生活を断念した後、母リゼットの故郷デニーズビルの広大な土地で農業を営んでいます。そこにチャールと弟アティーのためのゴルフ練習場も作り、ジョージは息子たちに基本に忠実なスイングを教え込んだとされています。チャールが師事したコーチは父のみで、今でも変わっていません。アティーもサンシャインツアーに参戦中でモリナリ兄弟のような活躍も期待できそうです。
 C・シュワルテルは今年も欧州ツアーに開幕戦から参戦し、5試合連続でトップ10入りしています。初戦の「アルフレッドダンヒル選手権」で2位に入り、第2戦の「南アフリカオープン選手権」では優勝したアーニー・エルス、2位レティーフ・グーセン、3位ルイ・ウーストハイゼンという同郷のメジャーチャンピオンに次ぐ4位に入っています。第3戦「アフリカオープン」では、プレーオフで優勝したL・ウーストハイゼンに一打及ばず4位。第4戦「ヨハネスブルグオープン」は2位に4打差をつけて2年連続優勝を果たしています。第5戦「アブダビHSBC選手権」で8位に入った後、2週間のオフを取り「アクセンチュア・マッチプレー選手権」の一回戦で石川と対戦しています。石川が素晴らしいプレーをしても、さらにその上をいくプレーを、C・シュワルテルにされてしまいました。石川がバーディをとっても、C・シュワルテルはイーグルと、まさに”激闘”という感じで石川の敗戦でした。記憶力の良さも石川の原動力ですが、「マッチプレー選手権」で、今年のマスターズ優勝者と互角に戦った事実は、石川の自信になることでしょう。
 1961年にゲーリー・プレーヤーがインターナショナルプレーヤーとして初めてグリーンジャケットを羽織ってから今年が記念すべき50周年。今年「ゴルフの神」は松山英樹と日本に微笑んでくれました。そして「勝利の女神」はゲーリー・プレーヤーの母国、南アフリカを選びました。松山の活躍で「勝利の女神」が日本に振り返ってくれることを願い「がんばれ日本!」 (サミー大高)