「赤」を引いてしまいました

 皆さま、タイのお正月はいかがでしたか?
なんだか昔にくらべると静かになった感じがするのは気のせいでしょうか。10年前は若者たちがシーローの荷台にドラム缶いっぱいの水を載せて、ガンガン音楽を流しながら水をかけまくり大通りを走りまわっていました。今年はビショビショになることもなく、パウダーで真っ白になることもなく、平和なスクムビット35でした。しかし、しかしです!
 HATTORIの従業員がまたもや『赤』を引いてしまいました。(編集部注-タイの徴兵はくじ引き制で黒は免除ですが、赤を引くと2年間の兵役が科せられます) 厨房のコックの一人がやっと2年間のお勤めを終えて復帰したばかりなのに、今度は別の一人が大当たりです。あれほど「黒を引いて来なさいよ!」と言ったのに…。今までのHATTORIの従業員たちは身長が低すぎたり、胸囲が足りなかったりで兵役のご奉公は免除が続いていたのですが、体格の良い一人が赤を引いたのに続いて二人目が大当たりです。まあ、これも御国の為に仕方がないこと、と納得はしているのですが。
 それにしても、私のお抱えベンツ(バイクですが)の担当者がいなくなると、移動が不便になるなァ…。なんたって彼は元ヤンで一番バイクの運転がうまいもんなァ…。
 と、タイのお正月早々、HATTORIは大騒ぎでした。けれど、「2年経ったら戻って来たい」という彼を私たちは待っていることにしました。さらに、「一人抜けた穴をみんなでカバーするから、新しい従業員は入れないで!」とコックたちが頼んで来ました。私は「みんなで頑張ってくれるなら、それでもいいよ」と答え、自分の店の子たちながら『みんな大人になったなぁ…』と心の中で思いました。初めは子供だったけれど、10年経ち20年経ち、20代から30代へと、今は充分オトナになった彼ら。お店の平均年齢は上る一方だけど、中味もやはり成長したんだなぁ…と、ちょっとしんみり。でも、今回の彼がお勤めを終えた頃、次も誰かがまた赤を引いちゃったらどうしよう。次から次へと『ミーパンハー(訳-問題あり)』なんだもの、疲れます。
 と、お正月が終わって、通常の日々が戻っても心はなかなか穏やかにというわけにはいきません。しかしながら、気を取り直して、タイだから二度めの新年ですが、皆さま今年も一年どうぞ宜しくお願い致します。  (はっとり)

h55