69回目のご相談内容

 僕は現地採用で働く31歳です。僕にはマッサージパーラーに勤めている彼女(24歳)がいます。店に遊びに行った時に意気投合し、デートを重ね、付き合って半年、同棲して3ヶ月になります。風俗業に従事していますが、出会ったのもお店ですから僕は気にしていません。本当に幸せな気持ちにさせてくれる子なのです。ただ、僕の周りの日本人の友人達は「タチの悪い女に捕まった」「風俗嬢に金づるにされている」などと言いたい放題です。確かにアパートの家賃と外食代は僕が支払っています。でも以前から住んでいる僕の部屋に彼女が引っ越してきたのですから、変わらず自分で家賃を払っているだけです。彼女が一緒に住んだから家賃が上がるわけでもないですし。今までに彼女からお金くれとか何か買ってくれとか言われた事はありません。彼女は服も車も自分で購入しています。逆に車で出かける時のガソリン代、高速代は彼女が支払っている位です。これのどこが金づるなんでしょうか?それより僕の収入は5万バーツですよ。僕のどこに金づるにするメリットがあるのでしょう(笑)周りの友人は昼間働いている一般的なタイ人と付き合えなどと言いますが、夜の世界の女の子でもちゃんとした子はいると僕は考えています。まりこさんも夜の女性より昼間の子の方がいいと思いますか?

以下、まりこさんからの回答

 付き合って半年、同棲して三ヶ月ですから先々の事は分かりませんが、性質が良く相性が合えば昼も夜も同じですよ。夜の世界で生きていても凄く良い女性もいますし、昼間の仕事をしていても夜の仕事以上に悪魔的な女性もいます。「タチの悪い女に捕まった」これは運と言いますか出逢いと言いますか、どこの国でもあります。
 夜の仕事は一般的には高給を取りますが、女である事を武器にする仕事が多いですから、危険性や安定とか長く稼げるとかの保証はありません。若さや人を引きつけるパワーが無くなる事を夜の仕事をしている自身が一番気にしているので、働いている本人は短命な仕事場だと言う事を知っています。ですからその間に先の生活を安定させてくれます男性などに出逢いますとつい惹かれてしまいます。
 大抵の男性が多かれ少なかれ下心を持っているか出逢いを期待しています。まず下心を持って近づいてこの女性となんとか親しくなりたいと色々な手段で誘います。女性も段々仕事に慣れてきますと、誘い掛けたり、相手を怒らせたりせず、女性自身も傷付かない様、巧みに客に逃げられない様なテクニックを覚えて、お客が離れていかない確信が持てますと「女ってお金になるのだ」と自信が付いてきます。昼に会社で働く女性は「女でお金を稼ぐ」とは絶対に考えず、仕事を懸命にすれば上にあがってもっと大切な仕事を任せてもらえると思い必死に仕事を覚えます。
 貴方が今、何も気にせず「本当に幸せな気持ちにさせてくれる子なのです」と思っているのでしたら、貴方が作っている人生です、幸せならそれでいいのではないのでしょうか。自分の人生は自分自身で作っていくのです。周りの日本人の友人達は言いたい放題です。との事ですが、懸命に働き、自分の好きな様に生きているのですから、あれこれ他人に言われる筋合いもないはずです。もしも、何か事が起これば自業自得で考えが足りなかったか、自らの行為による報いなのです。人間は誰でも悲しい事や考えてもみなかった恐ろしい事が運命の中に出てくるのです。思ってもみなかった事があるのは生きている人生だからなのです。
 「一寸先は闇」と昔から言われています。神が光を与えてくれるのか、悪魔が悪事を運んでくれるのか、一寸先が見えず分からないのです。予定、予測は大体分かっていましても現実は事実としてあるのです。自分の人生は自分でしっかりと作っていきましょう。たとえ何事が起きても男らしく自分で全てを片づけるのです。どんな苦しい事があっても泣き言、愚痴は言うべからずです。周りを気にせず二人で理解しあって全てに努力して生きるのです。
 夜の世界にも昼間の世界にも、悪人もいれば善人もいます。善人は世間では静かに暮らして生きているのです。なってはいけない人間になって生きるのはやめましょう。日本の武士の教えなのでしょう「志」

(まりこ)