楽しい一年になりますように

 皆様がこれを読まれる頃は2015年でしょうか。あらためまして、新年明けましておめでとうございます。旧年中はたくさんのお客様に御来店いただきまして心よりお礼申し上げます。
 振り返れば本当にいろいろな事があった2014年でした。けれど、過ぎ去った時を想うよりも、これから来たる時間に期待をかけようと思います。どんな一年になるのでしょう、2015年。願わくば、このコラムにも楽しいことがたくさん書けるような一年でありますように…。「HATTORIさん、怒ってましたねー。」と、コラムを読んだ方からお声をかけられる事が多くなった…と、内心ちょっと落ち込んでいました。(年のせいかしら、怒りっぽくなった…?)本当は楽しいことを書きたいです。2015年は前向きにいこうと思います。皆様、また一年どうぞよろしくお願い致します。
 と、こんなことを書きながら、12月の慌しさの中でオロオロしているハットリであります。でも、良い事もちゃんとあります。新しく入った3人のミャンマー人スタッフたちが頑張ってくれていて、ずいぶん育ってきてくれました。よその国に働きに来るだけでも大変なはずなのに、お客様も私も日本人という環境の中、たぶん訳がわからない毎日だったろうと思います。「にんにくライスとごはんを一つずつ」というように、日本語でオーダーされるお客様が多いのですが、彼女たちは必死にリピートしながら、キッチンに向かって「にんにくライス!!ごはんライス!!」と叫んでいました。この時はキッチンのタイ人たちが「??、ごはんライス?」と固まってしまいましたが、彼女たちの必死さが伝わってきました。彼女たちはタイ語を覚えるのに必死になっていますが、日本語も加わってくるので本当に大変だろうと思います。うちはベテランのスタッフが多い店ですから、そのぶん、仕事に厳しく、きつい時も度々あると思います。でも、3人のミャンマー人スタッフたちは頑張っています。彼女たちと同時にうちに来たタイ人の子はついていけずに早々と田舎に帰りました。私はミャンマー人のこの子たちを大切にしようと思います。私と彼女たちはタイ人から見れば外国人です。お互いに自分の国を出て、外国で働いている、いわば戦友みたいなものです。いつの日か、彼女たちと一緒にミャンマーに行こう。そして彼女たちの店をつくってあげたい。この年になっても夢を見させてもらえることに私は心から感謝しています。
 さて、皆様はどこで新しい年のスタートを切られたのでしょう。どちら様もお元気で!!そして、またHATTORIでお待ちしています。

h97

(はっとり)