第 50 回

 知り合いのRちゃん(タイ人の女の子)が姿を消しました。Rちゃんは親の代からの熱心なイスラム教徒です。かわいい顔でスタイルも良く、きっと男の子にもモテただろうと思うのですが、結婚したのはあまりパッとしないおじさんで、イスラム教徒同士の正統な結婚式を挙げました。とにかく男性がRちゃんに惚れこんで「どうしても、結婚したい!」という事だったそうです。それが5年前。そして何故か今、Rちゃん一人姿を消してしまいました。Rちゃんと仲の良かったイスラム教徒の子に聞いてみると、旦那がどうもDV(家庭内暴力)だったと・・・イスラム教徒は酒やタバコはもちろんダメで、豚肉も食べられない、色々と厳しい規律があるはずなのですが、その旦那はニセ信者だったのか、Rちゃんの見ていない所で、酒は飲む、博打はするで、お決まりの借金地獄にハマってしまったとか。Rちゃんの仕事への送り迎えに必要なバイクまで売ってしまったので、さすがにRちゃんにバレて喧嘩が絶えなかったそうです。旦那からの度重なる暴力に耐えかねてRちゃんは姿を消してしまいました。今はどこか田舎に隠れているみたいですが、元旦那はしつこくRちゃんを捜し回っています。「今でもRちゃんを愛している」と周りには言っているとか。確かに愛情は濃~い旦那ではありました。そして、又、反対の場合も・・・
 ある日の夜、店の横で物凄い声が聞こえてきて従業員が飛び出して行きました。そして笑いながら帰ってきて「マイペンライ」何がマイペンライなの?凄い悲鳴やバシバシと何かを叩く音。これがマイペンライな筈はないでしょうに・・!けれど私が恐る恐る覗いてみると、近所の店の従業員の女の子が彼氏と喧嘩をしているのです。彼氏「二度としないから、ゴメン」 「これで何度目?何回同じこと言った?もう許さない!」と彼女。蹴ったり殴ったりしているのは彼女の方でした。彼は腕で顔を庇いながらひたすら謝りの一手。何なのこれ・・・もしこれが反対に彼の方が殴っていたらすぐに警察を呼ぶんだけど・・みんなはマイペンライと見ないふり。彼氏は泣き声で謝っているし、彼女はどんどんエスカレートして飛び蹴りまでするし、鼻血出して、シャツが血だらけの彼氏はそれでもゴメンと謝り続けている。ここで疑問。これは痴話喧嘩なのだろうか?犬も食わないあれなんだろうか?それともDV?
 知人のタイ人夫婦の喧嘩も凄まじいものがありました。怒った奥さんは窓からテレビやコンピューターを投げつけ夫は怪我をしてしまう程でした。日本人はここまでホットにはなれないよなぁ。それより何より後片付けが面倒だもん。テレビが壊れたりしたらお金掛かるし、お皿も買わなきゃいけない。掃除も自分がしなきゃならないだろうし、もったいないと面倒の二つだけで心が熱くならない私は知人の夫婦喧嘩が理解できません。タイの人って愛情が豊かなのか、それが時として行き過ぎてしまうのか。それともただ大げさなだけなのか・・・
 喧嘩の場面に出くわしてしまうと私はいつも考えます。これはただの痴話喧嘩なのか、暴力なのか。それは友情であっても、親子愛であっても隣人愛であっても同じです。ただ、私はその愛情過多で傷つけられた事がありません。友人にしろ従業員にしろ、長いタイ生活で時としてうっとしいと感じられる程の優しさに包まれて、私はなんとなく居心地の良い時を過ごしてきました。考えれば、それを超えて暴力的になる程には愛されていないという事でしょうか。ともあれ程々でいいような気がします。ほどほどに距離を保って、毎日を暮らしていこうと思います。
 それにしても、何かしら事件が起こるよなぁ・・・毎日。  (はっとり)

h50