ご飯大盛り10Bの攻防

 とあるラーメン屋さんでの出来事です。一人の日本人男性がカウンター席で注文していました。タイ語は全くできない様子で、全部日本語で「みそラーメン! …やっぱり取り消して塩ラーメン!」これを従業員は彼女なりに解釈して、出てきたのは『みそラーメン』と『塩ラーメン』の2つでした。すると、男性は怒って「見ればわかるだろ、ひとりで2つも注文するか。俺はひとりで来てるんだよ!なに考えてるんだ、おまえ!」と、また日本語です。
 タイではオーダーミスの責任を従業員がかぶることが多いので、彼女も必死です。一杯250Bのラーメンで一日の稼ぎの大部分がふっ飛んでしまいます。ただし、一人で2つ注文する人もいるかもしれないし、すぐ後から友人が来るのかもしれない。これはどう考えても男性の配慮が欠けているでしょう。というのは、「ここは日本ではなくタイの国。少しは解ってもらおうと努力しましょう。日本人にしか解らないような言い方をした貴方のミスです。これは授業料だと思ってくださいな。」…と私は心の中でつぶやきました。
 この頃、こんなことがよくあります。
定食屋さんで、定食のご飯の盛りが少ないからもうすこし足してくれ、と言っていたおじさん。従業員は、大盛りにするなら10B増しだと説明しているのに聞かない。「タダでやれ!」と。私だったら「いいですよ」と大盛りにしてあげちゃうかな、と思うものの、従業員にそれだけの権限はないだろうなあ…と思い直す。
 なんか、スケールの小さな話がこの頃は多い。いやだなあ。そんなの、どうでもいいじゃん…。もうちょっと大きな目で物事を見たいなあ…なんて思っていたら、さあ、どうしましょう!自分の子供を代理出産させて16人! こんなのあり?なぜ?というのは皆さん同じとみえて、お客様の間でも喧々諤々。いわく人身売買だ、いわく臓器売買だ、はたまた税金対策か遺産相続対策だとか。わけ知り顔にそれぞれの思惑が出るわ出るわで、これってスケールが大きな話なのかな?いやいや、こんな話題で騒がれるよりも、10Bのご飯大盛りでタイ人と攻防をくりひろげるおじさんの方がなんか人間的なのかなあ…と、ひとり思い悩んでいる今日この頃です。

(はっとり)

h89